世界最大のクラウドプラットフォームの一角Azureの資格を得てクラウドエンジニアのキャリアを構築クラウドエンジニアを目指すならAzure!Azure関連13資格を紹介

最終更新日:2020年11月17日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

ITシステムのクラウド化は世界的な潮流であり、日本のIT業界でもクラウド関連の人材需要は増加傾向です。特にメジャーなクラウドプラットフォームに関する資格は、ITエンジニアの付加価値を高めるものとして有望視されています。ここでは、メジャーなクラウドプラットフォームのひとつであるMicrosoft Azureの資格を網羅的に紹介します。

1. Azureとは?

まず、「Azure」について簡単に解説します。Azureは、Microsoft社が提供する世界最大級のクラウドプラットフォームです。Azureでは、AI開発・DevOpsサービス(開発・運用向けサービス)・ストレージサービスなど、現代のITシステム開発・運用に必要な機能がクラウドサービスとして提供されています。

Azureの強み

Azureは世界55拠点に設置されているデータセンターをベースにサービス提供されており、強固かつ巨大な情報処理リソースが強みです。また、物理・仮想サーバーなどのITインフラをクラウドサービスとして提供する「IaaS」と、仮想OSを含めたプラットフォームを提供する「PaaS」としての側面を持っており、どちらをどれだけ利用するかはユーザーの決定に委ねられます。

一般的に、強固で巨大なITインフラ・プラットフォームを自社で用意するためには、多大なコストと時間が必要です。一方、Azureを活用すれば、こうしたコストを最小単位まで圧縮し「必要なときに・必要なだけ・素早く柔軟に」リソースを調達できることができます。

Azureはクラウドプラットフォームの一角として世界的に普及が進んでおり、日本国内でもAzureを採用する企業が増えてきました。したがって、ITエンジニアもAzureに対応することで、キャリア形成の一助になると考えられます。

2. ITエンジニアが取得を検討すべきAzure資格

では、実際にAzure関連資格を紹介していきます。今回は、Microsoft社の公式サイトをベースにしながらAzure関連の認定資格を網羅的に紹介します。具体的には、以下の13資格があります。

一般開発者向け

Azure Fundamentals
  • ・試験コード:AZ-900

    ・対象:開発者 初級

    ・費用:12500円

    ・試験の概要

クラウドの概念や基礎的な Azureのサービス・機能、 クラウドのセキュリティ、プライバシーとコンプライアンスなどについて学ぶことができます。Azure関連資格の中では初歩的な資格であり、20~30時間程度の学習で合格できる可能性が高いです。また、GoogleやAmazonが発行する初級資格よりも易しいと言われています。

Azure Developer Associate
  • ・試験コード:AZ-204

    ・対象:開発者 中級

    ・費用:21103円

    ・試験の概要

開発者向けの資格であり、APIの活用や、CLI・SDKを用いた実装方法とその手順、ストレージ活用やセキュリティなどの比重が高まっています。C#に関する出題もあることから、合格のためには一定以上のプログラミングスキルが必要です。

AIエンジニア向け

Azure AI Fundamentals
  • ・試験コード:AI-900

    ・対象:AIエンジニア 初級

    ・費用:12500円

    ・試験の概要

AI に関連する基本的な概念と、AI ソリューションの作成に使用できる Microsoft Azure のサービスを学ぶ資格です。開発者向けというよりは、AI関連機能の基礎的な理解と活用を目的としているようです。したがって、現役のデータサイエンティストやソフトウェア開発者にとっては易しい内容かもしれません。

Azure AI Engineer Associate
  • ・試験コード:AI-100

    ・対象:AIエンジニア 中級

    ・費用:21103円

    ・試験の概要

AI関連の開発者に向けた試験で、「ソリューションの要求の分析」「ソリューションの設計」「AIモデルのソリューションへの統合」「ソリューションの展開および管理」「技術的なタスクを遂行する能力」を測定する内容です。自然言語処理や音声認識、botなどAI関連のソリューション開発・実装に従事する開発者を目指す人に適しています。

管理者、マネジメント層向け

Azure Administrator Associate
  • ・試験コード:AZ-104

    ・対象:管理者 中級

    ・費用:21103円

    ・試験の概要

クラウド環境の管理者向けの資格です。クラウド環境でのID管理、ガバナンス、ストレージ、コンピューティングや、仮想ネットワークの実装・管理・監視、必要なリソースの計画・サイズ調整といった内容が出題されます。近年は、Kubernetesのようなコンテナ・計算資源計算の出題割合が高まっているようです。

Azure for SAP Workloads Specialty
  • ・試験コード:AZ-120

    ・対象:管理者 上級

    ・費用:21103円

    ・試験の概要

ERPベンダーとして世界最大手の「SAP」との連携ソリューションについて学ぶ試験です。出題範囲は、サーバーOS、仮想化、ストレージ構造、設計、データ保護概念など多岐にわたるうえ、SAPやLinuxの知識が前提となります。したがって、他と比べて難易度が高い試験といえるでしょう。

データエンジニア向け

Azure Data Fundamentals
  • ・試験コード:DP-900

    ・対象:データエンジニア 初級

    ・費用:12500円

    ・試験の概要

データエンジニア向けの初級試験です。リレーショナルデータと非リレーショナルデータの概念、トランザクションや分析手法などを理解するための試験といえるでしょう。開発者向けというよりも、DBやデータの基礎を学ぶための試験です。

Azure Data Engineer Associate
  • ・試験コード:DP-200, DP-201

    ・対象:データエンジニア 中級

    ・費用:各21103円(合計42206円)

    ・試験の概要

データエンジニア向けの中級試験で、データ記憶域の実装やデータ処理の設計、開発に関する内容が出題されます。オンプレミスとクラウドが混合する環境において、ビジネス要件に合致したデータ処理環境を設計することが目的とされています。

データベースエンジニア向け

Azure Database Administrator Associate
  • ・試験コード:DP-300

    ・対象:データベース管理者 中級

    ・費用:21103円

    ・試験の概要

データベース管理者向けの中級資格です。クラウドネイティブもしくはハイブリッド環境において、データベースの運用方法を学ぶ試験内容となっています。

データサイエンティスト向け

Azure Data Scientist Associate
  • ・試験コード:DP-100

    ・対象:データ サイエンティスト 中級

    ・費用:21103円

    ・試験の概要

データサイエンティスト向けの中級資格です。合格のためにはAzureの機械学習ソリューション(Azure Machine Learning)の基礎知識(何ができるのか)が必須となることから、事前の知識習得が必要です。また、機械学習やAIの基礎的な概念の習得も必要です。

ITコンサルタント、アーキテクト向け

Azure Solutions Architect Expert
  • ・試験コード:AZ-303, AZ-304

    ・対象:ソリューション アーキテクト 上級

    ・費用:各21103円(合計42206円)

    ・試験の概要

コンサルタント、アーキテクト向けの上級資格です。ネットワーキング、仮想化、負荷分散、セキュリティなどの技術的な側面の他に、BCPやDR、予算編成など事業継続性に関する問題も出題されます。

IoTエンジニア向け

Azure IoT Developer Specialty
  • ・試験コード:AZ-220

    ・対象:開発者 中級

    ・費用:21103円

    ・試験の概要

IoTエンジニア向けの中級資格です。IoTに関するインフラ実装やデータ管理、IoTソリューションの監視と最適化、セキュリティ実装など、一般的な開発作業以外の分野も出題されるため、やや管理者向けの内容とも言えます。

セキュリティエンジニア向け

Azure Security Engineer Associate
  • ・試験コード:AZ-500

    ・対象:セキュリティエンジニア 中級

    ・費用:21103円

    ・試験の概要

セキュリティエンジニア(もしくは担当者)向けの中級資格です。IDとアクセス管理、保護システムの実装、セキュリティ運用の管理など、エンジニア兼管理者向けの内容が多く含まれています。

3. まとめ

Microsoft Azureに関する資格は多岐にわたるため、自分の業務に役立つ資格や、将来のキャリア形成に役立てられる資格を確認してから学習を進めることをおすすめします。着実にスキルを身につけることで、転職活動におけるアピールにも活用できるでしょう。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

人気の求人特集

内定率が高い

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

Windows Azureの求人・転職一覧