SIerの志望動機の書き方と例文|書く時のポイントと注意点も解説

最終更新日:2023年10月23日

SIer(エスアイヤー)とは、企業や自治体の業務システム開発など、要件定義から運用保守の上流工程を請け負う企業・エンジニアを指します。注目されるSIer業界ですが、「どう志望動機を記載すればいいのか?」と悩むことがほとんどです。SIerは企業によって業態が異なり、応募する職種によって求められる人材像もさまざまなため、業界研究・企業研究をした上で、志望動機をカスタマイズする必要があります。
そこで、SIerの志望動機の書き方と例文について解説します。加えて、未経験でSIerのエンジニア職へ応募する場合の例文や考慮点についても紹介するので参考にしてください。

今もらっている年収は高い?低い?

支援実績10年の登録者データを基にした エンジニア・クリエイター専門 年収診断 無料診断START

この記事のまとめ

  • SIerとは、企業や自治体の業務をIT分野に着目し把握・分析し、課題の解決を目的としてシステムを構築する上流工程を請け負う企業である
  • 志望動機は、企業ごとに異なる「求める人材像」をきちんと理解して応募企業ごとの特色に合わせながら記載する
  • 志望動機は自分の言葉で簡潔に結論から、わかりやすい言葉で記載する。ポイントを押さえたSIerの志望動機例文も紹介

SIerとは

SIerとは、System Integration(システムインテグレーション)の略称です。文字通りエスアイヤーと呼ばれます。

SIerは企業や自治体の業務を把握し、独自の分析に則って課題をITの力で解決したりアドバイスをしたりする企業を指します。システムベンダーやITベンダーとも呼ばれますが、一般的にはどちらもSIerを指しています。

また、SIer業界はWeb業界と同じだと思われがちですが、SIer業界は他企業の要望ありきで開発を行い、Web業界は自ら開発内容を提案し一般ユーザー向けに開発をするのが大きな違いです。企業間の中でやり取りを行うのがSIer業界であり、Web業界とはエンドクライアントが異なる点に注意しておきましょう。

関連記事:SIerの将来性は?今後なくなると言われる理由と市場価値

SIerの分類

今回はSIerの志望動機を解説しますが、SIerに応募する際は、IT業界及びSIer業界の構造について理解しておく必要があります。業態ごとに求められるスキルやキャリアパスも異なるため、SIerの大まかな分類をチェックしましょう。

ユーザー系SIer

IT以外の業界に属する大手企業から情報システム部門を子会社化したSIerとして知られています。親会社及びグループ会社に対するサービス提供にとどまらず、そこで蓄積した技術を活かして、他の顧客企業からシステム開発・運用を受託します。ユーザー系SIerに属するエンジニアは、プロジェクトを統括する役割を担うケースが多いです。

メーカー系SIer

ハードウェア系企業が、情報システム部門を分社化して設立したSIerです。パソコンやサーバーを製造する親会社と共に、システム開発を手掛けます。公共や製造といったさまざまな業界において、大規模プロジェクトにも携わる機会が多く見られます。

独立系SIer

特定の親会社を持たないSIerの総称です。親会社の案件や雇用制度に影響されないため、独自の技術を追求し、その会社固有の社風を築いている点が特徴です。独立系SIerでは、幅広い技術と専門性を追求するエンジニアが多く見受けられます。

外資系SIer

海外企業のパッケージやソリューションを日本企業へ展開するSIerです。グローバルな案件に携われる機会が多い一方で、すでに確立されたパッケージを日本市場へ販売する側面もあるため、コンサルティングやカスタマイズが中心となる場合もあります。

関連記事:外資系SIerに転職するには?特徴や年収、メリットやデメリットも解説

企業規模によって役割や担当工程が異なる場合もある

大規模システム開発プロジェクトにおいては、SIerの企業規模によって、異なる役割を担う傾向があります。

大手SIerの役割・担当工程

大規模なシステム開発プロジェクトでは顧客企業と折衝し、複数のパートナー企業と連携して、全体を統括するのが大手SIerの役割です。大手SIerに属するエンジニアは、プロジェクト管理や要件定義を中心にした上流工程を担当する機会が多く得られます。

関連記事:SESへの転職を考える|客先常駐のメリット・デメリットやSIerとの違い

中小SIerの役割・担当工程

中小規模のSIerは、大手SIerから開発工程の一部について委託を受け、開発・テストを担当します。そこに属するエンジニアも、実装に携わる場面が多く見られます。

SIerへ応募する際に志望動機を書くときのポイント

SIerへ応募する際には、これまでの経験を踏まえて自己PRを論理的に説明するのがポイントです。遠回しな表現はせず、簡潔に結論から述べるようにしましょう。以下に、志望動機を書くときに考慮するべきポイントをまとめました。1点ずつチェックしてみましょう。

結論から伝える

志望動機に限らず、ビジネスで使用するやり取りや文面では「結論・理由・具体例・再び結論」の順で伝えると理論的に伝わりやすいです。


  • ・どんなSIerになりたいのか

    ・なぜそう思うのか

    ・過去にこういった経験をした

    ・だからSIerになりたい


結論から伝えると自分が今何を記載しているのかの軸が定まりやすく、志望動機を読む相手にとっても短時間ですぐ結論にたどり着くことができます。
また、志望動機は限られたスペースで記載しなくてはなりませんが、文字数が多くなった場合は具体例の部分を削って調整できます。

企業を選んだ理由を明確にする

SIer業界はさまざまな企業が参入しているため、応募先の特徴は大きく異なります。「SIerになりたいだけなら、他企業もあるのにどうしてこの企業なのか」をまずは明確にしておきましょう。
その企業で働きたい理由が特になければ、他にこだわりのある応募者を企業側は優先します。また、短期離職の原因になりそうな場合は大きな懸念点になるため、企業分析が曖昧な希望者も避ける傾向にあるでしょう。

企業を選んだ理由がはっきりできれば、応募者にとっても企業とのマッチング具合がわかります。採用が決まってから「こんなはずではなかった」とミスマッチが目立つ場合はよくあるため、自分の中でも納得する理由を言葉にできると大きな強みになるはずです。

応募先が求めるスキルを把握する

中途採用の求人では、特定の職種や業界・業務を特定して、人材を募集している場合が多く見られます。たとえば、インフラエンジニアの募集に対してはIT基盤の設計・実装・運用の経験をアピールする必要があります。そのため、応募先企業の戦略や求人情報を十分に分析し、必要なスキルを保有していることを主張します。

これまでの経験から具体性を出す

SIerへ転職する場合、過去に経験したプロジェクトで発揮したスキルを具体的に主張する必要があります。担当した業界や業務プロセス・技術領域といったプロジェクトに関する視点と、そこで自分自身が担当した役割や成果の視点の双方を含めると、その状況が理解しやすくなります。

入社後にやりたいことを明示する

志望動機には「SIerになりたい熱意」を込めるのはもちろん大切です。しかし、「最終目的が採用」と見られるか「入社後に活躍してくれそう」と見られるかは志望動機の書き方次第で決まります。
ポイントとして、入社後にやりたいことを最後に伝えておきましょう。「○○のような開発をしたい」「○○の人に役立つプロダクトを作りたい」など具体的に記載すると、企業側には好印象に思われます。

さらにこの入社後にやりたいことが、その企業でしかできないことならより魅力的です。

第二新卒・未経験の場合の考慮点

大学やプログラミングスクールで学んだ内容を踏まえて、応募先に貢献できる旨を主張します。ITスキルに限らず、コミュニケーション能力や問題解決能力を発揮した経験もアピールできる材料になるでしょう。SIerにおける実務経験が無かったとしても、応募先の企業の特徴や強みから、自身のキャリアパスに合致している点を述べて、その企業で長く活躍する意欲を示します。

志望動機を書くときの注意点

志望動機を書くためのポイント解説はよく見られますが、反対に「書くとマイナスポイントになる」ことは意外と知られていません。
そこで、注意点を以下にまとめました。「よくある失敗志望動機」になっていないか、今一度確認しましょう。

その企業でなければいけない理由が曖昧だとアピールとして弱い

企業ごとに志望動機を新しく作り直すのは必須ですが、意外とできていない人もいます。特に「多数あるSIer業界から、なぜその企業なのか」は丁寧に記載するとよいでしょう。
たとえば、


  • ・SIerで有名な貴社を希望しました

    ・IT業界は将来性があるため貴社を希望しました

    ・今後続くであろう業界の貴社を希望しました


以上のような理由は一般論であり「その企業でなくてもよいこと」です。
企業分析をして特色や求める人物像を自分なりに解釈し、自分の希望と合致している点をアピールするとより説得力が出ます。

学習意欲以外に即戦力になることをアピールしたほうが良い

IT業界が未経験の場合、「採用後は多数のことを学び業務に活かしたい」といった勉強意欲をアピールする人は多いです。しかし、入社後に勉強したいという意欲は、即戦力を求める企業側にとってやや物足りなさを感じる動機でしょう。
学習意欲はもちろんですが、過去の業務や経験をつなげて業務に即活かせることをアピールすると効果的です。事前に学んだこと、取得した資格もアピールできるため「入社後には新たな資格を取得したい」ではなく「入社後は○○の資格を活かし○○の業務に取り組みたい」と表現を変えてみましょう。

【SIerの分類別】スキル・経験を活かした例文

志望動機をパターン別にまとめる場合、これまでの業態及び職種と、応募先の業態及び職種で整理する方法があります。以下では、職種ごとに異なる志望動機の例文を紹介します。

ユーザー系SIer

中小規模の独立系SIerで、主に金融プロジェクトにおいてSEとして数年の経験を積んだケースを考えてみます。金融系に強みを持つ大手SIerへ応募する際の例文は以下のようになります。

「前職では金融系システムのプロジェクト開発に5年間携わり、チームリーダーとして設計・開発を担当、社内向け業務化ツールを作成しました。結果、業務が〇%効率化し、より大規模なプロジェクトに携わりたいと考えるようになりました。金融系システムに強みを持つ御社で、これまでの経験を活かしつつ、プロジェクトマネージャーとしてのキャリアを歩んでいきたいと考えています。」

メーカー系SIer

メーカー系のSIerは元請けとして大規模システム開発の受託開発を担当することが多いです。具体的な過去の経験とこれからやりたいことを企業の特色と結びつけ、志望動機を作成しましょう。

「貴社を志望した理由は、貴社が手がけている大規模SIを通じITで社会を支えるエンジニアになりたいためです。大学時代にベンチャー企業でアルバイトをしており、VBAとRPAで社内向け業務自動化ツールを作成しました。結果、業務が〇%効率化し、この経験がきっかけでITでもっと多くの人々を助けたい、役に立ちたいという思いが強くなり、ITのスキルを身につけて活躍することが目標になりました。貴社は社会インフラとなる大規模システムを手がけているため、多くの人を支える仕事ができると考え、志望しました。」

独立系SIer

ユーザー系SIerにてSEとして、ERP(統合基幹業務システム)を中心に数年の経験を積んだ後、独立系SIerへ応募する場合の例文を記します。ERPの導入では、既成のパッケージに合わせて業務改革を行うプロジェクトが多いため、独立系SIerが参入する案件も見られます。

「貴社を志望した理由は、ERPを中心としたシステム開発に携わった経験をもとに、キャリアアップをしたいからです。システム開発に関する経験は○○の作成などがあります。以前では顧客と関わる業務ができませんでしたが、顧客第一主義を大切にされている御社で、○○の分野でのキャリアアップを叶えたく志望しました。」

外資系SIer

メーカー系SIerでシステムエンジニアとして数年の経験を積んだケースを考えてみましょう。コンピューターやサーバーを扱う親会社からの案件に携わっているものの、より大規模な案件に挑戦したいという想いをきっかけとして、新たなキャリアプランを描いています。インフラ関連のスキルを活かし、外資系SIerのインフラエンジニアへと応募する場合の例文は以下のようになります。

「貴社を志望した理由は、海外向けのプロダクトに関わるエンジニアになりたいからです。前職ではメーカー系SIerのシステム開発プロジェクトにて、ネットワーク機器の設計・実装を担当してきました。御社では大規模プロジェクトを多く手掛けるため、インフラエンジニアとしてグローバルな仕事も多いと存じます。○○の資格やこれまでの経験を活かし、仕事に貢献したいと考えています。」

エンジニア未経験の場合の例文

SIerでは、SE職を含めてエンジニア未経験の第二新卒に対する求人も多く出されます。SIerに応募する際には、志望理由として大学や課外活動で学んだ経験を踏まえて、具体的に記載する必要があります。たとえば、情報系の学生だったのであれば授業の一環として制作したプログラムについて言及し応募のきっかけとする方法があります。また、文系出身であってもSIerのSE職に採用される例は多いため、興味のある人は企業研究を進めると良いでしょう。

第二新卒の場合の例文

アルバイトや過去の体験を志望理由に結びつけ、簡潔な志望動機にすると効果的です。インターン経験やSIerに興味を持ったきっかけを志望動機に盛り込むようにしましょう。

「SIerになりたいと思ったきっかけは、過去にプロダクトを通じ便利さを体験したからです。現在アルバイトとして従事している飲食店で、iPad用のオーダーアプリが導入されてから、付随する様々な業務が短縮されました。IT業界について研究を進める中で、業界にとらわれずさまざまな顧客の課題をITの力で解決し、世の中を便利にすることができるSIerに就職したいと思うようになりました。
貴社においては小売業を含めて多くのプロジェクトを手掛けると伺いました。ビジネスの成長に貢献するシステム開発に興味があり、貴社のエンジニアとして身近な問題を解決できる人材になりたいと思い、希望しました。」

志望動機で他の応募者と差をつけるには

転職時に評価されやすいよう志望動機を改善するには、推敲を重ねていく必要があります。転職エージェントを含め、他者からのフィードバックを受けながら効率的に志望動機を改善していきましょう。以下で、志望動機を改善する方法について解説します。

業界研究、企業研究

前述のとおり、SIerはその成り立ちによって業態が異なります。業態や企業ごとに求める人物像も異なってくるため、その違いを理解し、志望動機をカスタマイズすることが推奨されます。クラウド技術を始め、新たな技術を取り入れるSIerも見受けられるため、IT業界のトレンドを注視しましょう。

関連記事:SIer・SESや未経験からWeb系企業への転職を成功させるには

実務経験

希望する企業が求めるスキルを保有していない場合は、現職でスキルを向上させる方法も検討するべきです。たとえば、上流工程を手掛ける大手SIerへ転職したいならば、現在の職場環境で少しでも上流工程の経験が積めるよう検討します。具体的には、上流工程に携われるよう上司へ働きかけて、戦略的にキャリアアップを図ると良いでしょう。

ITスキルの向上

実務経験を積む以外にも、独学やプログラミングスクールでITスキルを向上させる方法もあります。AI(人工知能)やクラウド技術など、今後、需要が伸びると予想される分野でスキルを身につけると転職活動が有利に進む可能性があります。

転職エージェントの利用

転職エージェントでは、志望動機や履歴書・職務経歴書の添削サービスを提供している場合が多いです。また、SIerにおける人材動向に詳しいエージェントから、業界研究や企業研究に役立つ情報が得られることが期待できます。

SIerで活躍している主な職種

SIerでは開発系の職種の細分化が進んでおり、SIerの業務内容や責任区分は職種によって異なります。あわせて志望動機も変わってくるため、SIerの代表的な職種を解説します。

関連記事:SIerから転職したい理由とは?おすすめのタイミングと成功の条件

システムエンジニア(SE)

SEは、上流工程を中心にシステム開発を担当する技術職です。企業によっては、開発・テストまで網羅する場合もあります。転職市場においては、特定の業界や技術領域に特化したSE職の求人が出されるケースが多いでしょう。SEとして設計・開発・テストの経験を積み、プロジェクトマネージャー(PM)へキャリアアップする道もあります。

インフラエンジニア

ネットワークやサーバーといった、IT基盤の設計・構築・運用を担当する職種です。安定したシステム運用には、品質の高いIT基盤が欠かせません。近年は、クラウド技術を採用する顧客企業が多いため、クラウド技術を身につけたインフラエンジニアには高い需要があります。

テストエンジニア、品質保証エンジニア

開発したシステムが設計通りに動作し、不具合がないことを検証する役割です。大規模プロジェクトでは安定した稼働を担保するため、テストや品質保証のチームが組成されます。近年はCI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)やDevOps(デブオプス)の考えに基づき、ツールを活用する傾向にあります。

プロジェクトマネージャー(PM)、プロジェクトリーダー(PL)

予算・納期・品質が担保できるよう、プロジェクトの進行管理を担当する役割です。SEとして数年の経験を積んだ後、チームリーダー、さらにはプロジェクトマネージャーへとキャリアアップする例が多く見られます。

ITコンサルタント

顧客企業の経営課題解決のため、業務分析やパッケージソリューションの提案・導入を担うのがITコンサルタントです。上流工程の経験を積み、業務知識を豊富に持っているSEが、ITコンサルタントのキャリアへと進む例が見受けられます。

セールスエンジニア

セールスエンジニアは営業部門に所属し、技術的な知識に基づいて、営業活動を支援します。SEとしてIT知識や開発プロセスを学んだ後、セールスエンジニアへ転職する人が多いです。

SIerで働くエンジニアに求められるスキル

志望動機を記載する際には、応募先の企業が求める人物像に合わせて、自身のスキルや経験をアピールすることが推奨されます。SIerの業態や、応募先特有の企業文化を理解して、志望動機に反映させると高い評価が得られやすいでしょう。以下では、一般的にSIerで求められるスキルや特性について解説します。

ITスキル

当然ながら、システム開発を手掛けるSIerでは、高いITスキルを有する人材は評価されます。ただし、業態や職種によって、要求されるITスキルの水準が変わってくる傾向があります。たとえば、実装まで手掛けるプロジェクトの多い独立系SIerでは高い技術力を求められる一方、プロジェクト管理が主な仕事となるユーザー系SIerでは基本的なITの知識でも構わない、といった違いが考えられます。志望動機を書く際には、過去の経験から保有するITスキルを裏付けする必要があります。

コミュニケーション能力

大手SIerではプロジェクト全体を統括する仕事が多いため、プロジェクト管理や調整能力が求められるようになります。そのため、異なる立場の人と協調して仕事を進められる人材は高く評価されるでしょう。

たとえば、エンジニア未経験の文系出身者がSE職として採用される際には、集団で働いた経験が評価されるケースが見受けられます。志望動機を書く際には、チームで成果を上げた経験を記載すると良いでしょう。

問題解決能力

エンジニアとしての役割のなかで、技術的な問題を解決し、チームに貢献した経験は転職時に主張するべきです。プロジェクトを成功に導くため、定められた期間で仕事を完遂させた経験はSIerで高く評価されます。志望動機では、過去のプロジェクトにおける貢献を盛り込み、問題解決のスキルをアピールできます。

マネジメントスキル

SIer業界ではシステム開発をチーム単位で行い、ほとんどの場合で納期が決められています。限られたコスト・期間の中でメンバーの進捗管理や問題解決をしながら進行するため、全体を管理するマネジメントスキルは重要視されるでしょう。
特にリーダーとなる人は、チームをまとめる力が必要です。全員に指示を出すだけでなく、最終的なプロジェクト完了という目標に向かって計画を立てて実行する管理能力を身につけましょう。

SIerに関するよくある質問

SIerの志望動機を書く上で、必ず頭に入れておきたいSIerのポイントを3つにまとめました。よくある質問として、チェックしていきましょう。

Q1.SIerとは何ですか?

SIerとはシステムインテグレーターの略称であり、企業や自治体から委託を請け、システム開発や運用・保守まで一貫して関わる企業のことを指します。SIer市場、SIer業界というのはこうしたシステム開発全般を請け負う市場全体を呼びます。

Q2.SIerに求められるスキルは何ですか?

顧客の要望を聞き、問題をシステム開発やITの力を活用して解決する仕事であるため、


  • ・ITの知識やスキル

    ・コミュニケーション能力

    ・問題解決能力

    ・マネジメントスキル


などが求められます。
基本的にチーム単位で業務にあたるため、周囲とうまくやり取りできる人はSIer向きといえるでしょう。

Q3.SIerで身につくスキルはありますか?

SIerの中でもどの職種に就くかによって異なりますが、上述の通りチーム単位で働くためマネジメントスキルやコミュニケーション能力は身につくスキルの一例です。SIerは現場で働くエンジニアから人をまとめるチームリーダーやプロジェクトリーダーとしてのキャリアパスが一般的で、ITコンサルタントとしてのスキルが身につきやすいといえます。

まとめ

DX化が進む中、システム開発から保守運用まで一貫して請け負うSIerは注目されている市場です。SIerを希望する場合にはエンジニアやコンサルタントまでさまざまな職種があるため、自分のやりたいことやなぜ希望するかを明確に言葉にし、志望動機に盛り込みましょう。
採用担当の目に留まる志望動機を書くには、ポイントを押さえ自分にしかアピールできない強みをわかりやすく記載するのが大切です。自分の経験をどう活かせばよいのかわからない場合は、IT業界に強い転職エンジニアに添削してもらう手段もあるため、自分にあったサービスを利用しましょう。

ITエンジニアの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア職を専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングでお話してみませんか?(オンラインでも可能です)

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

レバテックキャリアのサービスについて

この記事の監修

レバテックキャリア編集部

レバテックキャリアは、IT/Web業界のエンジニア・クリエイター向けに特化した転職エージェントです。当メディアでは、エンジニア・クリエイターの転職に役立つノウハウから、日々のスキルアップや業務に活かせる情報まで、幅広いコンテンツを発信しています。

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

関連する記事

人気の求人特集

内定率が高い

SIerの求人・転職一覧

今もらっている年収は高い?低い?

簡単60秒 エンジニア・クリエイター専門 年収診断 無料診断START ×

年収アップをご希望の方へ

簡単!年収診断

現在の市場価値や
年収UPの実現方法がわかる!

現在の職種はどちらですか?