社内SEが人気の理由と、転職する前に知っておくべき注意点を解説社内SEが「人気の職種」である7つの理由

最終更新日:2020年8月31日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

転職活動を検討しているITエンジニアの中には、「社内SEは人気職種」というイメージを抱く方が少なくないようです。たしかにシステム開発会社などに比べると、ワークライフバランスを実現しやすい側面もあります。しかし、人気だからといって社内SEの仕事が本当に自分に合っているかはケースバイケースです。そのため、なぜ人気があるのかを具体的に把握しておくことが、転職後のミスマッチを防ぐ秘訣といえるでしょう。この記事では、社内SEが人気の理由と、転職する前に知っておくべき注意点を解説します。

1. 社内SEが人気を集める理由

まず、社内SEが人気を集める理由を整理してみます。
一般的に、下記のような要素が社内SEの人気を支えています。

ワークライフバランスを実現しやすい

冒頭でも述べたように、社内SEはシステム開発企業に比べると、残業が少なく、精神的・肉体的な負荷が低いと考えられています。そのため、プライベートと仕事のバランスがとりやすい職種として認識される傾向にあります。

上流工程のスキル・経験を積める

社内SEの業務には、IT戦略やシステム企画など、要件定義よりも上流の工程が含まれます。また、外注先の選定時にRFP(提案依頼書)を作成したり、さまざまな契約手続きを行ったりと、「開発」以外の業務に従事することも少なくありません。

ユーザー(他部門の社員)との距離が近く、やりがいを感じやすい

社内SEは、自社内の非IT部門の社員から寄せられるさまざまな問題を解決する仕事でもあります。「PCがフリーズした」「業務用ツールが使いにくい」「インターネットに接続できない」といった比較的初歩的な内容でも、非IT部門の社員にとっては切実な問題です。これらを解決することで、感謝の言葉をもらえる機会が増えれば、モチベーションも上がりやすいと考えられています。

納期の融通が利き、精神的なプレッシャーが少ない

システム開発企業では、クライアントから提示された納期やコストを常に意識して仕事に取り組まなくてはなりません。また、仕事の進め方もクライアントの業務に合わせる必要があり、自己裁量で進められる部分はそれほど多くないでしょう。

一方、社内SEは基本的に自社のシステムに関する仕事なので、納期やコストに対する融通が効きやすくなります。システム部門の規定さえ守ればスケジュールなどを自己裁量で進められる仕事もあり、精神的なプレッシャーは低いといえるのかもしれません。

帰属意識を感じやすい

システム開発企業では、プロジェクトごとにクライアント企業のオフィスでの開発業務とリリースを繰り返すという働き方が一般的です。プロジェクトにはさまざまな企業から人員が派遣されているため、「どの企業の社員なのか」という帰属意識が徐々に薄れていくことも少なくないでしょう。

帰属意識に対する考え方は人それぞれですが、経営方針や風土、戦略に共感した企業で働きたいという方には、ひとつの場所に腰を据えて働ける社内SEは魅力的に感じるようです。

自分の仕事が事業に役立っていることを実感しやすい

社内SEが手掛けるシステムから得られる効果(生産性の向上など)は、自社の労働環境や成長に直結するものです。「自分の働きが所属企業の成長に貢献している」という実感は、やりがいやモチベーションにつながるでしょう。

社内SEの仕事は、「時間的裁量」と「達成感」が得られやすい

これまでの内容をまとめると、社内SEが人気を集める理由は「時間的裁量権」と「達成感」という2点に集約されます。どのような仕事であっても、自分である程度労働時間をコントロールできたり、達成感を感じやすかったりすると、ストレス軽減やモチベーション・主体性が向上しやすくなるといえるでしょう。

2. 社内SEに転職する前に知っておくべき注意点

次に、社内SEに転職する前に知っておくべき注意点について解説します。社内SEは、確かに他のIT関連開発職より恵まれている面が多いかもしれません。しかし、本人の志向と職場環境や仕事内容が一致していない場合には、以下のような課題が生じることもあります。

習得したスキル(特に技術的なスキル)を使う場所がない

仕事の割合がヘルプデスク業務に偏っている場合は、それほど高い技術力を要求されません。それまで身に付けた技術力を使う場所が無く、スキルの向上や維持が難しい場合があります。

(技術力を磨いていないと)技術職への転職が難しくなる

社内SE歴が長くなればなるほど、SIerや開発会社のエンジニアへの転職は難しくなるかもしれません。どのような仕事を担当していたかにもよりますが、ヘルプデスクや監視業務、事務系の仕事が多くなると、技術的なスキルを磨く機会が減ってしまいます。

技術者としてのキャリアパスを視野に入れている場合は、自己研鑽し続ける必要があります。ただし、要件定義など上流工程の経験を積むことができる企業であれば、そのスキルをアピールすることでシステム企画や事業企画などのポジションを狙うことは可能です。

「便利屋」のように感じる業務が多くなる

ユーザー(社員)との距離が近いため、小さな問い合わせが頻繁に寄せられる可能性があります。その結果として雑用的な仕事が多くなり、人によってはいわゆる「便利屋」のように扱われていると感じることもあるかもしれません。

実際のところ、問い合わせをしている社員自身は「IT領域に明るい専門家」として頼りにしているのですが、似たような対応に追われるとモチベーションが下がる場合もあるでしょう。特に、ひとり情シス(情報システム部門が確立されておらず、社内のIT担当者が実質ひとりの状態)の場合には、この傾向が強くなります。

3. まとめ

この記事では、社内SEが人気を集めている理由を具体的に紹介してきました。社内SEはたしかに人気の職種です。しかし、業務内容に技術的な要素が少ない職場もあり、技術的スキルの向上・維持に不安を感じる方がいるのも事実です。社内SEへの転職を希望する際には求人内容をしっかりと確認して、自身の志向性と求められる業務がマッチしているかを判断した上で応募するようにしましょう。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

社内SEの求人・転職一覧