前向きなキャリアアップを目指し、自身の適性に合わせてSIerや社内SEへの転職を検討するSESを辞めたいと感じたときの対処法と転職先

最終更新日:2022年6月7日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

SES(システムエンジニアリングサービス)は、ITエンジニアがその技術力を顧客企業へと提供し開発・運用を手掛ける業態です。その働き方に不満を持つエンジニアのなかには、スキルが身に付きにくいなどの理由で「辞めたい」と感じる人も見受けられます。辞めたいと感じたときは、保有スキルを見直し、前向きなキャリアアップを目指すことが推奨されます。

本記事では、SES業界で就業中のエンジニアの方に向けて、SESを辞めたいと感じたときの対処法や転職先、転職前に身につけておくべきスキルなどについて解説します。

1. SESの仕事内容

SESとは、System Engineering Service(システムエンジニアリングサービス)の略称であり、ITエンジニアがその技術力を顧客企業に提供し、開発・運用などを行う業態を指します。エンジニアは各案件に入り、客先常駐で作業を実施するのが一般的です。ただし、派遣契約とは異なり、指揮系統は常駐先ではなく雇用元にあります。

エンジニアの視点では、SESで働くメリットとして、様々な案件に携われる点が挙げられます。プロジェクトごとに参画していくため、異なる業界・業務・技術に触れる機会が多く得られるでしょう。積極的に学んでいけば、多様なスキルを身につけることができます。

SESの働き方を理解するには、情報システム開発にまつわる業界構造を把握しておく必要があります。まず、業務効率化や新規事業開発を目指す顧客企業が情報システムを開発する際に、SIer(エスアイヤー)に対して開発や運用を委託します。SIerがITプロジェクト全般を委託されるのに対し、SESは実装やテストといった特定の技術サービスを担当します。

多様なスキルを持ったエンジニアが必要となる大規模なシステム開発プロジェクトでは、SESを活用することで、必要なときに必要なだけITエンジニアが調達できるため、顧客企業やSIerにとって人員計画に柔軟性が得られるのが利点です。

2. SESを辞めたいと考える理由

IT業界には欠かせないSESという業態ですが、そこで働くエンジニアのなかには労働環境に不満を抱く人も見受けられます。SESから転職したい人の理由としては、以下が考えられます。

希望するスキルを身につけにくい

どのような技術を扱うかは、依頼される案件次第で決まります。そのため、自分の好みだけで決めるのは難しいのが現実です。毎回異なるスキルを求められることも多く、習熟度が上がらずにスキル不足を感じる場合があります。また、特定のスキルしか求められず新たな技術が獲得できないことで、不安を抱くケースも見受けられます。

加えて、SESの案件では実装やテストといった特定の技術サービスを扱うのが一般的なため、要件定義を含めた上流工程に興味があっても、携わる機会が少なくなってしまいます。開発よりも文書管理を含めた雑務を任される場合もあります。

待遇が悪い、改善の見込みが薄い

SESの案件はSIerからの下請けになる場合が多いため、人件費にかけられる予算に限りがあり、給与が上がりにくいと言われます。個人が高い成果を挙げても、待遇の改善につながらないケースが多いです。

前述のとおり、スキルが身につかないと懸念を抱く人もいますが、特定のスキルが身につかなければエンジニアとしてのキャリアアップも難しくなってしまいます。また、特定の技術サービスが中心となるSESでは、プロジェクト管理を担当する場面が少ないため、プロジェクトマネージャーなどへのキャリアパスへ進むのに時間を要する場合があります。

自社からの支援が得にくい

SESでは顧客企業の職場で作業を実施する客先常駐となる案件が多く見られます。客先常駐になると、所属元の上司や同僚と会う機会が少なくなるため、支援を受けにくくなってしまう場合があります。案件によっては、一人で客先に向かう場合もあり、上位者から技術的な指導やキャリアに関するメンタリングを受ける機会が得られません。

SESのエンジニアは、自社に所属している感覚が得られず、チームとして技術的なノウハウを蓄積する習慣が持ちにくくなってしまう恐れがあります。

職場環境が安定しない

人間関係や職場のルール・IT環境を含めて、職場環境は常駐先に依存します。テレワークの採用など、個人の裁量で決められる余地が少なく、割り当てられた案件によっては、職場環境に対する満足度が下がってしまう恐れがあります。

指揮系統は所属元にありますが、実態として開発プロジェクトを進めるなかで常駐先から業務指示がなされるケースもあります。想定していなかった作業が依頼された場合、その調整に労力をさかなければなりません。また、数か月ごとに案件が変わる場合もあり、常駐先へなじむのに労力を感じる人もいます。

3. SESを辞める際の懸念点

配属されたプロジェクトに忙殺されていると、常駐先と所属元の双方に影響があることから、退職に不安を覚える人も見受けられます。以下では、SESを辞める際によくある懸念点について解説します。

辞めるタイミング

SESでは、有期のプロジェクトに配属されるため、プロジェクト途中で退職を申し出ることに罪悪感を覚える人も見受けられます。辞めたあとの状況が気になってしまうという人もいるでしょう。

しかし、プロジェクトは長期にわたって続く場合もあり、辞めるタイミングとプロジェクトが完了するタイミングを一致させるのは困難です。引き継ぎや人員確保の時間を考えて、前もって退職の意思を伝えれば、退職時のトラブルは避けられます。

誰に伝えるか

SES契約でプロジェクトに入っている場合、常駐先と所属元企業の双方の事情を考慮する必要があります。退職を誰に申し出るかを迷った場合は、SESにおいて指揮系統は所属元にあるため、まずは所属元の上長と話すとよいでしょう。代替の人員確保を含め、SES企業側が常駐先と調整する流れとなります。

退職理由

一般的には、退職理由を細かく説明する必要はありませんが、退職の意思が明確でないと引き止めに合ってしまう場合もあります。現職における不満を述べるよりも、前向きにキャリアアップしたいという意欲を伝えれば、周囲も支援してくれる可能性が高まるでしょう。

所属した期間

SES企業に所属するエンジニアのなかには、「一年で辞める」「半年で辞める」といった希望を持つ人もいます。それは、就職前の期待と実際の業務内容や職場環境に齟齬が生じ、不満を抱くためです。一般的に、ひとつの企業での就労期間が短すぎたり、プロジェクト途中で辞める頻度が多すぎたりすると、次の転職時にその理由を聞かれることがあるため、あまり推奨されません。

常駐先に問題があるのなら、すぐに辞めるよりも、所属元と交渉して、職場環境の改善を求めるのが望ましいです。

4. SESを辞めたいと感じたときの対処法

SESを辞めたいと感じたときは、SES企業の利点に目を向けつつ、前向きなキャリアアップを目指すことが推奨されます。たとえば、大手SIerに転職したければ、必要なスキルを身につけるところから始めてもよいでしょう。以下では、SESを辞めたいと感じたときに取るべき対処法を解説します。

ITスキルを身につける

SES企業は様々な企業や技術に触れられるメリットがあるため、各案件での経験を着実にスキルとして身につけるようにしましょう。特定の業界・業務・技術に対する実務経験は、転職の際にも高く評価されます。定期的に過去のプロジェクトを振り返り、自社以外にも説明できるよう準備を進めます。また、PHPやPythonといった需要のある技術に興味がある人は、関連した案件に配属されるよう、所属元の上司と相談する方法もあります。

新卒や未経験からSES企業へ入社し、スキル不足を感じている場合は、業務以外にも自主的に学習するのが望ましいでしょう。資格取得やオンラインコースの受講を通して、最新のITスキルを獲得できます。転職する・しないに関わらず、身につけたITスキルは将来のキャリアアップに役立ちます。

異なる業態から情報収集する

同じIT業界でも、業態が異なれば働き方も変わってきます。自身のキャリアプランを考える上でも、他の業態について深く理解できれば、自分にあった環境が見つかるかもしれません。SES企業から配属される案件では、SIerで働くエンジニアや、顧客企業に所属する社内SEと触れる機会もあるでしょう。

その仕事ぶりを観察したり、話を聞いたりして、異なる業態での仕事の進め方について理解を深めることが推奨されます。現在のSES企業との違いを理解した上で、転職する・しないを決断すると良いでしょう。

キャリアプランを明確にする

現在の労働環境のどこに不満があるかを明確にして、それを解決する次のステップを選択しましょう。たとえば、案件の内容が毎回異なっていて、扱う技術や職場環境が変わってしまうのが不満であれば、社内SEを目指すキャリアが考えられます。

あるいは、上流工程に携わりたいのであれば、SIerが合っている可能性が高いです。転職活動でも聞かれる内容のため、情報収集を続けるなかで、キャリアプランを明確にしましょう。

関連記事:「SIerを辞めたい」ときに考えるべきこと|転職理由や転職先の選び方

5. SESからの転職先

SESから転職する際に、転職先として検討できる業態について解説します。

SIer

顧客企業の情報システム開発プロジェクトに入り、異なる業界・業務・技術を経験していきたい人には、SIerが適しているでしょう。SES企業とは異なり、要件定義を含めた上流工程に携わったり、案件全体を統括するプロジェクトマネージャーに進んだりなど、キャリアの可能性が広がる点もメリットです。

ただし、中小規模のSIerでは、大手SIerから一部の開発作業を受託する下請け構造にあるため、SES企業と似た状況に陥る懸念もあります。

Web系企業

エンジニアとして身につけた技術力を活かしたいのであれば、自社サービスを開発・運用するWeb系企業が推奨されます。その会社が運用するECサイトや各種Webサービスに興味を抱き、ユーザーの使い勝手やビジネスの成長に貢献したいと考える人に向いた環境です。

サーバーサイドエンジニアやフロントエンドエンジニアといった職種に進み、実務経験を通じてスキルを高めていけるでしょう。Web系企業の場合、転職で入社する人材に求められるスキルが比較的高いため、過去の案件でスキルを発揮してきた旨をアピールする必要があります。

IT業界以外の企業における社内SE

IT以外の業種で、社内システムの企画や開発・運用を手掛ける社内SEのキャリアパスもあります。社内SEの仕事には、自社のIT環境の運用や、開発を委託する会社の管理、社内ヘルプデスクなど、様々なものが含まれます。特定の業界について専門性を磨き、安定した環境で仕事に取り組みたい人に適しているでしょう。一方で、プログラミングを含めた技術力を活かしたい人にとっては、力を発揮する場面が少なくなる恐れもあります。

他のSES企業

他のSES企業であっても、現在抱えている不満を解消し、キャリアプランを実現できる場合もあるでしょう。転職先としては、興味深い案件を抱え、エンジニアに対する支援が手厚いSES企業が望ましいです。配属された案件で成果を上げていけば、SES企業のなかでもキャリアアップしていくことは可能です。

6. SESから転職する際に身につけておくべきスキル

転職活動を有利に進めるためにも、必要なスキルを獲得し、それを実務で証明するのが望ましいです。以下では、SES企業から、いずれのキャリアに進む場合でも、身につけておきたいスキルについて解説します。

ITスキル

新卒や未経験でSES企業へ入社した場合や、文書作成を含めた雑務が割り振られるケースが多かった場合、転職先の企業が求める水準のITスキルが身についていない可能性があります。そのため、転職を検討し始めるのに合わせて、書籍やプログラミングスクールを通じて、最新のスキルを獲得することが推奨されます。

また、基本情報技術者や各種ベンダーが展開する資格の取得を通じて、総合的な知識を得る方法も良いでしょう。

学習能力

変化の激しいIT業界では、常に新しいプログラミング言語やツールが開発されています。新たなトレンドに目を向け、能動的に学習を深める習慣をつけましょう。たとえば、複数のプログラミング言語を習得すれば、配属される案件の幅が広がり、より良いプロジェクトに巡り合える可能性が高まります。継続的に学習を続けるエンジニアは、高い評価を得られる傾向があります。

コミュニケーションスキル

チームで作業する場面が多い情報システム開発のプロジェクトでは、コミュニケーション能力が欠かせません。SESでは特定の開発工程に関して作業を行うことが多いですが、SIerやWeb系企業など他の業態では、多様な利害関係者と仕事を進めるケースもあり、コミュニケーションの重要性は増していきます。普段の仕事から、作業内容や納期などの調整・交渉を積極的にとるようにしましょう。

7. SESから転職するためのステップ

最後に、SESから転職するための具体的なステップについてまとめました。

1.スキル・経験の棚卸し

これまで参加した案件を振り返り、発揮したスキルをまとめます。プログラミングに関連した技術にとどまらず、開発プロジェクトで携わった業界・業務、あるいはコミュニケーション能力のようなソフトスキルも含まれます。履歴書・職務経歴書の作成や、面接といった今後の転職活動に必須のステップです。

2.キャリアプランの見直し

現状のSES企業における不満や、これまでに身につけたスキル、そして、これからやりたいことを踏まえ、キャリアプランを明確にします。どのような業態で、何の職種につきたいのかを具体的に検討しましょう。そして、保有するスキルや経験と、目標とする職種にギャップがないかを確認します。スキル不足であれば、それを習得できるよう、現実的な目標を立てる必要があります。

3.求人の調査と応募

転職情報サイトなどを活用し、キャリアプランに合致した求人を探します。SES企業から異なる業態や職種へ移る場合には、転職の難易度が上がるため、複数の企業へ応募し、根気強く転職活動を続ける必要があります。転職エージェントを利用し、職務経歴書やキャリアプランについてフィードバックを受けながら、転職の戦略を見直していく方法もおすすめです。

4.内定と退職手続き

転職先から内定を得たあとで、現在の企業での退職手続きをとるのが望ましいです。辞めたあとには、所属元のSES企業と常駐先の企業で調整が必要となるため、トラブルを避けるためにも、急に辞めるのではなく適切な手続きをとって進めなければなりません。1か月前に退職の意思を告げるなど、定められている就業規則を事前に確認しましょう。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

人気の求人特集

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

SIerの求人・転職一覧