クラウド環境の設計や上流工程を担当できるエンジニアに高年収が提示される傾向があるネットワークエンジニアの年収相場は?クラウド時代に起こる変化

最終更新日:2022年10月14日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

ネットワークエンジニアは、通信インフラの構築・運用を担当する職種です。ルーターやスイッチといった機器に関する専門的な知識を有し、企画や設計ができるエンジニアは、高い年収の求人が集まる傾向がみられます。近年では、クラウド技術の普及により求められるスキルが変化しており、最新技術を持つネットワークエンジニアの需要はさらに高まっていくでしょう。本記事では、ネットワークエンジニアへの転職を検討する人に向けて、仕事内容や求人の傾向、将来性、キャリアパスについて解説します。

ネットワークエンジニアとは?

ネットワークエンジニアは、社内や顧客企業のネットワーク環境について構築・運用・保守を担当する職種です。あらゆる情報システムの基盤として、データの送受信を円滑に行い、多数のユーザーからアクセスされたとしても、問題なく稼働するよう努めます。障害が発生しない、あるいは発生してもユーザーへの影響を最小化できるようネットワークを構成しなければなりません。大規模システムでは多数の通信機器やサーバーを接続する必要があり、複雑なネットワーク環境でも安定稼働できるよう責任を持ちます。

ネットワークエンジニアには、ルーターやスイッチなどのハードウェアの知識が求められます。加えて、負荷分散やセキュリティといった高度なスキルも必要です。ITエンジニアのなかでも、アプリケーション全般を担当するSE(システムエンジニア)とは異なり、ネットワークエンジニアはインフラ構築に責任を持つという特徴があります。ハードウェアの実機に触れるのが好きな人にとっては、ネットワークエンジニアはやりがいを感じられる仕事といえるでしょう。

関連記事:ネットワークエンジニアとは?どんな仕事かをわかりやすく解説

ネットワークエンジニアの仕事内容

ネットワークエンジニアの仕事内容について、インフラ構築のプロジェクトで実施される一般的な順序に従って解説します。ここでは、ネットワークエンジニアのスキルを証明する資格試験として一般的に認められているIPA(情報処理推進機構)ネットワークスペシャリスト試験のシラバスを参考にします。

要件定義

顧客企業にサービス提供する場合は顧客企業の情報システム責任者に、社内のネットワーク構築の場合は社内の担当者にヒアリングを実施します。ネットワーク構築の範囲を決定するために、現状を調査し、ネットワークの稼働状況や問題点を把握するステップです。ネットワークに求められる性能や、拡張性・信頼性といった要件を明らかにし、関係者と合意する必要があります。

設計

設計工程では、システムの配置やアーキテクチャーを決定します。前工程で合意した要件を満たすよう、ルーターやサーバーといったハードウェアの構成を検討するとともに、ソフトウェアの設定を考慮します。外部から機器を調達する場合は、候補となるベンダーを比較・選定し、購買の手続きを開始する必要があります。また、セキュリティを確保するためのポリシーや、災害対策の計画を策定するのも、この段階です。さらに、運用計画、作業計画、移行計画などを作成し、関係者と合意します。

構築

ネットワーク機器の調達、配置、接続、設定を実施します。オンプレミスのネットワーク環境を構築する際には、ケーブルやサーバーを設置するために、工事が必要となるケースもあります。また、性能が要件通りに実現されていることを、テストを通じて検証しなければなりません。想定通り接続できるか、トラフィックが増加しても負荷に耐えられるかといった事項を確認します。

運用・保守

ネットワークを構築した後は、それが正常に稼働しているかを継続的に確認し、必要な更新作業があれば、ネットワークに変更を加えます。ネットワーク監視ツールなどを駆使して、その性能が保たれているか、セキュリティ上の問題がないか、障害が発生していないかの検証が必要です。また、保守作業には、機器やソフトウェアの更新・再構成・増強といった作業が含まれます。

関連記事:
ネットワークエンジニアの構築の仕事について
ネットワークエンジニアの運用・保守業務とは?必要なスキルも解説

ネットワークエンジニアの年収相場

レバテックキャリアに掲載されている求人を例に、ネットワークエンジニアの年収について考察します。(※2022年9月現在)

ネットワーク機器の保守運用業務、プロジェクト管理

ネットワーク兼プロジェクトマネージャーの求人を例に示します。

想定年収

800万~1,200万円

仕事内容
  • ・オンプレミスのネットワーク機器の保守運用業務

    ・業務ネットワーク稼働環境の設計と環境構築

    ・プロジェクト管理

必要なスキル
  • ・ネットワーク機器(ファイアウォール、プロキシ、DNSサーバなど)の製品選定および導入実務経験3年以上

    ・AWSによるネットワーク基盤の構築経験

    ・サイバーセキュリティの知識

    ・コミュニケーション力

    ・論理的思考力

    ・自己学習

大規模ネットワーク要件定義・設計・構築

大手企業向け大規模ネットワーク構築に関するネットワークエンジニアの求人を例に示します。

想定年収

500万~600万円

仕事内容
  • ・大規模WAN・LAN・セキュリティの要件定義から設計、構築、展開、運用まで

    ・ハイブリッドクラウド基盤のネットワークセキュリティ機能の構築

必要なスキル
  • ・LAN/WAN含めたネットワーク設計、構築

    ・大手ベンダーのネットワーク機器に関する作業経験があると望ましい

    ・主体的に自身のスケジュール管理を行い、プロジェクトを進められる

ネットワーク監視・保守

国内・海外の通信インフラを管理するネットワークエンジニアの求人について記します。

想定年収

400万~800万円

仕事内容
  • ・ネットワーク監視・保守業務

    ・通信インフラ導入業務の自動化・システム化

必要なスキル
  • ・ネットワーク構築業務経験

    ・BI(ビジネスインテリジェンス)ツールの経験

年収相場の傾向

ネットワークエンジニアの求人を分析すると、そのスキルや経験に応じて、400万~1,200万円まで大きな幅があることが分かります。そして、経験に応じて、担当する領域も異なる傾向があります。例えば、経験の浅い20代のネットワークエンジニアは、ネットワーク監視・保守、障害解析などを担当する求人が多いです。

600万円程度の年収を目指すには、上記で紹介した求人のように、特定のネットワーク機器に関する実務経験があり、要件定義や設計のスキルを有している必要があるでしょう。さらに、1,000万円を超える求人では、技術的なスキル・経験はもちろん、プロジェクト管理やチームリーダーとしての責任が求められる傾向があります。加えて、オンプレミス環境とクラウド環境にまたがってネットワークを構築する知識や、セキュリティ技術に関する高度なスキルがあるかどうかも年収を左右すると考えられます。

参照:ネットワークエンジニアの求人・転職情報一覧

ネットワークエンジニアの将来性

近年の技術動向の影響を受けて、ネットワークエンジニアに対するニーズにも変化が見られます。新たな技術領域のスキルがあるとキャリアアップのチャンスが広がり、将来的に高い年収につながる可能性があります。一方で、旧来のネットワーク機器しか対応できないと、年収アップはあまり期待できないでしょう。

ネットワークエンジニアに対する需要の変化

IPA「IT人材白書2020」によると、IT企業におけるインフラ系技術者の割合は、2016年の10.7%から2019年時点では8.9%へと減少しました。ネットワーク機器しか知識を持たない人材へのニーズは減り、ネットワークも含めてインフラ系の設計・構築が全般的にできる人材が求められるようになったといえます。このようなニーズの変化は、後述するクラウド技術の普及が影響していると考えられます。

クラウド技術の普及

総務省「令和3年版情報通信白書」によると、クラウドサービスを利用している企業の割合は約7割に達したとされます。クラウドサービスを採用した企業では、物理的な機器の調達・設置・保守の作業がなくなり、クラウド環境の整備がネットワークエンジニアに求められるように変化しています。主に仮想的なネットワークやサーバーを扱うクラウド環境では、Web上のダッシュボードから環境構築・設定変更が可能なことが特徴です。今後もオンプレミス環境からクラウド環境へ移行する企業は増えると予想され、ネットワークエンジニアには移行を主導する役割が期待されます。

オンプレミスとクラウドのハイブリッド環境

前述のように、クラウド技術の普及は進んでいますが、オンプレミス環境を完全になくす必要はありません。例えば、機密情報はオンプレミスで管理し、変更の多いアプリケーションはクラウドサービスを利用するといった使い方が考えられます。そのため、適材適所でオンプレミスとクラウドを併用するハイブリッド環境を採用する企業も見受けられます。ネットワークエンジニアにも、ハイブリッド環境に対応できるスキルが求められるでしょう。

IoTの発展

IoT(Internet of Things)とは、これまでインターネット通信を行っていなかったデバイスに通信機能を持たせ、新たなサービスを開発する考え方です。インターネット通信に加え、Bluetoothを介した近距離通信を扱うサービスも開発されてきました。このように、従来と異なる領域でもネットワークエンジニアの活躍の場が広がっています。

関連記事:
ネットワークエンジニアの需要と、クラウドの普及による影響について
ネットワークエンジニアの将来性|仕事内容やスキルも解説

ネットワークエンジニアに求められるスキル

ネットワークエンジニアとして活躍するには、ネットワーク機器の知識や、それを設計・構築・運用するための確かな技術力が求められます。そして、スキルの向上に伴って年収を上げるには、最新の技術動向に対応したり、上流工程に対応できるようにしたりするのが望ましいでしょう。以下では、昨今の技術動向を踏まえて、ネットワークエンジニアに求められるスキルについて考察します。

ネットワーク技術

基礎となるネットワーク技術には、ハードウェアとソフトウェアにまたがる広範な領域が含まれます。具体的には、通信プロトコル、ファイル転送、コンテンツ配信、トラフィック負荷、ネットワーク仮想化といったトピックが考えられます。要求される知識・技能については、前述のIPAネットワークスペシャリスト試験のシラバスが参考になるでしょう。

クラウド技術

前章で述べたように、クラウド環境へ情報システムを移行した企業や、クラウドとオンプレミスを併用する企業は増えています。多様化・複雑化するサイバー攻撃に耐えられるセキュリティ設定を講じたり、トラフィックが増加してもコストが最適化できるよう対策を施したりと、適切なクラウド環境を設定できるネットワークエンジニアは重宝されるでしょう。

ネットワーク管理のためのプログラミング

クラウド技術の普及に伴い、ネットワーク設定をプログラミングによって実施する場面が増えてきました。Infrastructure as Codeの考え方に基づき、設定事項をコードにまとめる仕組みです。プログラミングを活用することで、管理作業の自動化・効率化、並びに属人性の排除に役立つと考えられます。

上流工程

ネットワークの要件定義や設計のスキルを持つエンジニアは高い需要があります。年収相場の章で見たように、上流工程が担当できるネットワークエンジニアには高い年収が提示される傾向があります。さらに、大規模システムの上流工程を担当するには、プロジェクト管理やコミュニケーションの能力も求められるでしょう。

関連記事:
ネットワークエンジニアのスキルアップ方法について
ネットワークエンジニアが習得すべきクラウドスキルとは?
ネットワークエンジニアが習得すべきプログラミングスキル

ネットワークエンジニアのキャリアパス

ネットワーク関連のスキルを追求して専門家となるキャリアに加え、新たな技術の知識を組み合わせて、他のエンジニア系の職種へ移る選択肢も考えられます。本章では、経験を積んだネットワークエンジニアが、次のステップとして目指せる職種を紹介します。

上級ネットワークエンジニア

運用・保守などの下流工程で経験を積んだ後、上流工程で設計・構築を担当するケースは多く見られます。スキルのあるネットワークエンジニアであれば、数万人以上のユーザーがアクセスするような大規模システムの設計・構築を任される可能性もあるでしょう。大規模システムでは、データ送受信に関する性能や可用性、セキュリティに関する要件も厳しくなってきます。これらの要求に応えられるよう、蓄積したスキルを活かして、チームをリードする役割が期待されます。

ITコンサルタント

顧客企業のネットワーク環境に関して、ベンダー選定や設計・運用などの知見を提供するITコンサルタントも、ネットワークエンジニアのキャリアパスの一つです。顧客が現在抱えている問題点を分析し、改善点を提案する役割を担います。また、構築・運用・保守の作業が円滑に進み、提案したプロジェクトの目的が達成できるよう支援する場合もあります。

インフラエンジニア

ネットワークに限らず、サーバーやミドルウェアを扱うエンジニアの総称がインフラエンジニアです。ネットワークエンジニアとして経験を積んだ人は、さらにサーバー管理やセキュリティの知識を獲得し、担当できる範囲を拡大するキャリアが考えられます。

プロジェクトマネージャー

ネットワーク構築のプロジェクトに携わってきた経験を活かし、プロジェクトマネージャーを目指すキャリアパスもあります。インフラに関するスキル・経験を強みとして活かしつつ、開発手法やプロジェクトマネジメント手法を身につけましょう。

関連記事:
ネットワークエンジニアのキャリアパス
インフラエンジニアとは?仕事内容や年収、将来性を解説

ネットワークエンジニアの関連資格

ネットワークエンジニアのスキルを示すための資格試験は多数存在します。ネットワーク知識を総合的に問うものから、ネットワーク機器のベンダーが主に自社製品に関してスキルを証明するものまでさまざまです。転職時に資格は必須ではありませんが、効率的に知識・スキルを身につけるのに役立つでしょう。

IPA「ネットワークスペシャリスト試験」

IPA「ネットワークスペシャリスト試験」では、ネットワーク構築・運用に用いる包括的なスキルが求められます。企画・要件定義・設計・構築・運用・保守といった幅広い開発プロセスを対象としているのが特徴です。記述式の設問もあるため、高度なスキル・経験とともに、十分な試験対策が欠かせません。

IPAの試験は年に2回実施されますが、ネットワークスペシャリスト試験は春期(4月)に実施されます。受験手数料は7,500円(税込)です。(2022年9月現在)

Cisco(シスコ)技術者認定

ネットワーク機器大手ベンダーであるCisco社が同社製品やネットワーク一般に関する知識を問う試験です。エントリー、アソシエイト、プロフェッショナル、エキスパートのレベルに分かれているため、自身のスキルに合わせて挑戦できます。また、技術分野に応じて、エンタープライズ、セキュリティといった専門が選択できます。

Cisco技術者認定試験のなかでは、CCNACCNP EnterpriseCCIE Enterprise Infrastructureなどが代表的であり、多くのネットワークエンジニアが取得しています。現在はオンラインやテストセンターで試験が実施されています。3年で再取得が必要になる点には注意が必要です。

AWS(Amazon Web Services)認定試験

近年ではクラウド事業者も、ネットワークを含めたクラウド環境を設定・構築する知識を証明する資格試験を公開しています。例えば、「AWS Certified Advanced Networking - Specialty」はクラウド環境におけるネットワークの設計・実装に関する認定試験です。試験はオンラインやテストセンターで実施されます。

関連記事:ネットワークエンジニアの資格を紹介!おすすめの種類や難易度

未経験から目指すネットワークエンジニア

過去の経験や個人の学習状況に応じて難易度は異なりますが、未経験からでもネットワークエンジニアへの転職は可能です。新卒や20代・経験が浅い人向けの求人もあるため、基礎的なネットワークの知識を学習したうえで、応募可能な職種を探してみるとよいでしょう。以下では、未経験からネットワークエンジニアを目指す場合の対策について解説します。

専門のスクール

業務用のネットワーク機器を個人で用意するのは難しいため、リナックスアカデミーのようなインフラに特化したスクールの活用がおすすめです。サーバー構築・ネットワーク構築といったインフラ系の講座が公開されており、ネットワーク技術の基礎から学習できます。

資格試験

前述のように、資格取得を通してネットワークの知識を網羅的に身につける方法もあります。エントリーレベルの試験であれば実務経験が少なくても挑戦しやすいため、参考書や過去問などを活用して知識を習得しましょう。ネットワーク関連の試験対策を中心としたオンライン講座も利用できます。

クラウド技術の学習

クラウド環境であれば、ルーターなどの実機がなくてもネットワーク環境の学習ができます。クラウド技術固有のネットワークの設定方法を理解し、キャリアアップに活用しましょう。クラウドエンジニアを目指すオンライン講座も開講されています。

関連記事:未経験からネットワークエンジニアを目指す方法

ネットワークエンジニアの転職準備

ネットワークエンジニアへの転職を目指す人に向けて、準備段階で考慮すべき点について解説します。

業界研究・企業研究

求人サイトなどを参考にして、求められるスキルや仕事内容への理解を深める作業が必要です。クラウド技術の普及に代表されるように、ネットワークに関する技術は大きく変わりつつあります。転職エージェントを利用して情報収集するのも有効でしょう。

履歴書や職務経歴書の準備

過去に参加したプロジェクトを棚卸しして、インフラに関する仕事に注目しつつ、自身が果たした役割や成果を明確にするステップです。これまでに発揮したスキルから、ネットワークエンジニアとして活用できる点を明らかにします。とくに他の職種からネットワークエンジニアへ応募する場合は、過去に発揮したスキルが転職先で活かせることをしっかりとアピールしなければなりません。

志望動機の作成

履歴書や応募書類に志望動機を記載する際は、他の職種と同様、なぜ応募先の企業・職種を希望するのかを明確に示しましょう。加えて、これまでのスキルを転職先の企業でどう活用できるのか、将来どのようなネットワークエンジニアになりたいかも含めると好評価につながります。

自己アピール

応募書類や面接では、多くの場合自己アピールの機会があります。ネットワークエンジニアに求められるスキルが変化しつつある状況を踏まえると、ネットワーク機器だけにとどまらない、幅広いスキルや興味をアピールするのが効果的です。例えば、サーバーやセキュリティ、プログラミング、クラウドなどの技術に対する経験・意欲を伝えられると、他の応募者と差をつけられるでしょう。

関連記事:
ネットワークエンジニアの志望動機の書き方を徹底解説【例文付き】
ネットワークエンジニアへのキャリアアップ転職について

ITエンジニアの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア職を専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通しており、現状は転職のご意思がない場合でも、ご相談いただければ客観的な市場価値や市場動向をお伝えし、あなたの「選択肢」を広げるお手伝いをいたします。

「将来に向けた漠然とした不安がある」「特定のエンジニア職に興味がある」など、ご自身のキャリアに何らかの悩みを抱えている方は、ぜひ無料のオンライン個別相談会にお申し込みください。業界知識が豊富なキャリアアドバイザーが、一対一でさまざまなご質問に対応させていただきます。

「個別相談会」に申し込む

転職支援サービスに申し込む
※転職活動を強制することはございません。

レバテックキャリアのサービスについて

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

人気の求人特集

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

ネットワークエンジニアの求人・転職一覧