プロジェクトマネージャーの求人ニーズや求められるスキル、年収を解説プロジェクトマネージャーの転職市場状況について

最終更新日:2020年7月3日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

プロジェクトマネージャーとは、プロジェクトを成功に導く責任を負った、重要な役割を担う職種です。プラグラマーやシステムエンジニア職に携わっている人の中には、将来プロジェクトマネージャーとしてのキャリアを想定している方も少なくないでしょう。では、プロジェクトマネージャーを目指すにはどのようなスキルや経験が必要なのでしょうか?

この記事では、プロジェクトマネージャーの求人ニーズをはじめ、求められるスキルや平均年収などを解説していきます。今後、プロジェクトマネージャーに転職してキャリアアップを図りたい方は、ぜひ参考にしてください。

1.プロジェクトマネージャーの求人ニーズ

まず、プロジェクトマネージャーの求人ニーズについて解説します。
 
プロジェクトマネージャーは、人材需要が拡大しているIT業界の中でも特にニーズの高い職種です。その理由として、どの業界においてもITの活用が当たり前になりつつある今、ITプロジェクトの対象となる分野が拡大しているという背景があります。
 
しかし、必ずしもIT業界の経験者でなければならないというわけではありません。ITプロジェクトでは、プロジェクトマネージャーをシステム開発会社とシステムを導入する企業の双方に配置します。そして、システムを導入する企業のプロジェクトマネージャーは、IT業界出身者でないケースが多くあります。
 
例えば、生産管理系システムの導入であれば生産部門の管理職が、顧客管理系システムの導入であればカスタマーサポート部門の管理職がプロジェクトマネージャーを担当するといった体制がよくあります。これは、システムを導入する業務領域に詳しく、かつ管理能力を保有しているという観点から採用されるケースです。
 
このように、ITプロジェクトにおけるプロジェクトマネージャーの採用では、システム開発に精通した人材だけでなく、幅広く深い業界・業務知識を持った管理職人材にも採用の可能性は広がっています。

2.プロジェクトマネージャーの種類と求められるスキル

プロジェクトマネージャーは、これまで培ってきた技術力やコミュニケーション能力、社会人経験をベースにしながら、さまざまなITプロジェクトを指揮します。ただし、プロジェクトの種類によって求められるスキルや経験は多少異なります。
 
ここでは、プロジェクトマネージャーの種類を大きく2つに分類し、それぞれの仕事内容と、求められるスキルについて解説します。

自社開発プロジェクトのプロジェクトマネージャー

事業会社に在籍し、自社内のシステムを開発するプロジェクトを指揮します。自社内開発プロジェクトでは、技術に対して一定の理解がある人材が求められる傾向にあります。SEやプログラマーなど、システムの実装部隊を指揮しながら、社内へのIT導入を進めていくため、IT業界経験者が優遇されやすいといえるでしょう。
 
さらに、同じ業界での業務システム開発などに携わった経験があれば、より重宝されます。プロジェクトマネージャーは、システム部門が担当する場合と事業部門が担当する場合の2パターンがあります。
 
求められるスキル・経験は以下の通りです。

システム部門のメンバーがプロジェクトマネージャーを担当する際に求められるスキル・経験
・何らかのシステム開発経験(概ね3年以上)
・システムの保守、運用などの経験
・システムエンジニアやプログラマーに対して、適切な指示(要件の説明など)を行うスキル
・プロジェクトリーダー以上の経験

事業部門のメンバーがプロジェクトマネージャーを担当する際に求められるスキル・経験
・ITプロジェクトの経験
・システム化領域の深い知見
・管理職 または それに準ずる経験 

外販を主とする企業のプロジェクトマネージャー

「外販」とは、他社(もしくは企業グループ外)からITプロジェクトの導入自体を請け負うことを指します。システム導入を請け負うSIerのプロジェクトマネージャーが良い例といえるでしょう。外販におけるITプロジェクトは、自社内システムを開発するITプロジェクトに比べて社外のステークホルダーが多くなる傾向にあり、営業力や折衝能力が求められます。技術への理解は必要ですが、プログラミングスキルは必須ではありません。
 
また、顧客と開発部隊をつなぐ窓口としての役割も果たすこともあります。そのため、顧客企業が属する業界の業務知識や慣習を知っていると信頼を得やすいでしょう。

求められるスキル・経験
・何らかのシステム開発経験がある(プログラミング経験は必須ではない)
・折衝能力
・顧客企業の属する業界の業務知識
・プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーの経験
 
このようにプロジェクトマネージャーの種類によって、求められるスキルや経験には違いがあります。今後プロジェクトマネージャーを目指す上で、自分自身はどのような立場で分野のプロジェクトに携わりたいかを考えた上で、必要なスキルを磨いていくとよいでしょう。

3.プロジェクトマネージャーへの転職を意識したキャリアプラン

それでは、プロジェクトマネージャーへ転職するには、どのようなステップを踏めばよいのでしょうか。さまざまな立場に応じた、キャリアプランの立て方を紹介します。

現役のプログラマーやシステムエンジニアの場合

まずは、できるだけ上流工程やリーダーポジションに携わることが重要です。プログラミングやテストといった下流工程の担当から、いきなりプロジェクトマネージャーへ転職するプランは現実的ではありません。
 
基本設計以上の上流工程を経験している方が、プロジェクトマネージャーへの転職もしやすくなるでしょう。これは、上流工程ほど顧客との接点が増えることが理由と言えます。また、チームの指揮・統率を担当するためリーダーポジションの経験もしておくと良いでしょう。

IT業界未経験者の場合

IT業界未経験者の場合は、チームをマネジメントした経験や顧客企業の業務領域に精通していることが求められます。この2つが揃っていれば、技術的なバックボーンが無くてもプロジェクトマネージャーとして採用される可能性があります。
 
たとえば前職は金融機関でマネジメント層だった人材が、Slerへ転職して金融機関のシステム導入プロジェクトのマネージャーに抜擢されるケースがあります。これは、金融機関の業務知識や慣習に精通していることや、マネジメント経験があることが評価されるためです。 

有力資格の保持も役立つ

プロジェクトマネージャーの世界にも、スキルや経験を証明する資格がいくつか存在します。特に有名なのは、PMBOK(Project Management Body of Knowledge)に基づいた国際資格である「PMP」と、日本のIPA(情報処理推進機構)が主催する「プロジェクトマネージャー試験」です。どちらも、座学だけでの取得は難しく、何らかのプロジェクトのマネジメント経験が求められます。
 
こういった有力資格の取得も、プロジェクトマネージャーへの転職において有利に働くでしょう。

4.プロジェクトマネージャーの平均年収

プロジェクトマネージャーの年収は、ITコンサルタントと並んで高水準を維持しています。経済産業省が公表している「IT関連産業の給与等に関する実態調査」によると、プロジェクトマネージャーの平均年収は891.5万円で、ITコンサルタントの928.5万円に次いで高い年収です。
 
標準的なSEやプログラマーの平均年収が593.7万円、ネットワークやDBといった特定領域のスペシャリストが758.2万円です。つまり、プログラマーやSEからプロジェクトマネージャーに転職できれば、300万円近い年収アップも可能ということです。
 
ただし、前述したように、下流工程の担当からいきなりプロジェクトマネージャーを目指すのは難しいでしょう。ITエンジニアとしての技術力を磨きつつ顧客との接点を増やし、交渉力や折衝能力を身に着けていきましょう。さらに、小さなチームのリーダーを経験するようになれば、プロジェクトマネージャーへの転職も現実味を帯びてきます。
 
※出典:経済産業省「IT関連産業の給与等に関する実態調査」P6より 

5.まとめ

この記事では、プロジェクトマネージャーの種類や仕事内容、求められるスキル、平均年収などを解説しました。プロジェクトマネージャーは、IT業界出身者でも他業界出身者でも目指すことができる職種です。また、IT業界内でもITコンサルタントに次いで高い年収を実現できる職種でもあります。プログラマーやSEからプロジェクトマネージャーを目指す人は、上流工程やマネジメント経験、特定領域の業務知識を深めてみてください。
 
FinTechやEdTechなど、さまざまな業界でITの活用が拡大している今、プロジェクトマネージャーの需要が増えています。時代のニーズに合わせたキャリアプランを練り、プロジェクトマネージャーへの転職を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

プロジェクトマネージャー(PM)の求人・転職一覧