エンジニアの仕事が嫌になっている人必見!転職を成功させるポイントをお伝えしますエンジニアを辞めたいと思ったときに考えるべきことを徹底解説!

最終更新日:2022年7月7日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

エンジニアは需要が高く人気の職種です。しかしなかには、「エンジニアになったものの自分には向いていなかった」「思っていた仕事内容と違った」などの理由で、転職を考えている人もいるでしょう。

当記事では、エンジニアを辞めたい・離れたいと思う理由や、辞める前に考えるべきこと、転職に役立つ資格、おすすめの転職先、転職するときに必要な準備とポイントについて解説します。

1. エンジニアを辞めたい・離れたいと思う理由

エンジニアを辞めたい・離れたいと思うさまざまな理由を知ることにより、自分がエンジニアを嫌になっている原因を整理できます。以下に、エンジニアを辞めたいと思う理由の代表例を紹介します。

残業や休日出勤による疲弊

システム開発の納期は必ず守らなければなりません。そのため開発が遅れているときや納期直前には、残業・深夜作業・休日出勤が必要となることも少なくありません。また、システム開発をクライアントから受注するために、納期を早めタイトなスケジュールが組まれることも多いです。

とくに開発の下流工程を多く請け負う下請け企業では、スケジュールが厳しい傾向があります。残業が長くなり、長時間にわたって仕事で拘束されると、プライベートや家族との時間がとれなくなったり、家事との両立が困難になったりして、辞めたいと思う人もいるでしょう。

自分がイメージしていた仕事内容と異なる

エンジニアには、プログラマー・システムエンジニア・インフラエンジニアなどさまざまな職種があります。たとえばプログラマーはプログラミングでプログラムモジュールの作成を行うのが主な仕事で、システムエンジニアは設計やテストにおけるクライアントとのコミュニケーションが多くなります。

そのため、もともとプログラマーのようなテクニカルな仕事をしたいと考えていた人がシステムエンジニアの仕事に就くと、就職前のイメージとのギャップに悩み、辞めたいと考えやすいです。

勉強を続けることが苦痛で向いていない

もともとITに苦手意識があり、興味がわかず自ずとスキルが身につかない人もいます。スキルアップできなければ、だんだんと周りのレベルについていけなくなり、自分がエンジニアに向いていないと感じてしまうでしょう。「空き時間は勉強ではなく別のことに使いたい」「モチベーションを保てない」と、学習意欲を失ってしまう人もいます。

思ったより給与が低い

欧米に比べると、日本のエンジニアの給与レベルは低い傾向があります。日米のエンジニアの年収比較では、たとえばプロジェクトマネージャーでは約1.5倍(※1)、AI(機械学習)エンジニアでは約3倍(※2)と差があります。

企業規模にもよりますが、下流工程を担うことが多い中小のSIerやSES契約の企業は、とくに給与が低いと言われています。仕事量やスキルに給与が見合わないことも、多くの人が辞めたいと考える要因です。

※1参考:職業情報提供サイト(日本版O-NET)「プロジェクトマネージャ(IT)」、50 Best Jobs in America for 2022
※2参考:職業情報提供サイト(日本版O-NET)「AIエンジニア」、50 Best Jobs in America for 2022

最新技術のスピードについていけない

IT業界では、技術は日々新しくなります。そのため、エンジニアは常に新しい技術を習得し続けなければなりません。いったん習得した技術も、アップデートしなければすぐに時代遅れになってしまいます。常に新技術の習得を意識するスピード感についていけず、エンジニアを辞めたいと感じるケースもあります。

同じことの繰り返しでやりがいが感じられない

システム開発では、さまざまなエンジニアが分業して開発を進めるため、エンジニアごとに役割が決まっているのが一般的です。たとえばプログラマーは、プログラミングに関する作業を繰り返すことになります。プロジェクトが変わっても基本的に仕事内容は同様なため、同じような仕事の繰り返しでやりがいを感じられず、辞めたいと考える人もいます。

人間関係に疲れた

IT業界にかぎらず、職場の人間関係がうまくいかないことも、仕事を辞めたいと感じる理由の一つです。とくにコンピューターを扱う技術的な作業を行うエンジニアは、もともとコミュニケーションが苦手な人も多いです。チームにコミュニケーションがしづらい人がいると、連携がスムーズにいかず、職場の雰囲気が悪くなってしまうでしょう。その結果、人間関係に疲れてしまう人は多いようです。

スキル・キャリアアップへの不安

さまざまなエンジニア職に対する高い需要を考えて、「今の仕事内容ではスキルやキャリアアップに繋がらない」と感じるケースがあります。たとえば、仕事内容が「テスト対応」「不具合対応」「障害対応」「定型保守業務」などに固定化されると、経験値は得られるものの、スキルの幅を広げにくいため、転職してスキルアップしたいと考える人もいるでしょう。

顧客先常駐が負担

システム開発では、エンジニアはよく顧客先に常駐することがあります。顧客先での仕事は社内とは違い、顧客の環境に合わせる必要があり、一般的には社内ほど快適ではありません。「顧客の目」も常にあり、少なからず緊張感も増します。この状態が長く続くとストレスを感じてしまい、転職を希望する人もいます。

2. エンジニアを辞める決断をする前にやるべきこと

エンジニアを辞めて転職したいと思っても、すぐに辞めるのではなく、本当に辞めたほうがよいのかを今一度見直してみることが重要です。それでも辞めたいと思うのであれば、前向きに転職を検討しましょう。

エンジニアを辞めるメリット・デメリットを比較してみる

エンジニアを辞めることには、以下のようなメリット・デメリットが考えられます。

メリット
  • ・長時間残業・休日出勤から解放され自由時間が増える

    ・納期・スケジュ-ルに追われる日常から解放される

    ・日々のIT技術スキルアップのプレッシャーから解放される

    ・自分の本当にやりたいことを見つけて前向きになれる

    ・人間関係をリセットできる

デメリット
  • ・これまで積み重ねたIT技術を活かせない

    ・転職先の業界によっては、新しいことを取り入れるIT業界とは異なる旧来型の商習慣で、なじめない場合もある

    ・転職先の職種によっては、IT業界ではあまり求められない体力が必要なケースもある

    ・対面での高いコミュニケーションスキルが必要とされる場合がある

悩みに対する対処法を考えてみる

スキルアップを図る

「自分がエンジニアに向いていない」「技術レベルについていけない」などと感じているのであれば、今一度技術を習得し直すのも一つの手です。スキルアップすることで、仕事を順調こなせるようになれば、やりがいを感じて気持ちも変わる可能性があります。

学習には独学もよいですが、プログラミングスクールに通うと、プロの講師や現役エンジニアから新しい視点や知識などを学べて効果的でしょう。また、後述する資格の取得に挑戦するのもおすすめです。

プライベートを充実させてみる

エンジニアの仕事がうまくいかずに悩んでいると、休みの日も頭から仕事のことが離れなくなってしまいます。そういう時は気持ちを切り替えて、プライベートや趣味などでリフレッシュしてみると、悩みの本質が見えてくる可能性があります。思い詰めすぎて早々に転職を判断してしまい、辞めた後に後悔しないようにしましょう。

ITの勉強会やイベントなどに参加してみる

Developers SummitのようなITエンジニアのイベントや、各所で開かれている勉強会に参加してみると、悩みを解消できる可能性があります。他社のエンジニアも、自分と同じような悩みを抱えていたり、まったく異なる考えを持っていたりするかもしれません。

さまざまな環境やエンジニアの働き方・考え方が分かるだけではなく、新しい知識も身につき、良い刺激を得ることができます。

辞めることを考え検討してみる

以下では、辞めることを検討する際のポイントを紹介します。

本当に自分がやりたいことを考えてみる

エンジニアを辞めて転職を考えるときに、また次の仕事でも「辞めたい」とならないためにも、辞める理由を明確にすることが大切です。そして、「何に携わりたいか」「どのような環境・条件で働きたいか」など、今後の目標を深く考えてみましょう。

今の仕事から変わることだけではなく、それで何が解決するのか、転職してどのような仕事・働き方をしたいのかなどを具体的に考えることで、方向性が見えてきます。

辞めることを後ろ向きに捉えすぎない

辞めることを「逃げ」や「ネガティブ」と考えないようにしましょう。エンジニアには、向き不向きがあります。よく考えた上で他の職種のほうが向いていると確信したのであれば、前向きに自分の考えや価値観を見つめ直すべきです。

転職によって、仕事にやりがいや楽しさを感じられるようになり、生活が一変する可能性もあります。変化を後ろ向きではなく、「チャレンジ」と捉えることが大切です。

エンジニアは需要が高いことを知っておく

転職を検討する際には、エンジニアは需要が高いことも理解しておきましょう。数ある職種のなかでも、エンジニアはとくに人手不足と言われています。エンジニアとして培ったスキルは、他の業種(非エンジニア職)でも活かせますが、まずは求人が多いエンジニア職のなかから選ぶことをおすすめします。

今までのキャリアを活かせて、より希望が叶う転職先を探すことができるでしょう。

3. 転職時に役に立つ資格

続いて、IT業界への転職を検討する人向けに、習得しておくと役に立つ代表的な資格を紹介します。エンジニアのなかでも未経験な職種に転職する場合は、資格に挑戦すると体系的に学べるため効果的です。

システムエンジニアへの転職向け

応用情報技術者試験

応用情報技術者試験は、IPAが主催する情報処理技術者試験の一つで、基本情報技術者試験の上位にあたります。中堅のシステムエンジニアが対象の試験です。ソフトウェア開発・ネットワーク構築・DB構築など、情報システムの開発全般に関する知識や、運用面の知識が試験範囲となります。難易度はレベル3(1~4で4が最高)相当です。

プロジェクトマネージャ試験

プロジェクトマネージャ試験は、同様にIPAが主催する試験で、システム開発で現場の最高責任者となるプロジェクトマネージャ向けです。難易度はレベル4に該当し、エンジニアでもかなりの経験を持つ人が対象です。

インフラエンジニアへの転職向け

ネットワークスペシャリスト試験

ネットワークスペシャリスト試験は、同様にIPAが主催する試験で、ネットワークの専門家として大規模で堅牢なネットワークを構築する知識・スキルが問われます。難易度はレベル4に該当します。セキュリティも含んだ要件定義から設計、構築、運用・保守に至る幅広い工程が試験範囲です。

ORACLE MASTER

ORACLE MASTERは、オラクル社の提供するOracleDatabeseを用いたデータベースの構築・運用・チューニングについての知識が問われる資格です。ブロンズ・シルバー・ゴールドがあり、ゴールドを所持しているとかなり有利となるでしょう。

ITコンサルタントへの転職向け

ITストラテジスト試験

ITストラテジスト試験は、IPAが主催する情報処理技術者試験の一つで、合格率が低くレベル4の中でも難関といわれます。論文試験も含まれるため、十分な対策が必要です。経営戦略からIT戦略を策定する、企業のCIOやCTO・ITコンサルタントなどを対象とします。

関連記事:【2022最新版】ITエンジニアにおすすめの資格20選 - 難易度も解説

4. エンジニアを辞めたいと考えている人におすすめの転職先7選

エンジニア職自体を辞めたい場合と、エンジニア職は維持したまま今の環境や会社を変えたい場合では、転職先が異なります。ここでは、「IT業界での転職先」と「IT業界以外の転職先」の2つに分けて紹介します。

IT業界での転職先

同業他社のSIer

エンジニア職自体ではなく、給与待遇や仕事環境などに不満があり辞めたいと思っている場合には、同業他社への転職がおすすめです。同じ職種であっても、転職によって役職が付与されたり、リーダークラスになったりするなど、キャリアアップが図れるケースもあります。エンジニアの仕事に自信があり、スキル・キャリアアップの意欲がある人には向いているでしょう。

IT人材は慢性的に不足しているため、将来優秀なエンジニアに成長できれば重宝されます。ただし、SIerのエンジニアという点は同じのため、長時間労働や残業などの環境はあまり変化がない可能性があることは留意点です。

ユーザー系SIer

ユーザー系SIerは、一般の事業会社のIT子会社を指し、親会社やグループ会社のITを主に担当します。そのため、外部企業をクライアントとするSIerに比べると、納期や品質に対するプレッシャーや業務の負荷は比較的低い傾向があります。業務負荷の高さに悩んでいる人にはおすすめです。

IT営業

技術力に不安があることが転職の理由で、人との関わりやコミュニケーションが苦にならない人は、ITの営業職への転職がおすすめです。実際にSIerではよく見られるケースで、エンジニアでの経験を活かし、IT技術に詳しい営業として活躍できるでしょう。

コンサルティングファーム

エンジニアのなかでもキャリアアップに積極的な人に向いています。コンサルファームには経営・業務・ITなどいくつかの種類がありますが、転職しやすいのはITコンサルファームです。ITコンサルタントは、クライアントの経営課題・戦略に対してITを導入することで、解決を図ります。

一般的に仕事がハードな分高収入であるケースが多く、モチベーションを保ちやすいといえます。ただし、IT知見の深さや幅広い知識を求められるため、転職の難易度も高いです。

IT業界以外の転職先

ITスキルが求められる事業会社の事務職

最近では、事務職が求められるITリテラシーのレベルが高まっており、ITスキルを持っていると有利です。たとえば、officeソフトを実践で扱えるスキルやプログラム言語などの知識・スキルがあると重宝されます。近年事務系に適用されることが多いRPAの導入で活躍できる可能性もあるでしょう。転職時には、事務スキルを積極的に取得する姿勢に加えて、ITのスキル・経験をアピールするとよいでしょう。

事業会社の社内SE

ある程度の規模の事業会社は、ほとんどの場合ITを担当する情報システム部門を持っています。社内SEは事業会社のIT担当として、自社の経営課題解決や業務効率化のためにITシステムを導入・運用します。

システム開発の上流工程には関わりますが、システムの開発自体はSIerに発注・委託することが多く、開発で納期に追われることは少ないといえます。SIerほど技術力は求められず、仕事環境自体も比較的穏やかな点が魅力です。

ITとはまったく関係ない会社

とにかくITと関わりたくない・離れたいという場合は、システム開発とはまったく関係ない職種の転職先を探しましょう。ただし、近年ではどのような企業も何らかのITツールを取り入れているため、持っているITスキルを求められるかもしれません。

関連記事:SE(システムエンジニア)の転職先を業界・職種で徹底解説

5. 転職を成功させるための準備とポイント

最後に、転職を成功するために知っておくべき準備とポイントを、ステップごとに解説します。

ステップ1:転職スケジュールの確認をする

転職を決めたら、しっかりと計画を立てて転職活動を進める必要があります。転職先への内定時期を想定し、逆算して活動を始めましょう。現在の業務の引き継ぎもあるため、辞めた後に今の会社に迷惑をかけないようにスケジューリングすることも大切です。

一般的に、転職の準備には約2~3週間かかるといわれます。転職先の検討に数か月(転職先の候補数や転職先次第)、転職先が決まったら2~3か月かけて現職の引継ぎを終えて転職、の流れとなるでしょう。

ステップ2:キャリアやスキルの棚卸する

エンジニア経験での自分の強みや弱みを書きだし、整理したあとに職務経歴書を作成するとスムーズです。職務履歴書を書いたあとには、自分のキャリアやスキルをしっかりとアピールできているか、何度も見直しましょう。

ステップ3:目的を明確にする

転職の目的を明確にすることは重要です。「いまやりたいこと」はもちろん、5年後・10年後の将来にわたり自分が何をやりたいのか、キャリア設計を考えましょう。素の自分に返って、そもそも何をしたいのか、本来の自分の目的を整理することが重要です。

ステップ4::転職活動を行う方法を検討する

求人サイト

求人サイトを活用すると、さまざまな求人を検索できます。ただし、良い情報を中心に掲載されていることが多く、見極めが大切です。

転職エージェント

近年ではエンジニアの需要が高く、さまざまな求人情報があります。そのため、一人で情報を集めていると、条件に合う企業を見つけるには多くの時間と手間がかかってしまいます。そこで、転職エージェントの利用がおすすめです。希望の転職先とのマッチングを効率的にでき、希望に合う転職ができる確率が高くなります。また、履歴書・職務経歴書の書き方や添削、面接のアドバイスなどもサポートしてくれるため、転職活動に役立ちます。

転職エージェントへの職務履歴書の提出や、担当者との対話を通じて、自分の強みや弱みを把握できるため、スキルを整理しやすくなるでしょう。

関連記事:Webエンジニアが転職成功までの6ステップ

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

人気の求人特集

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ