営業職・Webマーケター・プログラマー・Webデザイナーなどの目指し方を紹介IT業界は未経験から転職可能か?

最終更新日:2021年2月26日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

IT業界に挑戦したいと思ってはいるものの、専門性が高い仕事であり、特別な資格を持っているか、実務経験が無いと採用されるのが難しいのではないかと不安に思っている方も多いと思います。しかし、IT企業の事業内容や職種を理解し、しっかりと受かるための対策を行えば、未経験でも内定を取ることが可能なのがIT業界です。

今回の記事では、未経験でIT業界へ転職するためにはどう行動すべきなのかをお伝えしますので、是非とも転職活動の参考にしていただけますと幸いです。

1. IT業界の分類

未経験でIT業界へ挑戦する前に、そもそもIT業界にはどのような企業があるのかを知っておかなければなりません。そこで、本題に入る前に、まずはIT業界の分類について解説します。

IT業界と聞くと、システム開発会社をイメージしがちですが、消費者向けサービスを提供する企業や、受託開発を手掛ける企業など、さまざまな種類の企業が存在します。IT業界への転職を目指す際は、あらかじめどのような分類の業界で働きたいか整理しておくと良いでしょう。

情報処理サービス(システムインテグレーション)業界

情報処理サービス業界いわゆるSIerと呼ばれる業界では、顧客企業の社内で使用する情報システムの開発・運用を請け負います。

具体的な業務としては課題や要望のヒアリングや、その内容に基づく要件定義、設計、開発、テスト、保守・運用などが挙げられます。

ユーザーの業務を理解し、効率化・改善するための提案を行うことも多く、コンサルティング業務が含まれる場合もあります。セキュリティーの観点から、顧客のオフィスに常駐して開発するケースも多いです。

ソフトウェア業界

ソフトウェア業界では、コンピュータに導入して使用するパッケージ製品の開発・販売を行います。ソフトウェアの主な例としては、文書作成ソフト、表計算ソフト、ウィルス対策ソフト、会計ソフトなどがあります。この業界に所属するエンジニアは、自社製品の開発に従事する点が特徴です。

ハードウェア業界

ハードウェア業界は、サーバーや複合機、パソコン、周辺機器、スマート家電などの幅広いハードウェアを開発・販売する業界です。ハードウェア業界の企業に所属するエンジニアは、ハードウェアを制御する「組み込みソフトウェア」の開発を主に担っており、C言語やC++を使用してプログラミングすることが多いのが特徴です。

近年は、スマート家電などのIoT製品の需要が拡大しており、ハードウェア業界で働くエンジニアの需要が高まっています。

Web業界

Web業界は、Webメディアやホームページ、通販サイトなど、インターネット上で提供されるサイトやサービスを開発・提供する業界です。

情報サービス業界と同じく、要件定義・設計・開発・テストという工程を踏むこととなりますが、顧客の要望に沿ってWebサービスを開発するだけでなく、自社サービスとして社内開発することもあります。 

集客向上を目的としてWebメディアやホームページを開発することも多く、Webマーケティングの知識があると評価が高まります。

事業会社(情報システム部門)

自社が保有する情報システムの開発・運用を行うため、事業会社の情報システム部門もIT人材を募集しています。

具体的には、ERP(統合基幹業務システム)やCRM(顧客関係管理システム)を含む業務システムの管理などを担当します。内製している企業ではプログラマーの採用がありますが、開発を委託している場合は、ベンダーマネジメントやIT企画などが主な業務です。

2. IT業界の職種

ここまでは業界の分類についてお伝えしましたが、IT業界未経験の方は、具体的にどのような職種があり、どのような業務を担当しているのかを知っておくことも重要です。そこで、IT業界の職種をシステム系、Web系、その他に分けて解説します。

システム系の職種

プログラマー

プログラミング言語を用いて、仕様に基づきプログラミングする職種です。出来上がったプログラムのテストや、エラーの修正なども行います。

IT業界で働く場合の多くは、まずはプログラマーとして技術を習得し、その後のステップとしてシステムエンジニアを目指すこととなります。

システムエンジニア

要件定義、設計を主に担当する職種です。よくシステムエンジニアとプログラマーは同じであると思われがちであり、実際に案件によってはシステムエンジニアであってもプログラミングをすることはありますが、基本的にはプログラミングよりも前の工程で活躍することが多いのがシステムエンジニアです。

クライアントと打合せを行い、開発するシステムの要件を明確にして仕様書を作成します。クライアントと仕様を合意した後は、プログラマーから構成されるチームを率いて開発を進めてゆきます。

ITコンサルタント

システムエンジニアはお客様の要望を実現するためのシステムを開発することを主軸とするのに対して、ITコンサルタントは企業の経営課題や業務課題に対し、どのようなシステムを導入することでそれが解決できるのかを提案する職種です。

ゼロベースからのシステム化の提案をすることになり、高い技術力と顧客折衝力が求められるために、未経験で挑戦することは難しく、システムエンジニアとしての経験を積んでから転職するのが一般的です。

Web系の職種

Webデザイナー

Webサイトのデザインを専門的に担当する職業です。配色やレイアウトなどの設計を行うのはもちろんですが、ユーザーが情報を得やすいように工夫したり、サイト内を回遊しやすくしたりするためのユーザビリティまで考えてデザインすることが求められます。Webサイトへの実装を兼任する場合もあります。

Webマーケター

Webマーケターはインターネットを活用して企業の集客や売り上げ拡大につながる施策を担当する職業です。具体的には、広報用のメディアを立ち上げてユーザーに役立つ情報を提供して集客したり(コンテンツマーケティング)、WEB広告媒体を運用して自社サイトへの集客や販売、問い合わせ誘発に繋げたりする業務を担当します。

Webディレクター

Webディレクターは、Webサイト制作における総監督ともいえる職種です。

デザイナーやエンジニアなどから構成されるチームを統率して、プロジェクトの立ち上げから管理進行、品質管理、納品まで担当します。Webに関する幅広い知識や概念、高いコミュニケーション能力、マネジメント能力が求められるため、一般的には他のWeb系職種を経てから就業することが多い職種です。

システム系・WEB系共通の職種

営業職

自社のIT製品やサービスをクライアントに提案、販売する職種です。

企業によっては、技術的な説明に特化した営業職であるプリセールスという職種がある企業もあります。この場合、通常の営業職は提案や契約面を担当し、プリセールスは製品の技術的な解説を担当します。

運用オペレーター

運用オペレーターは、システムの運用保守や問合せ対応などを担当する職種です。サーバーやネットワークを監視したり、顧客からの問合せ対応を行ったりと、運用オペレーターと言っても幅広いポジションがあります。

QAエンジニア

システム開発においては、要件定義から始まり、設計、開発、テストと工程が進んでいきますが、最近はこのテスト工程に特化したQAエンジニアと呼ばれる職種もあります。QAエンジニアは品質管理のプロであり、システムリリース後の障害発生を防ぐために、事前にリスクとなりそうな箇所を洗い出し、対策を講じていくことをミッションとしています。

データサイエンティスト

AIシステムが広がりを見せる中で、高度なデータ分析やビッグデータ処理を行うデータサイエンティストが各社で活躍をしています。自然言語処理や機械学習など高度な数学・統計知識を駆使してAIシステムを実現しており、IT業界の中では重宝されています。

3. IT業界未経験の人でも転職しやすい職種

IT業界は、未経験の方にも比較的広く門戸が開かれている職種と、時間をかけて蓄積したスキルや経験がないと採用が難しい職種があります。この章では、IT業界未経験の方でも転職しやすい代表的な職種をご紹介します。

営業職

IT業界未経験者でもっとも転職しやすい職種の一つが営業職です。優れたセールスマンはどのような商材でも成約すると言われるように、セールスの技法やプロセスは、業界が変わったとしても共通する部分があります。未経験可の募集も多いため、他業界からも目指しやすい職種と言えるでしょう。

運用オペレーター

運用オペレーターはIT業界未経験からも転職可能な職種ですが、営業職と比較するとやや難易度が高くなります。特に、システムの運用オペレーターはサーバーなどを扱うこともあるため、ITスクールでの学習経験や資格がないと難しい場合があります。逆に、ITスクールで基礎知識を学んでおけば未経験でも転職しやすい職種です。

Webマーケター

Webマーケターは一見すると転職が難しそうなイメージがありますが、他業界でマーケティングに携わった人は比較的転職しやすい職種です。広告ツールやBIツールと呼ばれるデータ集計ソフトなどを扱いますが、これらの習得はそれほど難しくありません。ソフトウェアのスキルよりも、ロジカルシンキングや発想力などを重視する企業が多いようです。

プログラマー

プログラマーへの転職は難易度が高く、未経験では難しいと思われがちではありますが、未経験からの転職を成功させている人も多くいます。

その背景としては、世の中では慢性的なエンジニア不足となっており、新卒採用や即戦力の中途採用だけでは人材確保ができないという企業も多く、実務未経験であっても、自社で育てて戦力にしていこうという動きがあります。プログラミングに触れたこともないという状態では難しいですが、ITスクールなどで基礎を学ぶことで転職できる可能性が上がります。

4. 未経験から希望の職種に就くための方法

ここでは、これまでにご紹介した職種へ未経験から就職するための方法を解説します。いずれも未経験から就職可能ですが、スキルがまったくない状態では現実的には難しいでしょう。就職を円滑に進めるために身につけておくべきスキルを中心にご紹介します。

営業職

応募する企業が扱うIT商材の知識、IT業界の知識が必須となります。

採用されてから身につける方法もありますが、IT業界へ転職することを決めているのなら、これらを勉強しておいたほうが円滑に転職活動を進められます。「ITパスポート」などの入門資格を事前に取得しておくと良いでしょう。営業経験がない方は、営業士検定などの営業職向けの資格制度を活用して学んでおきましょう。

運用オペレーター

どのようなポジションの運用オペレーターを目指すかで事前に準備すべきことが変わります。ECサイトの問合せや受注、返品などを対応するオペレーターであればブラウザやメール、Officeアプリケーションなどの基礎的なスキルがあれば問題ないでしょう。

一方、サーバーやネットワークの監視などのポジションを目指すのであればITスクールでの学習や「LPIC」、「CCNA」などの資格を取得することで評価を上げることができます。

Webマーケター

Webマーケターに求められる要件は、Webマーケティングやビジネス戦略に関する知識、フェイスブック広告やGoogle AdWordsなどの広告媒体のスキル、ロジカルシンキング、BIツールスキル、データ集計スキルなどです。

Webマーケティングは、「マーケティング・ビジネス実務検定」、「ネットマーケティング検定」「ウェブ解析士」など資格制度が揃っているので未経験でも知識・スキルを身につけることができます。

また、Googleは広告認定資格制度を提供していますので、広告媒体のスキルも事前に身につけることができます。このような資格制度を活用することで、企業にスキルとやる気をアピールすることが重要です。

Webデザイナー

Webデザイナーは、実務経験がなくても就職可能ですが、HTMLやCSS、Adobeなどのデザインソフトの基礎スキルが必要となります。そのため、これらをITスクールなどで学んで身に付けておくことが前提となります。

ITスクールではWebデザイナーコースが用意されていますので、初めての人でも学びやすいでしょう。ただし、エンジニアと違ってクリエイティブ要素強いことから、実際にどれほどのデザインスキルがあるのかを見るためにポートフォリオが選考時に必要となることが多く、特に未経験採用であれば必須と思っておいたほうが良いです。

応募時にはポートフォリオを作成して、スキルやセンスを採用担当者にPRできるようにすることが大切です。 

プログラマー

プログラマーとして転職する場合は、プログラミングスキルがほぼ必須となります。どの領域に行きたいかで学ぶべき言語が変わりますので、事前に転職サイトの募集要項を参考にして就きたいポジションを明確にしておきましょう。

プログラミングは、未経験者にはハードルが高いためITスクールで基礎から学ぶ方法を選んだほうが身につきやすい傾向にあります。JavaやPHPは半年程度から、Rubyは1~2ヶ月程度の期間で学べるスクールが主流です。卒業後に就職までサポートしてくれるスクールもありますので、未経験者は活用を検討しても良いでしょう。

また、基本情報技術者資格まで取得をしておくと、エンジニアになりたいという本気度のアピールにも繋がるのでお勧めです。

なお、エンジニアとして働くのであれば、ITパスポートだけでは知識としては弱いために、基本情報技術者の取得を目指したほうが良いでしょう。

5. IT業界で活かせるスキルと資質

ここでは、前章で紹介した多くの職種に共通して求められるスキルについて紹介します。

未経験でIT業界に転職する際には、過去に培ったスキルをIT業界で求められるものに結び付けてアピールすると、採用時に高い評価を得られる可能性が高まります。

コミュニケーションスキル

IT業界では営業や開発など、異なる役割を持った人たちが協力して作業を進めます。日々チームで作業を進めるため、円滑な情報共有や意思疎通が求められます。そのため、コミュニケーションスキルが高い人材は高い評価を得られるでしょう。

現職で顧客折衝をした経験や、チームワークを発揮することができた業務経験があれば、IT業界でもその経験は活かせます。

特にシステムエンジニアを目指すのであれば、将来的にお客様との折衝を伴う仕事を任されることもあるため、コミュニケーションスキルが高いことは大きなアピールポイントとなります。

論理的思考力(ロジカルシンキング)

ソフトウェアの仕組みを理解したり、顧客の問題・要求を整理したりするために論理的思考力が求められます。

プログラマーであれば、どんな状況でもソフトウェアが意図したとおりに動くよう論理を構築することが重要ですし、システムエンジニアであれば、お客様の要望に対してどうシステムで実現していくのかを、これまでの経験や知識などを活用して提案しなければなりません。

また、営業やマーケティングでも、数字に基づいて論理的な意思決定が求められる場面が多いでしょう。

IT知識に対する探究心

IT業界は変化が激しく、常に新しい技術やサービスが生まれていきます。IT知識に対する探究心をもって学習を続けていなければ、顧客からの期待に応えられず、効率的・効果的な仕事ができなくなってしまいます。

未経験でIT業界へ転職する場合は、なおさら、最新の技術動向やサービスへ積極的に関わる意欲を持っている点を示す必要があるでしょう。

6. IT業界未経験者が転職活動をする際のポイント

ここまででIT業界へ未経験で行くためにはどのような知識が必要であるかを説明しました。では実際に転職活動を始める上で、具体的にどのような行動をすべきなのかをお伝えします。

あらかじめ専門用語を調べて理解を深めておく

先ほどIT業界で働く場合に、「IT知識に対する探究心」を活かせるとお伝えしましたが、入社してから勉強すれば良いというわけではありません。転職面接においては、面接官は本気でIT業界に行きたいと思っているのかを確認したいと考えており、どれほどIT業界のことを勉強しているのかを聞く場合があります。

OSやデータベース、ネットワークといった基本的用語はもちろんですが、受ける企業次第ではその企業が強みとしている領域の専門用語(SCM、ERP、CRMなど)を知っておく必要があります。したがって、まずは求人票やホームページに出てくる専門用語については可能な限り意味を調べておくようにしましょう。

時間に余裕があれば、基本情報技術者の資格勉強を行うことで、基本的なIT用語を網羅して覚えることができますし、資格を取得すること自体もアピールになるのでお勧めです。

プログラミングの基礎を学んでおく

プログラマーやシステムエンジニアを未経験で目指すのであれば、プログラミングスキルは必須と思って良いでしょう。未経験採用においては、求人票にプログラミング経験は不問と書かれているケースが多いですが、企業としては少しでも早く即戦力になって欲しいと思っているので、プログラミングの基礎を身につけている人の採用を優先します。

もし時間と金銭面にある程度の余裕があるのであれば、ITスクールに通って学ぶことをお勧めします。そこまでの余裕がない場合であっても、少なくとも自宅でネットや本を活用して実際に手を動かしてプログラミングの学習を進めておきましょう。

未経験からIT業界への転職を志望した際の志望動機の伝え方

求人に応募する際には、応募書類や面接で志望動機が問われます。志望動機をどのように考えるかは、多くの人が悩むところではないでしょうか。未経験からIT業界へ応募する場合、なぜそのIT業界に移りたいか、なぜその企業に関心を抱いたかを明確に伝えられると評価につながります。

例えば、システムエンジニアであれば技術を通して顧客の問題を解決したい、プログラマーであれば専門性を磨いて高度なプロジェクトに貢献したいといったキャリアビジョンを示すと良いでしょう。応募する企業の商品やサービスを理解した上で、自分だったらどのような貢献ができるのか、自分が採用されたらどんな仕事をしたいかを想像すると、具体的な志望動機が書けるようになります。

面接官は、未経験者を採用する際は、スキルだけでなくIT業界への適性があるかも判断します。したがって、興味があると言うだけではなく、プログラミングスクールに通うなど、実際に、具体的な行動実績が求められます。

7. IT業界への転職で知っておきたいこと

IT業界へ未経験で転職するために努力を積み重ねることで内定を得ることができたものの、いざ入社をしてみると思っていたことと違った、想像していたこととは違ったというミスマッチが起きないようにしたいですよね。

そこで最後に、IT業界への転職を考える前に知っておきたい、労働環境と今のトレンドや将来性について説明します。

IT業界の労働環境

以前は、IT業界は残業が多く、過酷な労働環境の企業が多いというのが通説でした。実際にインターネットでIT業界の労働環境を検索してみると、その頃の名残から「ブラック業界である」という内容を目にすることは今でもあります。

しかし、その後の働き方改革の取り組みや行政による労働環境の是正指示などもあり、多くの企業でワークライフバランスが整った労働環境が提供されています。深夜残業をしたり、休日出勤をしたりする企業はかなり少なくなりました。

どうしてもお客様ありきの仕事であるために、納期前などに稼働が高まり残業が発生する可能性はあるものの、過度に労働環境を懸念する必要はないでしょう。

IT業界のトレンドと将来性

経済産業省の資料(※)では、IT需要が伸びてこれば2030年までにIT人材は最大で78.7万人が不足すると予測されています。

少子高齢化で労働力人口が減少していく中、企業はますますITを活用することで生産性を高めようとしています。したがって、システム開発やシステム導入を担うIT人材の需要は今後も堅調であると考えられます。

IT企業に所属して開発・運用を担う役職の場合も、事業会社に所属してシステムを利用する役職の場合も、高度な技術を理解し、使いこなせる人材が必要です。未経験でIT業界へ移ったとしても、継続して新しい技術やトレンドを追いかけ、今後、成長するIT市場を牽引する人材になることが期待されています。

特に、現段階ではAIやIoT、クラウドなどの先端技術やセキュリティスキルを持った人材は高い評価を得ることができますが、いつかAI技術もクラウド技術も知っていて当たり前になってくると思われるので、積極的にこれらのスキルを習得していくと良いでしょう。

※ 経済産業省「-IT人材需給に関する調査-」p.27(2021年2月18日アクセス)

8. まとめ

この記事では、IT業界の職種・業界の概要や未経験から転職しやすい職種、未経験からの目指し方、将来性などについて解説してきました。未経験でも異業種からIT業界への転職は十分に可能です。しかし、いずれの職種もスキルは求められますので、事前に学んでおくことが重要です。

ITスクールや資格制度が整っておりますので、これらを活用することでスムーズにスキル習得が可能です。この機会にIT業界への転職を検討してみてはいかがでしょうか。

また、AIの発展により無くなる仕事が出て来ていますが、IT業界の仕事をAIが取って代わるのはまだまだ先の話であることと、IT業界はその仕組みを作る側でもあるので、悲観することは無いでしょう。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

まだ転職を迷っているあなたに情報収集から始めませんか?

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

人気の求人特集

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

この記事に関連する求人・転職一覧