ネットワークエンジニアの夜勤について

最終更新日:2020年11月13日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

ネットワークエンジニアとは、コンピューターをメインとした電子機器のネットワークを設計、構築、保守、運用する技術者です。

この職種に対する夜勤は、もはや常識ともいえます。中には日勤固定で働いている方も多くいる中、24時間体制による有人監視といった業務で、必然的に夜勤が発生することも。

ここではネットワークエンジニアの夜勤について説明します。

1. インフラ監視は24時間体制の有人監視

ネットワークエンジニアの業務のひとつであるインフラ監視には、人が監視する場合と、無人で監視する場合も2パターンが存在します。

人間の目でもって監視が必要なものもありますが、中には何か障害やトラブルが発生した際に、監視サーバーがエンジニアにその旨を告知するといった無人による仕組みの導入が可能な場合もあります。

無人監視の最大のメリットは人件費の削減です。IT企業の一番の出費とも言える人件費がかからないため、Web系の場合は無人監視を導入している企業が多いでしょう。

逆に、金融系のインフラの場合は有人監視がポピュラー。たった一瞬でもインフラが止まることが許されない環境のため、24時間体制の有人監視が必須であり、従って夜勤が発生します。

また、各企業によって異なりますが、2交代で対応する場合は、体力的に非常に厳しいのが現実です。一秒たりとも変化を見逃せない状況で、一晩中気を張りつめて監視することになります。

2. インフラ運用監視・保守の夜勤

インフラの運用監視は一般的に365日通して行わければならないため、夜勤が存在します。そのため、インフラの運用監視ならば夜勤があると理解しておきましょう。

また、何か問題が起きた際には保守担当が現場に駆けつけ対応します。つまり、インフラ保守にもトラブル対応時には夜勤が存在することになります。

企業によっては監視が保守の役割を兼ねている場合もありますが、あくまでも簡単なトラブルのみの対応となることが多いのが現状です。

3. インフラ構築の夜勤

構築業務は、いわゆる上流工程と呼ばれるポジションです。しかし、その上流工程にも夜勤があります。
既にあるネットワークを止めることができないため、夜間や土日を利用して切り替え作業を実施する必要があるためです。

インフラ構築の場合は、常に夜勤が発生するわけではなく、たまに夜勤がある可能性があるといった形でしょう。

4. ネットワークエンジニアで夜勤を回避することはできるか

上流工程に関われるネットワークエンジニアの場合、夜勤や残業の発生頻度は少ない可能性が高いです。しかし、未経験や新人の時は、夜勤は発生するものと認識するのが良いでしょう。

勤務体制は、対応する案件や顧客先によって異なります。まずは、実務経験や資格取得でキャリアを積み、自身のスキルアップを図りましょう。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。

最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。

一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。


転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。

キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。


「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

人気の求人特集

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

ネットワークエンジニアの求人・転職一覧