高卒未経験からプログラマーになるには厳しい?求人や年収例も紹介

最終更新日:2023年10月4日

プログラマーは、IT業界における登竜門的な職種です。その一方で、専門性とスキルを高めれば、付加価値の高い人材とみなされることでも知られています。一般的に学歴よりも実力や学習意欲などが重視されることから、高卒・未経験からでもキャリアを伸ばしていくことが可能な職種です。ただし、未経験の場合は基礎知識やプログラミング言語の習得など、入念な準備を心がけるべきでしょう。

ここでは、高卒・未経験からプログラマーを目指している方に向けて、仕事内容やプログラマーを目指せる理由や厳しい現実、向いている人の特徴について詳しく解説します。

この記事のまとめ

  • プログラマーは人材不足なため売り手市場にあり、学歴は重視されないため高卒・未経験でも求人募集は行われプログラマーを目指すことはできる
  • ただし、実力を正しく証明することが必要であり「採用されるならどこでもいい」と選ばないことでプログラマーを挫折するケースも多い
  • 大手企業への就職は、高卒・未経験ではかなり厳しく、企業側から求められる能力やスキルをシビアに見せる準備が大切である

今もらっている年収は高い?低い?

支援実績10年の登録者データを基にした エンジニア・クリエイター専門 年収診断 無料診断START

高卒・未経験からでもプログラマーを目指せる理由

まず高卒・未経験からプログラマーになれるのかという点について解説します。結論から述べると、高卒・未経験からでもプログラマーに転職することは可能です。その理由は、以下のとおりです。

関連記事:
高卒・未経験でもエンジニアへの転職は可能?目指し方を解説
プログラマーに就職するには?未経験でもOK?年収や求人例を紹介

IT業界は人材不足のため需要がある

みずほ情報総研株式会社の「IT 人材需給に関する調査」によると、近年のIT人材需要を専門卒・大卒・院卒の人材のみで満たすことが難しいとわかります。IT人材は、2030年時点で約16~43万人の不足が予測されているからです。特に中小企業や中堅企業においては、学歴に依存しない採用活動が活発になっていくと考えられます。

IT業界は「実力主義」で経験を問わない傾向がある

IT業界では何よりもプログラミングやシステム開発の実力が重要です。そのため採用時に十分な実力を持つ方であれば、過去の経験を問わずに積極的に採用される傾向があります。
オンラインでのやり取りや動画を使ってプログラミングを学べるサイトも充実してきているので、たとえ独学であっても、実務で通用するレベルまで実力を高めることは十分に可能です。

つまり、プログラマーとしての経験がなくても、実力を身につけることは十分に可能であるため、高卒・未経験でもプログラマーを目指すことは不可能ではありません。

関連記事:プログラマーの仕事内容をわかりやすく解説!必要なスキルも紹介

IT業界では経験よりも意欲が重視される傾向がある

これはあくまでも「傾向」ですが、日本のIT業界では一部の大企業を除き、学歴よりも「適性」「経歴」「意欲」を重視した採用が行われてきました。また、異業界・異業種からの転職者も積極的に受け入れてきた歴史があります。

近年は理系学部や情報系学部出身者を優遇する企業が増えたものの、中小SIerや中堅規模の企業では、引き続き高卒・未経験の若手を積極的に採用する傾向が続くでしょう。
特にエントリーレベルのプログラマーを目指す場合、事前の準備さえ怠らなければ、高卒・未経験からでも転職できる可能性は決して低くありません。どういった準備をすべきかについては、後ほど詳しく紹介します。

関連記事:プログラマーに必要な知識・スキルとは?身につける方法も解説

高卒でプログラマーを目指す際に知っておくべき厳しい現実とは

高卒でプログラマーを目指すことは不可能ではありません。一方で、大卒や院卒、専門学校卒と比べると就職後の環境や就労条件などで厳しい現実もあります。

大手企業への就職は狭き門

まず高卒でプログラマーを目指す場合、大企業への就職は狭き門といわざるを得ないでしょう。一般的にプログラマーからシステムエンジニアになり、最終的にコンサルタントになることがプログラマーとしてのキャリアとされています。

システムエンジニアやコンサルタントは上流工程と呼ばれる仕事であり、顧客の要望のヒアリングやシステムの設計などを担う職種です。このような上流工程に携われる企業の多くは、大手企業であり就職には学歴が評価されます。そのため高卒の学歴でそのような大手企業をいきなり目指すのは、厳しいと考えたほうが良いでしょう。

実際に大手企業の場合、自社でプログラマーを雇用するのではなく、下請け企業に外注しているケースも少なくありません。

関連記事:プログラマーの将来性と、今後需要が高まるスキル

入社してすぐは大学卒や専門卒よりも給料が低い

給料の低さも高卒で就職するプログラマーが直面する厳しい実情です。令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)では、プログラマーを含む情報通信業で初任給の結果が発表されています。

  • ・高卒…約17万

    ・大卒…約22万

    ・院卒…約24万

学歴によって差が出るのは初任給が著しく、その後の昇進やキャリアアップは経験・スキル次第で可能です。ただし、働き始めてからの賃金環境を考慮したうえでプログラマーを目指さなくてはなりません。

IT業界は多重請負構造のため忙しいケースもある

IT業界は建築業界同様に、多重請負構造になっています。多重請負とは契約の流れがピラミッドのようになっていて、請負で仕事を請け負った企業がさらに他の企業に仕事を流しているという状況です。

間に入った多くの企業が中抜きでお金をもらっている状態で、結果的に最下流の企業が低賃金重労働になります。こういった業態は問題視されていますが、結果的に多重請負構造は根強く残っています。

客先常駐となりわからないことをすぐに聞ける環境がない場合も

多重請負構造では、下流の企業が客先常駐で働く場合が多いです。客先には自社の人が少なく、結果的にわからないことを聞くのが難しい場合があります。新人のうちから客先に入れられることになり、詳細な説明も受けずに仕事が始まることもあるでしょう。

客先にいるピラミッド構造が上の人から雑務を与えられ、雑務をこなすだけで思っていたようなプログラミングの仕事などがあまりできない場合もあります。

関連記事:プログラマーになるには|未経験から独学で目指す方法を紹介

ホワイト企業を見つけるポイント

以上のように高卒でプログラマーに就職する場合、不可能ではないけれど厳しい現実であるのが実情です。しかし、どんな企業でも学歴を重視し高卒プログラマーを冷遇しているわけではありません。
高卒・未経験でプログラマーを目指す場合に、知っておきたい「自分に合う企業の見つけ方」をチェックしていきましょう。いわゆるホワイト企業を見極めるポイントを紹介します。

仕事内容と自身の適性に合っているか考える

例え多忙な仕事であっても、自身の適性に合う仕事であれば苦労を感じずに興味を持ち取り組むことができます。プログラマーは特に繁忙期と閑散期がある仕事であり、一般的には「忙しい職業」というイメージが強いでしょう。

プログラミングが好きであることは大前提として、仕事内容に興味が持てるか、例え繁忙期があったとしても自分がやりこなせるかを冷静に考えておきましょう。

希望条件の優先順位を決めておく

ホワイト企業というと、福利厚生が充実している印象があります。この点は仕事を選ぶために欠かせない要素ですが、「何を優先するのか」を自分の中で決めておくと就職の際にも企業側とのミスマッチを防げます。

例えば「週休2日は必ず確保したい」のか「不定休でもよいが、給料は一定ライン以上を望む」のか、具体的に優先順位を決めておきましょう。とにかく優遇される企業がいいと希望する項目が多いと、自分に適した条件の企業はなかなか見つかりません。

社員の口コミをチェックする

求人票のみで企業を選ぶのではなく、実際に働いている社員の口コミをチェックするのもひとつの手段です。口コミサイトではリアルな意見交換がかわされていますが、入社後のイメージを膨らませる意味でもサイトを活用しつつ就職を進めていくとよいでしょう。

ただし、従業員数の少ない企業では社員の口コミがなかなか見つからないこともあります。また、その口コミは信ぴょう性のある情報なのかどうかも、冷静に見極めるようにしましょう。たった一つのネガティブな意見に左右されていると、迷いが生じやすいです。

就職エージェントを活用する

就職エージェントとは、就活のさまざまなサポートを受けられるサービスを指します。数ある求人の情報閲覧ができるだけでなく、自分の希望に合わせた求人の紹介も受けられるのがメリットです。
選考対策などの支援も行っているため、就職にあたって「どのようなスキルをアピールすればよいのか」「企業側の選考基準」など戦略をプロと一緒に立てることができます。

高卒プログラマーのサポート実績をチェックし、実績が豊富なエージェントを選びましょう。各エージェントでは説明会が開催されていることもあるため、全体説明会から出席してみるのもおすすめです。

高卒でプログラマーとして就職・転職するには

高卒からプログラマーを目指すためには、これから紹介するようなスキルや知識、資格を身につけておくと効果的です。

関連記事:プログラマー転職の極意!未経験から成功する方法

プログラマーに求められる知識とスキルを習得する

高卒でプログラマーとして採用されるためには、入社前にある程度の知識とスキルを習得しておくことがおすすめです。具体的な知識とスキルについて詳しく解説します。

関連記事:プログラマーが使うプログラミング言語とは?種類別の特徴や選び方を初心者向けに解説

情報技術の基礎知識

どの分野を目指す場合でも、「情報技術の基礎知識」は備えておくべきでしょう。具体的にはプログラミングで必要とされる知識(データ構造、アルゴリズム、プログラミング言語)や、コンピュータ自体の知識(CPU、メモリ、バスなど)です。こうした知識は、プログラミング言語の学習によって身に付くほか、資格試験(基本情報技術者試験など)の勉強でも習得可能です。もし独学での習得が難しいと感じたならば、スクールの活用も視野に入れてみましょう。

プログラミング言語とフレームワーク

プログラマーを目指すのであれば、プログラミング言語とそのフレームワークの知識も習得しておきたいところです。フレームワークとは、プログラミングを効率化させるツールの総称であり、多くの開発現場とプログラミング言語で活用されています。代表的なプログラミング言語とフレームワークは以下の通りです。

プログラミング言語 代表的なフレームワーク
PHP Laravel,FuelPHP,CakePHP
Python Django,Flask,bottle
Ruby Ruby on Rails,Sinatra,Padrino
JavaScript React,Angular,Vue.js
関連記事:独学でプログラマーを目指すには?未経験からのプログラミング習得

資格を取得する

プログラマーになるために必須資格はありません。ただし、未経験から知識や技術力を身につける手段として、あるいはプログラマーになりたいという気持ちをアピールする方法として資格を取得するのもおすすめの方法です。

関連記事:採用面接に活かせるプログラマーの志望動機|スキル、経験別の例文について解説

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は、情報処理推進機構が実施しているITエンジニアとしての登竜門的な国家資格です。プログラマーを未経験から目指す際に取得しておきたい資格の一つであり、多くの企業で評価されています。試験は多肢選択式の回答方式で、午前と午後に分かれて実施されています。現在はCBTにより受験でき、随時受験申し込みが可能となっています。

C言語プログラミング能力認定試験

C言語プログラミング能力認定試験は、サーティファイが実施しているC言語に関する知識と技術を認定している民間資格です。C言語の簡単な概念が問われる3級、小規模のプログラムの実装スキルが問われる2級、応用的なプログラムの作成スキルが求められる1級の3つの区分に分かれて実施されています。

Javaプログラミング能力認定試験

Javaプログラミング能力認定試験も、サーティファイが実施しているJavaに関する知識と技術を認定している民間資格です。C言語プログラミング能力認定試験と同様に3つの級に分かれて実施されており、Javaに関する知識に加えて、オブジェクト指向に関する知識も試験で問われます。

成果物を作り実績を証明できるようにする

プログラマーとしての実力をアピールするには、実際に動作するプログラムを作成して実績を証明するのが最も効果的です。しかし、未経験から目指す場合、実務経験をアピールするのは困難です。
その場合、たとえば自分なりに開発したアプリケーションを見せたり、プログラマー向けのQ&Aサイトやコミュニティサイトでの投稿履歴なども実績として認められることがあります。
面接や書類選考という時間が限られた場面でもアピールしやすいよう、ポートフォリオとしてまとめておくとよいでしょう。

関連記事:プログラマー向け職務経歴書の書き方を解説【テンプレートあり】

早めに行動する

大卒や院卒のように高学歴な方ほど大企業への就職の確率が高まりますが、高い賃金を支払う必要がある以上、いつまでもプログラマーでいさせるわけにはいきません。システムやアプリケーションの開発において、プログラミングは必須のスキルであるため、最初のうちは学習させますが、ある程度の経験を積むと、より高単価な設計や要件定義などの上流工程を担当させる必要があるからです。

しかし大学や大学院に行かず高卒でプログラマーに就職した場合、必然的にプログラマーとして働く期間が長くなります。そのためプログラマーとしてのスキルアップにも時間をかけられますし、ゆくゆくはフリーランスのプログラマーとして、大企業の正社員以上の給与が得られるかもしれません。

企業が若い人材を欲しているという点も重要です。同じスキルであれば若い方が需要があります。少子高齢化の影響もあり若い人材が不足しているので、若さは大きな武器になります。スキルアップを図りつつ、なるべく若いうちに企業に入り込むことがおすすめです。いったん企業に入ってスキルを身に付ければ、そこからの自由度もアップします。

転職エージェントに相談する

高卒でプログラマーを目指す場合には、IT系の転職エージェントを利用するのもおすすめです。プログラマーとしてどのような企業で働きたいのか、自分の希望をヒアリングしてもらい適切なアドバイスを受けることができます。非公開求人を紹介してもらえるケースもあるため、とりあえず登録だけでもしておくこともおすすめします。

高卒でプログラマーに求められる資質

高卒プログラマーに求められる資質として、以下が挙げられます。


  • ・学習意欲の高さ

    ・コミュニケーション能力

    ・体力

    ・協調性


企業側が求めているものを正しく理解すると、面接時のアピールにも説得性が高まるでしょう。一つずつチェックしていきましょう。

学習意欲の高さ

進化の早いIT業界において、学習意欲が高いことはプログラマーに必須の資質です。新しい技術が登場したと思っても、時間が経つにつれてどんどん古くなっていくこともあり、常に新しい技術や情報を取り入れていく姿勢が求められます。このように最新のITを意欲的に学ぶことを楽しめることができれば、プログラマーに向いているといえるでしょう。

コミュニケーション能力

パソコンに向かいっぱなしの仕事と思われるプログラマーですが、他者とのコミュニケーションを取るのが苦でないことも必要な資質です。システムやアプリケーション開発はチームを組んで進めていくことが多いため、コミュニケーションを取る機会は意外と多いです。

また客先常駐の仕事になることもあり、客先の従業員やほかの会社から参加しているプログラマーと円滑に仕事を進めるためにも、コミュニケーションスキルが求められます。

体力

プログラマーには体力がある人も向いています。一見するとパソコンの前で座って作業しているだけの仕事のように思えますが、長時間の労働になりがちな仕事なので、それに耐えうる体力が欠かせないからです。

特にプロジェクトの納期直前では確認すべき内容やテスト結果の評価、そして残存しているバグ修正など仕事量が多くなりがちで、残業続きになってしまうことも珍しくありません。このような長時間の労働を最後までやり遂げるためには、何よりも体力があることが必要条件となるわけです。

協調性

プログラマーの仕事はたった一人で行うことは少なく、数名で構成されるプロジェクトやチーム同士で携わる場合がほとんどです。メンバー同士でのやりとりが必要となるため、コミュニケーションを正しく取れる協調性は重要なスキルといえます。
また、高卒プログラマーだと比較的「客先常駐」が多いです。自社社員だけでなく他の会社の人とも仕事を円滑に進めていく必要があるため、対人スキルを高めておくと重宝される傾向にあります。

学歴不問・未経験可のプログラマー求人例

学歴不問・未経験可のプログラマーの求人例を2つご紹介します。

【フロントエンドエンジニア】

【想定年収】
360万円~

【業務内容】
・大型メディアサービスのフロントエンド開発
・企画責任者が立案した施策の共有、工数の提案及び確認

【求められるスキル・経験】
<スキル>
・HTML/CSSの標準的な設計、実装
・JavaScriptの設計、実装

<マインド>
・コミュニケーションを積極的に取れる
・自発的に行動できる
・不明点があれば自分で調べて解決できる
・新しい技術への関心が高く、最新情報のキャッチアップに意欲的に取り組める
・抵抗感なく調査や開発支援(CI環境の構築、サポート 他)に取り組める

【アプリケーションエンジニア】

【想定年収】
260~300万円

【業務内容】
・システムの設計・開発・テスト
・Webアプリケーションの開発

【求められるスキル・経験】
<経験>
・社会人としての就労(1年以)

<スキル>
・1通りのPC操作
・タッチタイピング

<マインド>
・自らの成長に向けトライできる方
・チームを優先しながら働くことができる方

高卒プログラマーに関するよくある質問

高卒でプログラマーを目指すメリットや、初任給についてを質問にまとめました。一つずつチェックしていきましょう。

Q1.高卒プログラマーの初任給はどれくらい?

令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)では、プログラマーを含む情報通信業で初任給は高卒で約17万円です。これは大卒、院卒と比較すると少なめであり、学歴を重視しない業界ではあるものの初任給で差が出ることを認識しておく必要があります。

Q2.高卒でプログラマーを目指すメリットは?

高卒でプログラマーを目指す=若くして就職するというのが大きなメリットです。企業側は高卒プログラマーに対して学習意欲の高さや長期的な成長を期待しています。
また、プログラマーとはIT業界のキャリアスタートとしての立場にもあるため、プログラマーとしての実績を積みながらキャリアプランをしっかり立てられるのもメリットといえるでしょう。

Q3.高卒・未経験でもプログラマーになれる?

プログラマーはIT業界の登竜門ともいわれ、高卒・未経験でも目指しやすい職業です。業界的に学歴よりも実力や経験を重視する傾向にあり、プログラマーからキャリアをスタートさせるエンジニアも多いでしょう。
ただし、大手企業をいきなり狙うのは厳しく、初任給も経験者や専門的な課程を修了した人と比較すると少なめです。

まとめ

プログラマーは、また、システム開発の世界では、一般的に学歴よりも実力やセンスなどが重視される傾向が強いです。そのため、専門性とスキルを高めれば付加価値の高い人材とみなされやすく、高卒・未経験からでもキャリアアップを目指すきっかけになり得ます。根気強く基礎知識やプログラミング言語の習得を進めていけば、プログラマーを経て、さまざまなIT技術者として活躍する道が開けるでしょう。

ITエンジニアの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア職を専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通しており、現状は転職のご意思がない場合でも、ご相談いただければ客観的な市場価値や市場動向をお伝えし、あなたの「選択肢」を広げるお手伝いをいたします。

「将来に向けた漠然とした不安がある」「特定のエンジニア職に興味がある」など、ご自身のキャリアに何らかの悩みを抱えている方は、ぜひ無料のオンライン個別相談会にお申し込みください。業界知識が豊富なキャリアアドバイザーが、一対一でさまざまなご質問に対応させていただきます。

「個別相談会」に申し込む

転職支援サービスに申し込む
※転職活動を強制することはございません。

レバテックキャリアのサービスについて

この記事の監修

レバテックキャリア編集部

レバテックキャリアは、IT/Web業界のエンジニア・クリエイター向けに特化した転職エージェントです。当メディアでは、エンジニア・クリエイターの転職に役立つノウハウから、日々のスキルアップや業務に活かせる情報まで、幅広いコンテンツを発信しています。

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

関連する記事

人気の求人特集

内定率が高い

プログラマー(PG)の求人・転職一覧

今もらっている年収は高い?低い?

簡単60秒 エンジニア・クリエイター専門 年収診断 無料診断START ×