監視業務の具体的な仕事内容から求められるスキルまで徹底解説ネットワークエンジニアの監視業務について

最終更新日:2020年11月11日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

コンピュータネットワークの設計、構築、運用などを担当するネットワークエンジニア。新規のネットワーク設計業務が減る一方、継続して必要とされるのが監視業務です。

ネットワークエンジニアが行う監視業務の中身を見ていくほか、監視業務を担う上で必要となるスキルについても解説しています。

1. ネットワークエンジニアの仕事内容

ITの世界において、「ネットワーク」とは複数のコンピューターや関連機器が相互に接続された状態のことを指します。ネットワークがなければ、PC間で情報を共有したり、メッセージを送受信したりすることができません。

ネットワークエンジニアは、HUBやルーターなどのデバイスを用いて、最適なネットワーク環境を構築することを役割とする職種です。

ネットワークの規模にもよりますが、ネットワークエンジニアの仕事は、上流と下流で担当者が分かれるケースが一般的です。上流工程では、顧客からのヒアリング、要件分析、提案などを経て、基本設計、詳細設計へと進みます。この上流を担当するネットワークエンジニアを、現場ではビフォアSEと呼ぶことがあります。一方、下流工程を担うネットワークエンジニアは、アフタSEやフィールドエンジニアと呼ばれます。下流工程には、構築とテストのほか、保守や監視、運用が含まれます。

2. ネットワークエンジニアが担う監視業務とは

ネットワークエンジニアは、ネットワークの設計及び構築の他に、保守、監視、運用を担いますが、中でも、監視はネットワークシステムを維持するための重要な業務です。ネットワークは今や企業にとって大切なインフラとなっており、正常に稼働することが当然とされています。

しかし、ネットワークが問題無く動くためには、ネットワークエンジニアによる継続的な監視業務が不可欠です。トラブルを未然に防ぎ、安定した稼働を実現するための監視業務としては、以下の4つが挙げられます。

死活監視

システムの動作状況を外部から確認する監視業務です。サーバーや周辺機器が正常に稼働しているかを監視するため、定期的に信号を送り、反応を確認します。これまで、監視の対象はルーターやサーバーなど限定的でしたが、ネットワークの複雑化に伴い範囲の拡大が進んでいます。

遅延監視

サーバネットワークのレスポンスを見るのが、遅延監視です。ネットワークが正常に稼働していても、アクセスに時間がかかればユーザーにとっては大きな負担となります。特に企業サイトで遅延が起これば、重大な損失となりかねません。遅延監視では、そのようなネットワークのレスポンスについて遅延が発生していないかをチェックします。アクセス反応をグラフ化して定常的な遅れかを判断する方法が一般的です。

経路監視

レスポンスが遅くなる原因として、ネットワークを利用するトラフィックの集中が考えられます。場合によっては、アクセスができなくなる事態に陥ることもあるため、トラフィックの監視も重要です。

リソース監視

リソース環視とは、ネットワーク内の機器を監視することです。ネットワークが正常であっても、サーバやその他機器に問題が発生すれば、当然サービスの稼働に支障をきたします。リソース監視を行うことで、対象機器のCPUやメモリ状況、ハードディスの使用状況などを把握し、ネットワークのパフォーマンス低下に迅速に対応することができるのです。異常があれば、異常箇所を切り分けることでトラブルを最小限に抑えます。場合によってはリモートで復旧を行ったり、エンジニアを派遣して対応します。

3. 監視業務で求められるスキル・マインド

ネットワークエンジニアの監視業務はどんなスキル・マインドが求められるのでしょうか。

スキル

ネットワークの監視業務で重要な役割を担うのが、専用のネットワーク監視ツールです。日立製作所が提供しているJP1や、IBMブランドのTivoliなどが広く普及しています。オープンソースのNagios、Zabbixなども知られていますが、運用には高いスキルが要求されます。即戦力として企業の監視業務に就くのであれば、各種ネットワーク監視ツールについての知見が求められるでしょう。

また、TCP/IP全般の理解も必要です。TeraTerm、Expingといったツールを使用する場合もあるほか、pingでの監視、TCPポートなどのサービス監視、mibによる監視も想定されるため、SNMPに関しても知識を深めておくとよいでしょう。さらに、ネットワーク系資格としてメジャーなCCNAを取得すれば、ネットワークエンジニアとしてのレベルの証明になるのでおすすめです。

マインド

機器のエラーを検知するのが監視業務の目的ですので、監視端末に根気強く向き合う集中力が不可欠です。今日では、24時間稼働するネットワークが当たり前になっていますので、日勤だけでなく夜勤でも監視業務を担当することがあります。単独勤務だったとしても気を緩めず、ネットワークエラーを瞬時に発見する緊張感が求められるでしょう。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。

最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。

一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。


転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。

キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。


「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

人気の求人特集

内定率が高い

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

ネットワークエンジニアの求人・転職一覧