ネットワークエンジニアの構築の仕事について

最終更新日:2020年11月11日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

ネットワークエンジニアは、ネットワークの設計、構築、運用、保守に携わるエンジニアのことをいいます。

中でも構築は、ネットワークの運用に向けて実際にネットワーク環境を整える工程です。しっかりと構築ができていなければその後の運用にも支障をきたすため、大切な工程だといえるでしょう。

ここでは、その構築工程ではどのような作業を行っているのか説明します。

構築とは

ネットワークエンジニアは、ネットワークの設計、構築、運用、保守を手がけます。
その中でも構築は、ネットワーク機器の設置や設定など、設計書をもとにネットワーク環境を整える工程です。

一般的には以下の業務を行います。

・ネットワーク機器の購入

設計工程で決めたネットワーク機器やサーバーラックなどを購入します。

・コンフィグファイルの作成

IPアドレスやルーティング、SNMPなどを設定したコンフィグファイルを作成します。

・検証

作成したコンフィグファイルに実際にコンフィグを入れ、きちんと動作するのか検証します。

・導入

ネットワーク機器、サーバーラックをクライアントのもとに持ち込み、設置します。設置した後はケーブリングです。もしWAN側の作業を行う場合は回線業者と連携しながら導入を行います。

ケーブリングとは、機器と機器をケーブルで繋ぐ作業のことを指します。運用時のトラブルを防止するためにも、この作業がとても大切です。

ケーブルを差し間違えてしまうと、ネットワークの切断などの接続トラブルが発生してしまいます。
ネットワークの活用が広がる企業において、接続トラブルは大きな損失を出してしまう可能性があるため、ケーブルの色を変えたりケーブルにラベルを付けるなどの対策が必要です。

また、配線が乱雑だと配線同士の摩擦で断線したり、ホコリにより発火したりといったトラブルが発生する可能性があります。結束バンドを利用するなどして、ケーブルの整理も行う必要があるでしょう。

屋根裏でのケーブリングなど、規模の大きいケーブリングを行う場合、ネットワークエンジニアでは対処できない可能性があります。その場合は専門の配線業者にケーブリングを依頼する必要があるため、ヒヤリングや現地調査の際に確認しておくことが大切です。

・テスト

テスト設計書をもとに、クライアントの要望に適した構築ができているか、異常はないか確認します。

問題がなければ、これで構築の工程は終了です。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。

最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。

一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。


転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。

キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。


「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

人気の求人特集

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

ネットワークエンジニアの求人・転職一覧