CCNAとは?概要から難易度、取得のメリットまで解説

最終更新日:2024年4月23日

CCNAとは、アメリカの大手ネットワーク機器メーカーであるシスコシステムズ(Cisco Systems)が認定する、シスコ技術者認定のアソシエイトレベルに相当する資格です。CCNAは、ネットワークに関する資格の中でも、世界的に知名度が高い資格といえます。

この記事では、スキルアップを目指すネットワークエンジニアやネットワークエンジニアへの転職を検討している方に向けて、CCNAの出題範囲や資格の詳細、資格を取得するメリットなどを解説しています。

今もらっている年収は高い?低い?

支援実績10年の登録者データを基にした エンジニア・クリエイター専門 年収診断 無料診断START

この記事のまとめ

  • CCNAとは、大手ネットワーク機器メーカーであるシスコシステムズが認定する、シスコ技術者認定のアソシエイトレベルに相当する資格
  • CCNAの取得には、ネットワークの基礎への理解や基本的なIPアドレス指定の知識、シスコ製品の実装および管理経験が必要
  • CCNAを取得するメリットは、ネットワークやシスコ製品に関する基礎知識が身につくことや、知名度が高く能力をアピールしやすいことなどが挙げられる
  • CCNAを活かせる職種例として、ネットワークエンジニアやクラウドエンジニア、インフラエンジニアがある

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

CCNAとはどのような資格?

CCNA(Cisco Certified Network Associate)は、アメリカの大手ネットワーク機器メーカーのシスコシステムズが認定する「シスコ技術者認定」のうちの1つです。この資格を取得することで、ネットワークに関する基礎的な知識や、シスコシステムズ社の製品などに関する知識・技術があることを証明できます。ここでは、CCNAとはどのような資格かを解説します。

シスコ技術者認定とは

シスコ技術者認定資格は、4つのグレードに分かれており「エントリー」「アソシエイト」「プロフェッショナル」「エキスパート」の順番に難易度が上がります。CCNAは、この4つのレベルのうち「アソシエイト」に属します。

2020年2月に試験内容が改定され、以前はCCNAに該当する試験が8種類ありましたが、改定後は1つに統合されました。

CCNAは有効期限が3年で資格の更新が必要

IT系の資格は、大きく分けて公的機関が認定する資格と、民間企業が認定する資格があります。このうち、CCNAは民間企業が認定するベンダー資格にあたります。ベンダー資格は、一定期間ごとに更新の手続きが必要な場合が多く、CCNAは、3年の有効期限の前に更新が必要です。

キャリアを積み上げてきたネットワークエンジニアであれば、たとえCCNAの有効期限が切れたとしても、十分なスキルが身についているはずです。そのため、必ずしもすべてのエンジニアが、3年ごとの更新手続きをしなければならないという意味ではありません

その一方で、実務経験から長期間離れていて、ネットワークエンジニアとしてのスキルを、客観的に証明しなければならない場合は更新が必要でしょう。その場合、一度CCNAを取得しているのであれば、再び受験料を支払う必要はありません。

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

CCNAの資格概要

CCNAの取得を検討している方は、まず試験の概要をチェックしましょう。試験についての情報は変更になる場合もあるので、受験する前に公式サイトで確認することをおすすめします。

試験日 祝日を除く月~土曜日(試験会場により異なる場合があります)
試験会場 全国100か所以上のテストセンターまたはオンライン試験
申し込み受付期間 試験を希望する日の前日まで選択可能
受験料 36,960円(税込)
試験時間 120分
出題形式 CBT方式
試験範囲 ・ネットワークの基礎
・ネットワークアクセス
・IPコネクティビティ
・IPサービス
・セキュリティの基礎
・自動化とプログラマビリティ
合格率・合格点 非公開
  以下では、CCNAの資格概要について詳しく解説します。

試験日

CCNAは、試験日の指定はありません。基本的には、祝日を除く月~土曜日ですが、試験会場により、異なる場合があります。また、受験時間も試験会場により異なるため、事前に確認が必要です。キャンセルや日程の変更は、基本的に試験日の24時間前までとなっています。

試験会場

試験会場は、全国100か所以上のテストセンターから選択可能です。試験会場は全国的に設置されているので、自宅や会社の近くのテストセンターで受験できる可能性が高いでしょう。ただしどちらかというと都会の方に集中しているので、地方在住の方は受験のために、長時間の移動が必要になる可能性もあります。

また、オンライン受験も可能になっています。しかし、オンライン受験するにあたって、Webカメラの設置や安定したインターネットの接続状況など、要件がいくつかあるため事前確認が必要です。

申し込み受付期間

CCNAの申し込み受付期間は、試験を希望する日の前日まで選択可能です。いろいろなIT関連資格と比較すると、かなり融通が利くのではないでしょうか。本業で忙しい方も受験しやすいといえるでしょう。ただし試験会場の予約状況を考慮して、早めに申し込むことをおすすめします。遅くなると予約に空きがなく、申し込めない可能性があります。

受験料

CCNAの受験料は、36,960円(税込)です。オンライン受験では、クレジットカード決済にも対応しています。テストセンターで受験の場合は、現金での支払い対応を行っているケースもあります。IT関連の資格は、数千円で受験できる資格から数十万円かかる資格まで幅広いです。CCNAは比較的受験料が高いといえるため、念入りに準備しましょう。

試験の所要時間

CCNAの試験時間は、120分です。試験開始15分前には、試験準備を完了する必要があります。そのため、時間に余裕をもって試験に臨みましょう。試験は選択問題に加え、筆記試験もあります。1つの問題に時間を使いすぎないように、時間配分をして回答することが大切です。勉強の段階で、時間配分の練習もしておくのがおすすめです。

出題形式・試験範囲

CBT(Computer-Based Testing)方式という出題形式が採用されています。これは解答用紙ではなくパソコン上で回答を行う形式の試験です。

また、試験範囲は大きく以下の6つに分けられています。

・ネットワークの基礎

・ネットワークアクセス

・IPコネクティビティ

・IPサービス

・セキュリティの基礎

・自動化とプログラマビリティ

合格率・合格点

CCNAの合格率・合格点は、公式では公開されていません。合格者の体験情報などを参考にする限りでは、2020年の改定前は合格率は50%前後と言われていました。改定後は25〜30%という声もあります。また、合格者は約75%の850点ほどを獲得しているようです。合格率も合格点も詳細は公開されていないので、あくまでも過去のデータを集めた推測になります。

再受験ポリシー

CCNA試験において、初回の受験で不合格となった場合、同じ科目の2回目の受験は、前回の試験日から5日後の翌日から可能となります。もしPCのフリーズなどにより受験が適切に行えなかった場合は、別の日程で再受験ができます。

一度不合格になった場合、すぐに受験を考えるのではなく、初回の受験で解けなかった分野の復習や演習問題の解き直しなどの対策を十分に行ってから再受験を検討しましょう。

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

CCNAの難易度

CCNAの合格率や合格点は明確になっていません。過去の合格者の情報をまとめると、合格率は25~30%くらいではないかと予測されています。そのため推測にはなりますが、IT資格全般と比較すると難易度はやや高めといえるでしょう。

ただしCCNAはネットワーク資格の中では基礎的な内容が問われます。そのため受験者は経験の浅い人が多く、上記の数字の割には難易度は低いはずです。シスコ技術者認定の試験にはほかにもCCNPやCCIEなどがありますが、この2つと比べるとCCNAは入門者向けの資格です。

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

CCNAの資格取得に必要なスキルや知識

CCNAはネットワークに関する資格であるため、ネットワークの知識が必要となります。Ciscoの公式サイトでは以下の3つが必要とされています。

  • ・1年以上のシスコソリューションの実装及び管理経験

    ・基本的なIPアドレス指定の知識

    ・ネットワークの基礎に関する深い理解

ここでは、これらのCCNAの取得に必要なスキルや知識について解説します。

シスコソリューションの実装および管理経験

シスコソリューションの実装および管理経験は、実際に現場でCisco製のネットワーク機器を設置・操作したことがある人であれば、ポートの設定のコマンドなどはイメージできるでしょう。また、ネットワークの変更や追加時の管理経験も活かせます。

Cisco製品を触ったことがない人にとっては、イメージがしづらいため、難しく感じてしまうかもしれません。

基本的なIPアドレス指定の知識

Cisco製品に限らず、基本的なIPアドレスに関する知識が必要になります。グローバルアドレスとプライベートアドレスの違いなど、基本的な知識を網羅しておきましょう。

ネットワークの基礎への理解

ネットワークの基礎への理解を深めるためには、多くの学習時間が必要になります。TCP/IPモデルやVLANなどの専門用語を初めて学ぶ人にとっては、ネットワークの基礎は難しく感じるかもしれません。ネットワークエンジニアとして活動している人の場合は、復習程度で十分と考えられます。

関連記事:ネットワークエンジニアになるには?必要なスキルや資格も紹介

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

CCNAの資格取得に向けた勉強方法

ネットワークの専門知識が求められるCCNAですが、より短期間で資格取得を目指すためには、効率的な勉強方法を知ることが重要です。

ここでは、CCNAの取得に向けた勉強方法を紹介します。また、それぞれの勉強方法に役立つ書籍や学習サイトも併せて紹介していきます。自分に合う勉強方法を見つけ、資格取得を目指しましょう。

書籍で学ぶ

CCNAは、多くの参考書や問題集などの書籍が出版されています。ネットワークの勉強が初めての方は、参考書を一通り読み込み、CCNAの試験範囲を全体的に網羅すると良いでしょう。

CCNAのおすすめの参考書は、以下の3冊になります。

『シスコ技術者認定教科書 CCNA完全合格テキスト&問題集 』(林口裕志、浦川晃、中道賢、翔泳社)

CCNAの参考書としておなじみのシリーズで、2020年からの改定後CCNA試験に対応した最新版です。初めてCCNA試験に挑戦する人や、ウィークポイントが克服できず悩んでいる人、効果的な勉強を実践し最短距離で合格を目指したい人に最適な1冊です。

一般的な参考書と同様に詳しい解説を網羅していることはもちろんですが、問題集も付属しているため、この1冊で十分合格が目指せるほど充実した内容となっています。

『1週間で CCNAの基礎が学べる本 第3版 (徹底攻略) 』(宮田かおり、インプレス)

CCNA参考書では、ランキングの上位に入る人気の書籍です。初心者向けの参考書で、短期間に基礎固めをするためには最適です。もちろん、2020年に改定されたCCNA試験に対応しており、試験範囲が拡大された後も短期間で効率的に学べるような工夫がされています。

本書でCCNAの基礎が習得できた後は、問題集を解いて実践力を高めていくと良いでしょう。

『マスタリングTCP/IP 入門編(第6版)』(井上直也、村山公保、竹下隆史、荒井透、苅田幸雄、オーム社)

CCNAに限らず、ネットワークの基礎を学習する上で、重宝されている参考書です。TCP/IPの基礎知識を網羅しており、分かりやすい図解やイラストも多用されています。

CCNAに合格しネットワークエンジニアとして活躍できるようになった後も、基礎知識を振り返るために常備しておきたい、まさに保存版ともいえる参考書です。

練習問題を解く

CCNAの出題範囲を参考書などで学習し終えたら、次は練習問題を解いて試験に慣れましょう。CCNAの試験勉強におすすめの練習問題は以下になります。

CCNA Routing and Switching v3.0の練習問題
シスコシステムズでは、「CCNA Routing and Switching v3.0 練習問題」として専用サイトを開設しています。CCNA Routing and Switchingは旧試験ですが、現在のCCNAにおいても範囲に含まれているため、実践力を高める意味では大いに役立つことでしょう。PCはもちろん、スマートフォンやタブレット端末からでもアクセスできるため、スキマ時間も効率的に勉強できます。

『(模擬問題、スマホ問題集付き)徹底攻略Cisco CCNA問題集[200-301 CCNA]対応』(株式会社ソキウス・ジャパン、インプレス)
2020年からの新CCNAに対応した問題集です。688ページにもおよぶボリュームで、ネットワークの基礎からTCP/IP、IPv6、無線LAN、仮想化やセキュリティ機能まで幅広く網羅。また、スキマ時間を有効に活用できるよう、スマホで手軽に閲覧できる問題集も付いており、この1冊で合格が十分狙えるほどの充実度です。

また、試験分野に応じて章が分かれているため、自分自身のウィークポイントが可視化され効率的な試験対策を講じやすくなります。

勉強サイトで学ぶ

CCNAの試験の雰囲気や難易度を確かめてみたい方には、勉強サイトを活用する方法もあります。ここでは、おすすめのCCNAの勉強サイトを紹介します。

CCNAイージス
『CCNAイージス』は、その名の通りCCNAに特化した試験対策サイトです。ネットワークの基礎からシスコデバイスの操作、ルーティングの基礎、ネットワークセキュリティ、IPv6、無線LANまですべてを網羅しており、各分野の練習問題も含めてすべて無料で利用できます。

また、効果的な勉強方法や参考書の情報など、試験に役立つ情報も提供されているため、このサイトに記載されてある内容を理解すれば、CCNAの一発合格も可能になるでしょう。

Ping-t
『Ping-t』はCCNAをはじめとしたネットワーク分野の学習サイトです。ユーザー登録さえ行えばほとんどのコンテンツを無料で利用でき、PCやスマートフォン、タブレット端末で利用できます。

シスコデバイスのコマンド集や問題集など情報が豊富で、実際にCCNAに合格したユーザーの体験記も掲載されています。自分の勉強方法に不安がある方は、参考になる情報が見つかるかもしれません。

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

CCNAの資格取得にかかる勉強時間の目安

CCNAの資格取得にかかる勉強時間は、初学者とエンジニア経験者で異なります。また、ITエンジニア経験者とネットワークエンジニア経験者でも違いがあります。

資格の取得には、勉強が必要です。2020年の試験内容改定後、試験が1つに集約されたことから、試験範囲が広くなっているため、必要な勉強時間も増加しています。

ここでは、CCNAの取得にかかる勉強時間の目安を初心者、ITエンジニア経験者、ネットワークエンジニア経験者の場合に分けて解説します。

初心者の場合は300時間以上

ネットワークの基礎知識が無い初心者にとっては、ネットワークの基礎から体系的に学習をしていく必要があります。基礎知識がなければ、応用的な内容も理解ができません。さらに、シスコ製品の実機に触れたことがない場合、問題がイメージしづらく、理解に時間がかかるでしょう。シスコ独自のコマンドの実行なども、シミュレーターで試す必要があるため、学習には300時間以上かかる可能性があります。

ITエンジニアとしての経験がある場合は200時間ほど

ITエンジニアとしての経験がある場合は、大体200時間ほどの勉強時間が必要です。

シスコ製品の使用経験がある場合は、シスコ製品の独自仕様やネットワークの基礎の知識があるでしょう。しかし、技術の背景、原理などの理解度合いの確認のためにも、基礎部分から復習することをおすすめします。実務経験がある分、勉強内容がイメージしやすく、内容が理解しやすいでしょう。

ネットワークエンジニアの経験があれば100時間程度

ネットワークエンジニア経験者の場合、ネットワークに関する基礎的な知識はすでに理解しているため、体系的に学ぶというより、苦手分野や業務で携わらない分野に対する重点的な試験対策が必要です。試験対策にかかる時間として大体100時間程度が目安とされています。

業務経験があっても、分野によって経験に差があり、知識が薄い分野もあるでしょう。そのような苦手分野を重点的に勉強していくと、CCNAの合格が見えてくるでしょう。

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

CCNAを取得するメリット

CCNAの資格を取得することでどのようなメリットを得られるのでしょうか。CCNAはネットワークエンジニアにとっては登竜門的な資格になっており、CCNAの取得を必須としている企業も少なくありません。見方を変えれば、それだけCCNAは取得メリットが大きいということです。

以下では、代表的なメリットについて詳しく説明していきます。

知名度が高いため能力をアピールしやすい

ネットワーク資格はプログラミングなどの資格に比べると汎用性が高く、また実務に直接的に役立ちやすいです。そのため、企業からの評価にもつながりやすい傾向があります。そしてCCNAはネットワーク資格の中でもスキル習得や評価アップに役立ちます。だからこそ多くの企業が経験の浅いネットワークエンジニアに対してCCNAの取得を推奨していたり義務付けていたりします。

ネットワークやシスコ製品に関する基礎知識が身につく

資格取得の勉強を通じて、ネットワークやシスコ製品に関する基礎知識が身につくこともメリットです。シスコ社の製品は、ネットワーク構築の現場で多く使用されています。実践的な知識が身につくことは、業務の効率化やミスの減少にもつながります

また、試験は幅広い分野から出題されるため、苦手分野についても学習する必要があり、網羅的に知識を身につけることができます。

会社によっては資格取得により手当がつく場合がある

ネットワークなど高度なスキルが求められる職場では、従業員のスキルアップが重要な課題となっています。そのため、CCNAなどの資格取得を推奨する会社も多くあります。会社によっては、指定の資格を取得すると手当が支給されることもあり、実質的な年収アップも期待できるでしょう。昇給や昇格につながる場合もあります。

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

CCNAの資格を活かせる職種例

CCNAの資格を活かせる職種としては、ネットワークに関連する職種が多いです。

代表的な例として「ネットワークエンジニア」「クラウドエンジニア」「インフラエンジニア」などが挙げられます。

以下では、それぞれの職種の概要とCCNAがどのように活かせるか詳しく説明していきます。取得を検討している方は参考にしてみてください。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアとは、ネットワークを使うシステムの構築や保守を行う職種です。ネットワークの構築には、ネットワークやハードウェアの知識が必要です。ネットワークエンジニアは、インフラエンジニアと同じ職種に分類されることも多いですが、ネットワークに特化していることが大きな特徴です。

CCNAの取得に必要な、ネットワークやシスコ製品の知識は、ネットワークエンジニアの仕事に活かせます。そのため、ネットワークエンジニアへの就職や転職の際にも、CCNAは知識やスキルのアピールになります。

関連記事:ネットワークエンジニアとは|役割や仕事内容、未経験から目指す方法

クラウドエンジニア

クラウドエンジニアは、AWSやAzureなどのクラウドを用いて、システムを構築する職種です。最近はオンプレミス型のサーバーから、クラウドサーバーへの移行が急速に進んでいます

クラウドエンジニアは、サーバーなどのハードウェアに直接触れる機会は少ない職種です。しかし、クラウドエンジニアも、ネットワークやハードウェアの知識を身につけることは大切です。CCNAで習得した知識があることで、クライアントからの信頼も高まることでしょう。

関連記事:クラウドエンジニアの需要が高い理由を解説!将来性や年収も紹介

インフラエンジニア

ほかにもCCNA資格を活かせる職種の一つとして、インフラエンジニアがあります。
インフラエンジニアは、ネットワークおよびシステムインフラストラクチャの設計、構築、管理、トラブルシューティングなどを担当します。

CCNA資格を持つことで、ネットワークの基礎知識やスキルを習得し、ネットワークインフラストラクチャの構築と運用において重要な役割を果たすことができます。

具体的には、ネットワーク機器(ルータ、スイッチ、ファイアウォールなど)の設定や管理、ネットワークトポロジの設計、ネットワークセキュリティの実装などを担当します。また、ネットワークの監視、パフォーマンスの最適化、障害の解決なども重要な業務です。インフラエンジニアは、企業や組織のスムーズなネットワーク運用を確保し、安定性とセキュリティを維持する役割を果たします。

関連記事:インフラエンジニアとは?仕事内容や年収、将来性を解説

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

CCNAの資格取得後におすすめの資格

CCNAを取得した後に目指す資格として、ネットワークスペシャリスト試験があります。

ネットワークスペシャリスト試験はCCNAと比較すると、難易度が非常に高く、より深い知識が必要となる資格です。CCNAを取得し、基礎的なネットワークの知識やスキルを身につけた後は、より専門的なネットワークスペシャリストを目指すことをおすすめします。

ネットワークスペシャリスト試験(NW)

ネットワークスペシャリスト試験(NW)は、IPA(情報処理推進機構)が実施する国家試験です。ITスキル標準(ITSS)のレベル4に該当する、難易度の高い資格です。試験に合格することで、ネットワークの高度な専門知識を持ち、ネットワークの企画や要件定義、構築、運用などを担うエンジニアであることを証明できます。

NW試験は、ネットワークの企画や設計、構築、運用などの幅広い領域にわたる知識が求められるため、難易度が高いといわれています。取得することで、より上位のポジションやプロジェクトへの参加など、キャリアのさらなる飛躍が可能となるでしょう。

関連記事:ネットワークスペシャリストの年収|難易度や合格率も解説

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

CCNAに関するよくある質問

CCNAの資格に関するよくある質問と回答を紹介します。あらかじめCCNAについて疑問を解消しておくことで、資格取得のための勉強に集中できるでしょう。勉強を始める際には、どのような内容を学ぶのかの大枠などは把握しておいたほうが良いです。

Q1. CCNAの試験料はいくらですか?

CCNAの試験費用は36,960円(税込)です。オンライン受験ではクレジットカード支払いも可能です。試験料は安くはありませんので、十分な試験準備をして受験することをおすすめします。

Q2. CCNAは誰でも受験可能ですか?

CCNAに応募条件はなく、誰でも受験できます。経験や年齢による制限はありません。ネットワークに触れた経験や、極端にいえばパソコンをほとんど触ったことがない人でも勉強次第で合格できる可能性があります。

Q3. CCNAの資格取得の難易度を教えてください

CCNAの難易度はあまり高くないといえるでしょう。シスコ技術者認定の中でも、「アソシエイト」に分類され、難易度的には下から2番目に位置しています。ネットワークに関する基礎的な知識が問われるため、しっかりとおさえておきましょう。

Q4. ネットワークスペシャリストとCCNAの違いは何ですか?

CCNAとネットワークスペシャリストを比較すると、ネットワークスペシャリストは国家資格であり、ITスキル標準のレベル4に該当する難易度の高い資格です。一方、CCNAはシスコシステムズ社が運営するベンダー資格であり、基礎的な内容を問われるネットワーク入門者には目指しやすい資格となっています。

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

まとめ

この記事では、スキルアップを目指すネットワークエンジニアに向けて、CCNAの出題範囲や資格の詳細、資格を取得するメリットなどを解説しました。

CCNAは、ネットワークに関する資格では、知名度が高い資格です。2020年2月の改定後は、試験範囲が拡大したため、幅広い知識が求められます。今回紹介した参考書や問題集、勉強サイトなどを効果的に活用することで、短期間の合格も不可能ではありません。この記事を参考に、CCNAの取得を目指してみてはいかがでしょうか。

CCNAを取得することで、ネットワークエンジニアとしてのキャリアにおいて有利な位置を築くことができます。また、求人市場での競争力が高まり、より多様な仕事の機会を得ることができるでしょう。さらに、CCNAはCCNPやCCIEなどの上位資格の取得へのステップとしても重要な役割を果たします。ぜひ、CCNA取得を目指してみてください。

ITエンジニアの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア職を専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングでお話してみませんか?(オンラインでも可能です)

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

レバテックキャリアのサービスについて

この記事の監修

レバテックキャリア編集部

レバテックキャリアは、IT/Web業界のエンジニア・クリエイター向けに特化した転職エージェントです。当メディアでは、エンジニア・クリエイターの転職に役立つノウハウから、日々のスキルアップや業務に活かせる情報まで、幅広いコンテンツを発信しています。

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

関連する記事

人気の求人特集

内定率が高い

ネットワークエンジニアの求人・転職一覧

今もらっている年収は高い?低い?

簡単60秒 エンジニア・クリエイター専門 年収診断 無料診断START ×

年収アップをご希望の方へ

簡単!年収診断

現在の市場価値や
年収UPの実現方法がわかる!

現在の職種はどちらですか?