社内SEの仕事に役立つ技術系資格やマネジメント系資格、IT戦略系資格について解説社内SEの仕事に役立つ資格

最終更新日:2020年9月17日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

社内SEは、IT企画やシステム開発、ネットワークやサーバーの構築・運用・保守、ヘルプデスクなど幅広い業務を担当します。社内SEの仕事に役立つ資格は多くあるため、現在の仕事内容や将来のキャリアパスなどから取得する資格を選ぶことが大切です。
この記事では、社内SEの仕事に役立つ資格を技術系、マネジメント系、IT戦略系の3つに分類して解説します。

1. 社内SEの仕事内容と資格の種類

まず、社内SEの仕事内容と関連する資格の種類を解説します。

社内SEの仕事内容

社内SEの仕事は大きく3つに分けられます。

IT企画
経営戦略の実現・実行のためにITを活用してどのような施策を行うか立案します。
具体的には、社内課題の整理や課題解決アプローチ、予算策定、投資対効果の算出、プロジェクトの進め方などの調整を行います。

社内システムの構築・運用・保守
自社の業務を支援するシステムの構築、運用、保守を行います。対象は、業務システムなどのソフトウェア、ミドルウェア、ネットワーク、サーバー、PC、複合機など多岐に渡ります。企業やプロジェクトによっては外注し、社内SEはベンダーマネジメントのみを行う場合もあります。

問合せ対応 (ヘルプデスク)
社内システムやパソコンの使い方などのヘルプデスクとして、社員からの問合せに対応します。

関連資格の種類

社内SEが持っておきたい資格は大きく3つに分けられます。

・技術系の資格
技術系は、サーバーやネットワーク、セキュリティ、プログラミングといった技術領域の知識・スキルの習得に役立つ資格です。

・マネジメント系
マネジメント系は、進捗管理や課題管理、リソース管理などプロジェクトを成功させるために行うさまざまなマネジメント業務に関する知識・スキルの習得に役立つ資格です。

・IT戦略系
IT戦略系は、マネージャーや経営層の視点を持ち、戦略の立案や実行に必要な知識・スキルの習得に役立つ資格です。

2. 技術系の資格

ここでは、技術系の資格について解説します。
技術系の資格は、SEに求められる基礎スキルを証明するものと、ネットワークなど特定の領域に特化してスキル証明するものに分類できます。

基礎スキルを証明する資格

IPAが運営する「基本情報技術者試験」と「応用情報技術者試験」が挙げられます。多くの企業でこれらの取得を推奨しており、SEの登竜門的資格として認知されています。
問われる内容は、数学や通信といった基礎理論やアルゴリズム、コンピューターの仕組み、データベース基礎、ネットワーク基礎、セキュリティ基礎、ソフトウェア開発理論、プロジェクトマネジメント、IT戦略と非常に幅広く出題されます。SEに求められる幅広い知識、スキルの習得に役立つでしょう。

特定領域のスキルを証明する資格

応用情報技術者試験より高度な知識・スキルを証明する資格として、特定領域に特化した試験も提供されています。これらの試験は論述試験もあるため、実務経験を経てからの受験が一般的です。

システムアーキテクト試験
システム開発の上流工程を主導する際に必要となる、要件定義スキル、システムのグランドデザイン設計スキル、アーキテクチャ設計スキルなどを身につけることができます。

ネットワークスペシャリスト試験
ネットワークの設計や構築、運用、保守、セキュリティなど、ネットワークに特化して高度なスキルを問われる試験です。ネットワークエンジニアに求められる上流工程のスキルを身につけるとこができます。

情報処理安全確保支援士試験
サイバーセキュリティに関する専門知識とスキルを持ち、セキュリティ対策の観点からシステム開発や運用、保守するスキルを問われる試験です。社内SEとして企業のセキュリティ対策に携わることも多いため、セキュリティスキルの習得に役立つでしょう。

データベーススペシャリスト試験
データベースの設計や構築、チューニングなどのスキルを問われる試験です。
特定ベンダーのデータベース製品に関する内容は出題されませんが、世界標準のデータベーススキルを学ぶことができます。

その他ベンダー試験(オラクルマスター・シスコ技術者認定・AWS認定)
ネットワークやデータベースなど、各種製品に特化した資格試験があります。中でも、シェアが高い製品の資格を取得していると高い評価を得ることができます。
具体的には、データベース資格であるオラクルマスター、ネットワーク資格であるシスコ技術者認定、クラウド技術資格であるAWS認定などが有効です。

3. マネジメント系の資格

次にマネジメント系の資格を解説します。
リーダー職以上を目指すにはマネジメントスキルが必須です。ここで紹介する資格を活用してマネジメントスキルの習得を目指しましょう。

プロジェクトマネージャ試験
IPAが主催する試験で、プロジェクトマネジメント全般知識を問われます。進捗管理、リソース管理、課題管理、リスク管理、品質管理など幅広い領域の知識を身につけることができます。

PMP(プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル)試験
PMI協会が運営するプロジェクトマネジメントスキルを証明する資格です。PMBOKと呼ばれるグローバルスタンダードのプロジェクトマネジメント手法がベースとなっており、海外でも通用する資格です。

PMJ-A(プロジェクトマネジメントアソシエイト)試験
PMO協会が運営するプロジェクトマネジメントの基礎知識を証明する資格です。プロジェクトマネージャ試験やPMPと比較して難易度が低いため、はじめてプロジェクトマネジメントを学習するエンジニアに向いています。

PMO(プロジェクトマネジメントオフィス)認定スペシャリスト
PMO協会が運営する、PMOに求められる知識を証明する試験です。
PMOとは自社などの組織内におけるそれぞれのプロジェクトを横断してマネジメント支援することで、会社全体のプロジェクトの成功率を高める職種です。プロジェクトマネジメントスキルも必要な職種のため、応用スキルの習得を目的に学習してみても良いでしょう

4. IT企画系の資格

最後に、IT企画に関するスキル習得に役立つ資格を解説します。
IT企画スキルは、IT部門長やCIOなどを目指す上で必須のスキルです。

ITストラテジスト試験
IPAが主催する試験で、経営戦略に基づいてIT戦略やIT企画を立案するスキルが求められます。具体的には、情報技術を活用した事業戦略の策定、情報技術を活用したビジネスモデルの策定、情報システム戦略の策定、システム化計画の策定、システム調達などが出題されます。経営視点の習得に役立つでしょう。

ITコーディネータ試験
特定非営利活動法人ITコーディネータ協会が主催する試験で、IT戦略全般やIT戦略に基づいたプロジェクトの立ち上げ、プロジェクトマネジメントに関する知識を問われます。試験合格者は、6日間の研修を通してスキル定着を図る仕組みとなっています。

5. まとめ

この記事では、社内SEの仕事に役立つ資格を技術系、マネジメント系、IT企画系の3つに分類して解説しました。さまざまな資格がありますが、社内SEとして効率的にスキルアップするには、今の仕事に必要なスキルと今後のキャリアパスで必要となるスキルを見極めることが第一歩です。そして、資格試験を活用して効率的にスキルアップを図ってみましょう。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

社内SEの求人・転職一覧