C#の将来性とは?需要状況や年収例、将来性までを解説

最終更新日:2020年8月28日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

C#は、マイクロソフト社が開発した言語です。近年ではiOSやAndroid向けのモバイルアプリ開発にも使用できるようになり、仕事の幅も広がっています。しかし、将来性としてはどうなのでしょうか。この記事では、近年注目を集めているC#の特徴や転職市場状況、年収イメージ、将来性について解説します。

1. C#とは

ここではC#の将来性を考える前提知識として、C#とはどのような言語なのかを説明します。

C#の概要

C#はマイクロソフト社が2000年に発表した、比較的歴史の浅いプログラミング言語です。Cという言葉がついているため、C言語やC++の後継と思われがちですが、全く別の言語です。条件分岐や繰り返し、関数の定義など基礎文法はCやC++、Javaに類似しており、これらの経験者であれば、容易に理解することができます。ただし、C#はC++との互換性はないので、一緒に使うことができない点に注意が必要です。

C#を使うことのメリット

C#をマスターすれば、Windows、Mac、iOSアプリ、AndroidアプリやWebアプリケーションなど幅広い開発を行うことができます。ほかの言語を覚えなくてもさまざまなプラットフォーム向けのアプリケーションを開発できる点が大きな魅力です。

C#を使うことのデメリット

C#はWindowsに特化したプログラミング言語です。「Mono」を使用すればLinuxやMacでも開発できますが、Windows以外での開発は向いていないというデメリットがあります。

2. C#の需要状況

C#はマイクロソフト社が開発した言語であり、マイクロソフトが提供するサービスで使われることが多いです。例えば、マイクロソフトやskypeの公式サイト、検索エンジンのBing、ポータルサイトのMSNはC#で開発されています。また、Webサイトだけでなくゲームの開発でもC#は使われています。ゲームエンジンで大きなシェアを持っているUnityで使えるプログラミング言語は3種類ありますが、そのうちの一つがC#です。

また、最近は成長が著しいスマートフォンOSであるiOSやAndroid向けのモバイルアプリ開発にも使用されはじめています。爆発的な需要があるとは言えませんが、マイクロソフトという巨大企業で導入されていること、Windows環境での開発がしやすい言語であることから一定の需要があります。

3. C#エンジニアの転職状況

C#はJavaやPHP、Rubyに比べてマイナーなイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。ここでは、C#エンジニアとしての転職を検討する際に知っておきたい転職状況について解説します。

C#エンジニアの転職は有利なのか

C#は、業務系アプリケーションはもちろんのこと、ゲームからスマートフォンのアプリまで幅広い開発に使えます。そのため、開発言語にC#を採用する企業も増えています。よって、実務経験がある方であれば就職や転職は比較的しやすいと言えるでしょう。

未経験からの転職可能性

プログラミング完全未経験の場合は、採用ハードルが低い企業に限定されます。入社後に研修制度のある企業であれば、未経験であっても採用されやすい傾向にあります。

このケースでは、SIer(システムインテグレーター)やSES(システムエンジニアリングサービス)形態の企業が多いのが実情です。未経験で転職した場合、いきなり0からコーディングする事は少なく、既存ソースの簡単な更新や保守が多いでしょう。

他言語経験者の転職可能性

C#はCやC++、Javaに類似した構文のプログラミング言語です。互換性がなく一緒に使えないとはいえ、関数定義や構文の書き方が似ています。C++やJavaを経験している人はC#の経験がなくても転職しやすいといえるでしょう。

4. C#エンジニアのスキル別年収

転職を考える際、気になるのが年収です。ここでは、レバテックキャリアを利用して転職に成功した方の実績を参考に、C#エンジニアの年収について解説します。

年収300万円~400万円

・経験年数と年齢層
 プログラミング未経験からの転職の場合は、年収300万円程度で採用されることが多いです。C#の経験はなくともJavaやC++の経験があれば、300~500万程度の年収が見込めます。C#との互換性のない言語の経験しかない場合は、年収レンジもやや下がって約350万~となります。年齢層は20代前半~後半が中心です。

・求められるスキル
求められるスキルレベルはあまり高くありません。リーダーから指示を受け、フォローを受けながらもプログラミングできるレベルが求められます。

年収400万円~500万円

・経験年数と年齢層
C#経験が2年以上あり、設計や開発ができるSEポジションのエンジニアです。年齢は20代後半~30代前半が中心となっています。
 
・求められるスキル
自分ひとりで設計からプログラミングまで一通りの開発ができるスキルや、小規模な開発プロジェクトにおけるチームリーダー経験などが求められます。

年収500万円以上

・経験年数と年齢層
チームリーダーとして数年以上の経験がある場合は、年収500万円以上で採用されるケースがあります。C#は業務系システムの開発に利用されることも多く、これらの開発プロジェクトは大規模であるケースが多いため、マネジメント経験が求められる傾向にあります。マネジメント経験が豊富な人材は評価が高くなります。年齢は30代前半以降が中心です。
 
・求められるスキル
チームリーダーの経験やチームマネジメントスキルは必須となります。また、要件定義や設計スキル、協力会社をはじめとしたステークホルダーの管理スキルなども求められます。

5. C#の需要が今後も高まると考えられる理由

ここまで、C#の転職市場や年収イメージを紹介してきました。それでは、C#の言語としての将来性はどうなのでしょうか。C#の需要は今後も高まると予想できる理由としては、以下のポイントが挙げられます。

OS最大手のMicrosoft社が開発した言語である

パソコンのOS最大手であるマイクロソフトが開発した言語です。2000年の公開から随時バージョンアップされ、2018年7月現在ではバージョン7.3まで改良が進んでいます。公開から20年近く立ちましたが、現在でも年1~2回程度新バージョンがリリースされています。よって、現在もマイクロソフトが開発に力を入れている言語と言えるでしょう。

 各種アプリ開発で利用できる言語である

アプリ開発は大きくわけると下記の4種類に分けることができます。それぞれに使用できる言語の種類を見てみると、C#の汎用性が高いことがわかります。各種開発における使い勝手のよさから、今後もC#を採用する企業が増える可能性があります。

・web系

ブラウザで動くアプリ
使用言語: C#、Java、PHP、Ruby、Python、Visualbasic.NETなど

・クライアント系(PC)

パソコン上で動くアプリ。Windows用、Mac用があります。
使用言語:WindowsはC#、Visualbasic.NET、C++、Delphiなど、MacはSwiftなど

・クライアント系(スマートフォン)

スマホ上で動くアプリ。Android用、iOS用があります。
使用言語:AndroidはJava、Kotlin、JavaScript、C#など、iOSはSwift、C#など

・組み込み系

ハードウェアに組み込むアプリです。
使用言語:C、C++、Javaなど

6. C#の将来性を危惧する意見

さまざまな場で利用できるC#ですが、将来性を危惧する意見もあります。これまで組込み系はC++やJavaが主流でしたが、今後はC#にシェアが移っていく可能性も考えられます。しかし、2000年に開発が完了したC#はまだ若く、現時点では十分普及していません。C#がさらに普及する前に新しい言語にシェアを奪われる可能性は捨て切れません。

例えば、2014年に発表されたSwiftは、iOSやMacOSの開発言語として急速に普及しましたが、2017年11月の情報では人気度が落ちてきているというデータも一部あります。このように、プログラミング業界の流行は早いため、随時最新情報の収集が大切です。

7. まとめ

この記事では、C#の特徴や転職市場状況、年収イメージ、将来性について解説しました。

C#は業務系アプリケーションやゲーム、スマートフォンアプリなど多様な開発で使われています。C#エンジニアの求人も多く、引き続き需要の高い言語であることが予想されます。この機会に学習を検討してみてはいかがでしょうか。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

C#の求人・転職一覧