プログラマーの仕事やプログラミング言語の種類、プログラミング学習方法について解説【初心者向け】プログラマーの仕事内容と、開発言語の選び方

最終更新日:2020年9月18日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

プログラマーは、プログラミング言語を用いてさまざまなシステムを開発する職種です。具体的には、Webサービスやアプリケーション、業務システムなどが挙げられます。初心者がプログラマーを目指すには、プログラマーの仕事内容を把握した上で、言語を選んで学習する必要があります。

この記事では、プログラマーの仕事内容とプログラミング言語の種類、開発言語の選び方と学習方法について解説します。

1. プログラマーの種類と仕事内容

まず、プログラマーの種類と仕事内容を解説します。

Webプログラマーの仕事内容

Webシステムのプログラミングを行うプログラマーです。代表的なものとしては、ECサイトやブログ、CMS、コーポレートサイトなどが挙げられます。

フロントエンド(ユーザーの目に見える部分)とサーバーサイド(ユーザーの目に見えない部分)の開発に分かれることが多く、フロントエンドはHTML/CSS、JavaScriptを用いてユーザーインターフェイスを構築し、サーバーサイドはデータベース操作やAPIの実装を行います。サーバーサイドの開発では、PHP、Ruby、Javaなどさまざまなプログラミング言語が使用されています。

アプリケーションプログラマー(アプリ開発者)の仕事内容

スマートフォンアプリやWebアプリケーションなどを開発するプログラマーです。スマホアプリのOSはiOSとAndroidの2種類が主流で、プログラマーはそれぞれのOSに対応する言語を使ってプログラミングを行います。iOSではSwift、AndroidではKotlinというプログラミング言語を使うケースが多いでしょう。

業務システム系プログラマーの仕事内容

業務システムを開発するプログラマーです。会計システム、生産管理システム、販売管理システムなど、企業がビジネスを行うにあたって根幹となるシステムを開発します。

要件定義、設計、プログラミング、テストと順番に進めていくウォーターフォール型で開発するケースが多く、最新技術よりも堅牢なシステムが求められます。プログラミングに用いられる言語はC系言語やJava、PHP、VBなどが多いでしょう。

組み込み系プログラマーの仕事内容

家電製品や電子機器などを制御するプログラムを実装するプログラマーです。対象の家電製品は、洗濯機、エアコン、カーナビなど非常に多岐にわたります。今後、あらゆるモノをインターネットにつなぐIoTが普及すると予想されており、組み込み系プログラマーの需要も増加することが見込まれています。

ゲームプログラマーの仕事内容

家庭用ゲーム、スマホゲーム、ソーシャルゲームなどを開発するプログラマーです。仕様書に沿って、キャラクターの動きやイベント処理などをプログラミングしていきます。C系言語やUnity(ゲームエンジン)などを用いて実装します。

2. プログラミング言語の選び方

ここでは、プログラミング言語の選び方について解説します。

開発するシステムによって使用するプログラミング言語は異なります。そのため、「何を作りたいか」「どのようなプログラマーになりたいか」を決めてから選択すると良いでしょう。例えば、WebプログラマーになってECサイトを開発したい場合はPHPやRubyを選択することになりますし、スマホアプリを開発したいのであればSwiftかKotlinを選択する必要があります。

また、世の中でニーズの高い開発に用いられている言語を選択するのもひとつの方法です。例えば、AI開発は今後需要が伸びると予測できるためPythonを選択する、といった具合です。AIというと学習ハードルが高いと考えられがちですが、近年ではプログラミング未経験者を対象としたスクールでもAI開発講座が提供され始めています。ただし、スクールでPythonを学習したからといって、すぐにAI開発エンジニアとして採用されることは稀です。まずはPythonを用いた開発で3年程度の実務経験を積んだ後、キャリアアップとしてAI開発エンジニアを目指すのが現実的でしょう。

3. 代表的なプログラミング言語

次に、現在よく使われている代表的なプログラミング言語について解説します。

HTML/CSS

HTML/CSSはウェブサイトの画面を構築するための言語です。厳密にはプログラミング言語ではありませんが、Web開発の現場では多く用いられており、習得も容易であるため、初心者が最初に学ぶのに適しています。HTMLはタイトルや段落などの構造を指定し、CSSはフォントや色など装飾を行います。

JavaScript

JavaScriptは、Webサイトに動きを加えたり、フォームの入力をチェックしたりするなど、サイトに欠かせない機能を実装できる言語です。Web開発では非常に高い需要があります。

PHP

業務系システムやWebアプリケーションなどの開発において需要の高い言語です。世界中のWebサイトで利用されているWordPressも、PHPで開発されています。他の言語と比較すると習得難易度が比較的優しいと言われています。

Ruby

WebサイトやWebアプリケーションの開発で多用されている言語です。言語の中でも習得難易度が低いと言われています。1ヶ月程度の短期間で学習できる講座が多く提供されており、初心者が学習しやすい言語の一つです。

Python

AI開発などで使用されることの多い言語です。AI開発用のライブラリも充実しています。初心者向けの短期間で学習できるAI講座も増えてきており、学習しやすくなっています。

Java

金融系のシステムや大規模な基幹システムなどの開発で広く用いられている言語です。また、汎用性の高い言語としても知られており、Webサービスやスマホアプリ、デスクトップアプリなどの開発にも使われています。汎用性が高いため機能が非常に多く、学習難易度は高めです。

Swift、Kotlin

スマホアプリを開発するための言語です。SwiftはApple、KotlinはGoogleが開発元であり、スマホアプリのプログラマーはいずれかの言語を習得する必要があります。どちらの言語も学習ツールがApple・Googleから提供されており、初心者でも学習を始めやすいでしょう。

C系言語(C、C#、C++)

組み込み開発以外では需要はそれほど高くありませんが、C言語ではメモリ操作などハードウェアに対するプログラミングを学習するため、コンピューターについての理解を深めることができます。難易度は難しい部類に入るため、他の言語を習得してからチャレンジすると良いでしょう。

4. プログラミングの学習方法

最後に、プログラミングの学習方法について解説します。

書籍で学ぶ

プログラミング学習をテーマにした書籍は初心者向けのものも多く、基礎知識の学習に適しています。

一方で、不明点があった場合に解消しづらいというデメリットもあります。不明点が発生した場合は、エンジニア向けのQAサイトなどを活用して解決すると良いでしょう。
以下は、プログラミング初心者におすすめの書籍です。
『プログラミング入門講座』(米田昌悟、SBクリエイティブ)
『プログラミングを、はじめよう』(立山秀利、インプレス)

学習サイトで学ぶ

近年、サイト上で講座を受けながらプログラミングできる学習サイトが増えてきています。
サービスによってはチャットで質問も可能です。代表的な学習サイトに「Progate」があります。
Progate

スクールで学ぶ

プログラミングは初心者にとっては難しく、挫折することもあります。しかし、スクールを活用すれば、疑問点を質問することができるため効率的に学習することができます。以下は初心者向けの講座を提供しているスクールです。
TECH::CAMP
CodeCamp

勉強会で学ぶ

プログラミングに関する勉強会は、全国各地さまざまなテーマで開催されています。「TECH PLAY」など勉強会・セミナーのまとめサイトで自分にあった勉強会を探すと良いでしょう。
TECH PLAY

5. まとめ

この記事では、プログラマーの仕事内容とプログラミング言語の種類、初心者向けの学習方法について解説しました。プログラミング言語にはいくつもの種類があるため、やりたいことを明確にしてから学習を始めることが大切です。また、言語には流行があるので、時代の流れを見極めながら言語選択をするセンスも必要になるでしょう。

近年では、未経験者を対象とした、短期間でプログラミングを学習する「ブートキャンプ」形式のスクールが選ばれやすくなっています。10万円以上の費用が掛かりますが、短期間で効率的に学習できるため本気でプログラマーを目指す人にはおすすめです。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ