ユーザー系SIerは他の業界よりも労働環境が良いのか?詳しい事情を解説ユーザー系SIerはホワイト企業?メリット・デメリットを解説

最終更新日:2021年12月13日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

ユーザー系SIerはホワイトなイメージも強いため、ユーザー系SIerへの転職を考えたことがある人も多いでしょう。しかし、ユーザー系が必ずホワイトとは限らないため、注意が必要と言えます。本記事ではユーザー系SIerの特徴や独立系・メーカー系との違いについて解説していきます。また、ユーザー系には大きく「外販中心」と「内販中心」の企業があるため、それぞれの違いやメリット・デメリットについても解説します。ユーザー系SIerへの転職を視野に入れている方は本記事をぜひ参考にしてください。

1. ユーザー系SIerとは?

まず、ユーザー系SIerの意味について解説します。ユーザー系と独立系、メーカー系の違いについてもみていきましょう。

ユーザー系SIerとは?

ユーザー系SIerは、通信、金融、商社などIT業界以外の一般企業を親会社に持つSIer企業を指します。一般企業の情報システム部門が独立して子会社となったケースが多いと言われています。ユーザー系SIerの役割は親会社で扱うシステムを開発することで、いわゆる「内販」と呼ばれるものです。しかし、企業によっては親会社のシステム開発で培ったスキルを活用し、他社向けに開発を行う「外販」を行う場合もあります。内販と外販の業務比率は同じユーザー系でも企業によって異なります。
また、ユーザー系SIerの多くは、プロジェクト管理や要件定義といったシステム開発の上流工程をメインに担当し、システム開発のプログラミング・詳細設計は下請けSIerに外注することがほとんどで、この点もユーザー系SIerの注目すべき特徴と言えるでしょう。

ユーザー系とメーカー系の違い

メーカー系SIerは、パソコンやネットワーク機器などハードウェアを提供しているメーカーを親会社に持つSIer企業を指します。大手家電メーカーの子会社などがメーカー系に該当するでしょう。メーカー系SIerはユーザー系と違い、親会社向けではなく他社向けのシステム開発が中心となります。親会社のハードウェアで動くソフトウェアを開発し他社に提供することがメインであり、他社に常駐して働くケースも多くあります。

ユーザー系と独立系の違い

独立系SIerは、親会社を持たず1つの会社として独立しているSIer企業を指します。独立系SIerは他社に提供するシステムの開発をメインに行います。他社と直接契約して他社の要望に基づくシステムを1から開発します。独立系SIerの場合ユーザー系と異なり、上流工程ではなくプログラミングやテストなど下流工程を中心に行います。また、顧客が指定する納期に合わせるため、開発スケジュールに余裕がないことも多く、繁忙期には残業が多く発生するケースあります。

2. 内販が中心のユーザー系SIerのメリット・デメリット

ユーザー系SIerは内販が中心の企業と外販が中心の企業に分かれます。これら2つは企業の性質や仕事内容が大きく変わるので、同じユーザー系でも分けて考えることが大切です。
まずは、内販中心のユーザー系SIerのメリット・デメリットについて解説します。一般的には下記のような点が内販中心のユーザー系SIerのメリット、デメリットだと言われています。

メリット

内販中心のユーザー系SIerのメリットは「ホワイト企業が多い」「上流工程に携わることができる」などがよく言われています。内販の場合親会社が顧客のため「納期を短くして欲しい」など無理な要求がなく、残業が発生しにくい傾向があります。加えて、親会社から継続して仕事を受注できるため、会社の経営が安定しており安心して働くことができます。また、メーカー系SIerで多いと言われる客先常駐がほぼないため、客先常駐がストレスに感じる方にとっても働きやすいでしょう。また、プログラミング作業自体は外部に依頼するため、ユーザー系SIerは上流工程の業務に集中することができます。親会社の業界に特化した上流スキルを身につけたい方にも、ユーザー系SIerは検討してみてよい企業形態のひとつと言えます。

デメリット

内販中心のユーザー系SIerのデメリットは「携われる仕事の幅が狭い」「出世が難しい」などがよく言われています。親会社で扱うシステムを専門で開発することに加え、上流工程を担当することが多いため、身につくスキルが偏ってしまい転職で不利になってしまう可能性もあります。ユーザー系SIerへの転職はあくまで通過点、という方は注意が必要です。また、ユーザー系SIerの管理職の多くは親会社からの出向であることも多く、転職時に管理職入社していない限り課長クラス以上の出世が難しいというケースもあります。

3. 外販が中心のユーザー系SIerのメリット・デメリット

続いて、外販中心のユーザー系SIerのメリット・デメリットについて解説します。一般的には下記のような点が外販中心のユーザー系SIerのメリット、デメリットだと言われています。

メリット

外販中心のユーザー系SIerのメリットは「幅広い仕事に携われる」などがよく言われています。内販中心とは逆に様々な企業向けにシステムを開発するため、幅広いスキルを身につけることが可能です。Web系などに転職する際にも幅広く身につけたスキルは役立つでしょう。また、内販中心の場合と同様ですが、親会社がいるため会社の経営が安定していることもメリットです。

デメリット

外販中心のユーザー系SIerのデメリットは「労働時間が増えやすい」などがよく言われています。顧客の要望に対応するために、急に納期が短くなるなどのケースもあり残業が発生しやすい傾向にあります。「ホワイトだから」という理由でユーザー系SIerを志望する方はこの点に関して注意が必要でしょう。また、内販中心の場合と同様ですが、課長クラス以上の出世が難しいケースが存在することもデメリットと言えます。

4. ホワイトなユーザー系SIerを選択するポイント

最後に、ホワイトなユーザー系SIerを選択するポイントを解説します。ユーザー系はホワイトなイメージが強いですが、必ずしもそうとは限らない場合もあります。転職活動のためにホワイト企業の特徴を知っておきましょう。

親会社がどの業界に属しているか

特に内販中心のユーザー系SIerの場合、親会社の業界によって身につけられるスキルの種類が異なります。たとえば親会社が金融会社の場合は金融関連の知識が身につきます。もし金融関連に興味がない場合、仕事をしても楽しくない状況に陥ってしまうことも考えられます。そうならないために、自分のやりたいことやキャリアアップを考え、マッチしている業界を選択しましょう。

親会社の経営は安定しているか

ユーザー系SIerの場合、給料・ボーナスは親会社の状況に左右されます。親会社の経営が傾いた場合、ボーナスなどが減少してしまう可能性もあるでしょう。安心して仕事ができるようにするためにも、親会社の現状や将来性に関するリサーチは念入りに行うことをおすすめします。

親会社以外から発注がどの程度あるか

ユーザー系SIerの中には外販を中心に行う企業もあることは解説した通りです。外販が多い場合、残業時間が増えやすい傾向があります。ホワイトな環境を目指す場合、内販・外販の割合がどうなっているかは確認しておきましょう。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

人気の求人特集

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ