年収・ポジションだけではない!ITベンチャーへの転職を成功させるためのポイントベンチャー転職のメリット・デメリットは?エンジニア向けに解説

最終更新日:2020年9月8日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

ベンチャー企業への転職は、「技術力とポジションの向上」を両立させるチャンスです。しかし、社風や経営方針が肌に合わず、転職を繰り返してしまう可能性もあります。ベンチャー企業は、社風や経営トップの理念などが「働き方」とダイレクトにつながるため、転職前に入念なリサーチを行うべきです。ここでは、エンジニアがベンチャー企業に転職する際に知っておくべきメリット・デメリット・失敗を回避するためのポイントなどを解説します。

1. ITベンチャーへの転職によるメリットとデメリット

まず、ITベンチャーに転職することのメリットとデメリットを解説します。

メリット

年収、ポジションを上げやすい
大手企業での勤務経験を活かし、ベンチャー企業に転職するというパターンは、IT業界でも王道のひとつといえるでしょう。特に大手SIerや事業会社のIT部門などで比較的大規模なシステム開発・運用・保守業務で実力を付けると、年収・ポジションともに向上する場合があります。成長期のITベンチャーは、「大手企業と対等に付き合えるだけの人材力」を欲していることが多く、要件を満たすコア人材に対しては、大手企業以上の待遇を提示する傾向にあるからです。

「働きやすさ」が向上しやすい
ITベンチャーは、「勤務時の服装」や「勤務時間」が柔軟である場合が多いです。大手企業に比べ、安定性やネームバリューで劣るかわりに、「働きやすさ」というメリットを提示しているケースも多く見られます。また、勤務時間についてはテレワークや在宅勤務制度などを積極的に活用し、「成果さえ出していれば出社時間は最低限でも構わない」というスタンスをとる企業もあります。開発業務に従事するエンジニア職は、特にその傾向が強いと言えるでしょう。

技術特化型でも歓迎されやすい
ITベンチャーは、アイディアや技術力・先進性などを成長の原動力にするケースが多いです。そのため、「純粋に技術が好き」というタイプのエンジニアと親和性が高いといえます。技術を愛するエンジニアであれば「コミュニケーション能力やドキュメンテーション能力などが評価され、技術の磨き甲斐が無い……」といった不満を解消できるかもしれません。また、技術力の高さがポジションや年収に向上につながりやすいことも、メリットのひとつでしょう。

「年次」よりも「実力」で昇進しやすい
ベンチャー企業は、大手企業を中心に根強く残る「年功(年次)序列」を採用しない傾向にあります。したがって、創業初期のメンバー以外は、「完全実力主義」「スキル・経験で評価」という評価制度を敷くことが多く、在職年数や年齢にかかわらず、昇給・昇進を目指しやすいと言えます。

「実績」がない技術にも挑戦しやすい
大手企業は「前例」や「実績」を重視する傾向がみられます。一方、ITベンチャーでは「目新しさ」「先進性」「挑戦心」などがブランド力を形成する一要素であり、実績や前例が乏しい技術でも採用される場合があります。前例にとらわれず新しい技術に挑戦できることは、エンジニアのスキルを向上させる絶好の機会です。

デメリット

創業期は人事評価制度が不透明
ベンチャー企業は、創業初期の人材調達を「コネ」や「人脈」に頼ることが多く、一般的な求人募集を行うケースは稀です。この時期は、おおまかな報酬体系を周知するだけで業務が回るため、大手企業のように「昇進・昇給の条件」「評価ポイント」などが定量化されていない可能性があります。評価制度が機能していなかったり、最終的な人事評価の判断基準が曖昧であったりすると、評価に納得できず、再度転職を志すケースもあるようです。

経営基盤の弱さ
ベンチャー企業の多くは、大手・老舗企業と比べて経営基盤が弱い傾向にあります。大手企業であれば、多少の経営不振は内部留保や資金調達で乗り切り、給与体系を維持することも可能です。一方、ベンチャー企業は、市場の些細な変化で経営不振に陥るリスクがあることから、入社のタイミングによっては年収が数年間にわたって据え置かれるリスクもあります。

人材の質が一定ではない
創業初期は少数精鋭で運営していたベンチャー企業も、事業の拡大とともに増員を開始します。しかし、安定性・知名度・企業ブランドなどは大手企業に一歩及ばないため、「人材獲得の競争力」が高まるわけではありません。

こうした状況で「質」よりも「数」を重視した結果、人材の質にばらつきが出てしまう可能性があります。人材の質にバラつきがあると、社内連携やコミュニケーションの精度が低下し、業務の進行に支障がでたり、属人化が進んだりというデメリットの温床になるかもしれません。

2. ITベンチャーは「激務」なのか?

次に、ITベンチャーの「激務」について解説します。現代のITベンチャーは必ずしも激務とは言えない状況にあります。その理由は、次のとおりです。

「業務負荷」は企業規模と比例しない

業務負荷の高さは、業務効率化の具合やトップの考え方、プロジェクトの工数・納期に左右されるものです。したがって、企業規模とは直接関係がありません。小規模なITベンチャーでも、非効率な業務の排除やライフワークバランス施策を重視し、残業時間を「1~2時間程度」に留めている企業は少なくないのです。

ルールが曖昧なことで戸惑うケースも

ベンチャー企業では、自由度の高さや柔軟性を重視する反面、報連相の順序や責任の所在が曖昧なまま、業務を進行していることがあります。こうした状況下では、「障害対応から顧客対応まで、エンジニアが全て抱え込まなくてはならない」といった状態に陥るリスクがあります。その結果、コア業務以外の雑務が増え、激務に繋がる可能性も否定できません。

3. ITベンチャーへの転職を成功に導くポイント

これまでの内容を踏まえ、ITベンチャーへの転職を成功に導くためのポイントを紹介します。

社風・経営トップの理念を入念にチェックする

前述したように、「大手企業⇒ITベンチャー」という転職は、ポジション・年収ともに向上させやすいパターンです。しかし、社風や経営トップの理念になじめず、短期での離職・転職につながりやすいというリスクもあります。成長度合いが高いベンチャー企業ほど経営トップの影響力が強いため、トップの考え方と自身の志向がマッチしているかを入念にチェックすべきです。

「権限の拡大」に対応できるかを自己診断する

ITベンチャーでは、一定以上の実力を持つ人材を短期間で昇進させる傾向にあります。昇進とは「権限の拡大」を意味するため、判断・意思決定・マネジメントに関する業務が増えていきます。

こうした権限の拡大についていけず、逆にストレスをため込んでしまい、退職に至るリスクもあるわけです。自身の性格傾向や適性を分析し、「技術者として事業に貢献したい」のか、「人を率いる立場を目指したい」のかをはっきりさせたうえで、転職に臨むようにしましょう。

コアスキルは可能な限り磨く

ITベンチャーは「コアスキル」が明確かつ高水準であるほど、待遇が向上しやすい傾向にあります。これは大手企業でも同様ですが、ITベンチャーのほうが年収やポジションの上昇幅が大きいのです。年収・待遇を重視する場合には、「選択と集中」を意識してコアスキルを徹底的に磨くことで、転職活動を有利に進められます。

「吸収」が不得意ではないか判断する

一部のITベンチャーでは、一般的に馴染みのない(実績・前例がない)技術を取り入れる傾向にあります。つまり、「新しい技術の吸収力、耐性」を求められるわけです。既に身に着けているスキルをベースとしつつも、新しい技術の習得に積極的である人材は評価の対象になるでしょう。逆に、保守的・前例主義であると、ITベンチャーには馴染みにくいかもしれません。「吸収が不得意ではないこと」は、ITベンチャーへ転職した後の満足感を左右する大きな要素です。

4. まとめ

エンジニア職にとってベンチャー企業への転職は、「技術力とポジションの向上」を両立させる機会になり得ます。しかし、ベンチャー企業の社風に合わず、転職を繰り返してしまうケースも少なくありません。ベンチャー企業では、転職先候補となる企業の社風や経営トップの理念などが「働き方」とダイレクトにつながるため、事前に入念なリサーチを行ったうえで転職活動を行うことが重要なポイントです。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

ベンチャー企業の求人・転職一覧