プログラミング未経験でも30代からプログラマーを目指せます!30代未経験からプログラマーを目指す!勉強方法や学ぶべき言語を解説

最終更新日:2022年6月10日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

慢性的なIT人材不足が続いている中、どの企業もプログラマーの確保に苦心しています。そのため、プログラミング未経験の30代の方がプログラマーへ転職することも不可能ではありません。しかし、20代と比べると狭き門であることも事実で、しっかりと対策を講じなければ転職は難しいでしょう。

この記事では、30代未経験からプログラマーを目指すことを考えている方に向け、メリットやデメリット、勉強方法、学ぶべき言語などについて解説します。

1. 30代未経験からでもプログラマーを目指せる理由

一般的に、「30代未経験」という響きはどの職種においても転職市場では不利になる要素です。しかしプログラマーという職種においては、プログラミング未経験の30代の方でも就職・転職することが現実的に可能です。その理由は主に以下の2点にあります。

慢性的なプログラマー不足

IPAが公表している「DX白書2021」によると、2020年時点の日本におけるエンジニア/プログラマーの人材「量」の確保状況について、「大幅に不足している」「やや不足している」と回答した企業は全体の47.5%となり、約半数を占めていることが分かります。

国が掲げるDXの推進や最新ゲームの開発などのさまざまなシーンでプログラマーはなくてはならない存在でありつつも、ほとんどの業界においてプログラマーは不足しているという声が挙がっている状況です。逆に言えば、年齢関係なくスキルさえあれば転職・就職がしやすい状況であるともいえます。

講座やスクールが充実し、プログラミングを勉強しやすくなった

Webサービスが充実してくるまでは、独学でのプログラミングの勉強といえば初心者向けの分厚い本を読みながら学習するという方法が一般的で、勉強しようとチャレンジしても途中で挫折するというパターンも決して珍しくありませんでした。

しかし最近では、動画形式で時間や場所に縛られず学べる無料講座や有料のスクールが充実しています。YouTubeで「プログラミング 初心者」と検索するだけでも様々な言語の入門動画があり、もちろん一定の時間を確保する必要はありますが、以前と比べて働きながらでも勉強しやすい環境であることは確かです。(本での学習を否定するものではなく、本以外の選択肢もあるという意味で学習しやすくなったという意味です)

2. 30代未経験からプログラマーを目指すメリットとデメリット

現在の職場や職種への不満、エンジニア職への興味など、30代未経験からプログラマーを目指す動機は人によってさまざまです。以下では、プログラマーを目指すメリットとデメリットについて解説します。

メリット

今後確実に需要が増える職種であり、活躍の場が広がる

ビジネスでのIT活用が当たり前になっている今、IT人材を貴重な戦力と見なす企業が増えています。経済産業省が発表した統計でも2030年までに43~79万人のIT人材の不足が危惧されており、プログラマーとしてエンジニアのキャリアを積むことで、SE含めさまざまなエンジニア職のキャリアの選択肢を得ることができます。

スキル次第で年収アップが見込める

IT業界は年功序列よりも実力主義の傾向が強く、スキルアップが年収アップに直結しやすいという特徴があります。もちろん、企業ごとの賃金体系や技術トレンドにも左右されますが、需要のある言語を身に付ければ継続的な年収アップが可能です。

フリーランスとして独立しやすい

IT業界では、フリーランスで働くプログラマーが多い業界でもあります。プログラマーは開発工程および単体テスト工程という一部の工程にのみ携わる職種のため、外注化の対象になりやすい職種でもあります。また、スキルと経験さえあれば、プログラミング用のPCだけで開業できます。さらに、クラウドソーシングやSNS、エージェントを活用すれば、継続的に仕事を得ることも可能です。フリーランス志向の人にとっては、最適な職種のひとつといえるでしょう。

未経験でも転職できる可能性あり

人手不足という市場環境や学習環境の充実などの背景から、プログラマーは未経験でも転職しやすい職種であるというのは前述の通りです。しかし、「特定の言語について勉強して知識がある」というレベルではアピールとしては少し弱いと言えます。

プログラマーとして働いた実務経験がなくても、自分で企画、設計、開発、テスト、リリースまで行った経験が分かるポートフォリオを用意することで、それを武器にプログラマーを目指すことが可能です。「HTMLとCSSで作ったWebサイトにPHPとMySQLを使用したWebサービスを実装する」という具合に、実務レベルに近い経験があることをアピールしたいところです。

関連記事:
未経験からプログラマーに転職する方法|必要な知識・スキルを徹底解説
高卒・未経験でプログラマーへの転職は可能?スキルなどを解説
プログラマーになるには|必要なスキルやすぐに始められる勉強法を紹介
プログラマーとして就職するには?求められる役割やスキルを解説

デメリット

求人数が少なく、転職のハードルが20代より高い

慢性的な人材不足な職種である一方で、30代未経験で応募可能な求人は自由に選べるほど豊富にあるとは言えません。そのため、勉強時間も含めて転職までに時間がかかる可能性があるというデメリットがあります。

実力主義の傾向が強いIT業界でも、ポテンシャル採用は20代までと考えたほうが良いでしょう。30代以降は経験と実績が重視されますので、自分で開発したシステムを見せるなどのスキル証明が必要です。

3. 代表的なプログラマーの種類

いざプログラマーを目指そう!と思っても、プログラマーは幾つかの種類に分かれており、業務内容や必要なプログラミング言語もそれぞれ異なります。代表的なプログラマーの種類をご紹介するので、どのプログラマーを目指すか、またどの言語を勉強するかを考える際の参考になれば幸いです。

Web系プログラマー

Web系プログラマーは、WebサービスやWebアプリケーションを動かすためのプログラミングを行います。基本的にブラウザ上で動作するサービスやアプリケーションが対象になり、Webに強い興味のある方におすすめです。

フロントエンド(ブラウザ側)ではJavaScriptが使用され、サーバーサイドではPHP、Ruby、Pythonなどの言語が使用されます。

組み込み系プログラマー

組み込み系プログラマーは、電子機器・設備を制御し動かすためのプログラミングを行います。洗濯機やテレビなど身近な家電製品のちょっとした動作もプログラムが組み込まれることで動いており、古くから存在し今後の需要も安定していることが予想される職種です。

主にCやC++、アセンブラなどの言語が使われていますが、いずれもプログラミング未経験者にとって学習難易度が高いとされているため、ある程度まとまった勉強時間を確保する必要があるでしょう。

アプリケーションプログラマー

アプリケーションプログラマーは、スマートフォンやタブレット端末、PCにおける特定のOSやハードウェアで動くアプリケーションのプログラミングを行います。Web系プログラマーやゲームプログラマーと混合されやすい職種ですが、Webブラウザ上で動くアプリケーション以外、またゲーム以外のアプリケーションは基本的にアプリケーションプログラマーの領域と言って良いでしょう。

iOSであればSwiftやObjective-C、AndroidであればJavaやKotlinなど、OSやハードウェアによって使われている主流な開発言語が異なります。

ゲームプログラマー

ゲームプログラマーはその名の通り、家庭用ゲームやPC・スマートフォン向けゲームアプリケーションを動かすためのプログラミングを行います。キャラクターや背景の動きの制御、BGMや効果音の切り替えなどゲーム内部の処理は基本的にゲームプログラマーが行っています。

これまでのゲーム開発現場ではCやC++が使われることが多かったですが、最近ではC#やJavaScriptで動かせるUnityというゲーム開発用エンジンが使われることも増えました。

関連記事:
ゲームプログラマーの仕事内容|仕事のやりがいや平均年収も紹介
ゲームプログラマーに役立つ資格は?求められるスキルとは
未経験からゲームプログラマーになりたい人必見!業界別転職ノウハウ解説

汎用系プログラマー

銀行や保険会社などの金融系企業で用いられている大規模な基幹システムのことを「汎用系システム」と呼びます。この汎用系システムの開発・プログラミングに携わるのが、汎用系プログラマーです。

言語としてはCOBOLが多く使われているほか、FORTRANやRPGといった他領域ではあまり使われない言語も使われることがあります。現在の時流として汎用系システムからオープン系システムへ移行する動きも強くなっており、汎用系プログラマーを目指すかどうかは業界の動向も見極めつつ検討することをおすすめします。

その他、プログラマーの種類については「プログラマーとは?仕事内容や必要なスキルを紹介」の記事で詳しくご紹介しています。

4. 30代未経験でプログラマーを目指すときの勉強方法

次に、30代未経験でプログラマーを目指すときの勉強方法について解説します。

繰り返すようですが、30代での転職は「経験と実績」が重視されます。そのため、実務経験がない未経験者は、これらに代わるものとして一定のスキルがあることを証明しなくてはなりません。スキルを証明する方法としては「資格取得」や「開発実績の提示」が挙げられます。これに加えて「どこでどのように勉強したか」を明確にできれば、より効果的です。

主な選択肢としては、独学で学ぶかプログラミングスクールに通って学ぶかの2択です。30代未経験でプログラマーを目指すには、漫然と勉強するのではなく、目標とする成果物を明確にして取り組んでいくと良いでしょう。ゴールが明確になれば、そのための必要なスキルが分かり、集中して勉強することができます。

独学

参考書やアプリ、Webサービスなどを使い独学でプログラミングを学ぶというのが1つ目の方法です。自分にとって効率的なコンテンツを選ぶことが鍵になるため、それぞれの方法を少し試してみて自分に合った方法を見つけるというステップを踏むのもおすすめです。

インプットだけでは知識が身に付きづらく、また転職のアピールとしても弱いため、実際に自分の手を動かしながら成果物を作ることを一つのゴールとして取り組みましょう。

関連記事:独学でプログラマーを目指すための方法とは?

スクール

スクールは独学の弱点である「初歩的な部分でのつまずき」を講師が素早く解消してくれ、決まったカリキュラムがあることでモチベーションを落としにくいという利点があります。また、スクールによっては、アプリ開発や就職までサポートしているコースもあり、未経験者の転職において心強い味方になってくれるでしょう。

おすすめのプログラミングスクール・サービス

以下では、未経験者向けのおすすめのプログラミングスクール・サービスとしてProgateとテックキャンプ、テックアカデミーについてご紹介します。いずれも未経験者向けのカリキュラム・コースが充実しています。

Progate

Progateは100ヶ国以上、250万ユーザーに提供されているオンラインでプログラミングを学べるサービスです。スマートフォン向けアプリもあり、イラスト中心のスライドでちょっとした移動時間で復習ができるなどの工夫もあります。

レバテックキャリア経由で転職すると、全15コース・79レッスンが半年間無料で受け放題になるサービスもあるため、転職後も継続的にスキルアップのため勉強したいという方にもおすすめです。

テックキャンプ

テックキャンプは株式会社divが運営するオンラインプログラミングスクールです。質問回数が無制限、パーソナルメンター付きなど、サポートが充実しておりモチベーションの維持に自信がないという方におすすめです。

テックアカデミー

テックアカデミーはキラメックス株式会社が運営するオンラインプログラミングスクールです。現役エンジニアが講師やサポート対応を行うため、より実践的な学習ができるという点に強みがあります。

5. 30代未経験者が学ぶべき言語は?

次に、30代未経験者が学ぶべきプログラミング言語について解説します。プログラミング言語は次々と新しいものが登場し、技術トレンドも日々変化しています。需要が多い言語・技術を身に付けていれば、未経験者でも採用される可能性は高くなります。そのため、30代未経験からプログラマーを目指すときには、「言語の選定」を慎重に行うべきです。

以下で未経験者におすすめの言語をご紹介する以外にも、「プログラマーになりたい人におすすめのプログラミング言語とは?」の記事で詳しくご紹介しています。

Ruby

Webサービス、アプリ開発の分野で需要が多い言語です。他の言語と比較して習得難易度が低いと言われています。未経験者向けのスクールも多く学習しやすい言語の一つです。

>Rubyの転職求人を探す

Java

オブジェクト指向型の代表的な言語です。スクールでの学習期間は6ヶ月程度〜と比較的長いですが、資格取得および就職まで支援しているスクールが多くあります。

>Javaの転職求人を探す

Python

シンプルで扱いやすいプログラミング言語と言われています。スクールの数はまだ少ないものの、機械学習の分野で注目されており今後も需要の増加が見込まれています。

>Pythonの転職求人を探す

C#

マイクロソフト社が2000年に独自開発したオブジェクト指向言語です。Webアプリやスマートフォンアプリ、業務用システムまで幅広く開発が可能で、汎用性が高いことが特徴です。マイクロソフト関連の開発でも多用されており高い需要があります。反面、構文が難しく初学者にはややハードルが高いと言われています。

>C#の転職求人を探す

HTML・CSS・JavaScript

ウェブサイトのフロントデザインに使われている言語です。HTML、CSS、JavaScriptはそれぞれ別の言語ですが、スクールでは1つのコース内でセットとして学べるものが多くあります。フロントエンドエンジニアを目指す人には必須の言語です。

>HTMLの転職求人を探す
>CSSの転職求人を探す
>JavaScriptの転職求人を探す

6. スキル証明に役立つ資格

以下では、スキル証明に役立つ資格を紹介します。プログラマーの転職にあたって資格は必須ではなく、ここで紹介する資格すべての取得が必要というわけではありません。学んだ言語のスキル証明として活用すると良いでしょう。

基本情報処理技術者試験

基本情報処理技術者試験は、IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)が主催するITエンジニアへの登竜門的な資格です。プログラミングのみならず、ITシステムの設計、開発、運用に関する基礎的な知識を習得できます。プログラマーとして働く上で知っておくべき知識が詰まっていますので、30代未経験者は取得することをオススメします。

Ruby技術者認定試験

Ruby技術者認定試験は、Rubyエンジニアを対象にした認定試験制度です。文法、クラスとオブジェクト、標準ライブラリなどの基礎知識を証明する「Ruby Association Certified Ruby Programmer Silver version 2.1」と、応用的な知識を証明する「Ruby Association Certified Ruby Programmer Gold version 2.1」があります。

Javaプログラミング能力認定試験

Javaプログラミング能力認定試験は、株式会社サーティファイが主催する、Java技術者のための認定試験です。難易度によって1級から3級に分類されており、最も難易度が高い1級には実技試験(コーディング、コンパイル、デバッグ)や仕様書の作成も含まれています。

Python試験

Python試験は、Pythonの基礎スキルを証明するための試験です。まだ新しい資格ですが、データ分析試験など今後試験内容が増える予定です。選択式の問題が40問しか出ませんので、資格難易度は低いでしょう。

ウェブデザイン技能検定

ウェブデザイン技能検定は、ウェブデザインに関する知識やスキルを証明する国家資格です。試験内容にHTML・CSS・JavaScriptも含まれています。フロントエンドエンジニアを目指す30代未経験の人に必須といえる試験です。

7. 未経験可のプログラマーの求人例をチェック

最後に、記事内でご紹介した主要なプログラマーの各種類について、それぞれレバテックキャリアで過去取り扱いのあった内容をもとに未経験可の求人例をご紹介します。

Webプログラマーの求人例

【想定年収】
300~700万円

【業務内容】
・Webサービスのフロントエンド開発
・BtoCスマートフォンアプリ開発
・CMS構築
・UI設計

【求められるスキル・経験】
解析ソフト(R、SPSS、SASなど)の使用経験、マーケティング知識、論理的思考

【応募条件】
・Webサービスの開発実務経験(JavaScript、PHP、Rubyなど)
※業界未経験でも、学校などでプログラミングを学ばれた方。
・キャリアアップしたい方
・自身の可能性を追求したい方
・コミュニケーションを取れる方
・チームワークを重視する方
・チャレンジ精神のある方

組み込み系プログラマーの求人例

【想定年収】
300~700万円

【業務内容】
・マイコンソフトウェア設計
・マイコンハードウェア設計
・デジタル/アナログ混載回路設計
・FPGA/ASIC回路設計
・基板パターン設計など

【主な開発実績】
・車載用オーディオ
・車載用TVチューナー
・証明写真機
・FA制御機器
・家電AV機器

【応募条件】
■以下のスキルや経験
・基本的なパソコン操作(Word、Excel)
・ソフトウェア開発
・何らかの設計
・学校での何らかの研究開発
・アウトソーシングでの勤務

■以下のマインド
・コンピュータに興味がある
・モノづくりに関心がある
・ものごとの仕組みをイチから考えるのが好き
・英語や中国語をマスターしたい

アプリケーションプログラマーの求人例

【想定年収】
264~300万円

【業務内容】
・システムの設計/開発/テストなどの一連の工程
・Webのアプリケーション開発

【プロダクトの例】
・交通系決済の決済データ集約システム
・保険の営業用ツール

【応募条件】
<経験>
・社会人としての就労(1年以)

<スキル>
・1通りのPC操作
・タッチタイピング

<マインド>
・自らの成長に向けトライできる方
・チームを優先しながら働くことができる方

ゲームプログラマーの求人例

【想定年収】
400~600万円

【業務内容】
各種モバイル向けのソーシャルゲーム開発および他社ゲームの運営フェーズの開発

・性能管理 (負荷状況分析、パフォーマンスチューニング、費用対効果最大化)
・障害対応 (検知〜復旧、原因分析、再発防止策実施)
・設計
・開発
・施策の効果検証
・コードレビュー

【開発環境】
・ブラウザタイトル
すべてLinux,Apache,MySQL,PerlなどのLAMP環境
・アプリタイトル
Unity(C#)
Cocos2d-x(C++)

【応募条件】
■経験
特になし

■仕事へのマインド
・自らサービスを考え「自分のサービス」をつくる意欲
・自発的に業務を推進する能力
・論理的思考力
・成長意欲
・エンジニアという職種の枠にこだわらず成長する視野

汎用系プログラマーの求人例

【想定年収】
350~700万円

【業務内容】
■大手通信事業者の基幹システム
・設備保全システムの要件定義
■大手自動車メーカーのグループ会社共通基盤設計
・要件のすり合わせ、調整を含む基本設計

【開発環境】
■言語
Java/C言語/C#/C++/VB/VC#/VC++/COBOL/PHP/Delphiなど

■開発対象
オープン系/Web系/スマホアプリ/クラウド/汎用系/組込系/制御系など

【応募条件】
・何かしらの開発経験
※実務経験がなくても知識をお持ちであれば歓迎
・IT業界において継続的にキャリアを積みたい方
・新たな知識を習得し、エンジニアのプロとして理想を追い求めたい方
・積極的にスキルアップできる方
・バイタリティのある方
・キャリアパスがハッキリしている方
・今後自信をつけたい方
・実績を作りたい方
・新しい環境でこれまでの経験を活かしたい方
※ITエンジニアとしてスキルアップしたい方など、人物や意欲を重視

8. よくある質問

Q1.30代未経験からプログラマーになった場合、年収はどれくらいでしょうか?

企業規模やポジションによって異なりますが、目安としては最初は300~500万程です。スキル次第では早期の昇給も見込めますが、最初のうちは前職よりも年収が下がってしまうという可能性があるため、これからプログラマーを目指すという方は注意しましょう。

Q2.30代後半ですがプログラマーを目指すのは無理でしょうか?

「35歳の壁」という言葉もありますが、慢性的な人材不足に悩まされるエンジニア/プログラマー職は30代後半からの転身でも十分チャンスがあります。ただし20代や30代前半の未経験と比べられると不利は否めないので、学習による成果物など「武器」を用意しておくことをおすすめします。

Q3.男性の仕事というイメージが強いですが、女性でも30代未経験からプログラマーを目指せますか?

一般社団法人 情報サービス産業協会が発表した「JISA基本統計調査2021」によると、2021年時点でITエンジニアのうち21.9%が女性です。2018年時点では19.3%、2019年時点では20.4%、2020年時点では21.1%と徐々に割合が増えていることからも、プログラマーは男性・女性関係なく目指せる職業であると言って良いでしょう。

関連記事:輝く女性プログラマーについて|女性がプログラマーとして活躍するメリットとは?

9. まとめ

この記事では、30代未経験者がプログラマーに転職するメリットやデメリット、勉強方法、学ぶべき言語について解説しました。人手不足にあえぐIT業界でも、年齢によるハンディキャップは存在します。特に30代は、自分への投資を怠らず、適性や言語を見極めながら自己研鑽を続けることが大切です。30代未経験での転職は、時間が経つほどハードルが高くなります。少しでも早く実務経験を積み、経験と実績の蓄積に注力していきましょう。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

人気の求人特集

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

プログラマー(PG)の求人・転職一覧