受託開発の仕事内容・メリット・経験できるスキルなど転職に役立つ情報を徹底解説します受託開発は本当にオワコン?内容を詳しく知って転職に役立てよう

最終更新日:2022年1月5日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

近年、活況なIT業界において、「受託開発はオワコン」と耳にする機会が増えました。しかし本当にそうなのでしょうか?そして、なぜ受託開発は衰退すると言われるのでしょうか?
この記事では、受託開発の概要をふまえて、受託開発がオワコンと言われる理由や、よい受託開発企業を見分けるポイント、転職のために身につけるべきスキルなどについて解説します。

1. 受託開発とは

まず、受託開発の概要について解説します。

受託開発とは、クライアントから仕事を受注して、システムを開発することです。一般的には、クライアントの意向にそってオーダーメイドで開発します。以下で、受託開発の具体例を見ていきましょう。

・クライアントの販売管理・人事管理などの業務システムの開発
販売管理・人事管理などの業務システムは基幹システムとも言われ、企業にとっては日々のビジネスを支える重要な存在です。規模も大きいため、信頼性が求められます。そこで、システム全体をいくつかのサブシステムに分け、一部分を切り出して受託開発するケースがよくあります。

・クライアントが企画する、消費者向けのスマートフォンアプリケーション開発
現在では、さまざまな企業がスマートフォン向けのアプリケーションを開発し、「B to C」と言われる一般消費者向けのサービスを提供しています。そのため、スマートフォンアプリケーションの受託開発の需要は非常に高いです。

・企業のポータルサイトやランディングページなどWebサイトの開発
いまやWebサイトは、ほぼすべての企業が持っていると言ってよいでしょう。多くの場合、企業自らWebサイトを作成しているのではなく、Webサイト制作を得意とする受託開発企業に委託しています。

2. 受託開発がオワコンと言われる理由

次に、受託開発がオワコンと言われる3つの理由について解説します。

受託開発の市場規模は縮小すると考えられている

受託開発の市場は、将来的には縮小すると考えられています。その理由のひとつが、SIerなどに委託されるシステム開発の量が減っていくからです。DXレポート(※)のなかで、日本では多くの企業が、システム開発をSIerやシステム開発企業に依存しすぎていると指摘されています。これを受け、昨今システム開発を外部に委託するのではなく、徐々に内製化を進める企業が増えています。そのため、受託開発の需要は今後減少していく予想です。

クラウド化が進みインフラ構築などの受託開発が減少する

近年、システムを開発する際には、まずクラウドの活用を検討するのが一般的になってきており、「クラウドファースト」という言葉も登場しました。ビジネスの成長に合わせてシステム規模を急拡大することも可能なため、活用する企業が増えています。クラウドを活用したインフラ構築では、クラウドシステム側であらかじめ用意されているサーバーやストレージなどを利用します。そのため、従来のオンプレミスと呼ばれる大掛かりなインフラ構築は不要となり、その分受託開発も減少していくと考えられます。

残業時間が多く働き方改革に逆行するイメージがある

受託開発は、クライアントとの協議のうえ、システム開発が委託される時点で納期が決まります。開発が佳境に入ると、納期を厳守するためにどうしても残業が増えるケースが多いです。そのため、昨今働き方改革で残業の削減などが求められているにも関わらず、受託開発は残業が多いというマイナスのイメージもあります。

参考(※):経済産業省DXレポート

3. 優良な受託開発企業を見分けるポイント

受託開発が将来的には減っていくとされる理由や、残業が多いイメージがあることを述べましたが、なかには将来性のある優良な受託開発企業も存在します。以下に、優良な受託開発企業の特徴についてまとめました。

設計から開発・運用までシステム開発を一貫して受託している

受託開発では、クライアントから依頼された仕事の一部を、2次請け・3次請けに委託することがよくあります。その場合、2次請けの企業は受託内容が、プログラミングやテスト工程などシステム開発全体の一部分のみとなるため、受け身の作業になりがちです。
やはり、設計から開発・運営まで一貫してシステム開発に携わる受託開発企業のほうが、システム開発の趣旨や目的を理解しており、全体をマネジメントするプロマネなどのノウハウも熟知しています。このような企業を選ぶと、システム開発の仕事によりやりがいを感じられるでしょう。

受け身のシステム開発だけではなく、クライアントの課題を解決できる

受託したシステムの開発が一番の目的ですが、クライアントの課題を解決するという認識を持つことも大切です。受託したシステム開発をただ受け身で進めるのではなく、クライアントの経営や業務の課題にも積極的に仕事として携わる、もしくは携わろうという意識を持つべきです。クライアントの課題に親身になって対応できる受託開発企業は信頼性も高く、優良と言えます。

特定の取引先に依存していない

受託元の取引先が少ない企業の場合、受託案件数に波があるなど、経営面で不安定になりがちです。予算がなくITエンジニアの育成に投資できないといった影響が出ることも考えられます。そのため、できるだけ取引先が複数あり、幅広い業界で受託開発を行っている企業を選ぶとよいでしょう。

クライアントや元請けから受託している

受託開発の業界構造は「クライアント→元請け→2次請け→3次請け……」が基本です。下請けになるほど納期は短くなり、開発スケジュールも厳しくなりがちです。また、売上も少なくなる傾向が見られます。したがって、クライアントからの直接の受託や、元請けから受託を受けている企業のほうが、仕事内容や待遇などさまざまな面で条件がよいと言えます。

4. 受託開発のメリット

受託開発は、表題のようなネガティブなキーワードで表現されることがありますが、実際には受託開発ならではのメリットも多いです。受託開発の4つのメリットについて解説します。

ITスキルを身に付けやすい

受託開発の仕事では、クライアントの要望に応えるため、案件ごとに異なる開発環境や言語などを使ってシステムを開発します。そのため、さまざまなITスキルが身に付き、エンジニアとしての仕事の幅が拡がるでしょう。代表的なスキルとして以下があります。

・プログラミング言語
業務システムの開発であればJava・C言語など、Web系システムであればPHP・HTML・JavaScriptなどが使用されます。クライアントによって開発したいシステムが異なるため、さまざまな言語スキルが身に付きます。

・ミドルウェア技術
代表的なミドルウェア技術としてはデータベースがあります。データベースはほぼすべてのシステムで使われており、クライアントのシステムの特性によってOracleやSQL Serverなどが採用されます。そのため、案件ごとに異なったデータベースの経験を積むことができます。

新規の開発に携わるチャンスが多い

自社のシステム開発を行う自社開発では、仕事内容も既存システムをベースにしたものに偏りがちです。一方で受託開発では、クライアントごとに課題やシステム開発に対する要望が異なるため、クライアントが変わるたびにまったく新しいシステムを開発します。毎回新規の開発に携われるという環境はやりがいも大きく、経験を積むことで幅広い知識・技術が身に付くでしょう。

現状では案件が多く仕事が多い

前述の通り、欧米に比べると日本では一般の事業会社はIT部門を持っていない、もしくは小規模なため、システムを開発する際には外部に発注するケースが多いです。今後は徐々にIT開発の内製化が進むと考えられてはいますが、近年のさまざまな分野でのIT活用によりITへの投資は活発化しています。そのため、しばらくは受託開発案件の需要は高く、仕事の多い状態が続くでしょう。

幅広い業界の仕事に携わることができる

受託開発では、クライアントの業界はさまざまです。そのため、受託案件ごとに異なる業界のシステム開発に携わることができます。多様な業界知識が身に付くと同時に、多くの人脈も作ることができます。

5. 受託開発が今後も残り続ける理由

次に、受託開発が今後も残り続ける理由について解説します。

さまざまな分野でITの活用が活性化している

スマートフォンの普及、AI・IoTなどの新しいIT技術の広がり、DX・デジタル化の推進などにより、ITの重要度は増しています。企業だけでなく、消費者によるITの活用もますます進んでいくでしょう。したがって、システムの開発はあらゆる分野で求められ、受託開発の需要も続くと考えられます。

事業会社の内製化には時間がかかる

将来的には、事業会社でITの内製化が進むと想定されていますが、それにはまだ時間がかかるでしょう。ITの内製化には人材の育成が求められ、事業会社によるITシステムのノウハウの蓄積も必要だからです。また、中小企業では規模的にもITの内製化が難しいため、引き続き外部へのシステム開発の依頼は続くと考えられます。

6. 受託開発で身につけるべきスキル

このように、受託開発に携わることにはメリットも多くあります。さまざまなスキルを身に付け、自分にあったSIerやIT企業への転職を目指すのもよいでしょう。

多様な人脈を形成する

受託開発では、さまざまなクライアントから受託して開発を行います。普段から意識して人脈を作るようにしましょう。
幅広い人脈を持っていると、転職やキャリアアップにも役立つはずです。実際に受託開発企業から、発注元であるクライアントや元請け・2次請けなどの企業へ転職するケースも多くあります。

多様な技術力を身につける

前述の通り、受託開発ではクライアントの要望に答えるために、さまざま技術を導入して開発を行います。幅広い技術や知識があると転職の際にも有利になるため、受託開発の環境を活かしてできるだけ多くの技術を身につけましょう。

コミュニケーション能力を磨く

開発における要望事項などについて、クライアントと対話する機会が多いのも受託開発の特徴です。システム開発を受託する上でクライアントとの対話は非常に重要であり、高いコミュニケーション能力が求められます。コミュニケーション能力はIT業界だけでなく、さまざまな業界で役立つスキルのため、ぜひ経験を積んで将来の選択肢を広げましょう。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

人気の求人特集

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ