実は種類が多いゲームクリエイター どの職種で何を学ぶべきかゲームクリエイターにおすすめの資格を職種ごとに解説

最終更新日:2021年11月17日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

ゲームクリエイターは、ゲームの企画・制作などに携わる職種の総称です。複数の職があるため、どの職を目指すかで必要なスキル・知識は変わってきます。未経験からゲームクリエイターを目指す場合は、職種に応じた資格を取得する方法もおすすめです。ここでは、ゲームクリエイターにおすすめの資格を職種ごとに紹介しています。

1. ゲームクリエイターの仕事内容と適性

まず、ゲームクリエイターと呼ばれる職種について、それぞれの仕事内容と適性を簡単に紹介します。

マネジメント系

マネジメント系の職種は、管理職やリーダーなどマネジメントの経験が求められます。また、交渉・調整・折衝が苦手ではなく、全体最適を意識した活動が得意な方に向いている職種です。

プロデューサー

プロデューサーは、プロジェクトの管理を担う職種です。制作スケジュールの決定や進捗状況の管理など、プロジェクトをコントロールする役割を担います。プロジェクトの規模に比例して責任が重くなるため、責任感やマネジメント能力が問われるポジションと言えます。

ディレクター

ゲームディレクターは、開発チームを取りまとめる現場責任者です。チームメンバーの決定、配置変更、チーム組成といったディレクション業務が主な仕事です。また、ゲームの企画・開発・テストといった工程でスケジュール管理や品質のチェックも行います。

企画系

企画系のゲームクリエイターは、ものごとの大枠を決定したり、アイディアを出したりといった作業が得意な方に向いています。また、ゲームのシナリオに関与することもあるため、導線設計などが得意な方にも向いている職種です。

ゲームプランナー

ゲームプランナーは、企画立案・制作・リリース後の収益分析まで幅広く担当する職種です。市場調査やKPI分析などを通して、商業的な側面からゲームの成功度合いを探っていきます。企画力・分析力・マーケティングスキルなどが必要なポジションです。

シナリオライター

シナリオライターは、ゲームのシナリオを制作する職種です。具体的には、ゲームのストーリーや背景、世界観などを構築していきます。シナリオの分岐やキャラクターごとに発生するイベントも設計するため、ゲームの面白さに直接関与する重要なポジションです。

制作系

制作系のゲームクリエイターは、職人気質でトライ&エラーが苦にならない方が向いている職種です。また、プログラミングスキルやサウンド関係の知識が活かせる職種でもあります。

ゲームプログラマー

ゲームプログラマーは、ウィンドウやキャラクターの動きなどゲームの基本的な動作、イベント処理などを実装する職種です。プログラミングスキルが必須であり、技術力があればキャリアアップしやすいポジションでもあります。

サウンドクリエイター

サウンドクリエイターは、ゲーム内の音響処理を担当する職種です。ゲーム内のBGM・効果音・音響処理の実装が主な仕事です。ただし近年は、3D空間内でよりリアルな音響を実現するために数学的な知識が必要になることもあるため、専門性が高い職種とも言えます。また、技術的な知識やスキルに加えて、音楽的センスも問われることが多いでしょう。

デザイナー

デザイナーは、キャラクターやオブジェクトのデザインを担当する職種です。キャラクターデザインや世界観に合ったオブジェクトデザインなどが主な仕事です。デザインはプレイヤーの体験に直接的な影響を与えるため、デザイナーのスキルがゲームの人気を左右することも少なくありません。

2. ゲームクリエイターにおすすめの資格

次に、ゲームクリエイターにおすすめの資格を紹介します。ゲームクリエイターは資格が必要な職種ではありません。しかし、資格取得によって基礎知識が備わっていることをアピールできるため、未経験者ならば取得を目指すことをおすすめします。

マネジメント系

プロジェクトマネジメントアソシエイト資格
日本PMO協会が主催するマネジメント系の資格です。多種多様な業態で活用できるプロジェクトマネジメントの手法を学ぶことができます。プロデューサーやディレクターなどを目指す場合は、プロジェクトマネジメントの基礎を体系的に学ぶことができるため、おすすめです。プロジェクトマネジメントツールの使い方も身につくため、実践力を養成できる資格と言えます。

企画系

企画系のゲームクリエイターについては、特に有望な資格はありません。ただし、スクールのシナリオライター養成講座などでシナリオ作成の基礎を磨くことはできるでしょう。

制作系

CGエンジニア検定
公益社団法人 画像情報教育振興協会が主催するCG開発エンジニア向けの資格です。CG開発や設計を行うエンジニア、プログラマの養成を目的としているため、ゲームプログラマーを目指す方におすすめです。ゲームのみならず、VR・ARアプリ、アニメーション、映像、ソフトウェア開発やカスタマイズ、システム開発に関する問題が出題されるため、技術力を高められる資格と言えます。

CGクリエイター検定
同じく画像情報教育振興協会が主催する資格で、デザイナー・クリエイターをターゲットにしています。2次元CGの基礎、デザイン、構図やカメラワーク、モデリングやアニメーションなどの3次元CG制作について、具体的な手法やワークフローまでを学ぶことが出来ます。

CIW JavaScript Specialist
フロントエンドエンジニア向けの資格で、JavaScriptのスキルレベルを証明することができます。どちらかといえば中級者以上向けの資格であり、JavaScriptの基礎は理解しているが、ゲーム業界への転職に向けてスキルを高めたい、といった方におすすめです。ライブラリやフレームワーク、Ajaxなどを用いたWebアプリの制作に関する内容が出題されるため、Webアプリ開発・ゲーム制作に携わりたい方ならば取得を目指してみても良いでしょう。

Unity認定資格
Unity認定資格は、3Dゲーム開発における統合開発環境「Unity」に関する知識を証明するための資格です。習熟度や分野別に以下4つのランクが設けられています。
 

  • ・認定アソシエイト

    ・認定プログラマ試験

    ・認定3Dアーティスト試験

    ・認定エキスパート

 

ゲーム業界の経験が無い場合は、まず認定アソシエイトの取得を目指していきましょう。その後、プログラマを目指す場合は「認定プログラマ試験」、デザイナーを目指す場合は「認定3Dアーティスト試験」を目指してみてください。3年から5年の経験を積んでいる人材であれば、認定エキスパートに挑戦しても良いでしょう。

App Development with Swift
株式会社オデッセイコミュニケーションズが主催する資格で、Swiftに関する知識・スキルを証明することができます。iOSやMacOSで使用されるアプリケーション開発用言語「Swift」に関して、基本となる概念やiOSアプリケーション開発に必要な知識を身に着けることができます。ゲームプログラマーとしてスマートフォン向けゲームの開発に携わりたいのであれば、取得を検討してみてください。

3. ゲームクリエイターになるための方法

最後に、ゲームクリエイターになるための方法について解説します。

未経験からゲームクリエイターになるためには、まず独学でプログラミングスキルやデザインスキルを学び、基礎を身に着けていきましょう。ただし、難問にぶつかったときに解決する手段が乏しいため、必要に応じてスクールや講座の活用も検討してみてください。スクールや講座を利用することで、初心者が挫折しがちなポイントを乗り越えやすくなります。

また、UnityやUnreal Engine 4など、無料で利用できるゲームエンジンを使って簡単なゲームの制作も進めていきましょう。実際に手を動かしながらゲーム制作を学ぶことで、ゲーム制作に必要な知識を満遍なく補うことができるからです。

加えて、ゲームプログラマーを目指す場合は、CやC#、JavaScript、Swiftといったプログラミング言語の学習も進めていきましょう。

未経験者は実務経験を提示できないため、自主製作のアプリやゲームなどを用意し、実績としてアピールすることを目指してみてください。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

人気の求人特集

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

ゲームプログラマーの求人・転職一覧