ネットワークスペシャリストに必要な知識・スキルを把握してキャリアアップを目指そうネットワークスペシャリストを目指す人向け|年収やキャリアプランを徹底解説

最終更新日:2022年10月18日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

スマーフォンの普及やインターネットの高速化に伴い、ネットワークはいまや社会に欠かせないものとなりました。そんななか、ネットワークエンジニアでスペシャリストとしてキャリアアップし、年収を上げたいと考えている人もいるでしょう。
当記事では、ネットワークスペシャリストを目指す人向けに、ネットワークエンジニアの仕事内容や年収、キャリアプラン、年収を上げるためにすべきこと、有用な資格、未経験からネットワークエンジニアの知識・スキルを身につける方法などについて解説します。

ネットワークエンジニアの仕事内容とネットワークスペシャリスト

まず、ネットワークエンジニアの仕事内容とネットワークスペシャリストについて解説します。

ネットワークエンジニアの仕事内容

ネットワークエンジニアは、ITシステムのネットワークの設計、構築、運用・保守を行います。

設計

設計工程では、顧客の要件をヒアリングしてネットワークの要件定義書としてまとめ、導入する製品・技術を選定しネットワークに関する設計を行います。構築や運用の方法についても、この段階で決めておきます。

構築

構築では、設計書をもとにルーター・スイッチなどのネットワーク機器の設置やケーブルの配線を行います。その後、サーバーへのソフトウェアのインストール、スイッチ・ルーターなどの各種設定、動作確認・性能テストを実施します。

運用・保守

運用が始まると、ネットワークの箇所によっては性能問題が発生することもあります。その際には、ネットワーク機器の設定変更などを行います。また、切断などのトラブル対応や、機器更新時の保守もネットワークエンジニアの重要な仕事です。

ネットワークスペシャリスト

ネットワークスペシャリストに明確な定義はありませんが、IPAのネットワークスペシャリスト試験の概要には「大規模かつ堅牢なネットワークシステムを構築し運用できるエンジニア」と表記されています。たとえば、数万人が属する大企業や、多数のアクセスがあるデータセンターなどの大規模システムにおいて、ネットワークのスペシャリストとして担当できるエンジニアを指します。
大規模なシステムは、常時稼働してるため停止や性能ダウンが許されないことが多く、信頼・性能・セキュリティなど高い要件が必要とされます。これに対応できる、ネットワークに関する高度なスキルや幅広い知識を持つIT人材が、ネットワークスペシャリストです。

関連記事: ネットワークエンジニアとは?どんな仕事かをわかりやすく解説

ネットワークエンジニアの年収

ここでは、ネットワークエンジニアとその他ITエンジニアの平均年収を比較します。

ネットワークエンジニアやネットワークスペシャリストの平均年収

経済産業省の調査(IT関連産業の給与等に関する 実態調査結果)によると、ネットワークエンジニアに相当するIT技術スペシャリストの平均年収は約758万円です。この平均年収の母数には、高い経験・専門スキルを積んだ、いわゆるスペシャリストが含まれていると想定されます。そのため、若手エンジニアを中心としたネットワークエンジニアの平均年収はこれよりも低くなるでしょう。

なお、IT技術スペシャリストにはネットワークエンジニアだけではなく、データベースエンジニア、セキュリティエンジニアも含まれています。レバテックでの求人情報から見た、各ポジションの平均年収は以下のとおりです。
 

  • ・ネットワークエンジニア:約400万~600万円

    ・ネットワークペシャリスト:約600万~800万円

    ・セキュリティエンジニア:約500万~700万円

    ・データベースエンジニア:約500万~700万円

プログラマー・システムエンジニア

プログラマー・システムエンジニアの平均年収は全世代で約590万円です。こちらもスキル・経験値の高いエンジニアが、平均年収を引き上げていると考えられます。レバテックに記載されている求人によると、それぞれの平均年収は以下のとおりです。
 

  • ・プログラマー:約400万~500万円

    ・システムエンジニア:約400万~600万円

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーの平均年収は、全世代で約890万円です。プロジェクトマネージャーになるには、ある程度の経験年数を要するため、平均年齢が高いことも年収が高い要因となっています。なかには年収1,000万円を超える求人もありますが、若手エンジニアの場合は平均よりも低くなるでしょう。

ネットワークエンジニアのキャリアアッププラン

次に、ネットワークエンジニアの代表的なキャリアプランを紹介します。

ネットワークのスキルを高めてネットワークスペシャリストとして活躍する

前述のとおり、ネットワークエンジニアのなかでも高度なスキルを持つ人材をスペシャリストと呼びます。ネットワークに特化したスキルを伸ばして、ネットワークスペシャリストとして活躍するキャリアプランが考えられます。

セキュリティやサーバーなど幅広いインフラのスキルを持つエンジニアとして成長する

ネットワークと関わりの深いセキュリティの知識や、インフラエンジニアのベースとなるサーバーのスキルを身につけて、幅広いインフラのスキルを持つインフラエンジニアとして成長するキャリアパスもあります。

システムエンジニアやプロジェクトマネージャーなどのジェネラリストになる

ネットワークエンジニアの技術力に加えて、プロジェクト管理やマネジメントスキルを身につけてジェネラリストになる道もあります。
ジェネラリストの頂点であるプロジェクトマネージャーになると、企業によっては年収が1,000万円を超えるケースもあり、高い年収が期待できます。

ネットワークスキルを高めてフリーランスとして独立する

ネットワークに関する高いスキルや経験を持っていると、フリーランスとして独立できる可能性もあります。市場や顧客に実力を認められれば、継続してオファーを獲得でき、安定した収入を得られるでしょう。

関連記事: ネットワークエンジニアのキャリアパス

ネットワークスペシャリストを目指して年収を上げるためにすべきこと

次に、ネットワークスペシャリストを目指して年収を上げるためにすべきことを解説します。

最新ネットワーク技術を身につけて技術レベルを高める

たとえば最新ネットワーク技術として、サーバーと同様に仮想化技術が挙げられます。SDNなどの仮想化技術スキルを高めると、エンジニアとしての価値向上につながります。転職時には、トレンドに沿った最新技術を身につけていると有利になるでしょう。

技術の幅を広げる

ネットワークに関連性のあるセキュリティや、インフラの中心であるサーバーなどのスキルを身につけると、エンジニアとして幅広い視野を持つことができます。大規模プロジェクトの仕事を任される可能性も高くなります。

マネジメント能力を身につける

上流工程を担当するようになると、仕事を任される範囲が広がり、インフラチームのリーダーとして指示を出す機会が増えていきます。高いマネジメント力を身につけておくと、チームが有効に機能し、年収アップにつながるでしょう。

上流工程スキルを意識して仕事をする

システム開発では、顧客から開発を受託する元請けは上流工程を担当する大企業のケースが多く、二次請けや三次請けの企業に比べて年収が高い傾向があります。
また、二次請けや三次請けなどの下請けの会社に所属していても、上流工程スキルを磨き、二次請け・元請けと徐々にステップアップすることが可能です。元請けでは、上流工程を含めた大規模ネットワークプロジェクトを担当する機会も増え、ネットワークスペシャリストとして活躍できる可能性も高まります。

ネットワークエンジニアに有効な資格

ネットワークエンジニアの資格を持っているからといって、必ずしも年収アップにつながるわけではありません。しかし、会社によっては給与に反映される場合もあります。転職時には、資格は合否に影響しない企業がほとんどですが、ネットワークは特殊な技術であり、スキルを証明できるため良い評価につながるでしょう。また、資格取得のためには体系立てて学習を進める必要があるため、知識を効率よく習得するのに役立ちます。

ネットワークスペシャリスト試験

ネットワークスペシャリスト試験は、IPAが運用する、ネットワークエンジニアとしてスペシャリストレベルのスキルを保有することを認定する国家資格です。
ITSSのキャリアフレームワークと認定試験・資格とのマップでは、ITスペシャリストのネットワーク分野のレベル4(1~4で4最高)相当とされています。ネットワークエンジニアとしてのスキルを示す試験のなかでは最も難易度や知名度が高い試験で、スキルを証明するのにも有効です。
合格に必要な勉強時間は約200時間といわれています。令和3年度の合格率は12.8%で、例年14〜15%前後で推移しており、狭き門といえます。試験にチャレンジする際には過去問をうまく活用しましょう。

シスコ技術者認定

シスコ技術者認定は、シスコシステムズ社が主催する同社製品の操作方法やネットワーク技術の専門性を問う試験です。エントリー・アソシエイト・プロフェッショナル・エキスパート・アーキテクトの5つのレベルがあります。初心者は、アソシエイトレベルの「CCNA」から挑戦するのがよいでしょう。上位のプロフェッショナル向けの「CCNP」やエキスパート向けの「CCIE」などを持っていると、さらに高いスキルを証明できます。
「CCNA」の合格に必要な勉強時間は160~200時間といわれており、合格率は非公表です。

未経験からネットワークエンジニアの知識・スキルを身につける方法

近年では、ITエンジニアの需要が高く、未経験者でもネットワークエンジニアに採用される場合があります。ただし未経験者は、まず運用・保守の監視業務やヘルプデスクといった軽めの仕事を担当し、徐々にステップアップしていくことになります。
以下では、未経験者からネットワークエンジニアを目指す際に、知識・スキルを身につける方法を紹介します。

スクールで知識・スキルを習得する

スクールに通うとコストはかかりますが、短期間で知識・スキルを身につけられるでしょう。あらかじめスクールが用意したカリキュラムに沿って学習を進められ、現役エンジニアなどのプロの講師が疑問点にも丁寧に回答してくれるため、未経験者の知識・スキルの習得には効果的です。

書籍・オンラインサイトを活用して独学する

書籍やオンラインサイトを活用した独学は、安価かつ気軽に学習を始められる点がメリットです。特にオンラインサイトは、スマートフォンアプリやWebサイト上でいつでも手軽に勉強できます。有名なオンラインサイトには「Schoo」「Progate」「ドットインストール」があり、未経験にはWebサイト上で実機環境などの学習環境を用意できる「Progate」がおすすめです。ただし、独学は最後までやり遂げる根気が必要なため、自信のない人はスクールも検討しましょう。

ルーターやスイッチなどの実機に触れてみる

基礎知識の習得後は、実際にルーターやスイッチなどのネットワーク機器を使って設定作業を行ってみましょう。新しく習得した知識を実際に使うことで、理解がより深まります。実際の機器がない場合には、前述のオンラインサイトやパソコン上のネットワークシミュレーターを利用するのも一つの手です。

ITエンジニアの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア職を専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通しており、現状は転職のご意思がない場合でも、ご相談いただければ客観的な市場価値や市場動向をお伝えし、あなたの「選択肢」を広げるお手伝いをいたします。

「将来に向けた漠然とした不安がある」「特定のエンジニア職に興味がある」など、ご自身のキャリアに何らかの悩みを抱えている方は、ぜひ無料のオンライン個別相談会にお申し込みください。業界知識が豊富なキャリアアドバイザーが、一対一でさまざまなご質問に対応させていただきます。

「個別相談会」に申し込む

転職支援サービスに申し込む
※転職活動を強制することはございません。

レバテックキャリアのサービスについて

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

人気の求人特集

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ