IT技術者の種類、スキルアップの必要性、身につけるべき基礎スキルを解説IT技術者に必要なスキル

最終更新日:2020年8月28日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

IT技術者とは、IT業界に従事している技術者の総称です。常に進化し続けるIT技術を身につけるには勉強が欠かせませんが、あらゆるIT技術者に求められる基礎スキルを習得していないと、スキルアップに行き詰まる場面が出てくるでしょう。この記事では、IT技術者の種類と概要のほか、IT技術者に必要な基礎スキルなどについて解説します。

1. IT技術者とは

まず、IT技術者の概要を解説します。
 
IT技術者とは、IT業界で働く技術者のことを指します。IT技術者にはさまざまな職種があり、今後のキャリアパスを描くためにもIT技術者の職種とその概要は知っておく必要があります。以下に、IT技術者の中でも代表的な職種を紹介します。

プログラマー

システム開発におけるプログラミング(コーディング)および単体テスト、結合テストを担当する職種です。プログラミング言語を身につけ、設計担当者とコミュニケーションを取りながらプログラミングをします。プログラミング後は、単体テストや結合テストを通してバグをなくしていきます。

システムエンジニア

システム開発において、要件定義、基本設計、詳細設計、テスト設計、テスト、運用設計とシステム開発全般の工程を担当する職種です。システム要件を満たす設計書を作成し、プログラマーや後述するインフラエンジニアなどと連携を取りながら仕事をします。

インフラエンジニア

システムの基盤となるサーバーやネットワークなどのインフラ環境を設計、構築、運用する職種です。案件によっては、データベースなどのミドルウェアのインストールから構築、ソフトウェアのリリース、セキュリティ対策まで担当することもあります。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーはプロジェクトにおける総合的な責任者で、すべてのステークホルダーを統括します。プロジェクト開始時に定められた品質目標・納期目標・コスト(利益率)目標を達成するために、進捗管理、リソース管理、課題管理、リスク管理、障害管理、お客様への報告・相談・連絡などを行います。

2. IT技術者として生き残るために、スキルアップが欠かせない理由

IT技術者は、継続的なスキルアップが必要と言われています。なぜならIT技術は常に進化を続けているため、日々新しい技術を身につけなければ業務を遂行できなくなるからです。
 
たとえば、数年前までインフラ構築は物理的なサーバーを構築するオンプレミス型が主流でした。しかし、昨今はAWSなどのウェブサービスを使ってサーバーを構築するクラウドが主流となり、インフラエンジニアに求められるスキル要件にはクラウドサービスを使ったサーバー構築、保守、運用スキルがほぼ必須となってきています。このように、数年で技術トレンドが変わってしまう業界のため、日々技術動向をつかみながらスキルアップし続けなければ、仕事を得ることができなくなってしまうのです。

3. IT技術者に必要な基礎スキル

続いて、IT技術者に必要な基礎スキルを解説します。

基礎IT知識

基礎IT知識とは、以下の5つです。

・ソフトウェア:OS、ミドルウェア、ファイルシステム、開発ツール、オープンソースのなどの知識
・ハードウェア:メモリ、プロセッサ、バス、入出力デバイス、入出力装置などコンピューターの構成要素などの知識
・データベース:データベース方式、設計手法、データ操作、トランザクション処理などの知識
・ネットワーク:ネットワーク方式、通信プロトコル、データ通信と制御、ネットワーク管理などの知識
・セキュリティ:情報セキュリティの種類、情報セキュリティ管理方法、情報セキュリティ対策手法、情報セキュリティ技術評価方法などの知識

 
これらはIT技術者のどのような職種であれ必要となるため、今後習得するスキルの土台として必ず押さえておきましょう。
基礎IT知識を身につけるには色々な方法がありますが、国家資格試験である基本情報技術者試験を活用して勉強する方法が効率的です。基本情報技術者試験は、IT技術者の登竜門的な位置付けの資格であり、上記の基礎IT知識すべてが試験範囲に含まれています。

プログラミングスキル

プログラミングスキルはIT技術者の基本のスキルです。例えばシステムエンジニアは、効率良くプログラミング工程が進むよう考慮しながら設計書を書かなければいけませんし、テスト設計の際はプログラム構造を理解していないと精度の高いテスト設計書を作ることができません。
 
ただし、
システム開発に用いる言語は、案件や開発領域(Webシステム、業務システム、スマホアプリケーションなど)によって異なるため、習得するプログラミング言語は今後携わりたい開発領域で使われている言語を選択しましょう。領域別に使われる主な言語は以下のとおりです。
 
・Webシステム:PHP、Java、Rubyなど
・業務システム:PHP、Java、VBなど
・スマホアプリ:Swift、Javaなど

 
なお、プログラミングスキルの習得は、プログラミングスクールやWebブラウザ上でプログラミングできる学習サイト(Progateやドットインストールなど)、オンライン学習教材(Udemyなど)を使う方法が近年の主流です。

コミュニケーションスキル

IT技術者の仕事は、顧客との商談や開発チームとのミーティングなど、コミュニケーションを取る場面も多いです。たとえば、システム要件を決めるためのヒアリング、仕様の提案、開発内容の指示、進捗確認と報告、トラブル報告などでは、コミュニケーションの質がその後の業務にも影響を与えます。コミュニケーションスキルは、OJTで十分習得ができますが、苦手意識がある方はエンジニア向けのコミュニケーション講座などを活用してみると良いでしょう。

ドキュメント作成スキル

IT技術者は、社内外で使うさまざまなドキュメントを作成します。
代表的なドキュメントには以下のものが挙げられます。

・要件定義書
顧客と取り決めたシステム要件や業務要件などを記述したドキュメント

・基本設計書
システム要件を満たすために必要な機能、お客様に見える画面や帳票、画面の動きなどを記述したドキュメント

・詳細設計書
プログラマーがプログラミングする際に使用する、プログラム構造や各機能のコーディング要件などが書かれたドキュメント

・単体テスト仕様書
単体テストのやり方やテスト項目が書かれたドキュメント
※単体テストとは、モジュールやクラスのプログラムコードを1行ずつ実行して動作確認をするテストのこと

・結合テスト仕様書
結合テストのやり方やテスト項目が書かれたドキュメント
※結合テストとは、モジュールやクラスをつなげて行う動作確認テストのこと

・総合テスト仕様書
総合テストのやり方やテスト項目が書かれたドキュメント
※総合テストとは、完成したシステムを使って行うテスト。総合テストの完了をもってシステムの納品となり、お客様側でも受入テストが行われる
 
このようにIT技術者はさまざまなドキュメントを作成します。多くの場合、企業ごとにドキュメントフォーマットがありますので、フォーマットに従って作成する流れとなります。
ドキュメントの書き方などの書籍が多数販売されていますので、書籍で勉強しても良いでしょう。

4. まとめ

この記事では、IT技術者の種類、スキルアップが欠かせない理由、IT技術者に必要な基礎スキルを解説しました。IT技術者にはさまざまな職種がありますが、求められる基礎スキルは共通です。IT技術者を目指す方法は、今回紹介した基礎スキルを身につけた上で、それぞれの職種に求められるスキルを身につけていくとよいでしょう。
 
就職前にすべてのスキルが必要というわけではなく、OJTで十分身につけられるスキルもあります。まずは、プログラミングスキルの習得から始めることをおすすめします。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

社内SEの求人・転職一覧