SEとプロジェクトマネージャーそれぞれの仕事内容、SEからプロジェクトマネージャーを目指す方法をSEからプロジェクトマネージャーを目指す方法

最終更新日:2020年9月11日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

SE(システムエンジニア)はシステムの設計や開発を担当するのに対し、プロジェクトマネージャーはプロジェクト計画の立案やリソース管理、リスク管理、ステークホルダー管理など、主にマネジメント業務を担当する職種です。

これらは明確に役割の異なる職種ですが、SE職でリーダーなどを経験した後、プロジェクトマネージャーを目指すキャリアパスは広く知られています。

この記事では、SEとプロジェクトマネージャーそれぞれの仕事内容と求められるスキル、SEからプロジェクトマネージャーを目指す方法について紹介します。

1. SEとプロジェクトマネージャーの違い

まず、SEとプロジェクトマネージャーの仕事内容をそれぞれ解説します。

SEの仕事内容

・要件定義
要件定義では、まず顧客の要求を明らかにします。具体的には、ビジネスモデルやサービスの概要、それらを支えるシステムイメージ、システムに求められる機能の概要などをヒアリングしていきます。その上で、要求を満たすITシステムの大枠とその具体化策を要件定義書にまとめていきます。

・基本設計
基本設計では、要件定義で決定したシステムを機能単位(画面入力、バッチ処理、帳票出力など)で分割し、それぞれの役割を決めていきます。また、機能間の連携や入出力データの仕様なども、基本設計で決めることが多いでしょう。

・詳細設計
基本設計で決定した機能ごとに、具体的な処理内容・項目などを設計します。一般的には、プログラマーがプログラミングを行うために必要な情報(命名規則やクラス設計などの規約)を網羅して詳細設計書に落とし込みます。プロジェクトによっては、プログラマーの仕事に含まれることもあります。

このように、SEは要件定義から設計を主に担当します。よって、システム開発手法の知識やプログラミングスキル(詳細設計を行うために必要)、ハードウェアやネットワーク、ソフトウェア、ミドルウェアの基礎知識など幅広く求められます。

プロジェクトマネージャーの仕事内容

・プロジェクトの管理運営
プロジェクトマネージャーは、プロジェクトが円滑に進むようさまざまな管理を行います。具体的には、人員の調達やコスト管理、プロジェクト内のチーム間における人員調整、定例会議の主催、リスク管理、ステークホルダー管理、納期管理などが該当します。

・クライアントとの交渉
ITシステムを構築するプロジェクトでは、プロジェクトが進む中でさまざまな微調整が必要になります。顧客業務や要求の変化、認識の齟齬などを吸収し、プロジェクトの成果物に反映されるように調整しなくてはなりません。プロジェクトの規模が大きくなればなるほど、顧客とのコミュニケーションが重要になります。
 
プロジェクトマネージャーは、マネジメント業務およびクライアントへの報告、提案、交渉といったプロジェクトマネジメントスキルが求められます。一方で、プロジェクト内のリスク管理や進捗管理などはSEと連携して行うため、前述したSEに求められるスキルと知識も必須です。

2. SEからプロジェクトマネージャーを目指す方法

次に、SEからプロジェクトマネージャーを目指すための、具体的な方法について解説します。
 
前述したように、SEとプロジェクトマネージャーの仕事内容、求められるスキルには大きな違いがあります。SEが「技術職」である一方、プロジェクトマネージャーは「管理職」です。つまり、SEからプロジェクトマネージャーを目指すためには、SEとして技術業務も行いながらマネジメントスキルを身につけていく必要があります。
 
一般的には、以下のような経験を積みながらプロジェクトマネージャーを目指します。

上流工程の経験を積む

まず、できるだけシステム開発における上流工程に携わる機会を増やしましょう。ここで言う上流工程とは、要件定義、基本設計などを指します。これらの業務は、クライアントと対話する機会が多いため、プロジェクトマネージャーに求められる「交渉力」や「提案力」を磨く絶好の機会です。
 
仮に上流工程の担当ではない場合でも、「詳細設計やプログラミングの参考にしたいので、打ち合わせに同席させて欲しい」と上長に申し出て、参加する機会を増やしていきましょう。

数人規模のチームでマネジメント経験を積む

数人規模のチームリーダーを目指し、マネジメントの経験を積むことも大切です。チームメンバーの進捗管理や課題の吸い上げ、コミュニケーション、モチベーションの維持、工数管理などをプロジェクトマネージャーの補佐として担当します。

数人規模のチームリーダーとはいえ、チームメンバーをまとめつつ自分の仕事をこなすことで、管理・マネジメントの基礎が身についていくわけです。また、チームリーダーへの昇格・抜擢は、プロジェクトマネージャーが行うことが多いです。もし、社内公募や打ち合わせの席でリーダー希望者を募っているようなら、積極的に手を挙げるようにしましょう。

資格取得によるアピール

すでに述べたように、マネジメントを経験できるポジションに就ける機会は限られています。そのため、資格取得によって適性や志向をアピールし、機会を増やすことも大切です。

プロジェクトマネージャーに役立つ資格としては、「PMP」や「プロジェクトマネージャ試験」が適しているでしょう。企業やプロジェクトによっては、この2つのうちいずれかを持っている人材を、プロジェクトマネージャーやチームリーダー候補と見なすこともあります。

中小SIerに転職してリーダー経験を積む

大手SIerのプロジェクトマネージャー求人は、経験者のみを対象にしていることがほとんどです。そこで、まずは中小SIerでチームリーダーの経験を積むという選択肢もあります。
 
中小SIerでは、マネジメント経験がなくてもプロジェクトマネージャーやチームリーダー候補として積極採用している場合があるため、求人は常にチェックしておきましょう。入社後は、プロジェクトマネージャーの支援を受けながらマネジメントスキルを磨いていくことになります。

3.SEとプロジェクトマネージャーの年収比較

最後に、SEとプロジェクトマネージャーの想定年収を紹介します。

政府統計(経済産業省)

・プロジェクトマネージャー:891.5万円
・SE・プログラマ:568.5~603.9万円
 
参考:経済産業省「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果(平成29年8月21日)」

レバテックキャリアの求人例

・プロジェクトマネージャー
求人A(不動産業)…年収600万円~800万円
求人B(サービス業)…500万円~1000万円
求人C(IT・通信業)…500万円~800万円

・SE
求人A(IT・通信業)…420万円~650万円
求人B(IT・通信業)…420万円~600万円
求人C(IT・通信業)…350万円~700万円
 
このように、SEとプロジェクトマネージャーの年収には、150~300万円程度の差があることがわかります。プロジェクトマネージャーにキャリアアップすることができれば、大幅な年収アップも不可能ではありません。

4. まとめ

この記事では、SEとプロジェクトマネージャーそれぞれの仕事内容や求められるスキルの違い、SEからプロジェクトマネージャーを目指す方法、年収の違いについて紹介しました。
 
SEからプロジェクトマネージャーになるには、単に資格取得や転職を繰り返すだけではなく、マネジメントやプロジェクト運営経験を積めるポジションを狙うことが重要です。企業によっては、20代半ばであってもマネジメント業務の一部を任せてくれる企業もあります。プロジェクトマネージャーを目指すのであれば、なるべくそういった業務に携われる職場に身を置くことが大切です。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

プロジェクトマネージャー(PM)の求人・転職一覧