プログラマーとは

最終更新日:2020年6月26日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

プログラマーとはどんな職種なのか、プログラマーになるには何が必要かを知りたい方に向けた解説です。プログラマーの仕事内容や必要なスキルなどの基本情報を掲載しています。是非、ご自身のキャリアを考える際の参考にしてください。転職のご相談もお受けいたします。


【転職活動の悩みをお気軽にご相談ください】
「はじめての転職」を考える方の個別相談会
これから転職準備を始める方の個別相談会
転職のタイミングや業界動向を知りたい方の相談会


プログラマーの仕事内容

プログラマーの仕事はプログラミング言語を活用したシステムやソフトウェアの開発です。主に下流工程に携わります。ゲーム、Web、組み込み・制御系、オープン系などプログラマーには様々な種類があり、それぞれ役割が異なる場合もあります。この職業にはプログラミング技術のほかにコミュニケーション能力や根気強さが求められ、中でも情報処理技術者試験を持っておくとよりスムーズに業務を実施できるでしょう。

プログラマーの仕事内容についてもっと見る

プログラマーに必要なスキル

プログラマーは、プログラミング言語を用いてコンピュータプログラムを組み、様々なソフトウェア、システム等を作り上げる職種です。プログラミング言語の使用スキルが求められますが、オープン系やWeb系など扱う仕事によって用いる言語が異なります。Java、PHP、Ruby、C言語などを押さえておくと良いでしょう。また、チームでの作業が多いので、コミュニケーション能力も重要になります。

プログラマーに必要なスキルについてもっと見る

プログラマーになるには

プログラマーになるには、その職種毎にさまざまなスキルや知識を身につけておく必要があります。Web系ならネットで公開されるプログラムやシステム構築、ゲーム系ならデザイン通りにゲームが動くようなプログラミング能力などが必要であるため、プログラミングに対する技術力が大半を占めることになるでしょう。また、向上心に貪欲であることが将来へのキャリアアップに繋がることもあります。

プログラマーになる方法についてもっと見る

プログラマーにおすすめの資格

日々変化を続けるIT業界を生き抜くプログラマーは、変化とともに自身のスキルも進化させることが必要です。必須とされる資格は特段ないものの、自身のスキル証明に役立つ資格は多数あります。基礎がしっかり学べる「情報処理技術者試験」や、上位資格にあたる「応用情報技術者試験」など、基礎から自身のスキルだめしまで幅広くあります。また、C言語やRubyベースの資格もあり、取得すると仕事の幅も広がるでしょう。

プログラマーの資格についてもっと見る

プログラマーのキャリアパス

プログラマーの代表的なキャリアパスは、システムエンジニアです。プログラマーとしてある程度知識や経験を積み、目標地点としてソフトウェア開発、設計などを行うシステムエンジニアを目指すのが一般的です。また、プロジェクトリーダーやマネージャーなど設計から離れた職種にキャリアアップする方もいる中、さらに専門性を高めたい方はアーキテクトやスペシャリストへ進む道もあります。

プログラマーのキャリアパスについてもっと見る

プログラマーの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

社内SEの求人・転職一覧