セキュリティエンジニアの仕事内容とスキル習得・証明に役立つ資格を解説セキュリティエンジニアの仕事内容

セキュリティエンジニアは業務システムやネットワーク、グループウェアなどさまざまなシステムのセキュリティに関する設計、実装、運用・保守などに携わる職種です。セキュリティ需要の高まりから市場でも高く評価され、インフラエンジニアなど他の職種からキャリアアップの目標にする人も多くいます。この記事では、セキュリティエンジニアの仕事内容に加え、スキルの習得や証明に役立つ資格を解説します。

1. セキュリティエンジニアとは?

セキュリティエンジニアとは、さまざまなサイバー攻撃や社員の過失などによる情報漏洩を防ぐために、業務システムやネットワークなどの社内システムへのセキュリティ対策の立案から実装、運用、保守、セキュリティポリシーの設定、社員教育など非常に幅広い業務担当します。

幅広い技術領域のセキュリティスキルが要求されるだけでなく、最新の法令や他社のインシデント事例に関する知識も求められることから、エンジニア職の中でも難易度が高い職種と言われています。
 
また、セキュリティエンジニアは以下の2種類の領域に区分することができます。

・コンサルタント領域に特化したセキュリティエンジニア 
企業のセキュリティポリシーの策定やシステムのセキュリティ対策から運用方法の診断、改善提案、運用定着化支援などを担当します。

・技術領域に特化したセキュリティエンジニア 
システム導入時のセキュリティ設計やセキュリティ製品の導入、設定、運用、監視などを担当します。サイバー攻撃を受けた際は、直ちに対策なども行います。
 
このように、セキュリティエンジニアは担当する工程によって役割を分けることができます。企業によって異なりますが、ネットワークに特化したセキュリティエンジニアやサーバーに特化したセキュリティエンジニアなど、技術領域別に分業されている企業もあります。

2. コンサルタント領域に特化したセキュリティエンジニアの仕事内容

続いて、領域別にセキュリティエンジニアの仕事内容を解説します。コンサルタント領域のセキュリティエンジニアの仕事内容は以下のとおりです。

セキュリティ相談

企業の経営層から、新規事業やセキュリティ対策に懸念がある既存事業に対する改善策の相談や情報システムにおけるセキュリティ対策の相談を受け、施策などの情報を提言します。あくまで提言レベルであり、アウトプットはない場合がほとんどです。

情報セキュリティマネジメントの企画立案

セキュリティ相談の発展的な仕事で、要件を詳しくヒアリングし、企画書を作り具体的なセキュリティ対策方法を提案します。

情報セキュリティマネジメントの設計

企画提案が受け入れられた場合、より詳細にその会社に最適な情報セキュリティマネジメントを設計します。具体的には、セキュリティ範囲の明確化や、組織体制や業務ルールの考案、情報システムの各レイヤーおよび一般業務フロー内におけるチェック項目の設定、情報システムや業務ルールの運用方法の設計などを行います。

セキュリティ評価、改善指導

現在運用されている情報システムにおけるセキュリティの状況を評価し、改善のための指導や提案を行います。

セキュリティ教育

最新法令の紹介やセキュリティ教育を行い、セキュリティ意識の啓発やリテラシーの向上に貢献します。

役立つ資格

コンサルタント領域に特化したセキュリティエンジニアには、情報セキュリティマネジメントやセキュリティ技術に関する知識、セキュリティ製品の知識などが求められます。ここでは、スキル習得や証明に役立つ資格を解説します。

情報処理安全確保支援士試験
情報セキュリティの専門家を認定するための国家資格で、情報セキュリティに関するネットワークやハードウェア、アプリケーション、法令まで幅広い知識を証明します。ITスキル標準のレベル4以上であり、難易度の高い資格です。合格率は15~18%程度です。

CompTIA
CompTIAはグローバルで評価されている資格で、国内でも高い知名度があります。セキュリティ、ネットワーク、サーバーなど複数の資格があり、さらにそれぞれ3~4つのレベルに試験が分かれています。合格率は非公開ですが、セキュリティの最高レベルの試験であるCASP+は、公式サイトでIT全般の管理者として10年以上の経験、そのうち5年以上をセキュリティに関連する実務に携わるエンジニアの方を対象として設計されていると書かれていますので、難易度の高い資格と見てよいでしょう。

3. 技術領域に特化したセキュリティエンジニアの仕事内容

次に、技術領域に特化したセキュリティエンジニアの仕事内容を解説します。

要件定義

システム構築に必要なセキュリティ要件を洗い出し、要件定義書に落とし込みます。
具体的には、OSやファイヤーウォール、認証などのレイヤー別に要件を整理します。

セキュリティ設計

要件定義書をより具体的な設計書に落とし込みます。具体的には、ネットワークやサーバーなどを分析した上で、ファイヤーウォールなどレイヤー別にどのようなセキュリティ対策を実装するか設計書に落とし込みます。

セキュリティ対策の実装

設計書に従って、ネットワークやサーバー、OS、アプリケーションなど各レイヤーにおいてセキュリティ対策を実装します。他エンジニアと協力しながら、機器のマウンティングやコンフィグ作業、暗号や認証の設定、アクセス権設定、セキュアプログラミングなどを行います。

ペネトレーションテスト(侵入テスト)

完成したシステムやアプリケーションを対象に、脆弱性の有無を確認するためのテストを行います。脆弱性が発見された場合、設計・実装工程に戻って対応策を検討します。

セキュリティシステムの運用、保守

システムの完成後は、セキュリティインシデントが発生しないように運用・保守を担当します。アプリケーションやOSのアップデート、通信データの監視、アクセス権の管理、ログファイルのチェックや保存などを行い、セキュリティ性を維持します。

役立つ資格

技術領域に特化したセキュリティエンジニアは、システムへの実装作業を担当するため、セキュリティの幅広い知識に加え、ネットワークやサーバー、OS、セキュリティ製品を扱うスキル、セキュアプログラミングスキル、ペネトレーションテスト手法の知識などが求められます。取得しておくとスキル証明に役立つ資格としては、以下のものがあります。

情報処理安全確保支援士試験
IPAが運営する国家資格で、技術領域を含めセキュリティに関して非常に幅広い分野が出題されます。合格率は15%~18%程度と難易度が高い試験です。

シスコ技術者認定
ネットワーク製品大手のシスコシステムズの認定する資格で、ネットワークに関する知識やシスコ製品を扱うスキルを証明します。エントリー、アソシエイト、プロフェッショナル、エキスパートの4つのレベルに分かれており、アソシエイト以上の試験ではCloudやWireless、Securityなど技術領域別にさらに詳細化されています。ネットワークセキュリティを学ぶ際に最適な資格と言えるでしょう。

LinuC
サーバーOSとして高いシェアを持つLinuxの技術力を証明する資格です。レベル1~3に分かれており、それぞれITスキル標準のレベル1~3に相当し、比較的難易度が高い資格です。サーバーセキュリティも出題されるため、知識の補填に役立つでしょう。

4.まとめ

この記事では、セキュリティエンジニアの仕事内容に加えて、スキルの習得や証明に役立つ資格を解説しました。セキュリティエンジニアは、幅広い知識と高度なスキルを求められる職種であり、一般的にはインフラエンジニアやアプリケーションエンジニアなど、その他のエンジニア職を数年以上経験してから目指す職種です。効率的にスキルと知識を習得するために、資格試験を活用していくと良いでしょう。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

無料サポート登録簡単30秒

【厚生労働省】職業紹介事業許可番号(13-ユ-308734)

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • 次のstepで入力すると返事が来る!
  • プロフィール入力すると返事が来る!
  • ご希望の条件を選択してください

    ご希望の勤務形態

    必須

    ご希望の勤務地

    任意

  • プロフィールをご入力ください!必須入力項目はこのページで終わりです。

    氏名

    必須

    氏名かな

    必須

    生年月日

    必須

    電話番号

    必須

    メールアドレス

    必須

  • スキルシート・ポートフォリオをお持ちの方はアップロードしてください

    スキルシート

    任意

    提出しておくことで
    迅速なご紹介が可能に!

    職務経歴書

    ドラッグアンドドロップ or ファイルを選択 選択されていません

    履歴書

    ドラッグアンドドロップ or ファイルを選択 選択されていません

    スキルシートを確認しています...

    スキルシートを確認しています...

    ※ファイルは5MB以下で対応するファイル形式 ? でアップロードしてください
    Microsoft Office .xls .xlsx .doc .docx .ppt .pptx
    KINGSOFT Office .xls .xlsx .doc .docx .ppt
    iWork .numbers .pages .key
    LibreOffice .ods .odt .odp
    OpenOffice .ods .odt .odp
    その他 .pdf

    ※事前にご用意のない方は、弊社フォーマットを是非ご活用下さい。

    ポートフォリオURL

    任意

    ?

    ポートフォリオとは主にクリエイターの方が自己PRのために過去の作品や制作実績をまとめた作品集の事です。

    ポートフォリオをWeb上で公開されている方はそのURLを、データでお持ちの方は作品データをアップしたURLを入力してください。

    ※データをアップされる場合は、保存期間や容量制限の少ないGoogleドライブを推奨しています。

    その他ご要望

    任意

  • 下記の内容をご確認いただき問題ないようでしたら、送信してください

    プロフィール入力すると返事が来る!

    • ご希望の勤務形態 必須

    • ご希望の勤務地 任意

      第一希望:
      第二希望:

    • 氏名 必須

    • 氏名かな 必須

    • 生年月日 必須

    • 電話番号 必須

    • メールアドレス 必須

    • 職務経歴書 任意

    • 履歴書 任意

    • ポートフォリオURL 任意

    • その他ご要望 任意

    個人情報の取り扱い」と「利用規約」に同意の上、『同意して登録する』ボタンをクリックして下さい。

プライバシーマーク

レバテック株式会社は「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。
個人情報の秘密は厳守します。ご入力いただいた情報は許可を頂くまで求人企業に公開することはありませんので、ご安心ください。

申し込みに関するご注意
以下の方は弊社の事業基盤、求人動向から、ご提案のご連絡までお時間をいただく可能性があります。ご了承ください。
IT業界、または希望職種が未経験の方
レバテックキャリア対象エリア以外での勤務地、また在宅での作業を希望される方

セキュリティエンジニアの求人・転職一覧