SEのキャリアパスを政府データから考察し、それぞれの職種の概要とスキルを解説SEのキャリアパスとは?具体例と今後のキャリアの考え方を解説

SE(システムエンジニア)として働いていく上で、今後のキャリアパスやキャリアプランを考えておくことは非常に重要です。なぜなら、IT業界は日進月歩の世界であり、求められる人材の要件は流動的だからです。この記事では経済産業省の調査をもとに、これから先のキャリアの考え方と、今後需要が高まる職種の概要と求められるスキルを解説します。

1. SEのキャリアパスを考える上で大切なこと

まず、SEのキャリアパスを考える際に押さえておくべきポイントを解説します。
 
SEとしてこの先長く活躍するには、今後需要が高まる領域の職種を把握した上でキャリアパスを設計することが大切です。経済産業省が平成28年に公表した「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」(※)では、今後特に重要性が増す(需要が伸びる)先端技術として「ビッグデータ」「IoT」「人工知能」を挙げています。その他にも、既存技術で需要が伸びる領域として、「クラウドコンピューティング」「情報セキュリティ」「モバイル端末」が挙げられています。
 
また、同調査では2030年にIT人材が約41万人〜約79万人不足するという予測も紹介されています。つまり、今後需要が伸びる領域のエンジニアになることができれば、安定したキャリアを築く確率が高くなるのです。
 
※参考:経済産業省「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果(平成28年6月10日)」

2. 【SEのキャリアプラン】今後需要が高まる職種と身につけるべきスキル

先ほど紹介した経済産業省の調査結果をふまえて、今後需要が高まる職種の概要と必要なスキルを解説します。

IoTエンジニア

今後重要性が増す技術のひとつであるIoTは、家電から医療機器まで、あらゆる分野への応用が期待されています。IoTエンジニアは、エアコンや医療ベッドをはじめ、あらゆるデバイスにセンサーと通信機能を組み込むエンジニアです。家電業界や医療業界、物流業界など幅広い業界で活躍が期待されています。

求められるスキル
・組み込み開発に関する知識(組み込み開発手法やセキュリティ、テスト技法など)
・プログラミングスキル(C言語やC++、Javaなど)
・セキュリティスキル
・ハードウェアの知識
・ネットワークの知識
・人工知能、ビッグデータの知識 など
 
IoTエンジニアには、上記のように非常に広範な知識とスキルが求められます。また、開発はMicrosoft AzureやAWSが提供するIoT開発プラットフォーム(PaaS)などを利用して行うケースが多いため、使いこなせるようになっておくとよいでしょう。

AIエンジニア

AIエンジニアは、ディープラーニングや機械学習といった技術を駆使して、さまざまな分野へ応用されるAI(人工知能)開発に携わるエンジニアです。代表的なものには、医療業界の画像解析AIや、顧客のネット上での行動や購買履歴などから嗜好性を分析するAIなどがあります。

求められるスキル
・ソフトウェア開発の全般知識(ソフトウェア開発手法、セキュリティ、テスト技法など)
・プログラミングスキル(PythonやC言語、Javaなど)
・AIに関するフレームワークの知識、スキル
・数学の知識
・データの解析知識 など
 
AIを開発するプログラミング言語としては、PythonやC言語、Javaなどが代表的です。また、AI開発の際はソフトウェア開発と同様にレームワークを多用します。よって、TensorFlowやKerasなどの代表的なフレームワークを扱うスキルが必須です。

データサイエンティスト

データサイエンティストは、大量のデータから必要な情報を収集・抽出したり、析結果をもとにマーケティングの改善提案や新規商品の提案、商品の改善提案、業務改善提案などを行ったりする職種です。

求められるスキル
・プログラミングスキル(PythonやRなど)※データ抽出・分析するシステムがある場合は必須ではない
・分析、統計スキル
・ITシステム構築スキル ※データ抽出・分析するシステムがある場合は必須ではない
・コンサルティングスキル(ビジネス企画力・提案力)
・コミュニケーションスキル など
 
分析モデルや統計モデルを作る際は大量のデータを扱うため、機械学習を用いることもあります。これらを構築する際はPythonやRなどのプログラミング言語を使うケースが多いでしょう。また、大量のデータを分析してビジネスの問題点や新たなビジネスモデルを構築するため、エンジニアスキルに加えてコンサルティングスキル(ビジネス企画力や提案力)も求められます。

AR/VRエンジニア

ARは「拡張現実」、VRは「仮想現実」を意味し、私たちが生活する空間に人工物を表示させる技術です。AR/VRはゲームなどのエンタメ分野だけでなく、医療業界・教育業界などでも活用が期待されています。

求められるスキル
・ソフトウェア開発の全般知識(ソフトウェア開発手法、セキュリティ、テスト技法など)
・プログラミングスキル(C#やC++など)
・3Dモデルの作成スキル、知識 など
 
AR/VRエンジニアは、AR/VR技術を用いたサービスの設計や3Dモデルを動かすためのプログラミングを主な仕事としており、使用するプログラミング言語はC#やC++などです。立体的な映像を出力するため、3Dモデルの作成方法に関する知識や3DCADを扱うスキル欠かせません。

クラウドエンジニア(インフラエンジニア)

クラウドエンジニアとは、クラウドサービスを活用してインフラの構築や運用、捕手を行うエンジニアです。ITシステムのインフラは、従来のオンプレミス型からクラウドへと急速に移行してきています。ITインフラはITシステムに必要不可欠であり、クラウド化の潮流に伴いクラウドエンジニアの需要も拡大しています。

求められるスキル
・インフラ全般(ハードウェア、ネットワーク、ミドルウェア、OS、セキュリティなど)の知識とスキル
・各種パブリッククラウド(AWS、Azure、GCPなど)を扱うスキル
・プログラミングスキル(インフラ設定をコード化するスキル)
・DevOpsの知識 など
 
クラウドサービスを使ったインフラ構築であっても、ーバーやネットワーク、ミドルウェア、セキュリティなどのインフラ全般の知識とスキルが必須です。なぜなら、構築先がオンプレかクラウドかという違いがあるだけで、扱うサーバーOSやネットワーク、ミドルウェア、セキュリティソフトなどはオンプレと大きく変わらないからです。
 
また、各パブリッククラウドが提供している設定ツールを扱うスキルやインフラ設定を効率化するためのプログラミングスキルなどが求められるでしょう。

セキュリティエンジニア

情報漏洩などのセキュリティリスクが高まる中、セキュアプログラミングやセキュリティシステムの運用を行うセキュリティエンジニアの需要も年々高まっています。また、企業だけでなく防衛省や各種政府機関でも国の機密情報を守る職種として高い需要があります。

求められるスキル
・情報セキュリティマネジメントスキル
・セキュリティに関する法令や規格の知識
・インフラセキュリティの知識、スキル
・セキュリティシステムの知識、スキル
・セキュリティプログラミングスキル など
 
セキュリティエンジニアは、大きくコンサルタント領域と技術領域に分けられます。コンサルタント領域では、セキュリティ規定の立案・法令への対応などが仕事内容です。技術領域では、ITシステムにおけるサイバー攻撃の調査・分析、セキュリティ対策などが該当します。
 
参考:経済産業省「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果(平成28年6月10日)」 

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは、AIに代替されにくい職種と言われており、今後も需要が続くと予想されている職種です。システム開発におけるQCD管理をすることが主な仕事です。具体的には、システム開発計画の策定、プロジェクトチームの編成、進捗管理、クライアントとの折衝、品質管理、リスク管理などを行います。

求められるスキル
・プロジェクトマネジメントスキル
・システム開発全般の知識(開発手法、技術、テスト手法など)
・コミュニケーションスキル
・提案力、交渉力
 
プロジェクトマネージャーは、開発は行いませんがチームメンバーへの指示・監督を行うためSEと同等以上の技術知識が求められる場合が多い傾向にあります。プロジェクトマネジメントスキルは、世界標準であるPMBOKをベースとするとよいでしょう。また、スケジュールや品質の問題を防ぐための提案や、問題が発生してしまった際の交渉力なども必要です。一般的には、SEなどのエンジニア職を10年程度経てからキャリアアップする職種です。

3. まとめ

この記事では、SEのキャリアパスとして考えられる職種のうち、今後需要の高まる職種と、その職種を目指す上で必要なスキルを解説しました。SEのキャリアパスを考える上では、今後の市場動向を加味してスキルを習得していくことが重要です。特に、先端技術やセキュリティを扱うIT人材の需要は非常に高く、これらの領域のスキルを習得することができれば高い報酬と安定したキャリアを築きやすくなるでしょう。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

無料サポート登録簡単30秒

【厚生労働省】職業紹介事業許可番号(13-ユ-308734)

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • 次のstepで入力すると返事が来る!
  • プロフィール入力すると返事が来る!
  • ご希望の条件を選択してください

    ご希望の勤務形態

    必須

    ご希望の勤務地

    任意

  • プロフィールをご入力ください!必須入力項目はこのページで終わりです。

    氏名

    必須

    氏名かな

    必須

    生年月日

    必須

    電話番号

    必須

    メールアドレス

    必須

  • スキルシート・ポートフォリオをお持ちの方はアップロードしてください

    スキルシート

    任意

    提出しておくことで
    迅速なご紹介が可能に!

    職務経歴書

    ドラッグアンドドロップ or ファイルを選択 選択されていません

    履歴書

    ドラッグアンドドロップ or ファイルを選択 選択されていません

    スキルシートを確認しています...

    スキルシートを確認しています...

    ※ファイルは5MB以下で対応するファイル形式 ? でアップロードしてください
    Microsoft Office .xls .xlsx .doc .docx .ppt .pptx
    KINGSOFT Office .xls .xlsx .doc .docx .ppt
    iWork .numbers .pages .key
    LibreOffice .ods .odt .odp
    OpenOffice .ods .odt .odp
    その他 .pdf

    ※事前にご用意のない方は、弊社フォーマットを是非ご活用下さい。

    ポートフォリオURL

    任意

    ?

    ポートフォリオとは主にクリエイターの方が自己PRのために過去の作品や制作実績をまとめた作品集の事です。

    ポートフォリオをWeb上で公開されている方はそのURLを、データでお持ちの方は作品データをアップしたURLを入力してください。

    ※データをアップされる場合は、保存期間や容量制限の少ないGoogleドライブを推奨しています。

    その他ご要望

    任意

  • 下記の内容をご確認いただき問題ないようでしたら、送信してください

    プロフィール入力すると返事が来る!

    • ご希望の勤務形態 必須

    • ご希望の勤務地 任意

      第一希望:
      第二希望:

    • 氏名 必須

    • 氏名かな 必須

    • 生年月日 必須

    • 電話番号 必須

    • メールアドレス 必須

    • 職務経歴書 任意

    • 履歴書 任意

    • ポートフォリオURL 任意

    • その他ご要望 任意

    個人情報の取り扱い」と「利用規約」に同意の上、『同意して登録する』ボタンをクリックして下さい。

プライバシーマーク

レバテック株式会社は「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。
個人情報の秘密は厳守します。ご入力いただいた情報は許可を頂くまで求人企業に公開することはありませんので、ご安心ください。

申し込みに関するご注意
以下の方は弊社の事業基盤、求人動向から、ご提案のご連絡までお時間をいただく可能性があります。ご了承ください。
IT業界、または希望職種が未経験の方
レバテックキャリア対象エリア以外での勤務地、また在宅での作業を希望される方

この記事に関連する求人・転職一覧