まずはプログラマーを目指し、実務経験を積むことから始めようSE(システムエンジニア)になるには?独学の方法や役立つ資格を解説

最終更新日:2020年10月19日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

SE(システムエンジニア)は、システムの設計、開発、運用・保守などを行う職種です。システムの開発工程全般に携わり、顧客の要望をまとめたり、設計書を作成してプログラマーに指示を出したりするなど、幅広い役割を担っています。

SEになるには、まずはプログラマーとして経験を積み、徐々に設計などのスキルを身につけてキャリアアップするのが一般的です。そのため、未経験の状態から始めるのであれば、まずは書籍や学習サイト、資格の勉強などを活用してシステム開発の基礎スキルを習得する必要があります。この記事では、SEの目指し方を中心に、求められるスキルや独学の方法、役立つ資格などを解説します。

1. SE(システムエンジニア)の目指し方

まず、SEになる方法を解説します。

SEはプログラマーの上級職に位置付けられており、プログラマー経験を経て目指すのが一般的です。そのため、一部の大企業を除いて、プログラマー未経験者がいきなりSEとして採用されるケースはごく稀です。

これからSEを目指すのであれば、まずはプログラマーとして就職し、経験を積んでからSEにキャリアアップする方法を選ぶのがよいでしょう。

2. SE(システムエンジニア)になるために必要なスキル

次に、SEに求められるスキルを解説します。

情報処理推進機構(IPA)は、IT関連サービスの提供に必要なスキル・知識を体系化した「ITSS(ITスキル標準)(※)」という指標を策定しています。この指標には、各エンジニア職種に必要なスキルが詳細に記述されており、SEに求められるスキルも定義されています。SEに求められるスキルは、大きく以下の3つに分類することができます。

ヒューマンスキル

ヒューマンスキルとは、ステークホルダーと良好な関係を築き、円滑に交渉や提案を進めるスキルです。リーダーシップなどもヒューマンスキルに含まれます。SEには、要件定義や基本設計など多くの工程で顧客への提案や交渉、ヒアリングなどが発生します。よって、高いヒューマンスキルが求められます。

マネジメントスキル

マネジメントスキルとは、システム開発における進捗管理や品質管理、リソース管理などのスキルです。SEは、プログラマーチームを率いて開発を進めるため、チームの進捗や成果物の品質管理、リソース管理といったマネジメント業務が発生します。そして、チームの進捗や品質状況は、SEからプロジェクトマネージャーへ報告します。SEの場合、プロジェクトマネージャーほど広範なスキルは求められませんが、開発を円滑に進めるためのマネジメントスキルが必要です。

開発スキル(要件定義、設計、開発(コーディング)、テスト、運用・保守)

開発スキルとは、要件定義から設計、開発テスト、運用・保守までの幅広い知識とスキルを指します。具体的には、以下のとおりです。

・アルゴリズムの知識
・プログラミングスキル
・システム構成要素の知識(ハードウェア、ミドルウェア、ソフトウェアの関係など)
・OSやミドルウェア、開発ツール、オープンソースの知識
・ハードウェアの知識(ストレージ、メモリ、CPUなど)
・ネットワークの知識(ネットワークの仕組みや設計方法、運用方法など)
・データベースの知識(データベースの仕組みや設計方法、運用方法など)
・システム開発手法の知識(要件定義や基本設計、詳細設計、テスト技法など)
・ソフトウェア開発管理技術の知識(ソースの管理方法やリリース方法など)

※参考:IPA「ITスキル標準V3」

3. 独学で開発スキルを身につける方法

ここでは、独学で開発スキルを身につける方法を解説します。

書籍を活用する

書籍は情報が体系的にまとめられているため、知識の補填をするのに最適な方法です。
スキルの習得(プログラミングスキルなど)においては、疑問が生じた際に一人で解決しづらいという難点がありますが、知識習得においては有用でしょう。

ここでは、開発に関する知識を身につけるのに役に立つ書籍を3冊紹介します。

『SEの基本』(山田 隆太、日本実業出版社)
SEに必要な基本スキルであるテクニカルスキル、マネジメントスキル、ヒューマンスキルについて解説している書籍です。SEとしての心構えについても書かれているため、SEを目指したい人が最初に読む本としても最適です。

『ずっと受けたかったソフトウェアエンジニアリングの新人研修 第3版』(飯村 結香子・大森 久美子・西原 琢夫・川添 雄彦、翔泳社)
NTTの新人研修に採用された書籍で、初心者向けにシステム開発の各工程の役割などを丁寧に解説しています。システム開発の全体像を押さえることができます。

『ピープルウエア 第3版』(トム・デマルコ(著)・ティモシー・リスター(著)・松原友夫 (翻訳)・山浦恒央 (翻訳)、日経BP)
この書籍では、SEが押さえておくべきヒューマンスキルを解説しています。情報共有方法やリーダーシップ方法、チームメンバーへの業務指示方法など、チーム開発を進める上で必要なコミュニケーション方法について学ぶことができます。

学習サイトを活用する

学習サイトは、動画など視覚的なコンテンツが多く、気軽に学習できる点で近年注目されている学習手段です。書籍と併用することで、知識やスキルをより身につけやすくなるでしょう。

Udemy
Udemyはオンラインの教育プラットフォームで、プログラミングやデータベース、ネットワークなどさまざまな技術について動画で学ぶことができます。

ドットインストール
プログラミングを学ぶことができる学習サイトです。各レッスンは3分程度の動画で構成されています。また、プレミアムプランに入る事で動画の不明点を質問することが可能です。

自主的にアプリケーションを開発する

開発スキルを身につける一番の近道は、実際に自分でシステムを開発してみることです。
近年ではAWSやGCPなどのクラウドサービスにより、サーバーや開発ツール、ミドルウェアなどを個人でも容易に入手できるようになりました。初めはこれらのクラウドサービスを活用しながら、開発環境を構築してプログラミング部分を自分で手がけてみるのがおすすめです。

4. SEのスキル習得に役立つ資格

SEを目指す上で資格は必須ではありませんが、資格取得を通して知識やスキルを身につけることができ、自身のスキル証明にも繋げることができます。

各資格詳細とともに、当資格・技術関連の求人情報も掲載していますので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

基本情報技術者試験

情報処理推進機構(IPA)が運営する国家試験です。システムの仕組みやテスト技法など、ITエンジニアに求められる基礎的な知識を身に付けることができます。合格率は20~30%程度です。

基本情報技術者の関連求人を探す>

ORACLE MASTER Bronze

オラクル社が実施する、データベース管理者としての業務知識があることを認定する試験です。ORACLE MASTERにはBronze、Silver、Gold、Platinumと4つのグレードがあり、Bronzeはエントリーレベルの資格とされています。合格率は非公開です。

Oracleの求人を探す>


その他、Linux技術者認定資格である「LinuC」やネットワークエンジニアの技能を認定する「CCNA」、「応用情報技術者試験」などもSEを目指す際に役立つでしょう。

5. SEに学歴(文系/理系)は求められるのか?

最後に、SEに求められる学歴について解説します。IPAが発行した「IT人材白書2018(※)」によると、IT企業が重点的に採用した学生の専攻を調査した結果、「情報系」28%、「理系」12%、「こだわらない」58%となっています。情報系を重視した企業が多いものの、半数以上の企業が学部にはこだわらないと回答しており、スキルを証明することができれば文系でもSEを目指すことは十分に可能です。

※参考:IPA「IT人材白書2018」(p.110)

6. まとめ

この記事では、SEの目指し方をはじめ、求められるスキルや独学の方法、役立つ資格などを解説しました。SEを目指すのであれば、まずはプログラマーとしての技術力を身につけることが大切です。SEには設計などの上流工程のスキルが求められますので、経験を積む中で徐々にスキルアップを目指していきましょう。

7. SEに関するQ&Aはこちら

Q1. SEになる方法を教えて下さい。

SEはプログラマーの上位職として位置づけられています。プログラマーとして就職し、経験を積んでからSEにキャリアアップする方法を選ぶのがよいでしょう。

Q2. SEに求められるスキルは何ですか?

ステークホルダーと円滑に交渉・提案を進めるヒューマンスキル、開発チームを束ねるマネジメントスキル、プログラミングなどの開発スキルの大きく3つに分けられます。

Q3. 独学で開発スキルを身につける方法はありますか?

書籍や学習サイトの活用によって独学で知識・スキルを身につける事が可能です。詳細は「独学でSEを目指す方法」も参照してみてください。

Q4. SEに学歴(文系/理系)は求められるのでしょうか?

半数以上の企業が学部にはこだわらないと回答しており、スキルを証明することができれば文系でもSEを目指すことは十分に可能です。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

社内SEの求人・転職一覧