ネットワークエンジニアの仕事内容や求められるスキルをもとに、今後のキャリアパスを考察ネットワークエンジニアのキャリアパス

最終更新日:2020年11月11日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

ネットワークエンジニアは、ネットワークシステムの設計、構築、運用・保守を担うエンジニアです。通常、初級のネットワークエンジニアは運用・保守フェーズから担当し、経験を積みながら上流工程にステップアップしていきます。その先のキャリアパスとしては、より高いスキルを持つスペシャリスト、チームを統括するプロジェクトマネージャーといった選択肢があります。この記事では、ネットワークエンジニアの仕事内容や求められるスキルを解説した上で、今後のキャリアパスについて考察します。

1. ネットワークエンジニアの仕事内容

まず、ネットワークエンジニアの仕事内容を解説します。ネットワークエンジニアの仕事内容は、主に次の5つに分けることができます。

要件定義

通信するデータ量やパフォーマンス、ネットワーク構成のイメージなどを顧客にヒアリングし、ネットワークに必要な機能や性能を明確にして要件定義書を作成します。

設計

要件定義書に基づいて、ネットワークの設計を行います。 ネットワーク機器の種類や使用する回線を決定する基本設計から、 各機器の配線や接続方法、IPアドレスの割り当てなどの詳細設計まで作成します。 

構築

作成した設計書に基づいて、ネットワーク機器を設置します。スイッチやルーターなどを設計書の図面に沿って配置し、ケーブルを敷いて接続します。機器を設置した後は、通信が正常に行われるかテストを実施します。

運用

ネットワークシステムが問題なく稼働し続けるよう監視し、必要に応じてネットワーク構成を変更したり、機器をアップデートしたりします。ネットワークシステムのパフォーマンスやセキュリティ性、可用性が最善のものとなるよう改善を繰り返します。

保守

システムに障害が起きた際に、原因の調査や復旧作業を行ったり、老朽化した機器を事前に交換したりします。

ネットワークエンジニアの客先常駐について

ネットワークエンジニアは客先常駐で働く可能性のある職種です。主に以下のような企業では、客先常駐型のワークスタイルを採用しています。

・BPO企業
・SI企業

 
これらの企業に勤務する場合、セキュリティの観点からお客様のオフィス内でしかネットワークにアクセスできないことが多く、客先常駐で働く可能性が高くなります。
 
一方で、自社勤務になることが多いのは以下に分類される企業です。

・データセンターを持つ大企業
 
これは、セキュアなネットワークを社内・データセンター間で構築しやすいためです。ただし、データセンター内にオフィスがある場合は、データセンター勤務となることもあります。
 
自社勤務か客先常駐かの違いによって習得できるスキルに差はありませんので、今後のキャリアを考える上では、勤務場所よりも業務内容で勤務先を選んだ方がよいでしょう。

2.  ネットワークエンジニアのキャリアパス

続いて、ネットワークエンジニアのキャリアパスを解説します。
ネットワークエンジニアのキャリアパスは、主に以下の3つに分類することができます。

・上流工程を担当するネットワークエンジニア
・データセンターの設計や大規模システムの設計、セキュリティを担当するスペシャリスト
・プロジェクトマネジメントやネットワークの評価を行うコンサルタント

 
それぞれのキャリアパスの目指し方や難易度について説明します。

上流工程を担当するネットワークエンジニアを目指す

ネットワークエンジニアは、運用・保守といった下流工程からスタートし、要件定義、設計、構築と上流工程を担当するネットワークエンジニアへとスキルアップしていくのが一般的です。
 
現在、運用・保守業務を主に担当しているのであれば、まずは設計スキルを書籍や資格試験を活用して身につけることが第一歩です。ネットワークエンジニアの知識習得にはIPAのネットワークスペシャリスト試験がスタンダードです。ただし、ネットワークスペシャリスト試験は難易度が高いため、「基本情報技術者試験」→「応用情報技術者試験」→「ネットワークスペシャリスト試験」と段階的に合格を目指しましょう。
 
そして、空いているネットワーク機器やネットワークシュミレーターを使って構築スキルを磨きましょう。実務を任せてもらえるようになれば上流工程を担当するネットワークエンジニアへの転職が現実的になってきます。

年収

上流工程を担当するネットワークエンジニアの年収は500~700万程度が一般的です。要件定義スキルや基本設計スキルなどを持っていたり、シスコの上級資格(CCNP)などを持っていたりすると高い評価を得られる傾向にあります。

ネットワークのスペシャリストを目指す

スペシャリストとは、データセンターや数万人以上のユーザーがアクセスするような大規模システムのネットワーク設計や構築などを担当するネットワークエンジニアです。大規模システムは一時的であっても停止が許されないケースが多く、パフォーマンスや可用性、セキュリティ性など高度な設計スキルと幅広い知識が求められます。
 
知識・スキルだけでなく経験も求められるため、まずはネットワークエンジニアとしてリーダー職以上を目指しましょう。リーダー職以上になると、開発するシステムのネットワーク全体の設計など責任者の立場での仕事が多くなります。このような経験を積んだ後、大規模システムのネットワーク設計に携われる会社へ転職します。転職後にいきなり設計責任者の立場になることは難しいですが、経験を積むうちに次第に任される範囲も広がっていくはずです。長い道のりですが、このような経験を通して最終的に大規模システムの設計全体を任されるスペシャリストになっていくキャリアを目指すのが一般的です。

年収

スペシャリストの年収は非常に高く、800万円〜1,000万円以上を見込むことができるでしょう。

ネットワークのコンサルタントを目指す

コンサルタントは、ネットワーク案件のプロジェクトマネジメントや企業のネットワークを診断し、改善策の提案などを行う職種です。ネットワークの要件定義、設計、開発、運用保守、ベンダー製品などの幅広い知識・スキルだけでなく、進捗管理や課題管理、予算管理といったプロジェクトマネジメントスキル、ネットワーク診断スキルが求められます。上流工程を担当するネットワークエンジニアやスペシャリストとしての経験を積んでから、コンサルタントにキャリアアップするケースが一般的です。
 
スペシャリストで解説した資格に加えて、プロジェクトマネージャー試験やPMP、ITストラテジスト試験、ITコーディネーター試験などで必要なスキルを身につけると良いでしょう。

年収

コンサルタントの年収も高い傾向にあり、800万円〜1,000万以上となります。

3. まとめ

この記事では、ネットワークエンジニアの仕事内容や必要なスキル、キャリアパスを解説しました。ネットワークはシステムを支えるインフラとして必要不可欠なものです。よって、ネットワークスキルをベースとしたキャリアプランを構築しやすい職種と言えるでしょう。要件定義や基本設計などの上流スキルやシスコ製品の高度なスキルを身につけることでキャリアパスの選択肢が広がります。 

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

人気の求人特集

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

ネットワークエンジニアの求人・転職一覧