【求人あり】仕事内容や必要なスキル・経験を理解して、人気の高い社内SE転職を成功させよう社内SE転職の難しさと、目指したい人が身につけるべきスキル

最終更新日:2020年9月16日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

ITエンジニアの転職市場で人気の社内SE。レバテックキャリアを利用している求職者の方に限ってみても、社内SEへの転職を希望する方は非常に多い傾向にあります。しかしながら人気の職種ゆえ、希望通り社内SEに転職できる方は少数に留まっているのが実情です。

この記事では、レバテックキャリアのキャリアアドバイザー・飯島秀基とリクルーティングアドバイザー・髙橋哲也が、社内SE転職の倍率や求められるスキル・経験について詳しく解説します。社内SEへの転職を検討されている方、ゆくゆくは社内SEとして活躍したいと考えている方は、今後のキャリアを考える上で参考にしてみてください。


レバテックキャリアキャリアアドバイザー、飯島秀基の写真


飯島 秀基(いいじま ひでき)
企業目線での履歴書・職務経歴書の添削や面接対策を得意とする、レバテックキャリアのキャリアアドバイザー。カウンセリングでは「求職者が転職で本当に叶えたいことは何か」「求職者の持つ強みや実績は何か」を引き出し、納得度の高い転職を果たせるよう尽力している。一人ひとりの希望や感情に寄り添ったサポートを心がけており、エンジニアからの信頼も厚い。 飯島 秀基の紹介ページはこちら


レバテックキャリア法人営業担当、髙橋哲也の写真


髙橋 哲也(たかはし てつや)
SI企業やITコンサルティング会社、社内SEを募集する事業会社を多く顧客に持つレバテックキャリアの法人営業担当。企業が求めるエンジニア像をヒアリングし、求職者には面接対策などを通して転職支援を行っている。ほっとする瞬間は、転職を支援したエンジニアとのランチ面談で、その人が転職先で楽しく働いていることが伝わってくるとき。

1. なぜ社内SE転職は難しいと言われるのか

社内SEの転職が難しいとされる理由は主に以下の3つが挙げられます。

①職種としての人気が高いため、競争が激しい
②年齢に伴い、求人企業の採用条件が厳しくなる
③業務内容が入社企業によって異なるため、転職活動そのものがやりにくい


このように、人気職種である社内SEへの転職を考える際に、業界の競争倍率、仕事内容、スキルレベルなど、様々がことを考慮する必要があり、難易度が非常に高いです。

では、順調に社内SEの転職活動を進めるために、どうすれば良いのでしょうか。

2. そもそも社内SEの仕事とは?

社内SEと一口に言っても、その業務内容は多岐にわたり、企業によって任される仕事は大きく異なります。そのため、社内SEへの転職を希望しているエンジニア自身も、入社後の仕事内容を正しく理解できていないことは珍しくありません。まずは、社内SEの仕事内容を確認しておきましょう。

一般的な社内SEとは、企業の情報システム部門担当

飯島:一般的に社内SEというと、企業内の情報システム部門の担当者を指しています。仕事内容としては、主に以下の5つが挙げられます。
 

  • ・パソコン/スマートフォンのトラブル対応

  • ・IT資産管理

  • ・セキュリティ管理

  • ・基幹システム管理

  • ・社内システム開発、管理


「パソコン/スマートフォンのトラブル対応」でいうと、以前はパソコンのみのトラブル対応で済んでいたのですが、現在は会社で支給しているスマートフォンに問題が起こった際も社内SEが解決に当たります。

「IT資産管理」は会社のスマートフォンやパソコン、ルータをはじめとしたネットワーク機器、サーバーなどITに関連するあらゆる資産を管理する仕事ですね。会社が契約しているツールやソフトに年間どのくらいのコストがかかるのか、削減できるポイントはないか、といったことも社内SEが考えます。

社内の「セキュリティ管理」は、例えば業務でクラウドサービスの利用を許可するかどうか、会社からのアクセスを禁止するWebサイトを設定するかどうかなど、会社としてのセキュリティポリシーを決めることがそれに当たります。

社内SEはこういった管理業務を多く担当するのですが、求職者の方は知らないケースも多いですね。

「基幹システム管理」、「社内システム開発・管理」とは社員が使用するシステムの開発や管理です。社内システムを新規で開発する場合は、要件定義や設計などの上流工程のみを社内SEが担当して、下流工程は協力会社に外注することが多いです。

一部企業では、“自社内開発エンジニア”を社内SEと呼ぶことも

髙橋:一般的に社内SEが担当するシステム開発や管理業務は、その名前の通り「社内向き」のものなんです。しかしながら一部の企業では、「自社サービス開発」も社内SEの仕事に含んでいることがあります。

例えば、この記事を掲載しているレバテックキャリアのサイトも自社サービスに含まれますが、これは一般ユーザーに向けたもの、すなわち「社外向き」のものです。本来はこういったサービス開発を担当する職種は、社内SEではなく「自社内の開発エンジニア」と言った方が正しいでしょう。

飯島:このように社内SE業務の境界線が曖昧になっているのには、IT業界における慢性的なエンジニア不足が影響しています。良いエンジニアを採用したいという想いから、自社の求人に興味を持ってもらうために「人気の高い社内SEというキーワードで目を引こう」と考える採用担当者の方もいるのです。

そのため、社内SEの業務範囲がどんどん広がっていき、企業によって担当する仕事が全く違う、といったことが起こりやすくなっていますね。

求職者の方も、相談に来た段階ではこれらの実情を把握していないので、よくよく話を聞いてみないと、ご本人がどんな仕事を求めているのか、それは社内SEになれば叶えられるのかを判断しづらい部分があります。

関連記事:社内SEの仕事内容|SEとの違いや必要なスキル、役立つ資格も解説

3. 社内SEが人気の理由

それでは、なぜ社内SEはエンジニアに高い人気を誇っているのでしょうか。ここでは、レバテックキャリアを利用している求職者の方がよく挙げる志望理由を紹介します。

ユーザーとの距離の近さや勤務場所、労働時間に惹かれる人が多数

髙橋:現職が客先常駐で働くSIerの場合、社内SEの志望理由としてよく挙がるのは次のような内容ですね。

 
  • ・勤務場所が変わらない

  • ・ユーザーとの距離が近い

  • ・応募先の企業や業界そのものが好き


プロジェクト単位で常駐先が変わることや、自分の手掛けたシステムがどのように使われているのかわからないことにストレスを抱えている方は多いです。

また、SIerだとお客様からの発注に対してシステムを開発するので、なかなか自分でスケジュールをコントロールしづらい部分があります。社内SEであれば、開発するのは自社内のシステムなのでスケジュール調整がしやすく、残業も少ないのではないか、というイメージがあるようですね。

あとは、応募先の企業・業界そのものが好きで、事業の成長に貢献したいという理由で志望する方も一定数います。この理由は採用を行う企業側も納得感を得やすく、よい印象を持ちやすい傾向があります。

関連記事:社内SEが「人気の職種」である理由

4. 社内SE転職に失敗する人の共通点

社内SEは人気の職種である一方で、入社後の早期退職など、結果的に転職に失敗してしまう人も一定数います。社内SE転職に失敗する人の共通点はどこにあるのでしょうか。

想定していたよりも残業が多く、疲弊してしまう

髙橋:「残業が少ない」ことが社内SE人気のひとつの理由でしたが、実際は必ずしも社内SE=残業が少ない、とはいえません。

自社のシステムであっても納期前に稼働が上がることはよくあることですし、企業によっては社内SEの業務範囲が広いために業務過多になり、残業が多くなるケースもあります。結果的に前職よりも残業が多くなってしまい、疲弊して退職する方も中にはいます。

入社前イメージと実際の業務内容にギャップがある

飯島:社内SEの役割や裁量の大きさは企業によって異なるので、入社後に「イメージしていた仕事と違った」というギャップが生まれてしまう方もいます。

現職の主な業務内容が下流工程の場合、IT戦略や社内システム開発の企画立案といった「上流工程が経験できること」を社内SEの志望理由として挙げる方もいますが、これらの業務を担当できるかどうかは各企業の方針や社風によります。

実際に、システム開発の上流工程に携われると思っていたのに、入社してみたらヘルプデスクや社内調整などの泥臭い業務がメインで早期退職してしまった、とレバテックキャリアに相談に来る方も少なくありません。

そうならないためにも、自身がイメージしている業務と実際の業務に齟齬がないか入社前に確認する必要があるのですが、それらを求人票だけで判断するのは難しいのが実情です。例えば、求人票内で会社の方針として「AI活用」や「DX推進」など先端の技術やビジネスモデルへの取り組みを掲げていたとしても、社内の実態と乖離していることがあるからです。

そのため、業務内容について不明点がある場合は、採用面接の場で直接質問してほしいですね。「平均的な1日の業務スケジュール」や「社内SEが担当する主な業務内容やミッション」などを質問してみると、入社後の業務内容を理解しやすくなると思います。

関連記事:社内SEのメリット・デメリット

5. 社内SE転職の競争倍率と、転職可能な年齢

社内SEが人気の理由に加え、転職に失敗する人の共通点も紹介してきましたが、社内SEの転職難易度はどのくらいなのでしょうか。具体的な競争倍率と、転職しやすい年齢についても解説します。

社内SEの内定競争倍率は5倍以上

飯島:正直なところ、社内SE転職の競争倍率は非常に高いですね。レバテックキャリアに登録しているエンジニアの方に限れば、実に約半数以上が社内SEへの転職を希望しています。しかし、実際に希望通り社内SEとして転職できるのは多く見積もって5人に1人といったところでしょうか。

髙橋:そもそも、社内SEがひとつの企業で大量に募集されることはありません。人員の入れ替えや事業拡大で1~2名増やす程度で、小さい企業であれば1名いれば充足するポジションです。

希望者が多いので、気になる求人があれば早く応募することも大切ですね。社内SE求人は応募が殺到して、募集開始後1週間程度で受付が終了することも珍しくありません。

転職しやすい年齢は30代半ばまで。40代は+αの専門性が求められる

飯島:社内SEとして転職しやすい年齢は30代半ば、上限目安としては36、7歳です。それ以上の年齢になると、企業内で管理職のポジションに就いている人が多くなってくるため、求められるスキル・経験が一段と高くなったり、そもそも社内SEで管理職を募集していなかったりして、求人の数が少なくなります。

ただ、40代以上であっても金融や物流など特定の業界での上流経験が豊富な場合、求人企業のニーズとマッチすれば、その専門性が評価されて採用に至るケースはあります。

6. 社内SEに求められるスキル・経験とは?

続いて、社内SEに内定する人の特徴を、求められるスキルや経験から解説します。

好まれるのはオールラウンダーなスキルを持つエンジニア

飯島:社内SE求人の採用条件は厳しいことが多く、どの求人でも以下のスキルが求められます。

 
  • ・ステークホルダーとの折衝能力

  • ・コミュニケーション能力

  • ・上流から下流までのシステム開発スキル


まず、ステークホルダーとの折衝能力やコミュニケーション能力は必須ですね。冒頭で紹介した社内SEの業務を進める上で、必ずやらなければならないのが社内調整です。調整業務を滞りなく進めるにはこれらのスキルが不可欠になります。

例えば「新しい社内システムを開発しよう」となったとき、最初に行うのは関係者を集めて概要を説明することではなく、まずは会議を開きたい旨をメールで周知して参加を請う、といった事前お伺いである場合があります。

システム部門以外の社員にとって、社内システム開発に協力することは業務外という認識です。しかも、協力を請う相手が役職のある人だったり、勤務地の異なる人だったりした場合、依頼のハードルはさらに高くなるでしょう。説明をする相手のITリテラシーが低いことともありますから、新しいシステムの必要性をわかりやすく説明する力も求められます。

大企業になればなるほどステークホルダーは多くなり、こういった泥臭い調整業務が頻発する傾向にあります。そのため、エンジニアとして技術や開発そのものが好きな方には合わないかもしれません。

髙橋:それでいて、社内SEはエンジニアとしての技術力も求められます。社内SEになると自分で手を動かすことは少なくなりますが、要件定義書や設計書の作成のほか、開発業務を外注した際のベンダーコントロールなども担当します。社内SEになるには、上流から下流までの一通りの開発スキルを持っている必要があります。

関連記事:社内SEに必要なスキル|SIに所属するSEとの違いや役立つ資格も解説

特定の業界に対する興味・関心も、社内SE採用では重要なポイントに

髙橋:これは志望理由の話にも繋がるのですが、社内SEの採用ではさまざまなスキルだけでなく、「企業が属する業界への興味、関心があること」も求められます。

例えば小売系企業だと、エンジニアであっても一定期間店舗に立って販売の仕事をする場合があります。これは、エンジニアにも現場への理解を深めてほしいと思っているからなんです。

現場への理解があれば、社内システムを設計するときにもどんな機能が役に立つのかを自分で考えることができるので、必然的にアウトプットの質も変わってきます。入社前の時点で業界や事業に詳しくある必要はないですが、興味すら持てない人は社内SEには向いていないと思います。

評価されるのは上流工程の経験。社内SE未経験でも転職は可能

飯島:社内SE求人では、上述したようなスキルとマインドが求められるので、前職で以下のような職種・ポジションを経験していた人であれば、比較的転職もしやすくなります。

 
  • ・ITコンサルタント

  • ・プロジェクトマネージャー(PM)

  • ・システム開発における上流工程


社内SEの業務には社内折衝やベンダーコントロールが発生するため、それに近しい業務経験、すなわちITコンサルタントやPM、システム開発における上流工程の経験があると有利になります。

これらの経験がある人は、専門的な内容をわかりやすく伝える説明能力や、関係者に配布する提案資料の作成能力が高い場合が多いです。たとえ社内SEとしての経験は未経験であったとしても、必要なスキルが似ているので企業側も入社後に活躍できるイメージを持ちやすいのだと思いますね。

関連記事:未経験から社内SEは目指せるのか?市場状況やメリット・デメリットを解説

担当業務によっては、資格の保有が評価に繋がることもある

髙橋:また、これは必須ではありませんが、自身のスキルを対外的に証明する上で資格が役立つ場合もあります。入社後にどのような業務に携わるかによって評価される資格も変わってきますので、自身の望むキャリアに合わせて取得を目指すことをおすすめします。
 

社内SEに役立つ資格


ただし、社内SEに限らず、中途採用でもっとも重視されるのは実務経験です。資格はあくまでも+αのアピールポイントと捉えるのがよいでしょう。

関連記事:社内SEの仕事に役立つ資格

7. 社内SEの年収

転職活動を進めるにあたって、年収は無視できないポイントといえるでしょう。ここでは、社内SEに転職した場合の年収について解説します。

年収の中央値は約500万円。IT戦略など企業経営に携わる業務ほど高年収になる傾向

飯島:社内SEは業務内容が多岐にわたるため、平均年収をお伝えするのが難しい職種なのですが、中央値は500万円前後ですね。

所属する企業や業務内容によって年収は大きく異なり、IT戦略やIT監査対応など、企業の経営に影響を与える立場だと年収1000万を超えるケースもあります。また、外資系企業や大手持株会社の情報システム部門も比較的高年収が提示される傾向にあります。

ただ、このような上流工程を担当する高年収求人は数としては少ないですね。社内SEでもっとも募集が多いのは、ヘルプデスク業務や基幹システムの運用管理がメイン業務の求人です。

社内SEの求人例

髙橋:業務内容別の求人例を挙げるなら、以下のような内容になります。求人によって求められるスキル・経験にも幅がありますので、応募前には必ず確認するようにしましょう。

ヘルプデスク業務がメインの求人例

【想定年収】
300~450万円
【業務内容】
システム操作方法などの問い合わせ対応業務、IT資産管理、サーバー・ネットワークの運用・保守
【求められるスキル・経験】
システム設計書の理解(実務経験不問)、ハードウェアの基礎知識、社内システムの運用・保守経験、コミュニケーション能力

基幹システム管理がメインの求人例

【想定年収】
300~500万円
【業務内容】
基幹システムおよび社内システムの開発管理・運用保守管理、ヘルプデスク業務
【求められるスキル・経験】
システム管理業務経験3年以上、外部ベンダーや社内スタッフとの調整・折衝スキル、一般的な事務処理能力

社内システム開発・管理がメインの求人例

【想定年収】
400~650万円
【業務内容】
社内システムの開発業務(要件定義、設計、開発、テスト)、外部サービスの選定、外部ベンダーや社内関係者との調整業務
【求められるスキル・経験】
オープン系システムの開発経験2年以上、設計書・テスト仕様書などの作成経験、テーブル定義書・画面設計書などの作成経験、物事をわかりやすく伝える説明力、相手の要望を的確に汲み取る力

IT戦略などの上流工程がメインの求人例

【想定年収】
500~900万円
【業務内容】
IT戦略の企画立案・実行、IT関連業務のプロジェクトマネジメント、ERPの導入・運用・保守、社内システム開発および開発管理
【求められるスキル・経験】
導入コンサルタントとしての実務経験2年以上、ERPの導入経験、要件定義書や基本設計書の作成経験

現在募集中の社内SE求人情報はこちら>

8. 社内SEを本気で目指したい人がやるべきこと

ここまで社内SEの仕事内容や求められるスキル・経験、年収など、転職を考えている人が気になるであろうポイントについて解説してきました。なかなかハードルの高い社内SEへの転職ですが、それでも目指したいと考えるエンジニアは、具体的にどのようなアクションを起こせばよいのでしょうか。

現職がプログラマーの場合は、上流工程を経験することがファーストステップ

飯島:前述したITコンサルタントやPMの経験がすでにある方であれば、そのまま転職活動を進めて問題ないと思います。

しかし、これまでプログラマー経験しかなく、上流工程を経験したことがないという方であれば、まずは「大手SIerやプライムベンダーにおける上流工程の経験」あるいは「システム開発プロジェクトにおけるリーダー経験」を積む必要があります。

これらが経験できる企業に転職をするか、現職でPMやPLなど、プロジェクト全体を見渡せるポジションに就くためのアクションを起こしましょう。

社内SEは人気の高い職種というだけではなく、求められるスキル感も高いことが多いです。本気で目指したいのであれば、まずは上流工程やリーダー経験を積むことをおすすめします。

ITを活用した「コスト削減」の実績を作る

髙橋:社内SEの転職では「コスト削減」に成功した実績のある人は強いです。担当プロジェクトのコストを把握した上で、より安く質の高いものを作るためにどんな工夫をしたのか、自分の言葉で語れるようになっておくと良いですね。

コスト削減には2つの観点があり、ひとつは「生産性の向上」、もうひとつは「運用費用の削減」です。

「生産性の向上」であれば、「RPAを活用した業務効率化」や「クラウド化による既存システムの見直し」などの実績があれば評価の対象となります。

「運用費用の削減」は「パソコンやスマートフォンなどのIT資産の運用コスト削減」や「基幹システムの運用・保守にかかる固定費用の削減」などがそれに当たります。後者は現職が社内SEでなければ経験しづらい内容ですが、例えばクライアント企業に運用コスト削減の提案をして採用された経験があれば、立派なアピールになるでしょう。

コスト削減はあらゆる企業の大きなミッションのひとつであり、社内SEに期待するところでもあります。上流工程を経験する中で、コストと質のバランスを考えて動いてきた経験と実績があれば、企業からも高い評価を得られるでしょう。

社内SEになればやりたいことができるのか、今一度確認することも大切

飯島:ここまで社内SEの転職に関して知っておいてほしいことをお話ししてきましたが、転職後に長く働いていくには、実際の業務内容と求職者ご自身の志向性がマッチしているかが重要になります。

そのため、今回説明した社内SEの仕事内容や役割を今一度確認し、社内SEになることで自分のやりたいことが実現できるのか、今一度考えてみてほしいと思います。

髙橋:企業ごとに求める人材像も大きく異なりますから、求人票の内容もしっかりチェックした方がいいですね。メイン業務がヘルプデスクの場合と自社システム開発の場合では、同じ社内SEであってもやるべきことは全く違います。

飯島:転職後のギャップが小さければ小さいほど、長くやりがいをもって働けるはずです。満足度の高い転職が実現できるよう、私たちも精一杯サポートします。ひとりで転職活動を進めるのが不安な方は、ぜひ一度ご相談にお越しください。

9. 社内SEへの転職なら、レバテックキャリア

レバテックキャリアは、IT・Web業界のエンジニアやクリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向について豊富な知識を持つキャリアアドバイザーが、あなたの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。

この記事を読んで、社内SEに転職したい、あるいは将来的に社内SEとしてのキャリアを築きたいとお考えの方は、レバテックキャリアにご相談ください。これまでの経験やご自身の強みを伺いながら、転職を成功させるためのアドバイスをいたします。

レバテックキャリアに転職の相談をする

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

社内SEの求人・転職一覧