ゲームの企画立案から仕様書の作成、実装のサポートや分析・改善まで幅広く担当ゲームプランナーの仕事内容|必要なスキルと、未経験から目指す方法も解説

最終更新日:2020年8月5日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

ゲームプランナーとは、ゲームの企画立案や仕様書作成、プロジェクトの進行、ゲームリリース後の分析、改善策の立案など、ゲーム制作の一連の工程に関わる職種です。ゲームプログラマーやデザイナーなど、ゲーム開発に携わるさまざまな職種の人とチームを組んでゲームを制作します。この記事では、ゲームプランナーの仕事内容や求められるスキル、未経験からの目指し方などについて解説します。

1. ゲームプランナーの仕事内容

まず、ゲームプランナーの仕事内容について解説します。

企画立案

ゲーム制作は企画の立案からスタートします。企画の良し悪しによってゲームの売れ行きが左右されることから、非常に重要な工程の一つです。企画立案では、ゲーム市場の動向や口コミ、自社の強みなどを分析し、どのようなゲームを作るか検討します。そして、世界観やキャラクターのイメージ図、イベント内容、課金プランなどの概要を企画書に落とし込みます。

仕様書作成

企画が採用されたら仕様書を作成します。仕様書には、ゲームのシナリオ、登場するキャラクター、使用するサウンドなどの詳細をより具体的に記述していきます。仕様書はプログラマーやデザイナーが開発・制作をする際に使うため、プログラマーやデザイナーが求める標準フォーマットを理解し、フォーマットに沿って作成する必要があります。

制作(実装)の支援

ゲームの制作(実装)はプログラマーやデザイナーが担い、ゲームプランナーは制作過程を随時チェックして企画や仕様書とずれていないか確認したり、プログラマーやデザイナーから日々上がってくる質問を回答したりして、円滑に制作が進行するよう支援します。

動作確認

ゲームの試作品が完成したら、実際にゲームをプレイして動作確認を行います。不具合が発見された場合はプログラマーに修正指示を出します。

運用(分析・改善)

ゲームプランナーの仕事はゲームを完成させて終わりではありません。市場にリリースされた後も、ユーザーの反響や利用時間、売上状況などのKPIを分析し改善施策を立案します。オンラインゲームは、ヒットすれば3年・5年と運用が続くことも多く、ゲームプランナーは中長期的に運用に携わります。

2. ゲームプランナーに求められるスキル

ここでは、ゲームプランナーに求められるスキルを解説します。

調査・分析スキル

企画を立案するには、まず市場調査が必要になるため、調査・分析スキルが必須です。
具体的には、ヒットの傾向や利用者層の動向、競合ゲームの機能や課金プランなど、さまざまなデータをもとに市場を分析して傾向をつかみます。また、自社の既存ゲームのKPI状況などから改善点を導き出し、次の制作に活かす場合もあります。調査・分析は企業によって方法が異なるためOJTによる習得が一般的です。ゲームプランナーに関連する書籍を活用しても良いでしょう。

企画立案スキル

調査・分析結果を用いてゲームの企画を立案するスキルです。ゲームの世界観やシナリオデザイン・イベントデザインだけでなく、売上や費用などの予算計画まで盛り込むこともあります。よって、企画書の作成スキルだけでなく予算作成スキルも必要となるでしょう。企画スキルについてもOJTまたは書籍での習得が一般的です。

プロジェクトマネジメントスキル

ゲーム開発の全体的な統括(プロジェクトマネジメント)はプロデューサーの仕事ですが、ゲームプランナーも制作進行の補佐としてマネジメントスキルが求められます。企業にもよりますが、進捗管理やリソース管理などを担う場合があります。プロジェクトマネジメントスキルは、PMPなどの資格や書籍で学習すると良いでしょう。

3. 未経験からゲームプランナーを目指す方法

次に、未経験からゲームプランナーを目指す方法を解説します。

ゲームプランナーに限らず、どのような職種においても中途採用では経験者が優遇されます。なかでもゲームプランナーの場合、未経験者がいきなり正社員で採用されることはほぼないため、一般的には次のような方法でステップアップを目指すのが現実的です。

アシスタントとして、ゲームプランナーのサポート業務を経験する

未経験者の場合、まずはアルバイトや派遣、契約社員といった契約形態でゲームプランナーのアシスタント職として入社し、プランナーのサポート業務を経験することをおすすめします。

最初に任されるのはデータ入力や事務処理、カスタマーサポートなど、ゲームプランナーの補佐的な業務がメインですが、徐々にゲームタイトルの運営や小さなイベントの企画などに携われるようになります。

アシスタント採用でチェックされるのは、主に以下のポイントです。

・ゲームに対する熱意はあるか
・コミュニケーション能力があるか


アシスタントとして採用される上で、もっとも重要になるのは「ゲームに対する熱意」です。応募先企業のゲームタイトルをどれだけやりこんでいるか、好きな気持ちを自分の言葉で語れるか、ユーザー目線で適切なフィードバックができるかなど、求職者がゲーム制作に対してどれだけの熱意を持っているかを採用担当者は細かくチェックしています。
 
ほかの求職者に差をつけて熱意を伝えたいなら、自主的に既存ゲームのイベントや新規タイトルのプランニング書を提出するのもよいでしょう。
 
また、アシスタントであってもエンジニアやデザイナーなど、さまざまな職種のスタッフと協力しながら業務を進めていくことになるので、高いコミュニケーション能力も求められます。

現職でのキャリアアップ、または転職してゲームプランナーを目指す

アシスタントとしてのスキルが認められれば、勤務先の人員に空きが出た際にゲームプランナーとして採用されるケースがあります。また、現職でのキャリアアップが難しい場合でも、アシスタントの実務経験をアピールして転職活動を行えば、ゲームプランナー職で迎えてくれる企業にも出会いやすくなるでしょう。

もちろん、アシスタントとして働いている間も受け身で仕事をするのではなく、ゲームプランナーにキャリアアップすることを視野に入れた自己研鑽は不可欠です。業界トレンドに常に敏感でいるためのリサーチを行ったり、KPI分析を行うためのマーケティングスキルを磨いたり、実務に役立ちそうなことは何でも貪欲に学ぶ姿勢を持ちましょう。

4. ゲームプランナーの求人例

最後にゲームプランナーの求人例を紹介します。
 
レバテックキャリアに掲載している求人を見てみると、年収は300万円から700万円程度と幅があります。

求人例1(大手ソーシャルゲーム開発企業)

【業務内容】
ゲームシナリオの作成、脚本制作、イベントシーンの演出制作など
【必須要件】
ゲームシステムの仕様作成、イベント企画・運用、レベルデザイン、バランス調整などの経験
【年収】
350万円〜700万円

求人例2(大手コンシューマゲーム開発企業)

【主な業務内容】
ゲーム内の各システム考案、キャラクターの企画、各種ゲームモードの企画、仕様書作成、ゲームデータ作成・実装、バトルバランスの調整など
【必須要件】
格闘ゲームの開発経験、格闘ゲームの大会への参加経験かつ優秀な成績、ゲーム開発経験かつ格闘ゲームのフレームについての知識、ゲーム業界に興味がある、スケジュール作成や調整対応を柔軟に行える など
【年収】
350万円〜550万円

求人例3(大手スマホゲーム開発企業)

【主な業務内容】
ゲームプランナー専任としてのゲーム企画、ゲームの仕様書作成、開発、運用 など
【必須要件】
コンシューマゲームまたはスマホゲームでのプランナー経験、レベルデザインやバランス調整の経験、ゲームデータ作成やシナリオ作成経験、監修など幅広い分野でのプランニングスキル など
【年収】
336万円〜720万円

5. まとめ

この記事では、ゲームプランナーの仕事内容や求められるスキル、未経験からゲームプランナーを目指す方法、求人例を解説しました。ゲーム業界は市場成長が続いているため、ゲームプランナーは中長期的に活躍できる職種です。ただし、業界未経験者には狭き門のため、アシスタントとして経験を積んだり、自主的に成果物を作ったりして、採用担当者にポテンシャルを見出されるよう努力を重ねることが必要になるでしょう。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

ゲームプランナーの求人・転職一覧