新型コロナウィルスの感染拡大防止にあたりご確認ください

新型コロナウィルスの感染拡大防止の為、一定期間はお電話でのカウンセリングをご案内させていただきます。

みなさまの安全に配慮し、発熱や風邪の症状がある、海外渡航歴がある場合にも、電話カウンセリングをお願いしております。それ以外の方でも、交通機関での移動にご不安を感じられる方は同様に電話カウンセリングも可能でございます。一人一人に合った支援をさせていただきますので、ご希望がございましたら登録後カウンセリングに進む際にお申し付けください。

プログラミングやフレームワーク、データベースなど、サーバーサイドエンジニアに必要なスキルを解説サーバーサイドエンジニアに必要なスキル

サーバーサイドエンジニアとは、ウェブサイトやWebアプリケーションのサーバーサイドの処理を実装するエンジニアです。代表的な処理には、ECサイトにおける商品の検索や新規データの登録、更新などがあります。これらの処理はユーザーからは見えませんが、ウェブサイトやWebアプリケーションをスムーズに動作させる上でとても重要な役割を担っています。

では、サーバーサイドエンジニアとして活躍するにはどのようなスキルと知識を身につける必要があるのでしょうか。詳しく解説します。

サーバーサイドエンジニアに必要なスキルと知識

ハイスキルなサーバーサイドエンジニアとして活躍するには、非常に幅広いスキルと知識が必要になります。そのため、この記事ではどのような開発現場でも必要となる基本的なスキルについて解説します。

プログラミングスキル

サーバーサイドの開発はプログラミング言語を用いて行うため、プログラミングスキルは必須です。開発案件ごとに使う言語が異なるため、複数の言語に精通していると参加できる案件の幅が広がるでしょう。サーバーサイドのプログラミング言語には以下の種類があります。

・インタプリタ型言語
インタプリタ型言語は、プログラムに書かれた命令を実行しながら機械語に変換していく言語です。記述したプログラムをすぐに実行できるので、正しく動作するかの確認や修正がしやすい一方で、機械語への変換が毎回行われるため実行速度が遅いという特徴があります。代表的な言語としてRuby、PHP、 Pythonなどがあります。RubyとPHPはWebアプリケーション開発などで使われ、Pythonは機械学習やデータ分析などで多く利用されています。

・コンパイラ型言語
コンパイラ型言語は、プログラムを機械語にすべて変換した後に命令を実行するタイプの言語です。この変換作業のことを「コンパイル」と呼びます。コンパイラ型言語は実行速度が速い一方で、プログラムを実行するのに毎回コンパイルが必要になるため、やや手間がかかるという特徴があります。代表的な言語として、JavaやGoがあります。
 
Javaはプログラミング言語全体で見てもシェアが高い言語の1つであり、業務システムから金融システムまで、さまざまな開発に使われています。また、最近ではGoogleが開発したGo言語も注目が高まっています。

開発フレームワークの知識とスキル

開発フレームワークとは、開発を効率化するための汎用的な機能群です。検索機能のプログラムコードやボタンのデザインコード(HTML/CSS)など、さまざまな機能が提供されています。
 
近年の開発ではフレームワークを使用するケースが多いため、各言語に対応したフレームワークスキルを習得していることが求められます。プログラミング言語とともに学習すると良いでしょう。代表的なフレームワークには、RubyのRuby on RailsやPHPの Laravel、JavaのSpringなどがあります。

データベースの知識とスキル

サーバーサイドの処理はデータベースと連携することが多いため、データベースのスキルも必要です。
 
データベースにはいくつか種類がありますが、リレーショナルデータベース(RDB)と呼ばれるものが最も普及しています。RDBはデータを表形式で関連付けて管理するデータベースです。データベースを操作するには「SQL」という言語が必要であり、データベースの知識とともに身につける必要があります。
 
代表的なデータベースにはMySQL、Oracle、SQL serverなどがあります。MySQLはオープンソースのデータベースで、RubyやPHPなどのWeb開発で多用されています。OracleとSQL serverは商用データベースで、業務システムによく利用されています。携わっている案件や、今後志望しているキャリアから学ぶデータベースを選ぶと良いでしょう。

フロントエンドの開発スキル

フロントエンドの開発スキルとは、HTMLやCSS、JavaScriptを使ってユーザーが使うWeb画面を作るスキルです。HTMLはWeb画面の骨組みを作る言語で、CSSはHTMLで作った骨組みに対してデザインを適用する言語です。JavaScriptは、ユーザー登録画面などで登録ボタンを押した時の入力漏れチェックなど、動的な処理を実装するための言語です。
 
近年、サーバーサイドエンジニアにフロントエンドスキルを求めるケースが増えており、サーバーサイドエンジニアであっても、フロントエンドのスキルを身に付けることは非常に重要です。必須必要なスキルではありませんが、身につけることで仕事の幅が広がるでしょう。

サーバー、ミドルウェアの知識とスキル

サーバーサイドエンジニアにとって、サーバーそのものの知識とスキルを持っておくことも重要です。多くのシステムやアプリケーションはWebサーバー上で稼働しています。つまり、サーバー環境を作らないと、これらを動かすことができません。
 
業務系システムの開発では、サーバー環境構築は多くの場合サーバーエンジニアが担当します。一方、Webサイトなど小規模なWeb開発では、サーバーサイドエンジニアが担当することも少なくありません。よって、Web系のサーバーサイドエンジニアを目指すのであれば、サーバーに関するスキル・知識も併せて習得しておくと良いでしょう
 
代表的なWebサーバーにはApacheというものがあります。Apacheは現在もっとも普及しているオープンソースのソフトウェアであり、多くのWebアプリケーションで使用されています。また、Apacheに代わるソフトウェアとして、近年シェアを伸ばしているのがNginxです。

開発環境(OSと仮想環境)の知識とスキル

開発に使用されるOSと仮想環境の知識・スキルも身につけましょう。これらは、開発環境を構築する際や、プログラムをリリースする際に必要になります。
 
開発環境でよく使用されるOSはLinuxです。特にRubyやPHPを使ったWeb開発はほぼLinuxと言っても過言ではありません。開発環境は、まずPC上にLinuxの仮想環境を作り、Linuxコマンドを使って仮想環境の中にRubyなどをインストールして作ります。仮想環境を作るには、仮想化サービスを使います。代表的なものには、VirtualBoxやDockerといったものがありますが、案件によってはこれらのスキルが必須となっているものもあります。必要に応じて学んでおきましょう。

Web関連の技術の知識

Web開発に携わる場合は、Web関連の技術についても学んでおく必要があります。代表的な技術に、HTTPなどの通信プロトコル、クッキー、キャッシュなどがあります。
 
サーバーは、HTTPという通信プロトコルを利用して、PCやスマートフォンといったクライアント端末と通信を行います。HTTPは、インターネット上でテキストや画像、動画などを転送しており、Webの基盤となっている技術です。
 
また、クッキーはパスワードなどユーザー情報を一時的に保存する仕組みのことで、ユーザーのログイン状態を保つといった用途で使用されます。キャッシュはWebページの情報を保存し、ユーザーが再度ページを訪れた際により速くページを表示することを可能にします。Webサービスはこれらの技術を使って開発を行いますので、Web系サービスのサーバーサイドエンジニアを目指す場合は必ず学んでおきましょう。

まとめ

この記事ではサーバーサイドエンジニアに必要なスキルと知識について解説してきました。
サーバーサイドエンジニアと一口に言っても、何を開発するかで求められるスキルは変わってきます。ここでは基本的なものを紹介しましたが、IoTやAIを使った開発を行う場合は、異なるスキルと知識が必要になります。
 
また、技術の移り変わりが激しいため、どの技術が主流となるかを見極める洞察力や、柔軟にスキルセットを変更できる臨機応変さも重要となるでしょう。常に最新の技術動向を押さえながら、スキルを身につけていきましょう。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

無料サポート登録簡単30秒

【厚生労働省】職業紹介事業許可番号(13-ユ-308734)

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • 次のstepで入力すると返事が来る!
  • プロフィール入力すると返事が来る!
  • ご希望の条件を選択してください

    ご希望の勤務形態

    必須

    ご希望の勤務地

    任意

  • プロフィールをご入力ください!必須入力項目はこのページで終わりです。

    氏名

    必須

    氏名かな

    必須

    生年月日

    必須

    電話番号

    必須

    メールアドレス

    必須

  • スキルシート・ポートフォリオをお持ちの方はアップロードしてください

    スキルシート

    任意

    提出しておくことで
    迅速なご紹介が可能に!

    職務経歴書

    ドラッグアンドドロップ or ファイルを選択 選択されていません

    履歴書

    ドラッグアンドドロップ or ファイルを選択 選択されていません

    スキルシートを確認しています...

    スキルシートを確認しています...

    ※ファイルは5MB以下で対応するファイル形式 ? でアップロードしてください
    Microsoft Office .xls .xlsx .doc .docx .ppt .pptx
    KINGSOFT Office .xls .xlsx .doc .docx .ppt
    iWork .numbers .pages .key
    LibreOffice .ods .odt .odp
    OpenOffice .ods .odt .odp
    その他 .pdf

    ポートフォリオURL

    任意

    ?

    ポートフォリオとは主にクリエイターの方が自己PRのために過去の作品や制作実績をまとめた作品集の事です。

    ポートフォリオをWeb上で公開されている方はそのURLを、データでお持ちの方は作品データをアップしたURLを入力してください。

    ※データをアップされる場合は、保存期間や容量制限の少ないGoogleドライブを推奨しています。

    その他ご要望

    任意

  • 下記の内容をご確認いただき問題ないようでしたら、送信してください

    プロフィール入力すると返事が来る!

    • ご希望の勤務形態 必須

    • ご希望の勤務地 任意

      第一希望:
      第二希望:

    • 氏名 必須

    • 氏名かな 必須

    • 生年月日 必須

    • 電話番号 必須

    • メールアドレス 必須

    • 職務経歴書 任意

    • 履歴書 任意

    • ポートフォリオURL 任意

    • その他ご要望 任意

    個人情報の取り扱い 」と「 利用規約 」に同意の上、 『同意して登録する』 ボタンをクリックして下さい。

プライバシーマーク

レバテック株式会社は「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。
個人情報の秘密は厳守します。ご入力いただいた情報は許可を頂くまで求人企業に公開することはありませんので、ご安心ください。

申し込みに関するご注意
以下の方は弊社の事業基盤、求人動向から、ご提案のご連絡までお時間をいただく可能性があります。ご了承ください。
IT業界、または希望職種が未経験の方
レバテックキャリア対象エリア以外での勤務地、また在宅での作業を希望される方

サーバーサイドエンジニアの求人・転職一覧