社内SEになるには

最終更新日:2020年8月28日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

社内SEとは、自社ビジネスをシステム面でサポートするエンジニアのことです。自社のIT環境を整える役割を担っており、社内システムの企画やベンダーコントロール、PCのトラブルシューターなどに携わっています。

需要は増えていますが、自社ビジネスに関わりたいSEやPL、PMに人気があるため、競争倍率も高い職種です。コミュニケーションスキルやマネジメントスキルなどを身に付けておくことが転職成功への近道となるでしょう。

1. 社内SEとは

社内SEとは、自社ビジネスが上手くいくよう社内のIT環境を整えるエンジニアのことです。

クライアント先に常駐しクライアントのためにシステムを開発する客先常駐SEとは異なり、社内SEは自社内で自社のためにシステムを開発します。

システムを使うユーザーの声を直接聞くことができるため、自社に貢献しているという自覚も持ちやすく、やりがいを持って業務に取り組むことができるでしょう。
 

2. 社内SEの仕事内容

社内SEは自社ビジネスをシステム面で支えるために幅広く業務に取り組んでいます。その中でも主に携わる業務は、社内システムの企画、ベンダーコントロール、PCのトラブルシューターです。

社内システムの企画

他部署や経営層とやり取りしながら、社内システムを企画します。

社内システムの開発を社内SEが行う場合は、システムの企画から改善まで手掛けるため、最上流工程から一貫して携わりたい方におすすめの職種でしょう。

ベンダーコントロール

大規模な社内システムを開発する際はITベンダーに開発を委託する場合があり、その場合はベンダーコントロールを担当。より良いシステムを開発できるよう委託先のITベンダーと直接コミュニケーションを取りながらプロジェクトを進めます。その後のシステム運用も社内SEの担当業務です。

PCのトラブルシューター

PCのセットアップやトラブル対応などを行っています。

業務内容が細分化され1人ひとりに役割が振り分けられている場合もありますが、中には業務の幅が定まっていない場合もあるようです。その場合は、PCの便利屋のようなポジションとして幅広く活躍されています。
 

3. 社内SEに求められるスキル

システムを設計する際、そのシステムを用いる業務について深く理解しておく必要があります。そのため、それぞれの業務に対する深い知識が必要です。

また、ITベンダーに委託せず自らシステムを開発する場合もあるため、プログラミング言語やフレームワークなどに関する知識も求められます。

経営層との予算に関する折衝やITベンダーとの連携など、社内SEは人とコミュニケーションを取る機会が多い職種です。そのためコミュニケーションスキルを身に着けておく必要があるでしょう。

その他にも、ベンダーコントロールやプロジェクト管理などに携わることがあるため、マネジメントスキルも必要です。
 

4. 社内SEになる方法

社内SEになる方法としては、SEから社内SEになる方法と未経験から社内SEになる方法が一般的でしょう。

SEから社内SEになる方法

SEとしてスキルを磨くことにより、部署異動や転職などで社内SEになれる可能性があります。

SEはシステム開発において主に上流工程に携わるエンジニアです。社内SEもシステムを自身で開発する場合は上流工程を手掛けることになるため、SEとしての経験は業務で役立つでしょう。

部署は、一般的に社内公募に応募したり上司に相談したりすることで異動することができます。部署異動の他に、転職し新天地で社内SEとして働くという選択も可能です。

未経験から社内SEになる方法

求人数は少ないですが、人材教育に力を入れている大企業などでは、未経験の方を対象に社内SEの募集を行っている場合があります。仕事の内容としては、高度な知識、技術があまり求められないサーバーの死活監視や管理などから携わるというケースが多いようです。

企業によって社内SEの仕事内容は異なるため、面接時に自身が携われる業務の範囲を確認し、スキルを磨いていけそうな企業を選ぶと良いでしょう。
 

5. 社内SEになる難易度

現在、IT企業に限らず様々な業界の企業でIT化が進んでおり、社内システムの拡大が行われています。そのため、社内システムの開発に携わる社内SEの需要は増えてきているといえるでしょう。

しかし、自社内で仕事ができる点や自社に貢献できる点などの魅力から自社のビジネスに関わりたいSE、PL、PMに人気があり、競争倍率も高い職種となっています。そのため、転職成功の確率を上げたいのであれば、上流工程の経験を積み、上記で紹介したコミュニケーションスキルやマネジメントスキルなどを身につけることが大切だといえるでしょう。
 

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。

最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。

一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。


転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。

キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。


「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

社内SEの求人・転職一覧