Webプログラマーは、Web全盛時代に高付加価値人材としてキャリアアップするための登竜門的職種Webプログラマーに未経験から転職するための条件、スキルとは?

最終更新日:2020年7月10日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

Webプログラマーは、Webサイトやサービス、アプリケーション開発などを担う職種です。近年、業界業種を問わずWebメディア、サービスの活用が一般化したことで、一気に需要が拡大しました。Webプログラマーは、Web業界の登竜門的職種であり、Webプログラマーになることで、Web開発に強みを持ったプロジェクトマネージャーなどの職種も将来的に目指せるようになります。ここでは、Webプログラマーの仕事内容や、未経験から転職するための条件などについて解説します。

1. Webプログラマーの仕事内容

Webプログラマーは、Webサイト・サービス・アプリケーション開発において、主にコーディングを担当する職種の総称です。Webプログラマーが含まれるポジションは、大きく「フロントエンドエンジニア」と「サーバーサイドエンジニア」に分類できます。それぞれの仕事内容は以下のとおりです。

フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアは、Webサイトに限らず、「ユーザーが直接触れる・目視する部分」の開発を行う技術職の総称です。スマートフォンアプリ開発では、実際にインストールされるアプリケーション本体を、Webサービスではブラウザに表示される部分の動的な処理を開発します。具体的には以下の業務を担当します。

UIの設計、開発
UI(ユーザーインターフェース)部分の設計は、フロントエンドエンジニアの主要な業務です。ユーザーの目的(やりたいこと)に沿ったUIを設計し、効率よく動作するような処理を実装したり、検索エンジン最適化(SEO)を考慮したHTMLを記述したりといった業務が一般的です。また、デザイナーが作成したデザインを忠実に再現するため、HTMLやCSSに手を加えることもあります。

API連携処理の実装
Webサービスやアプリケーションの中には、さまざまな情報を外部とやり取りできるための「口」を設けているものがあります。この口は「API」と呼ばれ、ユーザーやDB、外部システムとのデータのやり取りに用いられます。APIは一般的にサーバーサイドで実装されますが、APIから必要なデータを取得し、表示させる処理はフロントエンドエンジニアの仕事です。

サーバーサイドエンジニア

サーバーサイドエンジニアとは、サーバー側の処理を実装する技術職の総称です。主な仕事は「ユーザーの目に見えない部分の処理を実装すること」になります。具体的には以下の業務を担当します。

サーバー内処理の実装
ログイン、検索、データ抽出、購入処理、ファイルへアクセス・データ取得・加工・集計といったバックエンドで動く処理の設計と実装を行います。また、これらの処理がスピーディーに進むように、データ取得方法や処理方法の改善を行うこともあります。

APIの実装
前述したようにフロントエンドと連携するためのAPIを実装します。ここでは、「どのデータをどのような形で渡すか」といったAPI連携仕様を定義し、実装します。フロントエンドエンジニアと協力しながらAPI連携仕様を決めることも多いでしょう。

DB検索などのパフォーマンスチューニング
いかに外見が魅力的なWebサービス・アプリケーションであっても、ユーザーに不便を強いるようでは、使われなくなってしまいます。特に「表示速度の遅さ」や「動作の重さ」はユーザーが離れる原因となる要素です。サーバーサイドエンジニアは、DB自体の高速化チューニングを行ったり、サーバーサイドで処理遅延の原因となっているSQL構文を修正したりと、適宜チューニングを行います。

不正アクセスなどのセキュリティ対策
セキュリティ対策もサーバーサイドエンジニアの仕事のひとつです。具体的にはファイアウォールの設置・設定や通信の許可・拒否設定、セキュリティパッチの適用、アカウントIDやパスワードの管理などを担います。

2. Webプログラマーになるためのスキル、役立つ資格

次に、Webプログラマーになるためのスキルや資格について解説します。

スキル

フロントエンドエンジニア
フロントエンドエンジニアには、まずUIの設計スキルが必要です。できるだけUX(ユーザーエクスペリエンス=ユーザーの体験)が向上するようなUI設計が求められます。UXの向上では、「見た目が綺麗」「文字が大きく見やすい」などユーザーの使用感を向上させるような考え方が必要です。

また、フロントエンドで使用される言語も、できるだけ扱えるようにしておきましょう。フロントエンドで使用される言語としては、Webサービス・アプリであればHTML、CSS、JavaScript、PHPなどが代表的です。一方、ネイティブアプリ(デバイスにインストールされるアプリ)ならば、JavaやObjective-C、Swiftなどが有望でしょう。さらに、個々のプログラミング言語の主要なライブラリについても知っておきたいところです。例えば、JavaScriptならば、jQuery、AngularJS、Reactなどを扱えると、開発業務がスムーズに進みます。

サーバーサイドエンジニア
サーバーサイドエンジニア寄りのWebプログラマーの場合は、プログラミング言語・DB操作・サーバーOSに関するスキルが必要です。

まず言語としてはJava、C、C++、Perl、PHP、Ruby、Pythonのうち2つ以上は扱えるようにしたいところです。フレームワークの知識(RubyならばRuby on Rails、PHPならばCake PHPなど)も身に着けておきましょう。

また、DB操作に関するスキルとしてSQLの知識も身に付けたいところです。前述したようにサービス・アプリのパフォーマンスチューニングでは、DBや外部データソースとの連携処理を見直すことがあります。このとき、SQLを理解していると、ボトルネックになっている部分を素早く特定し、改善に結びつけやすいでしょう。

さらに、サーバーOS(Windows ServerやLinuxなど)上で特定の処理(バックアップやセキュリティアップデート、ログ取得など)を効率よく行うために、シェルスクリプトの知識・スキルも必要です。

役立つ資格
このようにWebプログラマーは複数のプログラミング言語・OSを扱うため、これらの関する資格の取得もおすすめです。資格取得に向けた勉強は基礎知識を体系的に身に着けるだけではなく、対外的な知識の証明にもなり得ます。

HTML5プロフェッショナル認定試験
CIW JavaScript Specialist
LinuC(Linux認定資格、レベル1及び2が目標)
RHCSA(Red Hat認定)
Ruby技術者認定試験
Python 3 エンジニア認定基礎試験
PHP技術者認定試験

3. 未経験からWebプログラマーになるためのキャリアパス

最後に、未経験からWebプログラマーになるためのキャリアパスについて解説します。

フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニア寄りのWebプログラマーであれば、未経験からでも十分に転職は可能です。ただし、API連携部分の仕様策定やUI設計には一定以上の経験が必要です。したがって、まずはHTMLやCSSの修正対応など軽微な作業を担当するポジション(アシスタントレベル)から、徐々にステップアップしていきましょう。JavaScript及び主要ライブラリの理解や、HTML5・CSSなどのスキル研鑽も並行すると良いでしょう。

サーバーサイドエンジニア

サーバーサイドエンジニア寄りのWebプログラマーの場合は、完全な未経験(IT業界でのエンジニア経験が全く無い状態)からの転職がかなり難しいというのが現実です。サーバーサイドで実装する処理が複雑であることや、必要なスキル・知識の幅が広いことなどがその理由です。

したがって、まずはサーバーサイド向けとして需要が高いプログラミング言語を重点的に学習しながら、何らかの「成果物」を作成することを目標にしてみてください。中堅・中小企業であれば、実務経験が無い状態でも成果物の提出によって採用に至るケースがあるからです。

もし独自の成果物作成が難しい場合は、スクール活用も視野にいれましょう。実際にWebサービス・アプリケーション開発を進めながら、最終的な成果物の作成までサポートしてくれるスクールがおすすめです。

4. まとめ

Webプログラマーは、業界や業種を問わずWebメディア、サービスの活用が当たり前になってきた近年、一気に需要が拡大した職種の一つです。高い需要があるため未経験から目指すことも可能ですが、未経験の場合は目指すべき分野や習得する言語によって難易度が変化する。そのため、仕事内容や必須スキルを十分に理解した上で、目指すべきポジションを具体化していくことが求められます。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

社内SEの求人・転職一覧