ネットワークスペシャリストの年収|難易度や合格率も解説

最終更新日:2024年3月8日

スマートフォンの普及やインターネットの高速化に伴い、ネットワークはいまや社会に欠かせないものとなりました。そんななか、ネットワークエンジニアでスペシャリストとしてキャリアアップし、年収を上げたいと考えている人もいるでしょう。

当記事では、ネットワークスペシャリストを目指す人向けに、ネットワークエンジニアの仕事内容や年収、キャリアプラン、年収を上げるためにすべきこと、有用な資格、未経験からネットワークエンジニアの知識・スキルを身につける方法などについて解説します。

レバテックキャリアで転職した3人に2人が年収70万円UPを実現

支援実績10年の登録者データを基にした エンジニア・クリエイター専門 年収診断 無料診断START

※2023年1月~2024年3月実績

この記事のまとめ

  • ネットワークスペシャリストはIPAの試験の概要に「大規模かつ堅牢なネットワークシステムを構築し運用できるエンジニア」と定義されている
  • ネットワークスペシャリストの年収は約600万~800万円
  • ネットワークスペシャリスト試験の合格率は約15%ほどであり、難易度が高い

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

ネットワークスペシャリストの平均年収

レバテックキャリアでの求人情報から見ると、ネットワークスペシャリストの平均年収は約600万~800万円となっています。

一般的なサラリーマンの平均年収がおおよそ450万円で、システムエンジニアの平均年収が550万円と言われていることと比較しても、非常に高いと言えます。

また、ネットワークスペシャリストは需要に対する供給が圧倒的に不足している状況にあります。情報ネットワーク社会の構築に向けた社会的変化を考慮すれば、その価値は今後ますます高まることが予想されます。

いくつかの企業では、給与に資格手当を追加する制度を設けており、これにより毎月5,000円から10,000円程度の金額が支給されることがあります。ネットワークスペシャリストの資格はキャリアアップにおいて多くのメリットを提供する資格の一つと言えます。

ネットワークエンジニアの平均年収

経済産業省の調査(IT関連産業の給与等に関する 実態調査結果)によると、ネットワークエンジニアに相当するIT技術スペシャリストの平均年収は約758万円です。

この平均年収の母数には、高い経験・専門スキルを積んだ、いわゆるスペシャリストが含まれていると想定されます。そのため、若手エンジニアを中心としたネットワークエンジニアの平均年収はこれよりも低くなるでしょう。
レバテックでの求人情報から見た、ネットワークエンジニアの平均年収は約400万~600万円ほどの求人が多く見られます。

そのほかのITスペシャリストの平均年収

ネットワークスペシャリスト以外にも、ITスペシャリストと呼ばれる職業があります。
レバテックでそれぞれの職種をキーワードに求人情報からみた、平均年収は以下のとおりです。

  • ・エンベデッドシステムスペシャリスト:約430万~830万円

    ・データベーススペシャリスト:約470万~770万円

    ・セキュリティスペシャリスト:約550万~970万円

そのほかIT職の平均年収

また、、経済産業省の調査におけるIT技術スペシャリストには、ネットワークエンジニアだけではなく、データベースエンジニア、セキュリティエンジニアも含まれています。レバテックでの求人情報から見た、そのほかのIT職の各ポジションの平均年収は以下のとおりです。

  • ・セキュリティエンジニア:約500万~700万円

    ・データベースエンジニア:約500万~700万円

プログラマー・システムエンジニア

プログラマー・システムエンジニアの平均年収は全世代で約590万円です。こちらもスキル・経験値の高いエンジニアが、平均年収を引き上げていると考えられます。レバテックに記載されている求人によると、それぞれの平均年収は以下のとおりです。

  • ・プログラマー:約400万~500万円

    ・システムエンジニア:約400万~600万円

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーの平均年収は、全世代で約890万円です。プロジェクトマネージャーになるには、ある程度の経験年数を要するため、平均年齢が高いことも年収が高い要因となっています。なかには年収1,000万円を超える求人もありますが、若手エンジニアの場合は平均よりも低くなるでしょう。

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

そもそもネットワークスペシャリストとは

そもそもネットワークスペシャリストとはどのような職種なのでしょうか。

ネットワークスペシャリストに明確な定義はありませんが、IPAのネットワークスペシャリスト試験の概要には「大規模かつ堅牢なネットワークシステムを構築し運用できるエンジニア」と表記されています。たとえば、数万人が属する大企業や、多数のアクセスがあるデータセンターなどの大規模システムにおいて、ネットワークのスペシャリストとして担当できるエンジニアを指します。
大規模なシステムは、常時稼働してるため停止や性能ダウンが許されないことが多く、信頼・性能・セキュリティなど高い要件が必要とされます。これに対応できる、ネットワークに関する高度なスキルや幅広い知識を持つIT人材が、ネットワークスペシャリストです。

また、ネットワークエンジニアとの違いについても解説します。
ネットワークスペシャリストは、ネットワークエンジニアとしての実務経験を生かし、大規模ネットワークシステムの構築、ネットワーク全体の計画とデザインなどの上流工程や技術支援など、多岐にわたる業務を遂行する職種です。ネットワークエンジニアとしての実務経験を積んでから、3年から5年の経験を経てネットワークスペシャリストとしてキャリアを発展させることが可能です。

関連記事: ネットワークエンジニアとは|役割や仕事内容、未経験から目指す方法

ネットワークスペシャリスト試験とは

ネットワークスペシャリスト試験は、情報処理推進機構が主催し、経済産業省によって国家資格として認定されている試験です。
ネットワークスペシャリストは、固有の技術からサービスの動向まで幅広く理解し、大規模ネットワークの構築から運用まで対応できる専門家であることから、主にネットワークエンジニアやインフラ系エンジニアを目指す人におすすめの試験です。

情報処理推進機構は、ITパスポートなどのよく知られた試験も提供していますが、ネットワークスペシャリスト試験はその上位カテゴリである高度情報処理技術者試験の1つです。

ネットワークスペシャリスト試験の概要

ネットワークスペシャリスト試験は受験資格に制限がなく、誰でも年齢や学歴に関係なく受験できます。
この試験は平成29年度春期から実施されており、現行の情報処理技術者を対象とする国家試験の一部で、情報ネットワークに関する高度な知識を証明するための国家資格と位置づけられています。
ネットワークスペシャリスト試験は毎年10月の第3日曜日に実施されています。

当日の試験では午前中に二回の四肢択一形式の試験が行われ、午後には二回の記述式試験が行われます。
試験はほぼ一日にわたりますので、高い集中力が求められ、スペシャリストとして包括的な知識が必要です。

試験の内容は、ネットワーク技術だけでなく、セキュリティからマネジメントまで幅広いスキルが求められます。具体的な試験内容は以下の通りです。

  • ・要件定義

    ・設計

    ・構築

    ・運用と保守

    ・管理

    ・評価

    ・コンサルティング

国家資格であるため、取得後に有効期限の心配は不要であり、一度取得すれば再度試験を受ける必要はありません。

ネットワークスペシャリスト試験の難易度

ネットワークスペシャリスト試験は、誰でも受験資格がありますが、情報処理技術者試験の一環として、独立行政法人である情報処理推進機構が主催しています。
ネットワークスペシャリスト試験は通称NWとも呼ばれ、この試験は情報処理技術者試験の中でレベル区分4に分類されています。
ネットワークスペシャリスト試験は毎年約2万人が受験しますが、合格率は約15%ほどであり、合格難易度が高い試験とされています。
この高い合格難易度からも、ネットワークスペシャリスト資格の希少性が理解できます。
一方で、その分、資格を取得するには入念な試験対策が不可欠です。

ネットワークスペシャリストの仕事内容

次に、ネットワークスペシャリストの仕事内容について解説します。
ネットワークスペシャリストは、ITシステムのネットワークの設計、構築、運用・保守を行います。

設計

情報ネットワークシステムの設計・開発は、ネットワークスペシャリストによる。代表的な職務の一つです。設計の段階では、顧客からの要件を収集し、ネットワークの要件定義書として整理し、採用する製品や技術を選定し、ネットワークの具体的な設計を行います。
同時に、安全性を考慮した提案を行うため、要求事項を確認しながら現在の方向性を検討します。

この段階で構築および運用の方法も検討し、環境を低コストかつ効率的に構築する能力が必要です。

さらに、顧客からはっきりと提示されていない要求事項についても気づき、それを考慮して設計に組み込むべきかどうかを判断する洞察力が求められます。

次の構築段階をスムーズに進めるためには、顧客とのコミュニケーションを重ね、要求されている情報ネットワーク環境の全体像を明らかにすることが不可欠です。

構築

構築工程では、前段階で顧客とのコミュニケーションを通じて明らかになった情報ネットワークシステムの実現に向け、設計書をもとにネットワーク機器(ルーターやスイッチなど)の設置とケーブルの配線を実行します。そ
の後、サーバーへのソフトウェアのインストール、スイッチやルーターの設定、動作確認、性能テストを実施します。

前段階での設計・開発業務が主にデスクワークであるのに対し、構築業務では、実際に設備機器を配置し、物理的な配線作業が必要です。

情報ネットワークシステムの構築では、現行のネットワーク環境を理解し、将来の環境への適応や拡張、変更に備えて見直しや変更が必要な場合、それに対応します。また、新しい環境への移行に伴う負担の軽減策やトラブル時の対処策に関する変更や修正を、顧客の要求を考慮しながら実施し、顧客に明確に伝える必要があります。

さらに、豊富な業務経験と確固たる知識を駆使して、予定されたスケジュール内で構築作業を完了し、納期を守る能力が求められます。

システム管理

情報ネットワークシステムの管理は、ネットワークスペシャリストの主要な職務のひとつです。

通常、ネットワークスペシャリストは自身で設計し、構築した情報ネットワークシステムを最適な状態で運用し続ける責任を担います。

情報ネットワークシステムは、運用段階で初期の設計・開発時には予測できなかった問題が発生することがあります。偶発的な問題を放置すると、情報ネットワークシステム全体に広がり、顧客に大きな損害をもたらす可能性があります。

したがって、問題の原因を特定し、適切な対策を講じるための分析を行い、ネットワークシステムの安全性を確保することが重要です。同時に、安定した運用環境を維持し、社会の変化に合わせて改良策を提案することも、ネットワークスペシャリストに求められる業務の一部です。

チームマネジメント

情報ネットワークシステムの構築に取り組む場合、限られたスケジュール内で作業を確実に完了させるために、通常、複数のネットワークスペシャリストが連携して作業を進めることがあります。

そのため、共通の目標に向かって効率的に進展するためのチームとして、適切なマネジメントスキルも必要です。

また、ネットワークスペシャリストとしてのキャリアが進展すると、設計、開発、および構築の段階から部下を指導する立場での業務を担当することがあるでしょう。

部下に対して適切な指導とアドバイスを提供するためには、コミュニケーション能力が不可欠です。誰に対しても、現在のネットワークスペシャリストとしての状況を分析し、明確なゴールに基づいて、選択可能な方法について指導と説明を行うことが大切です。

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

ネットワークスペシャリスト試験を取得するメリット

次に、ネットワークスペシャリスト試験を取得するメリットについて解説します。

IT業界でスキルを示すことができる

ネットワークスペシャリスト資格は、IT業界において非常に高度なスキルを示すものであり、IT業界でのスキルを示すことができます。

ネットワーク全般に精通したスキルを持つ専門家は数が限られていますが、このようなスペシャリストを求める企業は増加しています。

そのため、他のIT関連資格を持つ人々に比べて、ネットワークスペシャリストは市場価値が高いとされています。

資格手当がつく場合がある

一部の企業では、ネットワークスペシャリスト資格を持つことで、給与に資格手当が支給される場合があります。

ネットワークに関する幅広い知識と経験を持っていても、明確な資格を持っていない場合、手当は支給されないことがあります。

給与を向上させたい方にとって、難しい試験かもしれませんが、手当を目標に、資格取得を目指すことも一つの選択肢です。

キャリアアップにつながる

高度な試験、ネットワークスペシャリストなどの資格を取得する際、一部の企業は資格取得を奨励するための補助金を提供しています。

これは、企業が資格取得者に価値があると認識しており、資格を取得すれば企業内で高く評価される可能性が高いことを示しています。

そのため、資格を取得することで、ネットワークスペシャリストだけでなく、プロジェクトマネージャーや他の責任ある職務を担当する機会が増え、キャリアの展望が広がるでしょう。

ネットワークスペシャリスト資格の保持は、IT業界におけるキャリアアップにおいて強力なアドバンテージとなります。

転職に有利

ネットワークスペシャリスト資格は非常に高度なものであるため、多くの企業がこの資格を保有した候補者を積極的に採用しています。

資格を保有していることから、既に高度なネットワークに関する知識と経験を備えており、即戦力として期待されます。

そのため、資格を持つ候補者は、給与やポジションなどで他の候補者よりも有利な待遇を受けることが一般的です。

ネットワークスペシャリストとして転職を考えている場合、資格取得後の転職を検討することは有益な選択肢と言えるでしょう。

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

ネットワークスペシャリストに求められるスキル

ネットワークスペシャリストは、システム開発などの現場で不可欠な役割を果たしています。
こうしたネットワークスペシャリストに求められるスキルについて解説します。

幅広い知識と向上心

ネットワークスペシャリストは、システムの設計から構築、運用、保守まで、ネットワーク全体を管理するスキルが求められます。

特にIT業界は急速に進化する技術と情報が絶えず変動する環境であり、最新の情報に追従することが重要です。

そのため、ネットワークスペシャリストとして成功するためには、絶えず幅広い知識を継続的に学び続ける向上心が欠かせません。

マネジメントスキル

ネットワークを構築する過程では、多くの人々と連携し協力する必要があります。

また、ネットワークスペシャリストは、しばしばマネージャーやリーダーの役割も果たすことがあります。そのため、協力メンバーに対して明確な指示を出したり、改善について討論するなどのマネジメントスキルも不可欠です。

課題発見力・提案力

ネットワークスペシャリストはコンサルティング業務も行うことがあります。

他社のネットワーク状況から問題を発見し、改善点とその戦略を経営陣に説得力のある提案として提示します。経営陣を説得するためには、魅力的なプレゼンテーションや提案が必要です。

そのため、適切な課題を発見する能力や、相手を説得する提案力が求められます。

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

ネットワークスペシャリストとして年収を上げる方法

次に、ネットワークスペシャリストを目指して年収を上げるためにすべきことを解説します。

最新ネットワーク技術を身につけて技術レベルを高める

たとえば最新ネットワーク技術として、サーバーと同様に仮想化技術が挙げられます。SDNなどの仮想化技術スキルを高めると、エンジニアとしての価値向上につながります。転職時には、トレンドに沿った最新技術を身につけていると有利になるでしょう。

技術の幅を広げる

ネットワークに関連性のあるセキュリティや、インフラの中心であるサーバーなどのスキルを身につけると、エンジニアとして幅広い視野を持つことができます。大規模プロジェクトの仕事を任される可能性も高くなります。

マネジメント能力を身につける

上流工程を担当するようになると、仕事を任される範囲が広がり、インフラチームのリーダーとして指示を出す機会が増えていきます。高いマネジメント力を身につけておくと、チームが有効に機能し、年収アップにつながるでしょう。

上流工程スキルを意識して仕事をする

システム開発では、顧客から開発を受託する元請けは上流工程を担当する大企業のケースが多く、二次請けや三次請けの企業に比べて年収が高い傾向があります。
また、二次請けや三次請けなどの下請けの会社に所属していても、上流工程スキルを磨き、二次請け・元請けと徐々にステップアップすることが可能です。元請けでは、上流工程を含めた大規模ネットワークプロジェクトを担当する機会も増え、ネットワークスペシャリストとして活躍できる可能性も高まります。

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

ネットワークエンジニアのキャリアアッププラン

次に、ネットワークエンジニアの代表的なキャリアプランを紹介します。

ネットワークのスキルを高めてネットワークスペシャリストに

前述のとおり、ネットワークエンジニアのなかでも高度なスキルを持つ人材をスペシャリストと呼びます。ネットワークに特化したスキルを伸ばして、ネットワークスペシャリストとして活躍するキャリアプランが考えられます。

セキュリティやサーバーなどインフラのスキルを持つエンジニアに

ネットワークと関わりの深いセキュリティの知識や、インフラエンジニアのベースとなるサーバーのスキルを身につけて、幅広いインフラのスキルを持つインフラエンジニアとして成長するキャリアパスもあります。

SEやプロジェクトマネージャーなどのジェネラリストに

ネットワークエンジニアの技術力に加えて、プロジェクト管理やマネジメントスキルを身につけてジェネラリストになる道もあります。
ジェネラリストの頂点であるプロジェクトマネージャーになると、企業によっては年収が1,000万円を超えるケースもあり、高い年収が期待できます。

ネットワークスキルを高めてフリーランスとして独立

ネットワークに関する高いスキルや経験を持っていると、フリーランスとして独立できる可能性もあります。市場や顧客に実力を認められれば、継続してオファーを獲得でき、安定した収入を得られるでしょう。

関連記事: ネットワークエンジニアのキャリアパス|キャリアアップの要点も解説

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

未経験からネットワークスペシャリストを目指す方法

近年では、ITエンジニアの需要が高く、未経験者でもネットワークエンジニアに採用される場合があります。ただし未経験者は、まず運用・保守の監視業務やヘルプデスクといった軽めの仕事を担当し、徐々にステップアップしていくことになります。
以下では、未経験者からネットワークエンジニアを目指す際に、知識・スキルを身につける方法を紹介します。

スクールで知識・スキルを習得する

スクールに通うとコストはかかりますが、短期間で知識・スキルを身につけられるでしょう。あらかじめスクールが用意したカリキュラムに沿って学習を進められ、現役エンジニアなどのプロの講師が疑問点にも丁寧に回答してくれるため、未経験者の知識・スキルの習得には効果的です。

書籍・オンラインサイトを活用して独学する

書籍やオンラインサイトを活用した独学は、安価かつ気軽に学習を始められる点がメリットです。特にオンラインサイトは、スマートフォンアプリやWebサイト上でいつでも手軽に勉強できます。有名なオンラインサイトには「Schoo」「Progate」「ドットインストール」があり、未経験にはWebサイト上で実機環境などの学習環境を用意できる「Progate」がおすすめです。ただし、独学は最後までやり遂げる根気が必要なため、自信のない人はスクールも検討しましょう。

ルーターやスイッチなどの実機に触れてみる

基礎知識の習得後は、実際にルーターやスイッチなどのネットワーク機器を使って設定作業を行ってみましょう。新しく習得した知識を実際に使うことで、理解がより深まります。実際の機器がない場合には、前述のオンラインサイトやパソコン上のネットワークシミュレーターを利用するのも一つの手です。

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

ネットワークスペシャリストに関するよくある質問

最後に、ネットワークスペシャリストに関してよくある質問に回答していきます。

Q1ネットワークスペシャリストの仕事内容を教えてください

ネットワークスペシャリストの役割は、一般的に2つのカテゴリに分けることができます。一つは技術的な支援を提供し、ネットワークシステムの設計、構築、および運用をサポートする役割です。もう一つはITプロジェクトのチームリーダーとしてマネジメントを担当する役割です。

Q2.ネットワークスペシャリスト試験の難易度はどれくらいですか?

ネットワークスペシャリスト試験は、情報処理技術者試験の一部として情報処理推進機構が主催し、通称NWとも呼ばれます。この試験は非常に難しく、年間約2万人が受験し、合格率は約15%と低いため、希少価値の高い資格です。受験資格は誰でもありますが、合格には入念な試験対策が必要です。

Q3.ネットワークスペシャリスト試験の合格率は何%ですか?

令和 3 年度春期の情報処理技術者試験において、8,420人がネットワークスペシャリストの試験を受験し、合格者は1,077人でした。そのため合格率は12.8%となっています。

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

まとめ

ネットワークスペシャリスト試験は難易度が高く、合格率が低いかもしれませんが、その分、取得することで非常に魅力的なキャリアと年収を実現できます。
情報技術の世界は急速に進化しており、ネットワークスペシャリストは常に最新のスキルを維持し続ける必要があります。しかし、この職業ならではの刺激的な仕事に就くことができるでしょう。
ネットワークエンジニアは目指してすぐになれる職業ではありませんが、この記事を読んで、少しでもネットワークスペシャリストに興味をもっていただけたら、ぜひ資格の勉強や、キャリアパスについて考えてみてはいかがでしょうか。

ITエンジニアの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア職を専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通しており、現状は転職のご意思がない場合でも、ご相談いただければ客観的な市場価値や市場動向をお伝えし、あなたの「選択肢」を広げるお手伝いをいたします。

「将来に向けた漠然とした不安がある」「特定のエンジニア職に興味がある」など、ご自身のキャリアに何らかの悩みを抱えている方は、ぜひ無料のオンライン個別相談会にお申し込みください。業界知識が豊富なキャリアアドバイザーが、一対一でさまざまなご質問に対応させていただきます。

「個別相談会」に申し込む

転職支援サービスに申し込む
※転職活動を強制することはございません。

レバテックキャリアのサービスについて

この記事の監修

レバテックキャリア編集部

レバテックキャリアは、IT/Web業界のエンジニア・クリエイター向けに特化した転職エージェントです。当メディアでは、エンジニア・クリエイターの転職に役立つノウハウから、日々のスキルアップや業務に活かせる情報まで、幅広いコンテンツを発信しています。

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

関連する記事

人気の求人特集

内定率が高い

ネットワークエンジニアの求人・転職一覧

今もらっている年収は高い?低い?

簡単60秒 エンジニア・クリエイター専門 年収診断 無料診断START ×

年収アップをご希望の方へ

簡単!年収診断

現在の市場価値や
年収UPの実現方法がわかる!

現在の職種はどちらですか?