SIerのキャリアパス

最終更新日:2020年11月11日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

SIerの代表的なキャリアパスには、より条件の良いSIerへの転職やフリーランスとしての独立のほか、事業会社、社内SE、CTO、スタートアップ企業への転職などがあります。キャリアアップを見越して、より専門的なスキルを身につけられる職種へ転職するのも良いでしょう。SIerでさまざまな案件を通して経験を積むことで身につくスキルもあるため、業界の動向を注視しつつ、キャリアの一つとして従事するには有効な選択肢といえるのではないでしょうか。

1. SIerの仕事内容

SIerは、別名System Integrator(システムインテグレーター)とも呼ばれる、公共関連団体や民間企業のITシステムの設計、開発、運用からコンサルティング、ハードウェアの選定などを請け負うことを事業としているIT企業を指しています。

SIerの主な業務は「戦略立案・企画」「要件定義」「設計・開発」「運用・保守」の4段階に分かれますが、ひとつの企業がこのすべての業務を担う場合と、一部のフェーズのみを担う場合があります。

【戦略立案・企画】
顧客が抱えている問題を調査・分析し、その問題の解決策を考えたり、企画をしたりするのが戦略立案・企画のフェーズです。
【要件定義】
顧客が抱える問題の解決のために必要とされるシステムの要件を考えます。システムの仕様のほとんどを決定するため、非常に重要な工程といえます。
【設計・開発】
要件定義で定めた内容をもとに、実際に開発を行います。まずはシステムの設計書の作成を行い、その後開発へと着手していきます。
【運用・保守】
作成されたシステムの運用や、そのシステムのメンテナンスなど、保守作業を行います。もしもシステムの運用中に問題が発生した際には、その対応も行います。

SIerの企業は、メーカー系、ユーザー系、独立系、その他に大別することができます。

メーカー系、ユーザー系はITを扱う大手企業などから派生したものであるのに対して、独立系はSI事業を目的として設立された企業であることが特徴です。その3つに当てはまらない企業のうち、代表的なものにはコンサルティング会社などがあります。

2. SIerの現状

SIerの特徴のひとつに、作業の分業化が進んでいることが挙げられます。それぞれの工程ごとに仕事を渡していく「ウォーターフォール型」のプロジェクトが多くなっています。

SIerの仕事は要件定義や設計を行う上流と、開発やテスト、保守などを行う下流にわかれており、上流の人材は数が少なく、収入が高い傾向にあります。

これは、上流工程で仕事の流れを決め、指示を出し、下流工程で作業を行うといった商流の流れが決まっていることが影響しています。

また、ウォーターフォール型の働き方では、自分の担当外のフェーズの業務に携わることはほとんどないので、スキルの幅を広げていきにくい現状があります。活躍の幅を広げたいという方は、キャリアアップを目指し、下流工程から上流工程を担当できるようになるなど、積極的に働き方を変える意識を持つことが大切でしょう。

3. Slerの代表的なキャリアパス

Slerの代表的なキャリアパスには以下のものがあります。

今よりも待遇が良いSlerへの転職

自身が理想とする業務内容や年収、待遇といった雇用条件がより良い他会社へ転職するケースです。PMスキルや企画力など付加価値的なスキルを身に着けることで、好条件の企業への転職成功率が高まるでしょう。他業種と同じく年齢が若いほどポテンシャル採用してもらえる確率が上がるので、転職を考えているのであればできるだけ早く動くようにしましょう。

このキャリアパスを選ぶメリットは、理想的な仕事環境を得られる可能性があることや、収入アップ、待遇の改善が狙えるということにあります。

年齢が上がると技術力以外にもどんなスキルを身につけられているのかが厳しく見られる傾向にあります。より待遇の良いSIerへの転職を目指す場合には、若いうちに今後のキャリアを見定めて行動を起こすか、市場価値の高いスキルを身につけることが大切でしょう。

フリーランスとして独立する

独立起業するケースです。高いレベルの技術力が求められやすい傾向にあり、自己管理能力も同時に問われます。結果を出せばそれだけの収入が見込めますが、案件がなければ収入は一気にゼロという世界です。フリーランスに転向する前に派遣エンジニアとして一定の実務経験を積むという選択肢もあります。

フリーランスの場合は、実力や営業力がなければ仕事を続けられない可能性が高まります。しかし、成功すれば自分の能力に応じた報酬を得られるというメリットもあります。自分のスキルに自信があり、成果に直結することに魅力を感じる人には向いている道と言えるでしょう。

4. その他のキャリアパス

上記で挙げた以外に、SIer出身のエンジニアには以下のキャリアパスも考えられます。

自社サービスを展開する企業への転職

受託開発を行うSIerから、自社サービスを持っている企業、いわゆる事業会社へ転職するケースです。顧客の要望通りにプログラムを組んで納品するまでがゴールのSlerとは違い、PDCAを回してサービスがより良くなるよう試行錯誤できる点に魅力を感じる方も多いようです。

転職に向けては、日ごろから市場の動向をキャッチアップし、より良いサービスにするためにはどうすればいいかを考え、サービス志向性を身につけておくと良いでしょう。また、組織の規模によってはフロントエンドからバックエンドまで幅広い業務に携わることになるため、希望する企業の業務内容をリサーチし、必要な知識は積極的に吸収するようにしましょう。

また、事業会社へ転職することで得られるやりがいは、自分の仕事の成果が事業の成長と直結しているところにあります。

しかし、結果至上主義になりやすい部分があるので、新しい技術やトレンドを追いかけたい技術志向性の高い人にとっては、ストレスを感じることもあるようです。事業会社への転職は、技術を目的ではなく手段と捉え、ユーザーによりよいサービスを提供していきたいと考える人に向いている選択であるといえます。

社内SEへの転職

SIerで培ってきたスキルを活かして、事業会社の社内SEに転職するケースです。ユーザーとの距離が近く、社内のシステムを最適なものにするために試行錯誤できる点に多くの人が魅力を感じるようです。

近年は、社内SEにも売上UPへの積極的な貢献が期待されるようになりつつあり、従来の情報システム部門としての役割をこなすだけではなく、プラスアルファでスキルを身につける必要があります。技術力のみならず、企画力やコミュニケーション能力などのスキルを磨くことで、転職成功への可能性が高まるでしょう。

SEとしてのキャリアプランや、キャリアパスを考える上でのポイントについて気になる方は、ぜひこちらの記事も合わせてご参照ください。
関連記事:SEのキャリアパスとは?キャリアプランの具体例を詳しく解説

5. Slerの今後

Slerで働いたあとのキャリアパスとしては、前述したようにフリーランスや社内SEなどが挙げられます。一方、この先もSIerで活躍し続けたいと考えるのであれば、専門スキルとマネジメントスキルを高めていく必要があります。

まず、エンジニアとして一定の技術力は求められるので、ある言語に特化したプログラミングスキルや上流工程での設計スキルなど、上流から下流まで幅広いスキルを習得しておくべきでしょう。

SIerで上流工程や下流工程のどちらに従事した場合でも、専門スキルを伸ばせる機会はあるはずです。そして専門スキルを伸ばした後に、コミュニケーションスキルやビジネススキルなど、プラスアルファの能力を身につけるのが良いでしょう。

また、一つの業界で長く働くと、社内外のメンバーを教育したり、管理したりする機会も増えてきます。そのため、高いマネジメントスキルを持っている人材は重宝されやすくなります。

業務内容がマネジメントメインになり、自ら手を動かすことが減ったとしても、これまでに経験してきた要件定義、開発、保守、運用といった経験は、エンジニアに指示を出したり物事の優先順位を判断したりする際に役に立ちます。

IT業界は変化のスピードが速いため、今後の動向に敏感になる必要はありますが、専門スキルとマネジメントスキルの価値は、今後も引き続き高い状態が続くことが予想されます。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

人気の求人特集

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

社内SEの求人・転職一覧