メーカー系SIerに転職しても高年収が得られるとは限らない理由と対処法についてメーカー系SIerは高待遇?メリット・デメリットを解説!

最終更新日:2021年12月13日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

メーカー系SIerは高年収なイメージがあるため、メーカー系へ転職したいという方も多いのではないでしょうか。本記事では、メーカー系SIer企業への転職を目指す方向けにメーカー系SIerのメリット・デメリットや、代表的なメーカー系SIerについて解説していきます。また、メーカー系SIerに入社した後のキャリアプラン例も紹介しています。メーカー系SIerへ転職後、キャリアアップをしていくことでより理想の待遇に近づいていくことができるでしょう。本記事を読むことでメーカー系SIerに関する知識を深め「転職するまで」だけでなく「転職した後」のことまで視野に入れ、収入を上げていけるエンジニアを目指しましょう。

1. メーカー系SIerとは?

まず、メーカー系SIerの意味について解説します。メーカー系とユーザー系、独立系の違いについてもみていきましょう。

メーカー系SIerとは?

メーカー系SIerは、パソコンやネットワーク機器などハードウェア製品を提供するメーカーを親会社に持つSIer企業を指します。メーカーの開発部門が独立して子会社となっているケースが多いと言えます。メーカー系SIerの役割は、親会社のハードウェアを使った他社向けのソフトウェアを開発することです。親会社と契約した顧客の要望に応える最適なソフトウェアを開発する必要があります。親会社の顧客は様々な業界に属しているため、メーカー系SIerで働くことで幅広い開発スキルを身につけられるのが特徴です。

メーカー系とユーザー系の違い

ユーザー系SIerは、通信・金融・商社などIT業界以外の一般企業を親会社に持つSIer企業を指します。ユーザー系SIerの役割は親会社が業務で扱うシステムを開発し、親会社の業務効率を上げることです。メーカー系SIerは他社向けにシステムを開発するため、ユーザー系とは開発内容が大きく異なるということになります。また、メーカー系SIerは開発の上流から下流まで一貫して行うのに対し、ユーザー系SIerは上流工程のみを自社で行い下流工程を外注するケースも多くあります。そのため、ユーザー系SIerの方がホワイトなイメージを持つ方が多いです。

メーカー系と独立系の違い

独立系SIerは、親会社を持たず1つの会社として独立しているSIer企業を指します。他社に提供するシステムの開発がメインという点はメーカー系と共通していますが、独立系は親会社がないため自力で仕事を獲得する点が異なります。そのため、メーカー系の方が安定した経営状態であるケースが多い傾向にありますが、独立系は親会社のハードウェアを使ったソフトウェアだけでなく、幅広い開発を行うことができます。

2. メーカー系SIerのメリット・デメリット

続いて、メーカー系SIerのメリット・デメリットについて解説します。一般的には下記のように言われています。

メリット

メーカー系SIerのメリットとして「経営が安定している」「幅広いスキルが身につく」などがあります。親会社のハードウェア製品が好評で経営が安定している場合、メーカー系SIerも安定してソフトウェア開発案件を得ることができます。また、親会社の給与・ボーナスの水準が高ければ、メーカー系SIerの従業員も好条件で働くことが可能です。逆を言えば、親会社の経営が傾くとメーカー系SIerにも悪影響が及ぶため、良くも悪くも親会社の状況に左右されます。また、メーカー系SIerはユーザー系と違い、プログラミングを外注せず上流工程から下流工程まで対応することに加え、様々な業界向けのソフトウェアを開発するため、幅広いスキルを身につけることが可能です。

デメリット

メーカー系SIerのデメリットは「社外常駐もある」「出世が難しい」などがよく言われています。メーカー系SIerでは顧客のオフィスに出向しそこで開発を行う場合も多くあります。人間関係を都度、いちから構築したり出向先のルールに従って働いたりすることにストレスを感じる方はどのような勤務形態かを詳しく確認した方が良いでしょう。また、メーカー系SIerの場合管理職は親会社で元々働いていた人が就くことも多く、ポストが空きにくいため場合によっては出世が難しいこともあります。
また、メーカー系SIerでは特定のハードウェアでの開発に強くなれる反面、他のハードウェアを使った開発の経験が蓄積されない場合もあり、これをメリットと捉えるか、デメリットと捉えるかは進みたい方向によると言えます。

3. メーカー系SIerに転職後のキャリアプラン例

メーカー系は高年収なイメージがありますが、必ずしも全員が高年収を獲得できるとは限らないでしょう。SIerに限ったことではありませんが、しっかり方向を定め、キャリアアップしていくことで収入の向上に繋げていくことができるでしょう。
そこで、ここではメーカー系SIerに転職後のキャリアプラン例を紹介します。メーカー系は様々な業界の案件を請けるため幅広い開発スキルが身につく可能性が高いため、その特徴を踏まえてキャリアを考えることが大切です。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーはプロジェクト全体を統括し、スケジュール管理およびメンバーへの指示出しを行う役職です。顧客との納期・予算の擦り合わせやトラブル時の対応も担います。メーカー系SIerでは上流から下流まで一通り経験でき、また、優秀なプロジェクトマネージャーは需要も高く高収入である傾向もあります。メーカー系SIerでは経験を積むチャンスが多くあり、体系的な知識やスキルが学べるため検討してみると良いでしょう。

Web系エンジニア

Web系エンジニアは一般ユーザー向けにSNSやゲーム、ECサイトなどを開発する仕事です。Web系は未経験からでは参入が難しいと言われていますが、メーカー系SIerで開発スキルを磨けば、Web系への転職も視野に入れられるでしょう。Web系はSIerよりも自主的な開発ができる傾向があります。また、Web系エンジニアに転職すればフリーランスとして独立する道も開かれます。

4. 代表的なメーカー系SIerの企業形態

最後に、代表的なメーカー系SIerの企業形態を3つ紹介します。これらの企業は売上も安定しており将来性も期待できます。ここでは、これらの企業への転職を勧めるというのではなく、メーカー系SIer企業について調べたり、転職の幅を広くしたりするための情報として解説します。

情報システム全般を扱う大手電機メーカーの子会社

業界最大規模を誇る某大手電気メーカーの子会社SIerです。IT企業の中でも転職先として高い人気を誇っています。通信システムや電子デバイスの製造をメインに行っており、優良顧客を先行獲得しているため、今後も安定して伸びていく企業と言えるでしょう。

世界有数の総合電機メーカーの子会社

世界有数の某総合電機メーカーの子会社SIerです。ハードウェアやソフトウェア、情報機器など、広範囲に渡ってソリューションを提供しているのが強みです。デジタルイノベーションの取り組みにも力を入れており、今後の成長も期待されています。

日本を代表する電子機器企業の子会社

日本を代表する某電子機器企業の子会社SIerです。ネットワークサービス事業やパブリック事業など幅広い事業を展開しています。また、生体認証技術分野での技術力の高さも強みであり、やはり将来性が高いと言えます。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

人気の求人特集

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ