社内SEとヘルプデスクの仕事内容や必要なスキル、キャリアパス、将来性などを解説社内SEとヘルプデスクの違い

最終更新日:2020年9月2日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

IT系で未経験者応募可能の求人が比較的多く見られる職種に、社内SEとヘルプデスクがあります。これらの職種では、仕事内容や求められるスキル、将来性にどのような違いがあるのでしょうか。この記事では社内SEとヘルプデスクの違いを、仕事内容や求められるスキル、キャリアパス、将来性などの観点から解説します。

1. 社内SEとは

まず、社内SEの概要について解説します。

社内SEの仕事内容

社内SEの仕事内容は、主に自社システムの開発・運用・保守、およびソフトウェアのライセンスやパソコン、ネットワーク機器など社内のIT資産の管理です。また、社内の業務改善やコストダウンなどを目的にITシステムの導入・入れ替えの提案も行います。システム導入時に自社にノウハウが不足している場合は、外部に委託するケースも多く、その場合はベンダーの選定や管理も担当します。

社内SEに求められるスキル

社内SEは、非常に広範なIT知識とスキルが必要です。技術領域では、プログラミングスキルやネットワーク、OS、サーバーを扱うスキル、業務アプリケーションについての知識が求められます。ビジネススキル領域では、予算管理やベンダー管理、資産管理といったマネジメントスキルや提案力や企画力も求められます。そのため、「未経験OK」の求人があったとしても、それは社内SE職が未経験でも応募可能という場合がほとんどで、「社会人未経験」や「エンジニア未経験」の求人は多くはありません。

社内SEの年収

社内SEの年収は、400~700万円程度が一般的です。同じ社内SEという職種でも、業界によって年収が大きく異なる事があります。例えば、インターネット企業やベンチャー企業などはIT人材の評価が高く、年収が他の業界より高くなるケースもあります。

社内SEのキャリアパス

社内SEの代表的なキャリアパスは、大きく分けて2つあります。ひとつは、社内SEとしてスキルを磨き、部署(システム系事業部、総務部など)のリーダー、マネージャー職へのキャリアアップです。もうひとつは、ITコンサルタントやプロジェクトマネージャー、インフラエンジニアやデータサイエンティストなど、他のIT職種へキャリアアップする選択肢があります。

社内SEの将来性

IT社会において、今後も社内システムの開発・運用・保守を担う社内SEは高い需要があるとされています。求められる技術スキルは時代に応じて変化しますが、需要がなくなる可能性は現時点では低いでしょう。

2. ヘルプデスクとは

次に、ヘルプデスクの概要について解説します。

ヘルプデスクの仕事内容

ヘルプデスクの仕事内容は、社内におけるシステムやOffice製品、PC、複合機、業務システムなどの使い方に関する問い合わせ対応や、自社が外部に対して提供しているサービスに対する、顧客からの問い合わせ対応などです。これらの問い合わせに対し、ヘルプデスクで対応できない場合は専門技術者や責任者にエスカレーションします。

ヘルプデスクに求められるスキル

Office製品やPC、業務システムなどの基本的な操作スキルが求められます。業務システムに関しては、採用後に研修期間が設けられているケースが一般的なため、スキルがなくてもヘルプデスクを目指すことができます。また、ビジネスマナーやコミュニケーションスキルも重要視される傾向があります。

ヘルプデスクの年収

ヘルプデスクの年収は、350~500万円程度が一般的です。ヘルプデスクのメンバーを管理したり、業務フローの立案や修正などを対応したりするマネージャーになると500万円以上の年収となることもあります。

ヘルプデスクのキャリアパス

ヘルプデスクのキャリアパスは、マネージャー職へのキャリアアップやヘルプデスク立上げ専門のコンサルタント、社内SEやインフラエンジニアなどへのキャリアチェンジが選択肢となるでしょう。ヘルプデスクの業務は、スタッフの管理やヘルプデスク業務の設計といった上流業務から、問合せ対応やマニュアル更新といった下流業務まで幅広くあります。上流業務の経験を多く積むことで、マネージャーやコンサルタントへのキャリアアップを目指せるでしょう。

また、下流の業務では、サーバーやネットワーク、業務システムに関する知識とスキルを習得しやすいため、社内SEやインフラエンジニアといったエンジニア職へのキャリアアップも視野に入ります。

ヘルプデスクの将来性

ヘルプデスクの需要は、AIやチャットボットなどの進化に伴い、中長期的には減少していくと考えられています。3〜5年程度で極端に需要が減少することは考えられませんが、他の職種へのキャリアチェンジを視野に入れておく必要があるでしょう。

3. 社内SEとヘルプデスク、どちらを目指せばよいか

ここでは、社内SEとヘルプデスク、どちらを目指すべきか考察します。

求められるスキル(就職のしやすさ)から考えてみる

就職のしやすさの観点では、ヘルプデスクの方が低いスキル要件のため、社内SEより目指しやすい職種といえるでしょう。ただし、ビジネスマナーやコミュニケーションスキルが求められる職種であるため、これらのスキルを高めておく必要があります。
 
一方、社内SEは即戦力が求められるケースが多く、エンジニア未経験から社内SEを目指すのは現実的ではありません。まずはエンジニアとしてシステム開発の上流から下流までを一通り経験し、併せてIT系の資格取得も行いながら、社内SE へジョブチェンジを目指すのがよいでしょう。取得すべき資格としては、基本情報技術者試験やORACLE MASTER、Linux技術者認定試験などが挙げられます。
 
社内SEはスキル習得のハードルは高いですが、年収がヘルプデスクより高い傾向があったり、人材不足で募集が多かったりといったメリットもあります。近年は、エンジニア職の人材不足が顕著なため、以前よりも採用の間口は開かれてきていますが、即戦力として業務に対応できるだけのIT知識とスキルが必要となるのです。

キャリアパスから考えてみる

ヘルプデスクは、マニュアルに沿った定型的な業務が多く、扱うシステムやツールの範囲が決まっているケースが一般的です。
 
また、職務上の権限も限られていることが多いため、キャリアアップを視野に入れてヘルプデスクを目指す場合は、身につけたいスキルに関する業務経験が積める会社を選ぶことが重要です。つまり、就職先をしっかり選ばないとキャリアアップに支障が出てしまう可能性があります。
 
また、派遣契約や業務委託契約の場合は、スタッフの管理や業務設計といったマネジメント業務に携われないことも多いため、就職時の契約形態にも注意する必要があります。マネージャーやコンサルタントを目指すのであれば、正社員採用を目指しましょう。企業にもよりますが、早ければ5年程度でマネージャーにキャリアアップすることも可能です。
 
社内SEは、インフラエンジニアやITコンサルタント、プロジェクトマネージャー、ブリッジSE、データサイエンティストなど、キャリアパスの選択肢が非常に広いという特徴があります。そのため、社内SEとして経験を積んだ後、これらの職種へキャリアチェンジすることも可能です。
 
ただし、注意点もあります。社内SEは企業によって業務内容が大きく異なるため、社内SEとして転職する際にも、目指すキャリアパスに直結する経験を積める職場を選ぶことが大切です。また、社内SE業務だけでは上記職種に求められるスキル・知識をすべて習得することが困難なため、スクールや資格制度を活用しながら自己研鑽する必要もあるでしょう。

4. まとめ

この記事では、社内SEとヘルプデスクの違いを仕事内容や求められるスキル、キャリアパス、将来性などの観点から解説しました。どちらの職種を目指すべきか、既存スキルや経験、描いているキャリアパスなど、さまざまな観点から考える必要があります。求められるスキルや需要の移り変わりが早い職種でもあるため、トレンドのキャッチアップを随時行いながら、キャリアパスを設計することも大切です。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

社内SEの求人・転職一覧