新型コロナウィルスの感染拡大防止にあたりご確認ください

新型コロナウィルスの感染拡大防止の為、一定期間はお電話でのカウンセリングをご案内させていただきます。

みなさまの安全に配慮し、発熱や風邪の症状がある、海外渡航歴がある場合にも、電話カウンセリングをお願いしております。それ以外の方でも、交通機関での移動にご不安を感じられる方は同様に電話カウンセリングも可能でございます。一人一人に合った支援をさせていただきますので、ご希望がございましたら登録後カウンセリングに進む際にお申し付けください。

転職エージェントをうまく利用して納得のいく転職を転職エージェントとは?メリットや選び方などを解説

今や転職活動では一般的となった転職エージェントの活用。ですが「転職サイトと何がちがうの?」「自分で求人に応募すればいいんじゃないの?」といった疑問を持つ人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、転職エージェントの仕組みをイチから解説していきます。

 

目次
1. 転職エージェントとは
・転職サイトと転職エージェントとの違い
・転職エージェントの種類
2. 転職エージェントのビジネスモデル
・なぜ0円で利用できるのか?
・採用側のメリットは?
3.転職エージェントのメリット
・内定獲得率の上昇
・出会える求人の豊富さ
・非公開求人への応募
・転職活動の省力化
・条件交渉の代行
・市場価値の把握
・募集ナシの企業への応募
・マッチング精度の高さ
4.転職エージェントのデメリット
・利用期間に制限があるサービスも存在
・エージェントによって保有している求人が異なる
5.転職エージェントを選ぶ際のポイント
・複数のエージェントに登録する
・キャリアアドバイザーとの相性を見る
・独自サービスの有無にも注目
6.転職エージェント利用時のポイント
・経歴やスキルにウソをつかない
・自分の意志を大切にする
7.転職エージェント利用の流れ
・カウンセリング
・求人紹介
・応募、面接
・内定、入社

1.転職エージェントとは

転職エージェントは、求人の紹介から面接の手配、給料の交渉などを代行し、転職活動をバックアップするサービスです。ここでは転職サイトとの違いや、転職エージェントの種類について説明します。
 

転職サイトと転職エージェントとの違い

転職サイトを利用した転職活動の場合は、基本的に転職サイト内に掲載されている求人の中から自分で情報を探します。また、転職サイトに職務経歴などを登録することで、企業からのオファーを待つことも可能です。

転職サイトでの転職活動は、「掲載されている企業であれば何社でも応募できる」などのメリットがあり、自分のペースで転職活動をしたい方が利用するケースが多いようです。
 
一方の転職エージェントは、キャリアや実績・経験などに見合った求人を専任のキャリアアドバイザーが紹介します。また求人のピックアップだけなく「履歴書や職務経歴書の書き方、面接対策などのサポートが受けられる」「キャリアの相談に乗ってもらえたり、アドバイスをもらったりできる」「入社後もサポートしてもらえる」などのメリットがあり、初めて転職活動をする方や専門家のアドバイスを受けながら転職したい方などが利用されています。
 
また、企業側の事情で一般には非公開になっている求人を転職エージェントが保有しているケースもあるため、そういった非公開求人へ応募するために転職エージェントを利用する方も存在します。

 

 転職エージェントの種類

転職エージェントには、主に「総合型」と「特化型」と呼ばれるものがあります。特別、どちらが良いというわけでなく、ご自身の転職希望の内容や、今後進んでいきたい方向性に合わせて選択することがポイントです。「総合型」と「特化型」の違いを知っておくことで、効率的に転職活動に役立てることができます。
 

総合型の特徴:求人数が多い

主に、大手企業が運営している総合型転職エージェント。その知名度の高さから、求人掲載の依頼する企業が多く求人数もたくさん揃っています。求人数が多ければ、自分が転職したいと思える企業に巡り会える確率も高くなります。
幅広いジャンルから担当者に相談できるため、転職先のイメージが湧かない方や、自分に適する職種や業界を見つけたい方には最適です。
 

特化型の特徴:業界や職種に特化

特化型の転職エージェントは、専門的な業種や職種の求人が揃っています。また、キャリアアドバイザーの知見が深いため、徹底したサポートを受けられるのが特長です。たとえばIT系やweb系のような専門的な職種・業種での転職では、業界用語や専門用語が通じやすい特化型の転職エージェントの方がスムーズに進むことでしょう。

 

2.転職エージェントのビジネスモデル

転職活動における数々のサポートを無料で受けられる転職エージェント。ここでは求職者が無料で利用できる理由を、転職エージェントのビジネスモデルから解説します。
 

なぜ0円で利用できるのか?

求職者が転職エージェントを無料で利用できる理由。それは「成果報酬型」といった仕組みを採っているためです。

企業が新聞やフリーペーパー、転職サイトなどに求人広告を出す場合、掲載期間に応じた費用が発生します。一方で「成功報酬型」の場合は、企業が求人情報を転職エージェントのwebサイトに掲載するのは無料であり、転職エージェント経由で採用が決まるまでは費用がかからず、採用が決まって初めて費用が発生することになります。

なお、採用決定時に企業が転職エージェントへ支払う報酬は、決定時の求職者の年収の3割前後が一般的と言われています。そのため、年収が高い企業への転職をサポートすることは求職者の利益になるだけでなく、転職エージェント側の利益にもつながります。
 

採用側のメリットは?

採用業務は、自社内だけで行うことも可能です。しかし、採用活動において、自社の求めるスキルやキャリアに合致するような人材を見つけるには、それなりの時間や労力を必要とします。

転職エージェントでは、企業の採用担当者から求める人材像の情報収集を行います。また、求職者の希望やスキルについてもヒアリングを行い、企業と求職者の条件をすり合わせ、適切なマッチングを図ります。そのため、企業側にとっては多数の求職者を選考する手間が減り、転職エージェントがマッチングした確度の高い求職者を選考すればよいというメリットがあります。

また掲載課金型ですと、掲載費用を支払っているにも関わらず求める人材を採用できないというケースも起こり得ますので、その点でも企業側が成果報酬型の転職エージェントを選ぶ理由のひとつになっています。

 

3.転職エージェントのメリット

前段までで、「転職エージェントとはどういったサービスなのか」をざっくりと説明しました。ここからは、求職者が実際に転職エージェントを利用することで生じる具体的なメリットを解説していきます。
 

内定獲得率の上昇

転職活動で大切なことは「何のために転職し、どういうキャリアを実現したいのか」を明らかにすること。これは求職者本人が悔いのない転職を行うためだけでなく、面接などでも頻繁に投げかけられる問いでもあります。ですが転職を考えている方すべてが、明確なキャリアプランに基づき転職活動をスタートしているとは限りません。

その点、転職エージェントを利用すれば、キャリアに関するカウンセリングが受けられるのは魅力のひとつ。キャリアアドバイザーのアドバイスを受けながら、キャリアプランや転職活動の指針を設定することができるのは心強いことでしょう。

また、転職エージェントには多くの求職者をサポートしてきた実績があります。そのため、実際に応募するにあたって、効率的な「履歴書・職務経歴書の添削」「面接対策」などを受けることができます。特に、IT系の企業では選考過程で技術試験が出されることもありますが、そういったケースでも事前に対策が受けられるのは大きなアドバンテージになります。

また、選考に落ちた場合でも企業からのフィードバックをもらえることもあるため、書類選考や面接での対策や応募企業の見直しにつなげることができます。
 

出会える求人の豊富さ

転職エージェントを利用するメリットのひとつが、転職エージェントが保有する豊富な求人の中から求職者に合った求人を紹介してくれるという点。転職サイトを利用して求人に応募する場合、膨大に求人の中から自分でピックアップしなければなりません。企業の採用ページから直接応募するにしても、自分で探さなければならないという点では同様です。

具体的な応募先の目星が付いていれば問題ありませんが、漠然とした転職希望しか定まっていないような状態から求人を探そうとすると、無数に存在する求人情報の前に途方に暮れてしまうかもしれません。応募先の目星を付けたあとも、応募先の情報を自分で収集するというステップが待っています。

転職エージェントを利用した場合、求職者のニーズに即した求人をキャリアアドバイザーが提案するくれるため、「自分では気づかなかった求人」「自分の希望によりマッチした企業」に出会える可能性がアップします。
 

非公開求人への応募

転職エージェントが保有する求人の中には「非公開求人」と呼ばれるものがあり、エージェントにっよっては約8割が非公開求人というケースも。非公開求人へはサービスに登録することで初めて応募ができるため、転職エージェントを利用する意義のひとつといえそうです。

なお求人情報を非公開とする事情はエージェントや企業によってさまざまですが、以下にいくつの例を紹介します。
 

突発的な求人

多くの場合、紙媒体にせよweb媒体にせよ、求人情報が掲載されるまでにはラグが発生します。そのため、欠員や退職等による急な補充の場合は求人が公開される前から採用が行われるため、非公開という形になるのです。
 

応募者の絞込み

人気企業や職種の場合には、求人をオープンにすると多数の応募がくることが予想されます。採用担当者からすれば、無数の応募書類を自分でチェックするよりも、欲しい人材の要件を把握した転職エージェントにピックアップしてもらう方が効率的。そういった事情から、非公開で募集を行うことがあります。
 

新規案件の立ち上げ

新規事業や新商品の開発など、企業が何か新しいことを始める際に募集する職種がその戦略に関わる重要なポジションであった場合、「競合企業に知られないように」といった意味で、大々的に募集をかけることはありません。秘密裏に採用募集を行うためにも、非公開求人という形式がとられます。
 

役員ポジションの採用

企業の役員を募集するということは、その会社にとっても大きな判断が必要になります。一般求人として公開した場合、社員やクライアントに不安を与えたり、今後の事業の動きが競合企業に知られてしまうなどのリスクが生じます。役員の募集が必要な場合は、基本的に非公開求人として情報が掲載されることがほとんどです。
 

転職活動の省力化

転職活動は求人を探したり、企業ごとに書類や情報をまとめたり、面接のスケジュール調整や条件交渉を行うなど、やるべきことがたくさんあります。

特に働きながらの転職活動は、仕事の合間に行わなければならないため大きな負担となります。転職エージェントは企業との各種調整をサポートするため、転職活動の省力化につながります。
 

条件交渉の代行

転職活動では「家族を養うために年収○○万円以上は必要」「スキルアップの時間を確保するために稼働時間が長すぎると困る」といった事情をお持ちの方もいることでしょう。

とはいえ、この手の労働条件に関する希望は、伝え方次第では企業側にマイナスの印象を持たれるおそれもあります。その点、転職エージェントを活用すれば、自分からは切り出しにくい条件交渉も代行してもらえます。
 

市場価値の把握

転職を検討し始めた方の中には「自分の市場価値を知りたい」という思いをもお持ちの方もいることでしょう。

転職エージェントには、求職者と企業とのマッチング実績が多数あるため、求職者の実績や経験から採用ニーズや年収の相場について的確な判断が行えるのです。

加えて、志望企業・業界にとって需要の高いスキルや年収アップにつながるスキル等を事前に知ることも可能です。
 

募集ナシの企業への応募

転職活動をする中で、「応募したい企業が中途採用を行っていない」ということも起こります。ですが、エージェントにその企業へ応募したという希望を伝えることで、企業側へ選考の提案を行ってくれることもあります。

エージェント側が企業側との信頼関係が築けていると、「○○さんの提案だから」と選考がスムーズに進むケースも。
 

マッチング精度の高さ

応募企業の社風や文化といった表に出てこない現場の情報を知ることができるのも、転職エージェントの魅力のひとつ。応募先の事情を十分に理解してから応募できるため、入社後のミスマッチを防ぎやすくなります。

 

4.転職エージェントのデメリット

効率的な転職活動に役立つ転職エージェントですが、覚えておきたいデメリットも存在します。納得のいく転職を行うためにも、ぜひ把握しておくようにしましょう。
 

利用期間に制限があるサービスも存在

転職エージェントによっては、「サポート期間は3ヶ月間まで」といった制限があるところも。そういった利用期間に制限があるサービスでは、「いいところがあれば応募し、そうでなければ様子見をしていきたい」といったスタンスで転職活動をしていきたい方にとっては合わないかもしれません。もちろんサービス登録後は無期限でサポートを受けられるところもありますので、自分に合った転職エージェントを検討しましょう。
 

エージェントによって保有している求人が異なる

大小さまざまな転職エージェントが存在する中で、保有している求人もエージェントによってさまざまです。そのため、利用するエージェントによって出会える/出会えない求人が変わってくることもあります。

 

5.転職エージェントを選ぶ際のポイント

ここでは、多くの転職エージェントの中から自分に合ったエージェントを選ぶ際のポイントをご紹介します。
 

複数のエージェントに登録する

ひとくちに転職エージェントといってもその種類はさまざまで、扱っている求人の種類も転職エージェントによって独自の色があるものです。たとえば、扱う求人の地域もそのひとつ。地方での転職をお考えの場合は、大手だけでなく地方独自の転職エージェントにも目を向けてみましょう。
 

キャリアアドバイザーとの相性を見る

転職エージェントを選ぶ際には、相性のいいキャリアアドバイザーに出会えるかも大きなポイントです。たとえばエンジニアのような職種の場合、担当に付くキャリアアドバイザーが技術的な用語への理解がどこまであるかで、マッチング精度が大きく左右されます。
 

独自サービスの有無にも注目

転職エージェントの中には、履歴書、職務経歴書といった企業に送る応募書類の添削、模擬面接の実施はもちろん、転職にあたってのノウハウなどのセミナーを無料で実施しているところも。中には、応募書類の作成ツールや選考状況の管理ツールなども利用できるところもあるため、転職エージェントを選ぶ際にはどういったサービスがあるかもチェックしてみましょう。

 

6.転職エージェント利用時のポイント

ここでは、転職エージェントを利用する場合に覚えておきたい点をピックアップしてご紹介。納得のいく転職を実現するために、ぜひ頭に入れておきましょう。
 

経歴やスキルにウソをつかない

転職エージェントを活用する際、必ずキャリアアドバイザーとのカウンセリングがあります。その時に注意すべきことは“経歴やスキルにウソをつかない”ということです。無理に経歴やスキルなど登録情報を偽ってしまうと、後々のトラブルの種になります。

担当キャリアアドバイザーから虚偽があると見なされた場合には、「面接には時間通りに行ってくれるだろうか」「入社後にトラブルを起こさないだろうか」などと不安視されてしまうことも。そうすると、公開・非公開問わず優良案件を他の求職者に回されたり、限られた案件しか紹介されない等といった対応を受けるおそれがあります。そのためにも、“等身大”であることが大切であり、転職エージェントを上手に活用するポイントでもあります。
 

自分の意志を大切にする

いろいろと親身になってサポートしてくれる転職エージェントですが、最後に決定を下すのは求職者自身です。たとえば、あまり志望度の高くない企業から内定が出た場合に、キャリアアドバイザーから入社を薦められたとしても、承諾しなければいけないわけではありません。その場合は「他の企業の選考状況を見てから判断したい」といった旨をに伝えるようにしましょう。

 

7.転職エージェント利用の流れ

ここまでで転職エージェントの概要を説明してきましたが、最後に転職エージェントの利用をお考えの方に向けて、レバテックキャリアでのご利用の流れを例にご紹介いたします。
 

カウンセリング

サービスに登録した内容をもとに、キャリアアドバイザーがカウンセリングを実施します。キャリアアドバイザーは、あなたのキャリアやスキルの棚卸し、最適なキャリアプランの提案、職務経歴書の書き方、強みや特性・転職目的の明確化、転職すべきかどうかの相談など、キャリアにまつわるあらゆる相談に乗ります。

カウンセリングはレバテックキャリアのオフィスで行うこともあれば、電話相談で行うこともあります。

カウンセリングは私服でOK

カウンセリングは採用面接ではないので、スーツなどのかしこまった服装である必要はなく、普段どおりの私服で問題ありません。
 

求人紹介

カウンセリングの後、キャリアプランやスキル、志向性などに合わせて求人を紹介します。仕事の内容だけではなく、福利厚生や今後のキャリアパス、社風、風土、職場の雰囲気など、さまざまな情報から応募先の企業を決めることができます。
 

応募・面接

応募する求人が決まったら、履歴書・職務経歴書といった応募書類の作成を行います。ご希望があれば書類の作成や面接対策などのアドバイスもいたします。また、面接当日にうまくアピールできなかった場合でも、レバテックキャリアの担当者が求職者の強みを企業側にお伝えします。その他、入社時期の調整や年収、労働時間などの交渉も担当者から行いますのでご安心ください。
 

内定・入社

現在の勤務先からの円満退職に向け、書類作成やその他のフォロー、アドバイスを行います。入社後に関してもご自身の現状をヒアリングいたしますので、不安なことや疑問があれば遠慮なくご相談ください。
 
「仕事」は人生を豊かにしていくため、充実した生活を送るためにかけがえのないものです。レバテックキャリアでは、ご自身が理想的なライフワークを送るための転職活動や、キャリアアップを図るために全力でサポートいたします。
ぜひ、あなたに合った素敵なお仕事探しを一緒にしていきましょう。

レバテックキャリアで転職活動のサポートを受ける

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

無料サポート登録簡単30秒

【厚生労働省】職業紹介事業許可番号(13-ユ-308734)

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • 次のstepで入力すると返事が来る!
  • プロフィール入力すると返事が来る!
  • ご希望の条件を選択してください

    ご希望の勤務形態

    必須

    ご希望の勤務地

    任意

  • プロフィールをご入力ください!必須入力項目はこのページで終わりです。

    氏名

    必須

    氏名かな

    必須

    生年月日

    必須

    電話番号

    必須

    メールアドレス

    必須

  • スキルシート・ポートフォリオをお持ちの方はアップロードしてください

    スキルシート

    任意

    提出しておくことで
    迅速なご紹介が可能に!

    職務経歴書

    ドラッグアンドドロップ or ファイルを選択 選択されていません

    履歴書

    ドラッグアンドドロップ or ファイルを選択 選択されていません

    スキルシートを確認しています...

    スキルシートを確認しています...

    ※ファイルは5MB以下で対応するファイル形式 ? でアップロードしてください
    Microsoft Office .xls .xlsx .doc .docx .ppt .pptx
    KINGSOFT Office .xls .xlsx .doc .docx .ppt
    iWork .numbers .pages .key
    LibreOffice .ods .odt .odp
    OpenOffice .ods .odt .odp
    その他 .pdf

    ポートフォリオURL

    任意

    ?

    ポートフォリオとは主にクリエイターの方が自己PRのために過去の作品や制作実績をまとめた作品集の事です。

    ポートフォリオをWeb上で公開されている方はそのURLを、データでお持ちの方は作品データをアップしたURLを入力してください。

    ※データをアップされる場合は、保存期間や容量制限の少ないGoogleドライブを推奨しています。

    その他ご要望

    任意

  • 下記の内容をご確認いただき問題ないようでしたら、送信してください

    プロフィール入力すると返事が来る!

    • ご希望の勤務形態 必須

    • ご希望の勤務地 任意

      第一希望:
      第二希望:

    • 氏名 必須

    • 氏名かな 必須

    • 生年月日 必須

    • 電話番号 必須

    • メールアドレス 必須

    • 職務経歴書 任意

    • 履歴書 任意

    • ポートフォリオURL 任意

    • その他ご要望 任意

    個人情報の取り扱い 」と「 利用規約 」に同意の上、 『同意して登録する』 ボタンをクリックして下さい。

プライバシーマーク

レバテック株式会社は「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。
個人情報の秘密は厳守します。ご入力いただいた情報は許可を頂くまで求人企業に公開することはありませんので、ご安心ください。

申し込みに関するご注意
以下の方は弊社の事業基盤、求人動向から、ご提案のご連絡までお時間をいただく可能性があります。ご了承ください。
IT業界、または希望職種が未経験の方
レバテックキャリア対象エリア以外での勤務地、また在宅での作業を希望される方