Webのフロント開発に使われるデファクトスタンダード言語・JavaScriptの資格を取得しよう転職で役に立つJavaScript資格とは?

最終更新日:2021年1月19日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

JavaScriptは、Webサイトを構築する際に使われるプログラム言語です。さまざまなWebシステムでJavaScriptは使われており、世界で広く使われているプログラム言語でもあります。ライブラリなどを数多く持っており、使い勝手もよく、多くのエンジニアから支持を受けています。今後もWebシステムの開発市場は拡大すると考えられるため、JavaScriptを扱えるエンジニアの需要は継続すると予想されます。そしてエンジニアにとって資格を持つことは知識・スキルの証明につながるため、転職時などには有利になるでしょう。ここではJavaScriptの認定資格を取得するメリット、資格内容などについて解説します。

1. JavaScript認定資格と取得するメリット

まず、JavaScriptの概要と認定資格を取得するメリットについて解説します。

JavaScriptとは

JavaScriptは、Webページを作成する際に使用するプログラミング言語です。動的なWebページを作成できるという特徴があります。JavaScriptを使用すると、利用者の動作に応じたコンテンツや、グラフィックアニメーションなども表示する事ができます。
Webページの構築におけるJavaScriptの採用率は非常に高く、HTML・CSSと併用して世界中で活用されています。Webのフロント開発(ユーザーの目に見えるWebページの開発)で使われる言語のデファクトスタンダートと言えるでしょう。

JavaScript認定資格の概要

JavaScript関連の資格は、世界的に著名な「CIW JavaScript スペシャリスト」の他にもいくつかあります。これらの資格はエンジニアの知識・スキルを評価するよい指標であり、多くのエンジニアが取得しています。

JavaScript認定資格を取得するメリット

JavaScriptの認定資格を取得することで、客観的な知識とスキルの証明になり、社内外での信頼を獲得することができます。転職時には志望先の企業に能力をアピールすることができ、高い評価を受けやすくなる可能性があります。
また、JavaScriptを使用したWeb関連の仕事はこれからも求人が増え続けると考えられるため、資格を持っているとキャリアアップにつなげることが可能です。

2. JavaScriptの認定資格2選

次に、JavaScriptエンジニアを目指す際に有用な2つの著名な資格を紹介します。

CIW JavaScript スペシャリスト

試験概要

CIW資格はCertified Internet Web Professionalの略で、米国のCertification Partner社によって運営されている資格です。国内外を問わずJavaScriptの認定試験として有名な資格であり、外国で仕事をする際にも通用します。ただし、試験は英語で実施されるため、ある程度の英語力が必要とされます。試験時間は90分で55問、費用は$150です。

出題範囲
  • ・JavaScriptの特徴と一般的なプログラミング手法

    ・JavaScriptで変数とデータを操作

    ・JavaScriptの関数、メソッド、およびイベント

    ・JavaScriptコードのデバッグとトラブルシューティング

    ・JavaScriptステートメントを使用してプログラムフローを制御

    ・カスタムJavaScriptオブジェクトを作成

    ・JavaScriptでHTMLを変更

    ・JavaScriptを使用してインタラクティブフォームを開発

    ・ブラウザとCookieに関連するJavaScriptのセキュリティ問題に対処

    ・JavaScriptライブラリとフレームワークを実装

    ・JavaScriptとAJAXを使用してインタラクティブなWebアプリケーションを作成

    ・Web APIの実装

難易度

IT系資格試験の中では、難易度は中級と言ってよいでしょう。広範囲にわたり知識やスキルが問われるため、しっかりとした準備が必要になります。合格スコアは約70%です。

勉強方法

勉強方法としては、CIWが提供する公式の「JavaScriptスペシャリストコース」を活用するという方法があります。内容は英語ですが、資格運営者が実施するものであるため試験内容に近い内容となっています。そのほかにも、さまざまなスクールのオンライン講座が存在するため、それらを有効活用することができます。各種書籍も出版されており、自分に合った参考書で自習が可能です。

現場での評価

国際的にも認知されており、幅広い知識が求められる資格であるため、一定の知識・スキルを持っているという評価がなされます。さらに高い評価を受けるためには、現場での実装スキルの習得などを目指しましょう。

HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2

試験概要

HTML5プロフェッショナル認定試験は、特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(LPI-Japan)が運営する認定制度です。レベル1(※1)はHTMLが対象になっており、Webコンテンツ制作の基礎の実力を評価します。レベル2がJavaScriptを対象にしており、最新のWebアプリケーション知識、動的Webコンテンツの開発・設計の能力を評価します。なおレベル2の受験には、レベル1の認定が必要となります。試験時間は90分で40~45問、費用は一般:15,000円(税抜)です。

※1参考:特定非営利活動法人エルピーアイジャパン「HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル1」

出題範囲
  • ・JavaScript文法:WebブラウザにおけるJavaScript API、イベント、ドキュメントオブジェクト/DOM、ウィンドウオブジェクト、Selectors API、History API、テスト・デバッグ・グラフィックス・アニメーション、Canvas、SVG、Timing control for script-based animations

    ・マルチメディア:メディア要素のAPI

    ・ストレージ:Web Storage、Indexed Database API、File API、バイナリーデータ

    ・通信:Web Socket、XMLHttpRequest、Server-Sent Events

    ・デバイスアクセス:Geolocation API、DeviceOrientation Event

    ・パフォーマンスとオフライン:Web Wokers、High Resolution Time、オフラインアプリケーションAPI、Page Visibility、Navigation Timing

    ・セキュリティモデル:クロスオリジン制約とCORS、セキュリティモデルとSSLの関係

難易度

過去の問題の内容から、難易度は高いことが伺えます。合格スコアは7割程度と公表されています。

勉強方法

公式サイトが紹介するメールマガジン、セミナー、サンプル問題集の3つを活用するとスムーズに合格に必要な知識を習得できます。
 

  • ・メールマガジン

例題解説や技術解説無料セミナーの案内などの情報を得られます。

  • ・セミナー

技術説明、演習デモ、考え方などの試験のポイントなどを無料で得られます。
 

  • ・サンプル問題、例題解説

レベルごとのサンプル問題集、メルマガで紹介した例題の解説が提供されており、理解を深められます。

市販の試験対策テキストや問題集が出版されているため、これらを活用した学習も可能です。そのほかに、Webのオンライン学習サイトも各種存在しているため、それらを活用することで幅広い例題を解き実践力が高まります。

現場での評価

最新技術持っていることを証明する難易度の高い資格であるため、現場ではWeb関連システムの知識・スキルがある実力者という評価を得られます。

3. まとめ

Webシステムの多くはJavaScriptで記述されており、今後も拡大していくと予想されることから、JavaScriptエンジニアもさらに必要とされ需要は続くと考えられます。今後Webページの構築などに携わっていきたいと考えている方は、JavaScriptの資格を持つことで転職時に有利に働く可能性があります。既習者の方も、資格を取得することで自分の現在のスキルレベルを客観視できるためおすすめです。是非取得を検討してみてください。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

人気の求人特集

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

JavaScriptの求人・転職一覧