需要の高い技術を身につけ、成長する業界でキャリアアップを目指すWeb系エンジニアの年収相場は?収入を上げる方法について解説

最終更新日:2022年2月14日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

Web系エンジニアは、ソーシャルメディアやEコマースを始めとするWebサービスの開発・運用を担当する職種です。高い業績を上げている企業では高年収が期待できるのに加え、エンジニアの働き方に配慮した会社も多く、転職を検討している方も多いでしょう。本記事では、Web系エンジニアの年収相場を分析し、年収に影響する要素や、年収を上げるためのポイントについて解説します。

1. Web系エンジニアとは?

ソーシャルメディアやEコマースサイトに代表されるように、Webサービスは私たちの生活に欠かせないものとなっています。市場が拡大するWebサービス業界では、その開発や運用を担当するWeb系エンジニアに対する需要も高まってきました。Webサービスを自社で展開している企業は、多くの顧客を集め、急激な成長を遂げる会社も少なくありません。Web系エンジニアは、顧客が求める機能を実装するのはもちろん、安定した稼働を実現するための運用業務も担当します。

Web系エンジニアは、一般的に柔軟な働き方が許されている環境が多いと言われています。最新技術を扱えたり、フレックス制度が導入されていたりして、エンジニアが力を発揮しやすい業界になっています。顧客企業からの依頼を受けて開発を行うSIer(エスアイヤー)とは、働き方も求められるスキルも異なるという特徴があります。

2. Web系エンジニアの仕事内容

Web系エンジニアの仕事内容について、担当する領域と、開発プロセスの観点から解説します。

Web系エンジニアの役割

Webサービスは異なる技術を組み合わせて構成されます。そのため、開発・運用を担当するWeb系エンジニアも、担当する技術領域に応じて細分化されています。

フロントエンドエンジニア

Webサイトの画面やモバイルアプリといったユーザーの目に触れる部分を開発します。ユーザーの操作に合わせて画面を遷移させたり、サーバーとの間でデータを送受信したりといった機能を実装します。デザイナーと協力して、使い勝手のよいWebサービスを実現するのが役割です。

サーバーサイドエンジニア

データベース処理やデータ分析といった、サーバー側で動作するプログラムを作成します。多数のユーザーが一斉にアクセスした場合でも安定して稼働するよう、効率的な処理を実現するよう試みます。

インフラエンジニア

サーバーやネットワークといったWebサービスの基盤にあたる領域の設定・管理を担当します。近年はクラウド技術の普及により、仮想的なサーバーを駆使し、コストを最適化しながら柔軟に変化させられるインフラを構築できるようになりました。

Webサービス企業の開発プロセス

Webサービス業界ではアジャイル開発と呼ばれる方法論を採用している企業が多く見られます。アジャイル開発は、反復的に機能を実装し、顧客からのフィードバックを受けながら開発を進めていく考え方です。ディレクターやデザイナーと連携し、実装するべき機能の優先順位を定義していくのが特徴です。Web系エンジニアは、チームが定めた優先順位に従って、開発・テストを担当します。

3. Web系エンジニアの年収相場

レバテックキャリアに掲載されている求人(※)を例に、Web系エンジニアの年収相場について考察します。

コンテンツ販売サービス運営企業

  • ・想定年収:400万~700万円

    ・業務内容:新規サービス立ち上げ、既存サービス改修、スマホアプリのAPI開発、パフォーマンス改善

    ・必要なスキル・経験:PHPやPythonを使った開発実務経験3年以上、フレームワーク開発経験

自動車サブスクリプションサービス運営企業

  • ・想定年収:600万~1000万円

    ・業務内容:コードレビュー、アーキテクチャ選定・設計・実装、開発方針・技術方針への提言

    ・必要なスキル・経験:Webアプリケーション開発経験。周りを巻き込んで自ら行動できる。TypeScript、NodeJS、AWSなどの使用経験。

年収の相場

Web系エンジニアの求人について分析すると、その想定年収には幅があります。年収が高い求人では1000万円も狙える案件が見受けられるため、他の技術職と比べても、比較的高い給与水準にあると言えます。黒字化していないベンチャー企業では年収が抑えられる可能性もありますが、大きく成長しているWebサービス運営企業では、高い年収が提示されるケースが多いです。

その業務内容はWebサービスの開発や改修が中心となります。経験を積むにつれて、他のメンバーが作成したプログラムをレビューしたり、開発プロセスの改善に取り組んだり、チーム全体に貢献する仕事が増えていきます。

Web系エンジニアに転職する上では、応募先の企業が求める技術の実務経験が欠かせません。各企業は特定の技術に強みを持っているため、PHPなどの人気が高いプログラミング言語を習得していると機会が広がります。また、クラウドを始めとする先進技術の経験があると高い評価を受けやすいでしょう。

※参考:レバテックキャリア「Webエンジニアの求人・転職情報一覧」

4. Web系エンジニアの働き方と福利厚生

Webサービス業界では、ベンチャー企業を中心に、自由で働きやすい環境が提供される傾向にあります。人手不足が報じられる中、技術力のある人材を確保できるよう、エンジニアの働き方に配慮がされるようになりました。Web系エンジニアへの転職を検討する際には、額面の年収だけではなく、働き方を含めた待遇を総合的に考慮する必要があります。

職場の雰囲気

受託開発のSIerに比べると、自社のペースで仕事ができるWeb系企業はリラックスした雰囲気になりやすい傾向にあります。例えば、フレックス制度が導入されるなど、ワークライフバランスを保つ仕組みが備わっている企業が多く見られます。コロナ禍以前からリモートワークに対応していたWeb系企業もあり、自宅での作業を支援するツールや制度が優れているのも特徴です。

ユニークな福利厚生

ベンチャー企業を中心として、エンジニアのニーズに応える興味深い制度を取り入れる企業があります。優れたオフィスチェアや、デュアルディスプレイを導入したオフィスなど、エンジニアが働く環境が整っています。さらに、有給休暇・育児休暇・特別休暇といった制度がいち早く導入され、実際に利用する企業も増えてきました。

学習支援

Web系エンジニアは技術的な知識やスキルを獲得し、大きく生産性を向上させることが可能です。スキルアップに積極的な企業では、仕事に関わる書籍購入や研修の受講などの支援を行っています。他にも、カンファレンスへの参加を推奨したり、技術ブログを運営したりと、技術力向上に理解がある企業が多く見られます。

副業による年収アップ

ベンチャー企業を中心に、副業を認める企業も増えてきました。同様に、副業として参加するエンジニアを活用する動きもあります。Web系エンジニアは、その技術を活かして業務委託で仕事をすれば年収アップを図れるのはもちろん、異なる環境でスキルを高めるきっかけにもなるでしょう。

5. Web系エンジニアのキャリアパス

Web系エンジニアとして年収を上げるには、技術やマネジメントの観点で、チーム全体を牽引する役職へキャリアアップする必要があります。Web系エンジニアのキャリアとして考えられる役職について解説します。

技術のエキスパート

アーキテクトやリードエンジニアとして技術的な意思決定に責任を持つ役職が考えられます。Webサービスをどのように構成するか、どのプログラミング言語を選択するか、メンテナンス性をいかに高めるか、といった議論を牽引する役割です。また、フロントエンドとサーバーサイドをまたがる技術を持ったフルスタックエンジニアという役職を目指す道もあります。加えて、セキュリティに特化したエンジニアなど、希少性の高いキャリアを追求するのも良いでしょう。

技術チームのマネジメント

Webディレクターやプロジェクトマネージャーのキャリアに進む人も多く見られます。Webサービスの企画に携わったり、品質・納期・コストを計画通りに抑えられるよう進捗を管理したりといった仕事を担当します。また、エンジニアの人事や開発環境の改善に責任を持つ、エンジニアリングマネージャーの役割を置く企業も増えており、新たなキャリアパスとなっています。

エンジニア以外の職種

Web系エンジニアとして身につけた技術力を武器にして、別の職種へ移るキャリアも考えられます。具体的には、ITコンサルタント、企画、営業、マーケティングといった職種が含まれます。Webサービス運営企業でも様々なチャンスがありますし、経験を積んだ後に他の業界へ移る選択肢もあります。エンジニアとして開発・運用をしてきた知識や経験が新たなチームでも重宝されるでしょう。

6. Web系エンジニアの年収に影響する要素

Web系エンジニアとして年収を上げるためには、評価される基準について理解する必要があります。自分のスキルはもちろん、会社や業界といった外部環境にも目を向けることが推奨されます。

成長する業界

企業の利益率はビジネスモデルに影響を受けます。業界の成長がなければ、個人がどんなに努力しても待遇が改善される余地は少ないものです。一方で、業界全体が成長している場合、業績を伸ばす企業が多く、それに伴ってエンジニアにとってもキャリアアップの機会が広がります。例えば、FinTech(フィンテック)と呼ばれる金融サービスのデジタル化に注目が集まっているときには、同業界から多くの成長企業が生まれました。どの業界が成長するのかを正確に言い当てるのは困難ですが、業界の動向に敏感になり、継続して情報を収集していく態度が求められます。

ITスキル

Web企業では年功序列よりもスキルによる評価が重視される傾向にあります。新しい技術を習得し、業務の中でスキルを発揮した経験は転職する際にもアピールできるでしょう。特定のITスキルの専門家として他のメンバーへ情報共有したり、技術的な意思決定を行ったりできる人は、アーキテクトやリードエンジニアへとキャリアアップできる可能性が高く、年収アップにもつながります。

需要の高い技術

扱うプログラミング言語によってWeb系エンジニアの年収が変わるケースがあります。需要が高い技術は、人材を確保するのが困難なため、より良い待遇が提示されるからです。技術の流行り廃りは激しいものがありますが、その時に応じて需要の高い技術を身につけることが推奨されます。現在であれば、ビッグデータ・クラウド・IoT(Internet of Things)といった先進技術を扱えるエンジニアは価値が高いと考えられます。

7. Web系エンジニアにおける年収の上げ方

高収入を得るには、キャリアを会社任せにせず、自身で責任を持って行動を起こしていく必要があります。Web系エンジニアが年収を上げるために、個人ができることについて解説します。

スキルアップ

Web系エンジニアとして基礎となるデータベースやセキュリティといった技術の習得は必須と言えます。Webサービスを構成する要素について幅広く知識を広げておくと、他の領域を担当するエンジニアとの議論も円滑になるからです。数年で異なる技術が普及していく変化の早い業界のため、技術トレンドに敏感になり、学習を怠らないようにしましょう。現在、普及している技術でも数年後には陳腐化している恐れもあるほどです。需要の高い技術を身につけておくと、昇進や転職を通した年収アップの機会が広がります。

マネジメント経験を積む

技術のエキスパートとしてのキャリアを進む場合でも、マネジメント職に進むケースであっても、上位の職種になればチームに影響を与えるスキルが求められます。具体的には、立場や利害関係が異なる人に対しても、論理的なコミュニケーションをとり、チームとしての目標を達成する能力が求められるでしょう。チームの意見をまとめ、集団として成果をあげるマネジメント経験を積むと、上位の役職へのキャリアアップにつながっていきます。

成長企業へ転職する

自社での昇進・昇給に限界がある場合は、転職を検討しても良いでしょう。業界が成長し、所属している会社の業績が伸びていかなければ、個人が高いパフォーマンスを発揮しても年収を上げるのは難しいのが実情です。現在所属している企業での経験や実績が十分にあれば、人気のある大手企業・ベンチャー企業・外資系企業にも挑戦し、年収を上げることが可能です。

8. 転職先の選び方

最後に、Web系エンジニアとして転職先を検討する際のポイントを解説します。

エンジニア重視の企業文化

技術職を優遇する文化を持った企業では、高い年収が提示されるだけではなく、人事制度や開発作業を行う環境の面でも優れている傾向にあります。企業文化を判断するポイントとしては、経営層にCTO(最高技術責任者)がいる、あるいは、エンジニアリングマネージャーの役職を置いている、といった点が挙げられます。他にも技術ブログの有無や、ソーシャルメディアにおける技術情報の発信から、企業文化を推察します。

興味を持てる業界を選ぶ

Web業界には様々な業態が含まれます。消費者向けサービスや、特定の業界に特化したB2Bサービスなど、あらゆる分野でWebサービスが展開されるようになりました。Web系エンジニアとしてサービスの内容を理解し、機能面での改善を担当していくには、自分が情熱を注げる業界が望ましいでしょう。興味を持てる業界であれば、自主的に学習を進め、やりがいを感じられる場面も増えていきます。

求人の探し方

Web系エンジニアへの転職を検討する場合、転職エージェントに登録すると効率的な情報収集が可能です。自分のスキルや経験に合わせて、年収の相場を理解するのにも役立ちます。また、特定の企業に興味を持ったら、インターネット上にあるレビューサイトを確認しても良いでしょう。エンジニアの待遇について議論されているので、応募する際に参考になるケースもあります。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

人気の求人特集

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ