未経験からITコンサルタントになるには?書類選考・面接対策も解説

最終更新日:2024年3月29日

未経験からでもITコンサルタントを目指すことは可能です。日本では慢性的にIT人材が不足しており、ITとビジネスの知見を持った人材の需要が増しています。なかでもITコンサルタントは、顧客の懐に入り込み、さまざまな提案・改善をサポートする要職であり、多くの企業で必要とされています。

ではITコンサルタントになるには、どういった知識・スキルが必要なのでしょうか。本記事では、主に未経験からITコンサルタントを目指す方に向けて、職種の概要や必要な知識、スキル、学習方法、未経験可の求人例などを解説します。

今もらっている年収は高い?低い?

支援実績10年の登録者データを基にした エンジニア・クリエイター専門 年収診断 無料診断START

この記事のまとめ

  • 未経験からITコンサルタントへの転職は、第2新卒までならポテンシャル採用で採用の可能性が高まる
  • ITコンサルタントを目指すには、幅広い知識とスキルが必要であり、資格取得や専門スクール、eラーニングなどの利用がおすすめ
  • 転職過程では、書類選考や面接での自己アピールが重要であり、未経験者でも自分のスキルや経験を効果的に伝えることが求められる

ITコンサルタントへの転職は未経験でも可能!

ITコンサルタントへの転職は、未経験からでも可能です。同じITコンサルタントでも転職でアピールする強みは人によって異なります。たとえば、開発経験で培った知見を武器にしている人もいれば、語学力を武器にしている人もいます。幅広いスキルや経験があった方が有利ですが、自分のスキルや経験に合わせて戦略を考えることが可能な職種です。

またITコンサルタントにもポテンシャル採用があります。第二新卒までであれば、ポテンシャル採用枠を狙うことも可能でしょう。それ以降の年齢では、未経験であっても何らかのビジネス分野における、業務知識・経験が必須です。

未経験からITコンサルタントに転職するために

未経験からITコンサルタントに転職するには、選考対策が必要になります。主な選考対策は、書類選考や面接でアピールすべきポイントを理解することや、転職理由・志望動機を適切に作成することなどが挙げられます。

また、キャリアパスに関しても把握しておくといいでしょう。ここでは、未経験からITコンサルタントに転職するためにアピールすべきポイント、キャリアアップのルートなどをご紹介します。

関連記事:ITコンサルタントになるには?役立つ資格や向いている人の特徴とは

書類選考でアピールすべきポイント

未経験からITコンサルタントに転職するためには、書類選考で落とされないようにしなくてはいけません。未経験者の場合は、語学力やIT関連の知識・資格などをこれまでの業務経歴と併せてアピールすることが重要です。以下では、書類選考でアピールすべきポイントを解説します。重要なポイントを抑えることで、採用担当者の目に留まりやすくなるでしょう。

語学力

ITコンサルタントには英語などの語学力が求められることがあります。特に英語の使用機会が多い外資系企業では、業務を円滑に進められるだけの英語力が必要です。TOEICのスコアや英検などの資格に合格していれば、積極的にアピールしましょう。

IT関連の知識・資格

もちろんITコンサルタントにはITの知識が必要です。今までSEやプログラマーなどの仕事をしてきた方は、ITの知識を積極的にアピールしましょう。未経験ながらもITに関する資格を所有している方に対しては、ITコンサルタントになろうとする意欲を評価してくれる企業もあるでしょう。

面接対策でアピールすべきポイント

面接対策は十分に準備を行い、採用担当へアピールポイントが伝わるようにしましょう。ITコンサルタントとして未経験の場合、質問に対する受け答えの仕方で印象も大きく変わります。

面接でアピールすべきポイントは、論理的思考力やコミュニケーション力があることです。また、体力や精神力、向上心が高いこともアピールできると効果的です。以下では、面接対策でアピールすべきポイントについて解説します。

関連記事:ITコンサルタントからの転職|転職先例や面接のポイント

論理的思考力

ITコンサルタントには論理的思考力が欠かせません。ITコンサルタントに必要なさまざまなスキルを身につけるためのベースとしてのスキルが、論理的思考力だからです。仕事だけでなく日常生活においても、物事を構造化して論理的に考える習慣を身につけておくとよいでしょう。

面接対策としては、面接官に聞かれた質問のポイントを押さえて適確に結論を述べることが重要です。聞き取りやすい言葉ではっきり話すことも大切です。

コミュニケーション力

クライアントはもちろんのこと、チームメンバーと協力しながらプロジェクトを進めていく仕事になるため、ITコンサルタントはコミュニケーション力も必要です。面接時には「この人なら一緒に仕事がやりやすそうだ」と思われるように、質問に対して回答するようにしましょう。

体力・精神力

コンサルタントという職種はときに体力や精神的な負荷がかかります。そのためIT系のイメージとは少し異なりますが、体力や精神力が評価される企業も多いです。面接時には、過去に直面した苦難に対して、どのように乗り越えてきたのかアピールできると効果的でしょう。

向上心

ITコンサルタントには、自己研鑽と成長への意欲は欠かせません。採用面接でも「成長するために現在どのような学習をしているか」や「ITコンサルタントとしての自身のスキルに何が足りないと感じており、そのギャップを埋めるためにどのような努力をしているか」といった質問に対する回答が求められます。このような場面では、向上心があることをアピールするようにしましょう。

ケース面接への対策もしておくべき

ITコンサルタントの転職においては、ケース面接が実施されることがあります。主にコンサルティングファームで用いられる採用手法で、時事問題や社会問題などをテーマにお題が出され、その場で解決策や打ち手を面接官に提示する必要があります。

企業ごとにテーマの傾向などは異なりますが、共通しているのは答えの正誤よりも答えに至った過程(論理的思考力)が重要であるという点です。最初は難しく感じても、場数を踏むことで徐々に思考が鋭くなるでしょう。

転職理由・志望動機の作り方

採用面接時には、ITコンサルタントへの転職理由や志望動機について、ほぼ確実に質問されるでしょう。基本的には、自分自身の意見を率直に伝えれば問題ありません。特にITコンサルタントは高収入な仕事なので、収入を上げるためという動機でも、十分に説得力があります。ただしどのような理由であれ、論理的に分かりやすく伝えられるためのコミュニケーション能力が求められます。

また現在、SEの仕事をしている方にとって、ITコンサルタントへの転職は上流工程に携われる仕事として、非常に魅力的です。これまでのSEとしての経験を活かして、さらにステップアップするためにITコンサルタントになりたい、という理由も効果的です。もちろんITコンサルタントとして、顧客へ貢献しようとする意思を明確に持っていることが前提となります。

関連記事:ITコンサルタントの志望動機の書き方|経歴や業界別の例文も紹介

プライベートと両立したい

人材不足が原因で業務量が増加することは、IT業界では珍しくありません。特にSEの仕事では、予期せぬ仕様変更や追加機能の要求が多く、厳しい納期も相まって、時には過密なスケジュールになることがあります。

このような状況から、仕事とプライベートのバランスを求めて、ITコンサルタントへの転職を検討する人もいます。そのような場合は、転職理由や志望動機に「プライベートと両立したい」ことを明確に伝えるようにしましょう。

より見聞を広めたい

ITコンサルタントの役割には、企業が直面する問題を解決するためのシステムソリューションを提案する業務が含まれています。また、ITコンサルタントはプロジェクト全体を包括的に把握し、高い視点からの業務遂行が可能です。

この大局的な視野を持って仕事をすることに魅力を感じる人は、「より見聞を広めたい」という点を転職理由や志望動機として強調するとよいでしょう。

経営戦略に携わりたい

ITコンサルタントの主な仕事は、クライアントのビジネス上の課題を克服するためのITにもとづいた解決策を提案することにあります。経営層の意思決定に貢献し、戦略立案に積極的に関与したいと望む人にとって、ITコンサルタントは適職といえます。このような動機を持つ人は、転職理由や志望動機に「経営戦略に携わりたい」と明確に伝えるようにしましょう。

ITコンサルタントへのキャリアパス

ITコンサルタントへキャリアアップを目指す職種としては、やはりプログラマーやSEなどが中心です。プログラマーやSEの場合、まずはシステム開発の下流工程から担当して、徐々に要件定義などの上流工程を経験し、プロジェクトマネージャーなどを経てから、ITコンサルタントを目指すというケースが多いでしょう。

また非IT業界出身者の場合、経営企画やシステム企画、事業企画などの経験を活かしてITコンサルタントへのキャリアアップを図るケースがあります。非IT業界出身だと、以前に関わっていた業界の知識を活かしたITコンサルタントになれるため、同業種の顧客からの業務に対して、具体的で的確な提案ができる点が大きなメリットです。

関連記事:ITコンサルタントのキャリアパスとは?キャリアプラン・キャリアアップの具体例

そもそもITコンサルタントとは

ITコンサルタントは、「ITを使って企業の経営課題を解決する」ことが仕事です。論理的思考能力はもちろんのこと、広範で深い専門知識や俯瞰的な視点、コミュニケーション能力が求められます。

ここでは、改めてITコンサルタントの仕事内容やITコンサルタントの業種・職種、SEとの違いについてご紹介します。

ITコンサルタントの仕事内容

ITコンサルタントの業務内容は非常に幅が広く、勤めている企業や部署によって大きく異なります。基本的にはITを活用したIT戦略コンサルティングやITデューデリジェンス、マネジメント支援、ERPやCRMなどのパッケージの導入、RPAやAIなどの最先端技術の開発支援などです。次からはITコンサルタントの職種別の仕事内容をご紹介します。

関連記事:ITコンサルタントの仕事内容を解説|必要なスキルや年収も紹介

未経験入社からの研修・仕事内容の例

未経験で入社すると、まずはコンサルティング全般の基本的なスキルや、ロジカルシンキング、仮設思考などのさまざまな知識を身につけるための研修を受けることになります。それらの研修と並行して、OJTとして実際のITコンサルティング業務も行います。

ITコンサルタントの業種

ITコンサルタントは、その専門分野によって業種を分けることができます。ITコンサルタントの業種には、ビジネスアナリストやパッケージ導入コンサルタント、PMOなどがあります。以下では、ITコンサルタントの業種を解説します。それぞれの業種で求められる能力も併せて紹介するので、ご自分に合った求人を探してみてください。

ビジネスアナリスト

「ビジネスアナリスト」は、ビジネス上の問題が起きたとき、経営戦略を分析し、問題解決のための改善案を提示します。顧客と向き合って要望を聞き出すため、コミュニケーション能力の高さが求められます。また、会社の数字や状況をもとに問題点の仮説を立てていく、論理的思考力も必要となります。

パッケージ導入コンサルタント

「パッケージ導入コンサルタント」は、ERP、SCM、CRMなどのソフトウェアパッケージを提案し、システムの設計・構築・導入までを担当します。新しいパッケージの導入は、多くの部門や人に納得してもらう必要があり、粘り強い交渉ができる人が向いています。

PMO(プロジェクトマネジメントオフィス)

「PMO」は「Project Management Office」の略で、プロジェクトの進捗管理など、マネジメント業務を行い、プロジェクトを円滑に進めるためには欠かせない存在です。プロジェクトの全体像を俯瞰的に見ることのできる人が向いています。また、プロジェクトチームだけでなく、ほかの企業と関わる機会が多いです。

ITコンサルタントの職種

ITコンサルタントは、より細かな職種に分けられます。具体的な仕事内容を紹介します。

関連記事:ITコンサルタントに必要なスキルを基礎・領域別に紹介

IT戦略コンサルティング

IT戦略コンサルティングでは、企業の経営層から経営戦略をヒアリングし、その実現に必要なIT投資計画の策定をサポートします。このIT投資は業界・業態を問わず重要課題として位置付けられています。

経営戦略の実現に対して、「既存システムの刷新(リプレイス)」「新技術を導入した新規構築」「既存システムの一部流用と改修」など、打ち手のパターンを提案し、同時にそれぞれのパターンの費用対効果や、具体的な実行スケジュールの策定も支援します。また、業務プロセスや組織の変革についても、改善案を提示することになるでしょう。

名称が似ている職種として「戦略コンサルタント」があり、こちらは「ITを含めた経営戦略全般」に関わる仕事です。

ERPコンサルティング

ERPとは、Enterprise Resources Planningの略語であり、日本語では基幹系情報システムを指します。経営資源である「人・モノ・カネ・情報」を適切に活用するためのシステムであり、ERPコンサルティングとは、ERPをパッケージソフトとして導入して、顧客の課題を解決する仕事です。

CRMコンサルティング

CRMとは、Customer Relationship Managementの略語であり、日本語では顧客関係管理を指します。業務における顧客との適切な関係の構築と維持をしていくことであり、コミュニケーション戦略やチャネルの最適化などが主な業務です。CRMコンサルティングとは、ERPコンサルティングと同様に、CRMをパッケージソフトとして導入して、顧客の課題を解決します。

SCMコンサルティング

SCMとは、Supply Chain Managementの略語であり、日本語では供給連鎖管理を指します。主に製品の仕入から販売までの流れをサプライチェーンと呼び、そのプロセスを最適化することが、SCMです。SCMコンサルティングとは、サプライチェーンの最適化を提案し、ITの導入により課題の解決と収益の改善を推進する職種です。

RPAコンサルティング

RPAコンサルティングとは、Robotic Process Automationの略語であり、日本語では作業の自動化を指しています。近年注目を集めている分野であり、さまざまな自動化ツールを導入して、顧客のビジネスの効率化を推進させる仕事がRPAコンサルティングです。

AIコンサルティング

AIコンサルティングは、AI(人工知能)を活用したコンサルティング職です。顧客業務への深い理解に加えて、最先端のAIやITの知識や技術が求められる、高度なコンサルティング業務です。AI分野は、今後発展が見込まれる分野であるため、将来性もある職種といえます。そのため、AIに関連する学習や情報収集が日常的に欠かせません。

ITコンサルタントとSEの違い

システムエンジニアは、主にシステム要件定義から基本設計、詳細設計、テスト設計などの工程を担当する職種です。システム要件定義よりも上流の「業務プロセス分析」や「Fit-Gap分析」「経営課題のヒアリング」などは行いません。

一方、ITコンサルタントはシステム要件定義より上流の、これらの工程を担当します。

ITコンサルタントの年収相場

ITコンサルタントの年収は、勤める会社、担当するプロジェクト、そして業務の成果に応じて、個々の給与に大きな差が生じることがあります。厚生労働省による職業情報提供サイト(日本版O-NET)によると、2024年2月22日時点のITコンサルタントの平均年収は660.4万円です。

IT業界全体を見ても、高い水準であり、年収アップを狙う転職としては、非常に魅力的といえるでしょう。

関連記事:ITコンサルタントの年収が高い理由や転職活動のポイントを徹底解説

外資系ITコンサルと日系ITコンサルの違い

ITコンサルティング会社は、外資系と日系の2つに分類されます。外資系ITコンサルは、基本的に成果主義が採用されています。これはITコンサルタントとしての生産性や実績を基に評価される人事制度であり、常に効率を探求して業務にあたることが重要です。

一方、日系ITコンサルでは、基本的に年功序列を採用しています。これは日系ITコンサル会社がITコンサルタントの長期育成を目的としているためです。人材育成を目的とした社内研修やOJTも充実しています。

ただしこれらの外資系ITコンサルと日系ITコンサルの違いは、あくまでも傾向といえるレベルであり、実際には会社ごとによって詳細な制度は異なります。ITコンサルティング会社への転職の前に、希望する会社の風土や評価制度をしっかりと調査しておきましょう。

未経験でのITコンサルタントの年収

2024年2月22日時点でレバテックキャリアにて公開中の求人・転職情報のうち、職種「ITコンサルタント」・キーワード「未経験」で検索して表示されたデータ30件をもとにして、未経験でのITコンサルタントの想定平均年収を算出しました。未経験でのITコンサルタントの平均年収は約632万円です。下限300万円、上限は1,400万円を超すような求人例もありました。

ITコンサルタントの未経験可求人の例

レバテックキャリアのITコンサルタント求人データより、未経験可のITコンサルタント求人の例を紹介します。基本的に他エンジニア職の経験者や他分野のコンサル経験者(ITコンサルタントは未経験)向けです。

品質保証コンサルタント/品質保証リーダー

【業界】
・IT・通信
・通信/ソフトウェア/インターネット

【業務内容】
・お客さまのシステム開発/運用で、品質を保証するための計画立案や助言、コンサルティング
※エンドユーザが利用する際にスムーズに利用できるということを念頭に置き、さまざまな業務を行います。プロジェクトのフェーズや規模により、参画方法や立場はさまざまです。
・テスターやQAエンジニアの統括
・実際の検証方法の検討
※実現可能なコンサルティング提案や計画の提案ができます。

【応募要件】
・経営一般に関する知識
・ITが経営にもたらす影響に関する知識
・ITの最新技術動向(IoT、ビッグデータ、AI)に関する知識
・特定の業務に関する知識(金融、物流、製造など)
・導入対象パッケージ、ソリューションに対する知識

<マインド>
・社内外問わず、積極的にコミュニケーションを図れる方
・チームで働くことに抵抗のない方
・長く安心してキャリアを築ける会社を探している方
・仕事とプライベートを両立させたい方
・まじめにコツコツ努力ができる方
・新しい技術を積極的に学びたい方

【想定年収】
450~650万円

SAP ERP導入コンサルティング

【業界】
・IT/通信
・ソフトウェア
・サービス
・コンサルティング

【業務内容】
・ERPプライム案件の獲得に向けたシステム提案活動
・SAP ERP導入と保守の実施

フレキシブルな発想でクライアント企業のイノベーションを支え、システム価値の最大化を目指していただきます。

【応募要件】
・SAP ERP導入プロジェクトリーダー経験(PP/MMモジュール)
・SAP ERP導入コンサルティング経験(PP/MMモジュール)
・上流工程にチャレンジしたい方
・大きな目標に向かって、地道に努力し続けられる方
・豊かな創造力と柔軟性を備えている方
・良好な人間関係を築けるオープンマインドの方
・物事を最後までやり抜く強い責任感をお持ちの方
・強い学習意欲と上昇志向をお持ちの方

【想定年収】
350~800万円

BI・ERPアプリの技術支援

【業界】
・IT/通信
・ソフトウェア
・サービス
・コンサルティング

【業務内容】
・SAP BW/SAP BusinessObjects/QlikViewなど、まざまなビジネスインテリジェンス(BI)/アプリケーションによる意思決定/情報活用基盤の構築
・BIアプリケーションの技術支援ならびに製品コンサルティング
・情報系システムの基盤となるデータウェアハウスの構築
・BIアプリケーションのインフラ構築

【応募要件】
経験
・業務システムの構築(目安:2年前後)
・SQL言語もしくは何かしらの開発言語による開発

マインド
・責任をもって業務を完遂できる方
・IT業界で更なるキャリアを積んでいきたいという意欲をお持ちの方
・傾聴力もしくは表現力が高い方
・協調性のある方
・将来的にチームリードを経験していかれたい方

【想定年収】
350~800万円

ITコンサルタントに求められる知識とスキル

IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)によると、ITコンサルタントに求められる知識やスキルは以下の通りです。

ITコンサルタントに求められる知識
経営一般に関する知識
ITが経営にもたらす影響に関する知識
ITの最新技術動向(IoT、ビッグデータ、AI)に関する知識
特定の業務に関する知識(金融、物流、製造など)
導入対象パッケージ、ソリューションに対する知識
ITコンサルタントに求められるスキル
顧客要求を認識し、IT投資戦略やシステム企画に反映させるスキル
顧客のビジネス、業務、情報システムを抽象化し、そこから機能モデルへ落とし込む能力
現状のシステムを調査し、分かりやすく文書化する能力
プロジェクトチームを編成とマネジメントする能力
業務プロセスやデータを分析し、モデル化(型としてまとめる)する能力

ITコンサルタントは、SEやPGのように手を動かし、設計・実装を行うわけではありません。しかし「どうすれば経営課題を解決できるか?」「顧客要求をクリアするには何が必要か?」を常に考え、周囲に伝えていく必要があります。

そのためには、「経営とITに関する知識」「企画力」「創造力」「文書化スキル」「モデル化スキル」はもとより、「マネジメントスキル」や「コミュニケーションスキル」も必須といえるでしょう。

関連記事:ITコンサルタントに必要なスキル

大規模Webサービス開発のスキルもあると良し

大規模なWebサービスやアプリケーションサイトの開発や支援は、ITコンサルティングの業務として高い需要があります。近年ではクラウドの普及なども相まって、Webサービスの技術面の支援に加えて、戦略面や活用面でのコンサルティングができることは、ITコンサルタントとしての必須条件ともいえるでしょう。そのようなスキルのベースになるのが、Webサービスやアプリケーションサイトの開発スキルです。

関連記事:ITコンサルタントにプログラミングスキルは必要?具体例から解説

ITコンサルタントに役立つ資格

ITコンサルタントに求められる知識やスキルは、広く深いものです。そのため資格取得を目指して勉強を進めることで効率よく業務に必要な知識を身につけることができます。

また資格を保有することで、客観的なスキルの証明となるため時間に余裕のある方は積極的に取得をめざしてみてはいかがでしょうか?ここでは、ITコンサルタントに役立つ資格を紹介します。

関連記事:ITコンサルタントの資格16選をスキル別に紹介します

ITストラテジスト試験

ITストラテジスト試験は、IPAが提供する情報処理技術者試験の中でも、ITコンサルタント育成を主眼とした制度です。「経営戦略に基づいたIT戦略策定」「IT活用による事業革新、業務改革」「製品・サービスの企画・推進」などを学ぶことができます。

中小企業診断士試験

中小企業診断士試験は、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う「経営コンサルタント」の育成を目的とした国家資格です。ITに関する要素はないものの、財務・労務・事務・生産など、経営に関する一般的な知識を身につけることができます。

経営士、経営士補

経営士・経営士補は、中小企業診断士と並び、経営コンサルタントとしての知識が獲得できる資格です。また、経営コンサルティングに関する資格としては、日本で最も古い資格でもあります。民間資格ですが、経営に関する知識を身につけられるという点では、中小企業診断士にも引けを取らないでしょう。

ITコーディネータ

ITコーディネータ試験は、経営とITを結びつけにより経営戦略実現を目指す「ITコーディネータ(ITC)」としての認定を受けるための制度です。民間資格でありながら、IPAの「ITスキル標準」では「レベル4」に位置付けられており、IT関連資格試験として最高ランクに位置します。経営とIT両方の知識が学べることから、ITコンサルタントの業務に直結した資格です。

プロジェクトマネージャ試験

プロジェクトマネージャ試験は、IPAが提供する情報処理技術者試験の中でも、プロジェクトマネジメントに特化した資格試験です。対象者は主にプロジェクトマネージャーですが、ITコンサルタントにとっても役立つ資格です。プロジェクト全体を考えて提案や進行を行うという点ではプロジェクトマネージャーとITコンサルタントは共通しているからです。

ITコンサルタントの勉強・独学方法

ITコンサルタントの業務は多岐に渡るため、幅広い知識やスキルの習得が求められる職種です。ITコンサルタントの業務に必要な知識を独学で学ぼうとすると、どこから手を出してよいのか悩んでしまうことも多いでしょう。

具体的な勉強方法としては、ITコンサルタントに必要な知識やスキルを学べるスクールやeラーニングの活用がおすすめです。ここでは、ITコンサルタントの効率のよい勉強・独学方法について解説します。

ITコンサルタントに必要な知識・スキルを学べるスクール

ITコンサルタントとしての知識・スキル獲得には、スクールに通うことも効果的です。ITコンサルタントに役立つスクールとしては、ITコーディネータケース研修や専門企業が行うITコンサルタントの養成講座などがあります。ここでは、ITコンサルタントに必要な知識・スキルを学べるスクールについて紹介していきます。

ITコーディネータケース研修

ITコーディネータケース研修は、ITコーディネータ試験合格者のみ受講できる実技研修ですが、実技を学ぶことができます。この研修では、架空の企業のケーススタディをもとに、グループディスカッションやロールプレイングを行いながら、ITに基づく経営理解から戦略策定、ITサービスの適用に至るまでのプロセスを実践的に学びます。

ITコーディネータケース研修を通じて、問題解決のための体系的な能力を養い、ITコンサルタントにとって必要なスキルを学べます。

ITコンサルタントの養成(基礎)

人材育成の専門企業であるトレノケートが実施している養成講座です。主にITコンサルタントを目指す人向けに、ITコンサルタントとして必要な「現状分析力」「課題設定力」「実行管理力」「達成評価力」の4つをオンラインで学習することができます(※)。
(※)2024年2月現在、オンライン受講は一部日程のみ

ITコンサルタントに必要な知識・スキルを学べるeラーニング

ITコンサルタントに必要な知識・スキルをスクールに通う以外の方法では、eラーニングで学ぶ方法があります。eラーニングは、通学の必要がないため、仕事が忙しくスクールに通学する時間が確保できない方におすすめです。

ITコンサルタントを目指す人向けのeラーニングは、富士通ラーニングメディアが提供している講座が有名です。

富士通ラーニングメディア

富士通ラーニングメディアは、国内最大規模の企業向けのeラーニングサービスです。個人向けのサービスもあり、ビジネスコミュニケーションからITの基礎知識、システム開発や情報セキュリティなど、ITコンサルタントに関連する講座が多数あります。富士通ラーニングメディアでは、eラーニングだけでなく、集合研修も行われています。

ITコンサルタントの将来性

DXやAIなどの高度なIT活用の需要の高まりに伴い、企業における業務を抜本的に変えようという動きが進みつつあります。このような動きへの支援者として、ITコンサルタントの活躍の舞台は広がっています。

たとえば、2021年ごろから急速に普及したテレワークはその一例です。テレワークの導入はITと、対象となる企業の業務の両方に対する深い理解が必要です。このようにITに加えて顧客企業の業務に深く精通しているITコンサルタントは、今後も高い将来性があるでしょう。

またグローバル化に伴い、国内企業が世界と対等に渡り歩くためには、さらなる業務の効率化と自動化の実現が必要です。そのためのITツールやサービスをどのように活用していくのか、最適なITツールやサービスの選定の見極めにも、ITコンサルタントは非常に頼りになる存在となるでしょう。

関連記事:ITコンサルタントの将来性とは?仕事内容や年収も紹介

ITコンサルタントへの転職で後悔しないために

コンサルタントは派手で華やかな仕事のように考えている方もいますが、実際のITコンサルタントの仕事では、単純作業が続いたり、面倒な人間関係に疲弊したりすることもあります。

また、収入の高さから「とりあえずコンサルタント」を選ぶ方も少なくありません。実際にITコンサルタントの収入はIT業界の中では高めですが、具体的な仕事の内容を知らずに転職してしまうと、理想と現実との違いに戸惑い「こんなはずじゃなかった」と後悔してしまうこともあります。

ITコンサルタントに限らず、コンサルタントの仕事はハードワークで、何よりも成果が求められます。年功序列式で勤続年数を重ねるだけで収入が増えていくような仕事ではありません。30代になってから未経験で転職してしまうと、年下の上司の元で働かなければならないことも十分にありえます。

過去にどのような経験や実績がある方でも、未経験でITコンサルタントへの転職を目指す場合、後悔しないためにもこれらのことは十分に理解しておかなければなりません。

ITコンサルタントの未経験転職に関するよくある質問

未経験からITコンサルタントを目指す方にとって、ITコンサルタントへの転職活動に関する不安や疑問が多くあるでしょう。ITコンサルタントの未経験転職に関するよくある質問には、ITコンサルタントに必須な資格や開発経験の必要性などがあります。以下では、ITコンサルタントの未経験転職に関するよくある質問をまとめました。

Q1. ITコンサルタントになるには資格は必須ですか?

ITコンサルタントになるのに資格は必要ありません。中小企業診断士やITコーディネータの資格は、ITコンサルタントの業務に役立ちますが、それらの資格を持っていなくても活躍しているITコンサルタントは大勢います。資格があれば転職時に多少有利になりますが、なによりも評価されるのは、これまでの実務経験です。

Q2. ITコンサルタントになるには開発経験が必要ですか?

プログラマーやSEのような開発経験があった方が、転職に有利になるのは確かです。しかし実際には未経験者OKの求人もあり、全くの異業種からITコンサルタントへ転職した方もいます。
マネジメントスキルや論理的思考力など必要なスキルがあれば、ITコンサルタントへの転職は十分に視野に入るでしょう。

Q3. 外資系コンサルの場合は英語は必須ですか?

英語はできた方が強みになりますが、必須ではありません。しかし入社後に英語力が求められるのは間違いないでしょう。転職活動では、英語を積極的に勉強しようとする意欲を見せましょう。多くの外資系コンサル企業では、社員の英語力向上のための支援体制が整っているので、それらを積極的に活用して英語力を高めます。

Q4. ITコンサルタントは激務って本当ですか?

知識が不足しているITコンサルは、次から次へと知らないワードが出てきて、毎日が調査時間との闘いで、激務になりがちです。 ITコンサルとして経験を積み、知識・スキルが累積していくにつれて、激務は避けられるようになります。常に顧客と同じか、それ以上に知識をアップデートしておく必要があります。

まとめ

本記事では、ITコンサルタントの概要や必要な知識、スキル、学習方法、未経験可の求人例を解説しました。ITコンサルタントは未経験でも目指せる職種です。特にRPAやAIなどの分野では、未経験者OKの条件の募集もあります。

一方で、幅広い知識とスキルを求められる職種で、しっかり準備することが大切です。この記事で紹介した資格やスクールなどを活用してみてください。

ITエンジニアの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア職を専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングでお話してみませんか?(オンラインでも可能です)

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

レバテックキャリアのサービスについて

この記事の監修

レバテックキャリア編集部

レバテックキャリアは、IT/Web業界のエンジニア・クリエイター向けに特化した転職エージェントです。当メディアでは、エンジニア・クリエイターの転職に役立つノウハウから、日々のスキルアップや業務に活かせる情報まで、幅広いコンテンツを発信しています。

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

関連する記事

人気の求人特集

内定率が高い

ITコンサルタントの求人・転職一覧

今もらっている年収は高い?低い?

簡単60秒 エンジニア・クリエイター専門 年収診断 無料診断START ×

年収アップをご希望の方へ

簡単!年収診断

現在の市場価値や
年収UPの実現方法がわかる!

現在の職種はどちらですか?