未経験でもグラフィックデザイナーになれる?志望動機のポイントを徹底解説しますグラフィックデザイナーの志望動機の伝わる書き方とは - 例文あり

最終更新日:2022年5月11日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

グラフィックデザイナーは、広告やポスターなどのデザインを、グラフィックソフトウェアを使って制作します。グラフィックデザイナーのスキルは、需要の高いWebデザイナーでも使えるため、今後も有望な職種と考えられています。

当記事では、グラフィックデザイナーとして転職したいと考えている方向けに、グラフィックデザイナーの仕事内容、必要とされる知識・スキル、未経験から転職する方法、志望動機を書くポイント、例文、志望動機を書くための対策などについて解説します。

1.  グラフィックデザイナーの仕事内容

グラフィックデザイナーの志望動機を書くには、グラフィックデザイナーのことをよく知る必要があります。ここでは、グラフィックデザイナーの仕事内容や必要とされるスキルなどについて解説します。

グラフィックデザイナーのおもな仕事内容は、「ヒアリング」「制作・修正」「納品」です。 

ヒアリング

制作物の方向性を合わせるために、まずクライアントにヒアリングを行います。ターゲットユーザー層・制作物のイメージ・訴求したいポイント・スケジュール・予算などをクライアントと決定します。

制作・修正

ヒアリングで決めた方向性に沿って制作を進めます。制作では、大まかなデザイン案であるラフデザインをいくつか作成して、クライアントのフィードバックをもらいながら制作・修正していきます。そして、ラフデザインで合意したら、納品物に向けて制作に入ります。

納品

完成したデザインに対してクライアントの合意が取れたら、印刷会社にデータを入稿し本印刷を行います。本印刷の完了後、クライアントに制作物を納品します。

グラフィックデザイナーとよく比較されるのが、Webサイトのデザインを行うWebデザイナーです。グラフィックソフトウェアを使ってデザインをする点は共通しますが、WebデザイナーにはさらにHTMLやCSSなどのITスキルが必要とされます。

昨今、インターネットの広告費が増加(※)するとともにWebデザイナーの需要は増しており、グラフィックデザイナーからWebデザイナーへ転身したり、兼務したりすることも増えています。

仕事内容を再確認すると、自分の足りない点に気づき、工夫したことを自己PRとして志望動機に書きやすくなります。たとえば「ヒアリングのスキルをもっとつけたいと思った」ことを転職理由として書けるようになるなど、志望動機を充実させることができます。

※参考:電通「2021年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析

より詳しく知りたい人はこちらをご参照ください。
関連記事:グラフィックデザイナーの仕事内容|必要スキルや活躍の場も解説

2. グラフィックデザイナーに求められるスキル

次に、グラフィックデザイナーに求められるスキルについて解説します。

デザインスキル

グラフィックデザイナーに求められるのは、まずデザインのスキルです。新商品の広告ポスターであれば、ひと目で商品の特徴や良さが伝わり「買ってみよう」と思わせるデザインでなければなりません。そのためには、高いデザインスキルが必要です。

デザインスキルには、イラスト・文字・写真などの構成を決める「レイアウト」、最適な配色を決める「色彩」、読みやすいフォントを選択・配置する「タイポグラフィー」などがあります。

デザイン力は実はセンスではなく、デザインの基礎・理論を学ぶことで習得が可能です。

グラフィックソフトウェアを使いこなすスキル

グラフィックデザインでは、グラフィックソフトウェアを使用します。おもにAdobe社が提供する「Illustrator」や「Photoshop」を使うことが多く、搭載されている多くの機能を使いこなす必要があります。これらのソフトウェアを使いこなせれば、今まで時間がかかっていた作業を一瞬で完了することも可能です。

「使える」だけでなく、しっかりと「使いこなす」スキルを身につけましょう。

コミュニケーションスキル

パソコンに向かって1人で作業をするイメージが強いグラフィックデザイナーですが、実際にはクライアントやコピーライターなどとチームで仕事をします。チームで協力してスムースに仕事を進めるためには、コミュニケーションスキルが必須です。

より詳しく知りたい人はこちらをご参照ください。

関連記事:グラフィックデザイナーになるには?求められるスキルも解説

3. 未経験からグラフィックデザイナーに転職するには

大学でデザイン系の専攻がなく、まったくの未経験からグラフィックデザイナーに転職するには、デザインの基礎やグラフィックソフトウェアの使い方を知っておく必要があります。ここでは、基礎スキルの具体的な習得方法を紹介します。

グラフィック専門スクールを活用する

未経験でグラフィックデザイナーを目指したい人は、グラフィック専門のスクールに通う方法が近道です。デザインの基礎やソフトウェアの使い方をプロから学べ、わからないことはその場で質問して解決できます。また、スクールによっては転職の相談をできるところもあります。

特に、働きながら短期集中で学びたい人には向いているでしょう。パソコンやデザインソフトウェアはコストがかかるため、スクールでは設備がそろっている点もメリットです。

独学で習得する

グラフィックデザインに関する書籍は数多くあり、動画サイトも充実しているため、これらを活用して独学でスキルを習得できます。

独学はカリキュラムがないため自分で根気よく学ぶ必要があります。SNSに自分の作品をアップして第三者からのフィードバックをもらうなど、モチベーションを維持する工夫も必要でしょう。

資格を取得する

転職の際に資格は必須ではありませんが、経験者・未経験者に関わらず、持っていることでスキルを証明できるため有利です。以下の資格は、未経験者にとってはとても有用なため、ぜひ取得を検討してみましょう。

Illustrator®クリエイター能力認定試験

Illustrator®クリエイター能力認定試験は、ソフトウェア活用能力認定委員会が実施するAdobe Illustratorを使ったグラフィックコンテンツの制作能力を評価する試験です。Adobe Illustratorを操作して、WebサイトやDTPデザインを制作する能力を認定します。

Photoshop®クリエイター能力認定試験

Photoshop®クリエイター能力認定試験は、ソフトウェア活用能力認定委員会が実施するAdobe Photoshopを使ったグラフィックコンテンツの制作能力を評価する試験です。Adobe Photoshopを操作して、画像ファイルの作成や作品を作り上げる表現力を認定します。

DTPエキスパート認証試験

DTPエキスパート認証試験は、公益社団法人日本印刷技術協会が実施する、メディアビジネスでの知識とスキルを問う試験です。「DTP概論」「印刷技術」「色」「情報システム」「コミュニケーション」の5つのカテゴリが設定されており、学科試験、実技試験(課題制作)の形式で出題されます。

より詳しく知りたい人はこちらをご参照ください。
関連記事:グラフィックデザイナーにおすすめの資格は?効果的な勉強法も

4. グラフィックデザイナーの志望動機|書き方のポイント

次に、グラフィックデザイナーの志望動機の書き方について解説します。

なぜグラフィックデザイナーを選んだのかを書く

まず「なぜグラフィックデザイナーを選んだのか」を明確に書きましょう。たとえば、自分の好きなデザイナー像や作品などを挙げて、その目標に向けてグラフィックデザイナーを選んだと伝えるのもひとつの方法です。また、きっかけや具体的なエピソードを交えて伝えるとリアリティがあり、効果的です。

「なぜその企業を志望するか」などの転職理由を明確にする

志望する企業の特徴を把握し、多くの企業があるなかでなぜその企業を志望するのか、具体的な転職理由を述べましょう。たとえば、過去に気に入った作品がその会社のものであったり、そこでしか学べないデザインがあったりなど、具体的な理由を書くと説得力がでます。

強みをアピールする

自分の強みをアピールすることは大切です。「デザインが好きで好奇心が尽きない」「デザインセンスに自信がある」「コミュニケーションが好き」「スケジュールなど自己管理が得意」などは、採用担当者に対して自己PRできるポイントです。

入社後の自分のイメージや将来の夢を書く

自分の強みを活かしてどのように働きたいか、企業にどう貢献できるのか、入社後のイメージを書きましょう。具体的に伝えることによって採用担当者は、あなたが本気でこの会社で働こうとしていると理解してくれます。またグラフィックデザイナーとしての将来の夢を語ることもよいでしょう。

5. グラフィックデザイナーの志望動機|例文

次に、グラフィックデザイナーの志望動機の例文を、経験者・未経験者に分けて紹介します。

例文1:グラフィックデザイナー経験者

私は現職にて3年間○○社のグラフィックデザイナーとして主に医療薬品の広告デザインをしてきました。現在はデザインをするだけでなく、製作の進行とチームのプラニング担当をしております。
貴社の「クライアント(患者)に寄り添うことを第一に考える」というビジョンに、医療薬品の仕事に従事してきたことから非常に共感し、私の経験を活かして貴社に貢献できると思いました。
入社できたらデザインスキルに加えて、企画の立案力やプランニングスキルを活かしてさらにスキルアップを図り、会社に貢献したいと考えています。

・解説
この例文は、これまでのキャリア内容や志望企業のビジョンに対する共感、今後のスキルアッププランにも具体的に触れていて、採用側にも想いが伝わります。

例文2:グラフィックデザイナー未経験者

私は幼少期から絵を描くことが好きで、中学からは本格的にこの道へ進みたいと考えパソコンを使ったデザインの勉強も独学でするようになりました。大学の文化祭ではパンフレットや看板のデザインを担当しました。「Photoshop」の資格も持っており、さらに資格取得によりスキルアップを予定しています。
貴社は「笑顔をたくさん」をスローガンとして多くのイベントを開催されており、私の目指す方向が最も近いと考え志望いたしました。
入社が叶ったら、勉強したスキルや文化祭での経験などを活かして、人に楽しんでもらえるコンテンツを積極的に作りたいと考えています。

・解説
この例文は、未経験でも具体的なデザインへのこだわりがあり、資格、志望企業のことも調べており、熱意が採用側に伝わります。

例文3:よくない例

私は若いころからデザインに興味があり、生活の中でも広告やホームページなどを意識して、デザインに関わる仕事をしたいと思ってきました。
自分なりに努力をして、独学でデザインソフトの勉強をしてきました。そのなかで、グラフィックデザイナーはコミュニケーション力が必要なことを知りました。学生時代にはアルバイトで接客をしていたので、コミュニケーション能力には自信があります。
入社後はデザインへの興味や、経験から得たコミュニケーション力を活かして、貴社のビジネスに貢献したいと思います。

・解説
この例文は、一見熱意や過去の経験を語っているように思えますが、具体性に乏しく志望企業との関わりも希薄で、採用側に伝わりにくい内容といえます。

6. 志望動機を書くためのおすすめの対策

志望動機の書き方はわかっても、どうしても書きにくい場合は、以下を参考に対策してみましょう。

企業・業界研究をする

志望企業と企業が属する業界のことをよく知らなければ志望動機は書けません。まずは志望企業についてよく調べて研究しましょう。そして、ライバル企業や属する業界を調べることで志望企業の特徴や業界の将来性なども理解でき、自ずと志望動機が書きやすくなります。

インターンシップに参加してみる

仕事内容への理解を深めるには、インターンシップに参加してみるのも手です。実際に仕事を体験してみることで、自分の本当の気持ちや動機が明確になってきます。

OB・OG訪問をしてみる

企業のサイトや会社説明会だけでは情報量が限られてしまいます。OB・OGを訪問すると、実際の働き方や企業の雰囲気、就職後のキャリアパスについて生の声を聞くことができ、志望動機の作成に役立ちます。 

グラフィックデザイナーのセミナーやイベントに参加してみる

「グラフィックデザイナー セミナー」で検索すると、さまざまなデザインセミナーや交流会などのイベントが見つかります。これらに参加することで、自分の方向性を再確認でき、志望動機を書きやすくなるでしょう。

グラフィックデザイナーへの志望動機が明確になり、書類の準備ができたら、転職エージェントに相談することをおすすめします。転職エージェントでは志望動機のブラッシュアップや、企業選びから入社までのバックアップなどのサポートもあり、転職に役立ちます。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

人気の求人特集

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

グラフィックデザイナーの求人・転職一覧

かんたん30秒!無料で登録する

転職のご経験はありますか?