Web業界へ転職する方法-職種別の仕事内容と求められるスキルを解説

Web業界は歴史の浅い業界ですが、技術の進歩に伴い市場が年々拡大しています。従来型の年功序列ではなく実力主義の企業が多く、努力次第では若いうちから高い年収を得たり、責任のあるポジションを任されたりすることもあります。

このような背景から、Web業界への転職を希望している方もいるのではないでしょうか。この記事では、Web業界の職種別の仕事内容と転職時に求められるスキルについて解説します。

1. Web業界の主な職種と求められるスキル

Web業界の職種はさまざまで、仕事内容や求められるスキルも違います。ここでは、Web業界の職種の仕事内容と必要なスキルについて解説します。

営業職

・主な仕事内容
他の業界と同じく、自社の商材やサービスをセールスする仕事です。IT・Web業界の営業職は、開発手法や開発環境、要望を実現するための選択肢など専門的な知識が必要となるため、知識収集意欲(知的好奇心)が強い人が向いています。
 
・求められるスキル
Webに関する知識、セールススキル など

Webマーケター

・主な仕事内容
集客やプロモーションなどのWebマーケティングを主に担当する仕事です。Google AdWordsなどの広告運用ツールやGoogle AnalyticsなどのWeb解析ツール、tableauといったBIツールなどを用いて、数値を見ながら戦略を考え施策を行っていきます。 

・求められるスキル
Webマーケティングに関する幅広い知識と技術、戦略設計力、分析力、ロジカルシンキング など 

Webデザイナー

・主な仕事内容
文字通りWebサイトのビジュアル面を作成する仕事です。見た目が良いだけでなく、使い勝手の良さや情報の読みやすさも意識する必要があります。営業やWebディレクターが調査したクライアントニーズに留意しながら作業を進めていきます。 

・求められるスキル
デザインに関する知識、グラフィックソフト操作スキル、HTMLやCSSなどフロントエンドのコーディングスキル など 

Webエンジニア

・主な仕事内容
ブラウザベースの業務システムや宿泊予約サイトなど、Webサービスのシステム面を担当する仕事です。Webディレクターが設定した仕様にもとづいてシステムを開発していきます。求められたニーズを満たせるよう、高い技術力が求められます。

・求められるスキル
PHP、Ruby、JavaScriptなどのプログラミングスキル、SQLを含むデータベースの知識、Webサーバー構築スキル など

Webディレクター

・主な仕事内容
Web制作における総監督と言える職種です。チームを率いてプロジェクトの立ち上げから進行管理、品質管理や納品まで全体を監督します。クライアントが満足する品質を確保するためにも、Web全般に精通している必要があります。また、スケジュール通りにチームをまとめてプロジェクトを進行するためのマネジメントスキルが重要です。

・求められるスキル
ヒアリング、提案、打ち合わせ、交渉、見積り、契約、プロジェクトの立ち上げ、進捗管理、品質管理などのスキル


2. Web業界の営業職に転職するには

自社の商材をセールスするために、営業職はどの業界でも必要とされています。Web業界も例外ではありません。ここでは、Web業界の営業職の転職市場状況や経験が活かせるスキル、身につけるべきスキルを解説します。

転職市場について

Web業界での営業経験がある方は、即戦力としての活躍が期待できますので転職しやすい傾向にあります。Web業界の営業職は、年収アップやキャリアアップといった目的で転職を希望する方も多く、比較的流動性の高い転職市場です。転職市場においては、Web業界についての知識が無くても、営業経験があれば可とする企業も多く、業界未経験の方でも比較的転職しやすい職種と言えるでしょう。

活かせるスキル・経験

業界内・異業種問わずこれまで営業職として培ってきたヒアリングやプレゼンテーション、交渉といったスキルは転職後も活かすことができます。ファーストコンタクトからクロージングまでの、一連のセールスプロセスを身につけている方は評価を得やすいでしょう。

身につけるべきスキル

開発手法に関する知識、開発環境に関する知識、Web開発のトレンド、自社製品の知識、セールススキル など
 
システム業界ほどではありませんが、専門知識が求められるWeb業界は異業種と比べて営業職の難易度は高いです。自社の商材をアピールしたり、クライアントニーズを把握したりするためには、上記のスキルや知識が無いとスムーズにいきません。Webサイト制作など受注後は開発フェーズが待っている案件も多く、自社の制作チームと品質や納期、コスト(稼働工数)の認識に齟齬があるとトラブルにつながってしまいます。このような背景から、営業職といってもある程度システム開発に関する知識も必要です。


3. Webマーケターに転職するには 

ここでは、Webマーケターの転職市場状況や活かせるスキル・経験、身につけるべきスキルを解説します。

転職市場について

Webマーケターの転職市場は売り手市場と言えます。マーケティングオートメーションやアドテクノロジーなど、Webマーケティング業界もテクノロジーは進化し続けています。これらの知見を持つ人材がさまざまな業界で求められており、Webマーケターは不足傾向にあります。そのため、これらの実務経験が認められれば比較的高い年収での転職が期待できます。

活かせるスキル・経験

Webマーケティング実務経験者でなくても転職が可能です。SEOを意識したWebサイトの制作を行ったことのあるWebデザイナーや、Web業界で営業経験を積んできた人は知識や経験を活かすことができるでしょう。もちろんツールの利用が必須ですので、広告システムやマーケティングオートメーションなどのスキルを書籍やジョブトレーニングで身につける必要があります。

身につけるべきスキル

Webマーケティングの基礎知識、アクセス解析、SEO、SEM、アドテクノロジー、マーケティングオートメーションなどのスキル
 
Webマーケティングのノウハウは企業によってさまざまですが、使用するツールは共通する部分が多いのが特徴です。たとえば、アクセス解析ならGoogle Analytics、インターネット広告の配信にはGoogle AdWordsといった具合です。これらは一般的にどこの企業も取り入れています。基本的な配信ロジックやツールの使い方を学んでおくと良いでしょう。


4. Webデザイナーに転職するには

ここでは、Webデザイナーの転職市場状況や活かせるスキル・経験、身につけるべきスキルを解説します。

転職市場について

Webデザイナーの需要は高いですが、実務経験が重視される傾向にあります。しかし、企業によってはWebデザインスクール卒業生など、実務経験がなくても採用に至るケースがあります。自身のスキルを的確に伝えるために、作品をポートフォリオにまとめておくことが有効です。

活かせるスキル・経験

紙媒体などのデザインに携わっていた方は、エディトリアルデザインの知識やグラフィックソフトのスキルを活かすことができます。

身につけるべきスキル

Web制作の知識、デザインの知識、グラフィックソフトの操作スキル、コーディングスキル(HTML、CSS)など
 
紙媒体でのデザイン経験のみがある方は、階層構造やユーザビリティーなどWeb制作向けの知識を覚える必要があります。コーダーも兼任する場合はHTML・CSSを駆使して実装できるようになる必要があります。全くのデザイン未経験の方は、まずはグラフィックソフトのスキル習得が最優先となります。


5. Webディレクターに転職するには

ここでは、Webディレクターの転職市場状況や活かせるスキル・経験、身につけるべきスキルを解説します。

転職市場について

Webディレクターは言わばWeb業界内におけるプロジェクトマネージャーです。Webディレクターは技術面も含めたWeb業界の深い知識とマネジメントスキルが求められますので、WebデザイナーやWebエンジニアがキャリアパスのひとつとして選択するケースが一般的です。

活かせるスキル・経験

Web業界での営業職やWebデザイナー、Webエンジニア経験者は、実務で培ったデザイン知識や開発スキルなどが役に立ちます。

身につけるべきスキル

予算管理や進捗管理、品質管理などのプロジェクトマネジメントスキル、企画力 など
 
Webディレクターは、技術力よりもプロジェクトマネジメント力や企画力が重要となります。WebデザイナーやWebエンジニアの最新の技術領域の知識も随時追っていく必要がありますが、自分自身がデザインやコーディングのスキルを身につける必要はありません。


6. まとめ

この記事では、Web業界の職種別の仕事内容と転職時に求められるスキルについて解説しました。この業界はどの職種も人手不足の傾向があり、全体的に売り手市場と言われています。Web系のスキルは社会人スクールなど学べる環境も多く提供されていますので、未経験者でも目指しやすい業界です。この機会にWeb業界への転職を検討してみてはいかがでしょうか。
 

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

無料サポート登録簡単30秒

【厚生労働省】職業紹介事業許可番号(13-ユ-308734)

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • 次のstepで入力すると返事が来る!
  • プロフィール入力すると返事が来る!
  • ご希望の条件を選択してください

    ご希望の勤務形態

    必須

    ご希望の勤務地

    任意

  • プロフィールをご入力ください!必須入力項目はこのページで終わりです。

    氏名

    必須

    氏名かな

    必須

    生年月日

    必須

    電話番号

    必須

    メールアドレス

    必須

  • スキルシート・ポートフォリオをお持ちの方はアップロードしてください

    スキルシート

    任意

    提出しておくことで
    迅速なご紹介が可能に!

    職務経歴書

    ドラッグアンドドロップ or ファイルを選択 選択されていません

    履歴書

    ドラッグアンドドロップ or ファイルを選択 選択されていません

    スキルシートを確認しています...

    スキルシートを確認しています...

    ※ファイルは5MB以下で対応するファイル形式 ? でアップロードしてください
    Microsoft Office .xls .xlsx .doc .docx .ppt .pptx
    KINGSOFT Office .xls .xlsx .doc .docx .ppt
    iWork .numbers .pages .key
    LibreOffice .ods .odt .odp
    OpenOffice .ods .odt .odp
    その他 .pdf

    ※事前にご用意のない方は、弊社フォーマットを是非ご活用下さい。

    ポートフォリオURL

    任意

    ?

    ポートフォリオとは主にクリエイターの方が自己PRのために過去の作品や制作実績をまとめた作品集の事です。

    ポートフォリオをWeb上で公開されている方はそのURLを、データでお持ちの方は作品データをアップしたURLを入力してください。

    ※データをアップされる場合は、保存期間や容量制限の少ないGoogleドライブを推奨しています。

    その他ご要望

    任意

  • 下記の内容をご確認いただき問題ないようでしたら、送信してください

    プロフィール入力すると返事が来る!

    • ご希望の勤務形態 必須

    • ご希望の勤務地 任意

      第一希望:
      第二希望:

    • 氏名 必須

    • 氏名かな 必須

    • 生年月日 必須

    • 電話番号 必須

    • メールアドレス 必須

    • 職務経歴書 任意

    • 履歴書 任意

    • ポートフォリオURL 任意

    • その他ご要望 任意

    個人情報の取り扱い」と「利用規約」に同意の上、『同意して登録する』ボタンをクリックして下さい。

プライバシーマーク

レバテック株式会社は「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。
個人情報の秘密は厳守します。ご入力いただいた情報は許可を頂くまで求人企業に公開することはありませんので、ご安心ください。

申し込みに関するご注意
以下の方は弊社の事業基盤、求人動向から、ご提案のご連絡までお時間をいただく可能性があります。ご了承ください。
IT業界、または希望職種が未経験の方
レバテックキャリア対象エリア以外での勤務地、また在宅での作業を希望される方