JavaScript資格のおすすめ4選!難易度や勉強法も解説

最終更新日:2024年3月12日

JavaScriptはWebサイト構築の際に、ブラウザ上の表示を動的にする目的でよく使われるプログラム言語です。ほとんどすべてのWebシステムで利用されており、世界中で広く普及しています。フレームワーク、ライブラリも充実し、今なお技術の拡張が続く分野です。

今後もWebシステムの市場は拡大し、JavaScriptを扱うエンジニアの需要は継続すると想定されます。関連した資格の保有は知識・スキルの証明となり、転職時などには有利に働くでしょう。

本記事では、IT業界への転職を考えている方やJavaScript習得を検討しているエンジニアに向けて、資格を取得するメリット、試験内容などについて解説します。

今もらっている年収は高い?低い?

支援実績10年の登録者データを基にした エンジニア・クリエイター専門 年収診断 無料診断START

この記事のまとめ

  • JavaScriptに関する資格の中でもおすすめの4つを紹介し、資格を取得するメリットについても解説します
  • JavaScriptはWeb開発に欠かせない技術であり、今後ますます需要が高まることが予想されます
  • JavaScriptの資格取得は、スキルの証明となり、就職・転職活動や海外での活躍のチャンスを広げるためにも非常に有効です

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

JavaScriptとは

JavaScriptは、主にWebシステム開発にて利用されるプログラミング言語です。Webのフロントエンドでは最もよく使われる言語であり、非常に人気の高い言語といえます。

本項では、JavaScriptの特徴やできること、混同されやすいJavaとの違いについて説明します。

関連記事:
JavaScriptとは?基本や特徴を初心者にもわかりやすく解説
JavaScriptの勉強方法は?初級~中級者向けサイト15選を紹介

JavaScriptの特徴

java scriptの特徴


JavaScriptのプログラミング言語としての特徴について紹介します。習得に悩んでいる場合には、検討材料としてください。

世界中で使われている言語

JavaScriptは世界中で広く利用されているプログラミング言語です。その理由としてWebサイトやシステムを構築する際に無くてはならない技術であることがあります。

世界中のエンジニアが利用するWeb上のナレッジコミュニティStack Overflowによる2023年の調査では、プログラミング言語の中で最も人気のある言語にJavaScriptがあげられました。あらゆるWebサイト構築において、他のサーバーサイド向けのプログラミング言語と組み合わせて利用するため、非常に多くのエンジニアに利用されているという結果に結びついています。

初心者でも学習しやすい

JavaScriptは数あるプログラミング言語の中でも、初心者が学習しやすい言語です。その理由として、下記の三点があげられます。

一つ目の理由は、プログラミングのための環境を用意しやすいことです。ブラウザ上で動作するスクリプト言語のため、ブラウザとテキストエディタさえあれば開発、動作確認が行えます。プログラミングを始めるためのハードルが低いため、気軽に取り組めます。

二つ目の理由は、JavaScriptが非常に人気のある言語のため、情報が探しやすいことです。インターネット上には開発に必要な情報や学習サイト、Q&Aなどの情報が充実しています。また、書籍も多く出版されており、スキルに合わせた教材を選ぶことが可能です。

三つ目の理由は、ブラウザ上で動作するため結果が分かりやすいことです。プログラムを書いたらすぐに動かし結果を確認できます。結果はブラウザ上の表示に反映されることが多く、目に見えるため、成果を実感しやすいです。スクリプト言語のため、間違えては直して動作を確認するトライアンドエラーの繰り返しにも適しています。成果が感じやすく、技術習得の際のモチベーション維持にも役立ちます。

多くのブラウザで機能する

JavaScriptは多くのブラウザ上で動作します。代表的なブラウザである、Chrome、Edge、Safariなどで同じプログラムを動かすことが可能です。ハードウェア機器やOSなどのプラットフォームに依存しないため、幅広く活用できるプログラムが作れます。

フロントエンドでもサーバエンドでも開発できる

JavaScriptは、もともとWebサイトのユーザーの目に見えるフロントエンドのために開発されたプログラミング言語です。現在でも、フロントエンドのプログラミングの第一の選択肢として人気を保っています。

また、さらなる拡張も進められており、Node.jsなどのフレームワークを利用することでサーバーサイドの開発が可能となっています。一つの言語でフロントエンド、サーバーサイドの両方の開発に対応できるため、習得により活躍の機会が増える言語といえます。

フレームワークが豊富

人気があり、広く使われている言語のため、プログラミング言語利用者のコミュニティの活動も活発です。より利便性が高く、開発生産性やプログラミング品質の向上を図るため、フレームワークやライブラリも多数開発されています。

フロントエンド向けのフレームワークではReact、Vue.js、AngularJS、サーバーサイドではNode.js、ライブラリではjQueryなどが有名です。

JavaScriptでできること

JavaScriptはWebのフロントエンド向けに開発された言語ですが、拡張が進み様々な種類のアプリケーション開発が可能となっています。JavaScriptによる開発で実現できることについて、紹介します。

Webサイトに動きをつける

JavaScriptはWebサイト(HTMLページ)上に動きをつけることができます。画面に表示されたパーツの色や形を変えたり、アニメーション表示の実施やタイマーによる時間経過を契機とした処理の実施といった表現を可能にしてくれます。

アプリケーションの開発

Webのフロントエンド以外にも、JavaScriptでできる開発は増えてきています。

Node.jsというフレームワークを利用することでWebアプリケーションのサーバーサイド処理を構築することもできます。React Nativeの利用により、スマートフォン向けのアプリ開発も行えます。さらには、IoT向けアプリの開発で利用されるケースもあります。

JavaScriptとJavaの違い

JavaScriptと混同しやすいプログラミング言語にJavaがあります。JavaScriptとJavaはまったく別のプログラミング言語のため、注意が必要です。

JavaはSun Microsystemsにより開発され、現在ではOracle社が開発元となっています。汎用的なコンパイラ・インタプリタ言語で、プログラミングパラダイムとしてオブジェクト指向を採用しており、モジュール分割がしやすく大規模開発で採用されるケースも多いです。JVMという環境上で動作させることにより、マルチプラットフォーム対応を実現していることも大きな特徴です。

JavaScriptはJavaより後発で、Javaの記述と近い記述となるよう当初開発されたため、名前を借りてJavaScriptと命名されました。主にWebのフロントエンドとしてWebブラウザ上で動作させることを目的として開発された点が大きな違いです。後の拡張により、記述はJavaとは別方向に変化しており、用途も拡大されています。

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

JavaScriptに関する資格4選

JavaScriptエンジニアを目指す際に有用な4つの資格を紹介します。

CIW JavaScript Specialist

CIWはCertified Internet Web Professionalの略で、ベンダーに中立な世界有数のITおよびWebテクノロジーの教育および認定プログラムです。世界中の学術機関、政府、企業がWebテクノロジースキルのために採用している教育基準になっています。この中でもJavaScriptに関する認定資格がCIW JavaScript Specialistです。

試験概要

CIW JavaScript Specialistは国内外を問わずJavaScriptの認定試験として著名であり、基準とされることの多い資格です。海外で仕事をする際にも通用する資格です。試験は英語で実施されるため、技術分野に関する英語力が必要となります。試験時間は90分で55問、費用は$150です。

出題範囲

CIW JavaScript Specialistの出題範囲は次の通りです。

JavaScriptイントロダクション
JavaScriptでの変数とデータの操作
JavaScriptの関数、メソッド、イベント
JavaScriptのデバッグとトラブルシューティング
JavaScriptでプログラムフローを制御する
JavaScriptドキュメントオブジェクトモデル(DOM)
JavaScript言語オブジェクト
カスタムJavaScriptオブジェクト
JavaScriptを利用したHTMLの変更
JavaScriptを使用したインタラクティブフォームの開発
JavaScriptのセキュリティ
JavaScriptライブラリとフレームワーク
JavaScriptとAJAX
WebAPIの概要

難易度

認定資格名にSpecialistと付くように初心者向けの資格ではありません。難易度は中級以上です。JavaScriptに関する広範な基礎知識と技術分野の専門用語を用いた英語の読解力が必要となります。

勉強方法

勉強方法としては、CIWが提供する公式の「CIW JavaScript Specialist Self-Study Kits」の活用があります。内容は英語ですが、資格運営者が実施するものであるため試験内容に近い内容となっています。そのほかにも、さまざまなスクールのオンライン講座が存在するため、それらを有効活用することができます。各種書籍も出版されており、自分に合った参考書で自習が可能です。

現場での評価

国際的にも認知されており、幅広い知識が求められる資格であるため、一定の知識・スキルを持っているという評価を得ることができます。さらに高い評価を受けるためには、現場での実装スキルの習得などを目指しましょう。

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2

国内の団体によるJavaScriptに関連する認定資格として、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2があります。

試験概要

HTML5プロフェッショナル認定試験は、特定非営利活動法人LPI-Japanが運営する認定制度です。2段階のレベルでWeb開発者向けの資格試験を提供しています。

レベル1はHTMLが対象になっており、Webコンテンツ制作の基礎の実力を評価します。HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2がJavaScriptを対象に含んでおり、最新のWebアプリケーション知識、動的Webコンテンツの開発・設計の能力を評価します。なおレベル2の受験には、レベル1の認定が必要となります。

試験時間は90分で40~45問、費用は一般:16,500円(税込)です。

出題範囲

出題範囲は下記の通りです。詳細は公式サイトよりご確認ください。

JavaScriptに関する範囲

2.1 JavaScript
2.1.1 JavaScript文法(重要度:10)
2.1.2 ES6(ECMAScript2015)以降の新機能(重要度:8)
2.2 WebブラウザにおけるJavaScript API
2.2.1 イベント(重要度:8)
2.2.2 ドキュメントオブジェクト/DOM(重要度:6)
2.2.3 ウィンドウオブジェクト(重要度:8)
2.2.4 Selectors API(重要度:7)
2.2.5 History API(重要度:7)
2.2.6 テスト・デバッグ(重要度:6)

それ以外の範囲

2.3 グラフィックス・アニメーション
2.4 マルチメディア
2.5 ストレージ
2.6 通信
2.7 デバイスアクセス
2.8 パフォーマンスとオフライン
2.9 セキュリティモデル

難易度

ITSS(ITスキル標準)ではレベル3に位置づけられている試験です。ミドルレベルに対応しており、「要求された作業を全て独力で遂行」できるレベルとされています。

勉強方法

公式サイトでは効果的な学習方法として、LPI-Japanの提供するメールマガジンイベント・セミナーサンプル問題集の3つを活用することを勧めています。

・メールマガジン
例題解説や技術解説無料セミナーの案内などの情報を得られます。

・イベント・セミナー
技術説明、演習デモ、考え方などの試験のポイントなどを無料で得られます。

・サンプル問題、例題解説
レベルごとのサンプル問題集、メルマガで紹介した例題の解説が提供されており、理解を深められます。

市販の試験対策テキストや問題集が出版されているため、これらを活用した学習も可能です。そのほかに、Webのオンライン学習サイトも各種存在しているため利用するのも一つの方法となります。

現場での評価

最新技術を持っていることを証明する難易度の高い資格であるため、現場ではWeb関連システムの知識・スキルがある実力者という評価を得ることができます

Webクリエイター能力認定試験

JavaScriptは、Webクリエイターにとって重要なスキルです。Webクリエイター能力認定試験はサーティファイの運営する民間資格で、エキスパートに合格することでJavaScriptのスキルを証明できます。

試験概要

Webクリエイター能力認定試験は、サーティファイWeb利用技術認定委員会が主催しています。Webクリエイターに必要なスキルを評価し、認定するための試験です。

静的なWebサイトの制作のスキルを測る「スタンダード」とスクリプトを用いた動きのあるWebページのコーディング能力まで評価する「エキスパート」があります。このうち、エキスパートが出題範囲にJavaScriptを含みます。

エキスパートの試験時間は知識問題が20分で多岐選択式、実技試験はツールの利用有無により110分または90分でJavaScriptを含むHTMLとCSSの作成を行う形式です。

出題範囲

スタンダードの出題範囲は、HTMLとCSSです。エキスパートの出題範囲にはさらにJavaScriptが含まれます。JavaScriptに関する出題では、基本的な文法から応用まで幅広く出題されます。また、JavaScriptフレームワークについても出題される場合があります。

難易度

Webクリエイター能力認定試験エキスパートの難易度は高く、合格率は約6割程度です。JavaScriptの問題も多く出題されますので、JavaScriptのスキルが十分にない場合は、合格することが難しいと言えます。

勉強方法

JavaScriptのスキルを身につけるためには、書籍やWebサイトなどを活用した勉強が効果的です。また、JavaScriptの実践的な問題を解いたり、フレームワークを利用して開発することで、実践力を身につけることができます。

現場での評価

JavaScriptのスキルを持つことは、Webクリエイターとして現場で重要なポイントです。JavaScriptに関する知識やスキルがあることで、WebサイトやWebアプリケーションの開発において、高度な機能を実現することができます。また、JavaScriptフレームワークにも精通していることで、開発効率を高めることができます。

JS Institute Certification

JS Instituteは米OpenEDGにより運営、管理されるJavaScriptとグローバルコミュニティの開発をサポートするプロジェクトベンチャーです。JS InstituteがJavaScript開発者に向けて実施する認定資格制度JS Institute Certificationです。

JS Institute CertificationはEntry、Associate、Professionalの3段階で構成されており、ProfessionalはさらにClient-SideとServer-Sideに分かれています。2023年8月20日時点では、Professionalの各試験はComming Soonとなっており提供されていません。

試験概要

・JSE – Certified Entry-Level JavaScript Programmer
試験時間:45分
問題数:30問
出題形式:選択式
合格基準:正解率70%以上
言語:英語
受験費用:$59

・JSA – Certified Associate JavaScript Programmer
試験時間:65分
問題数:40問
出題形式:選択式
合格基準:正解率70%以上
言語:英語
受験費用:$295

出題範囲

・JSE – Certified Entry-Level JavaScript Programmer

#1: Introduction to JavaScript and Computer Programming(JavaScriptとコンピュータプログラミング導入)
#2: Variables, Data Types, and Type Casting(変数、データ型、キャスト)
#3: Operators and User Interaction(対話型プログラミング)
#4: Control Flow – Conditional Execution and Loops(制御構造、条件とループ)
#5: Functions(関数)
#6: Errors, exceptions, debugging, and troubleshooting(エラー、例外、デバッグ、トラブルシューティング)

・JSA – Certified Associate JavaScript Programmer

#1: Object-Oriented Programming – Objects(オブジェクト指向プログラミング、オブジェクト)
#2: Object-Oriented Programming – Classes(オブジェクト指向プログラミング、クラス)
#3: Object-Oriented Programming – Built-in Objects(オブジェクト指向プログラミング、ビルトインオブジェクト)
#4: Advanced Functions(発展的な関数)

難易度

・JSE – Certified Entry-Level JavaScript Programmer
エントリレベルであり、易しい部類です。

・JSA – Certified Associate JavaScript Programmer
アソシエイトレベルであり、専門レベルで独学が可能なスキルが示せます。

勉強方法

各試験についてシラバスが公開されているため、シラバスに沿った学習をするとよいでしょう。
JSEシラバス
JSAシラバス

現場での評価

2021年より提供が開始した比較的新しい資格で、知名度は高くないため直接的な評価には結びつかないかもしれません。しかし、JavaScript学習への取り組みとハードルの高い英語試験に挑んでいる意欲はアピールできるポイントとなります。

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

JavaScriptに関する資格を取得する6つのメリット

JavaScriptに関する資格の取得、保有についてのメリットを確認します。

前提として、JavaScriptはWebサイトの中でもフロントエンドと呼ばれる画面の表示およびブラウザ上などの動作での利用が最も多い使用方法です。このフロントエンドを開発するエンジニアをフロントエンドエンジニアと呼びます。

フロントエンドに対して、ユーザーの目に見えないバックエンドでの処理をサーバーサイドと呼び、これを作成するエンジニアをサーバーサイドエンジニアと呼びます。近年では、JavaScriptは活用範囲を広げ、サーバーサイドの処理に利用されることもあります。

関連記事:JavaScriptエンジニアの年収は?高めるための方法も解説

スキルの証明になり就職・転職活動で役立てられる

JavaScriptの認定資格を取得することで、客観的な知識とスキルの証明になり、社内外での信頼を獲得することができます。転職時には志望先の企業に能力をアピールすることができ、高い評価を受けやすくなる可能性があります。

また、JavaScriptを使用したWeb関連の仕事はこれからも求人が増え続けると考えられるため、資格を持っているとキャリアアップにつなげることが可能です。

特にフロントエンドエンジニアにとってJavaScriptは必須となるスキルの一つです。HTML作成を主業務とするWebコーダー(HTMLコーダー、コーダー)にとっても関わりの深いスキルとなります。

また、サーバーサイドエンジニアにとっても、フロントエンドの中身を知ることは望ましいことです。さらにはサーバーサイドでのJavaScriptの活用、API開発での利用についてのスキル習得はプラスに働きます。

JavaScriptエンジニアの需要は高く求人数も多い

2023年8月20日時点でレバテックキャリアにて、プログラミング言語「JavaScript」で転職・求人情報を検索すると4,559件のデータが取得できます。これは、プログラミング言語別でもJavaに続き2位の件数であり、高い需要が存在していることを示しています。

JavaScriptエンジニアの転職・求人情報

世界中で使われている言語のため海外での活躍も期待できる

Webサイトは世界中の企業や組織、個人に広く利用されています。組織規模や地域に関わらず、あらゆるシーンで活用され、社会基盤の一つといえる地位を確立しています。

このWebにおいて、JavaScriptは世界標準、デファクトスタンダードのプログラミング言語です。JavaScriptの資格を持つことで、活躍の場として海外も視野に入れることが可能となります。

体系的な知識の学習とスキル習得の機会を持てる

JavaScriptは登場から時間の経過とともに機能の拡張が繰り返し行われてきました。この機能の拡張は、表現力を高め開発者に利便性をもたらし、Webのフロントエンドでの普及に大きく貢献するものでした。

一方で、言語としては複雑化や記載の自由度が高まることに繋がっています。複数のバージョン間や対象ブラウザなどによる違いもあり、エンジニアにとって必要な知識をまとめて習得することが難しい言語でもあります。

資格取得のための学習では、体系的にJavaScriptについて学ぶ必要があります。知識を整理し、スキルを高めるよい機会となります。

汎用性が高いため就職・転職でなくても仕事の幅が広がる

JavaScriptはフロントエンドでの活用から普及が進んだプログラミング言語です。Webサイト構築のフロントエンドやスマホアプリ開発でも利用されています。さらに、言語やフレームワークが拡張され、近年ではサーバーサイドやAPIの開発でも利用されるようになりました。

汎用性が高まったことにより、エンジニアにとっては就職・転職のシーンをはじめとして、企業に所属していても仕事の幅を広げるスキルとすることができます。

重要な案件にも参入しやすくなる

Webシステムの開発において、フロントエンドはユーザーに直接見える部分であり、強く印象づけられます。複雑性も高まり、サイトやシステムによっては重要視するポイントでもあります。

JavaScriptの資格を保有し、高いスキルが示せれば、JavaScriptを活用した重要な案件にも参入しやすくなります。高度なスキルが求められる場合にも、一定の証明となるため、エンジニアの活躍範囲を広げ収入向上などにもつながるといえます。

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

JavaScriptの資格取得とともに身につけたいスキル・知識

JavaScriptの資格取得とともに身につけたいスキルや知識を紹介します。JavaScriptと関連深く、JavaScriptを利用するエンジニアとしての価値向上に役立つものです。

HTMLやCSSなどWebサイト関連のマークアップ言語

JavaScriptを扱うエンジニアは、Webサイト作成に必要なHTMLやCSSなどのマークアップ言語を扱えることが求められます。特にHTMLの基礎知識は必須であり、CSSを扱えるとビジュアルデザインに自由度が増します。Web制作に必要なマークアップ言語の基礎から応用まで学び、実践的なスキルを身につけましょう。

Reactなどフレームワークやライブラリを使用した開発スキル

Webアプリケーション開発では、多くの場合JavaScriptのライブラリやフレームワークが利用されます。ReactはFacebookが開発したJavaScriptライブラリの一つであり、高い人気を誇っています。フレームワークやライブラリの知識を身につけ、開発を効率化しましょう。

TypeScriptでの開発スキル

TypeScriptはJavaScriptのスーパーセットであり、静的型付けを実現するための言語です。TypeScriptを使用することで、開発者はより安全で信頼性の高いコードを書くことができます。また、VSCodeなどのIDEやエディタによるコード補完や自動修正などの機能も提供されます。TypeScriptを学ぶことで、より品質の高いコードを書けるようになります。

サーバーサイドの知識・経験

JavaScriptを使用したサーバーサイドの開発に必要な知識や経験を身に着けることで、さらに活躍範囲を広げることができます。サーバーサイド開発には、Node.jsというJavaScriptランタイム環境を使用します。Node.jsを使用することで、JavaScriptをサーバーサイドで使用することができます。サーバーサイド開発の基礎から応用まで学び、Webアプリケーション全体を設計できるスキルを身につけましょう。

UI・UX関連のスキル

JavaScriptを用いたUI・UXの開発には、jQueryやBootstrapなどのライブラリが利用されます。これらのライブラリを用いることで、Webページのデザインやレスポンシブデザインの実装が簡単になります。また、UI・UXの設計には、デザイン思考やユーザビリティテストなどの手法が利用されます。これらのスキルを身につけることで、ユーザーフレンドリーなWebアプリケーションの開発が可能になります。

関連記事:
JavaScriptの将来性とは?需要状況を解説
JavaScript関連の転職市場状況について

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

JavaScriptの資格に関するよくある質問

JavaScriptの資格についてのよくある質問とその回答を紹介します。取得の際の参考としてください。

Q1. JavaScript以外に何かを勉強する必要はありますか?

JavaScriptだけではWebサイトの構築はできないため、少なくともHTMLとCSSの知識は必要です。
また、JavaScriptを学ぶ上でフレームワークやライブラリの知識も役立ちます。

Q2. CIW JavaScript Specialistとはどのような資格ですか?

「CIW JavaScript Specialist」は、アメリカのCertification Partner社が運営している資格「CIW」の一つです。同社はさまざまなIT関連資格試験を実施しており、その中でもJavaScriptのスキルレベルを測るCIW JavaScript Specialistは非常に人気があります。この資格を取得することで、JavaScriptに関する深い知識とスキルを習得することができ、さらにスキルアップを目指すことができます。また、求人市場でもこの資格を持った人材は高い評価を受けています。

Q3. CIW JavaScript Specialistの難易度はどの程度ですか?

CIW JavaScriptスペシャリストの合格率は公表されていません。

合格基準は正答率70.91%以上です。専門的な内容が問われること、すべてが英語で書かれていることを加味すると、JavaScript初心者にとってはかなり難しい試験と考えられます。

Q4. CIW JavaScript Specialistの受験料はいくらですか?

CIW JavaScript Specialistの受験費用は150 USドルです。

Q5. JavaScriptの習得にはどのくらい時間がかかりますか?

JavaScriptの習得にかかる時間は、一般的に「15~200時間」といわれています。ただし、この期間は個人差があります。

趣味レベルであれば、基礎学習で15時間程度の学習が必要です。しかし、実務で対応するためには、最低でも200時間以上の学習が必要となります。

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

まとめ

この記事では、JavaScriptに関する資格の中でもおすすめの4つをご紹介しました。

JavaScriptは、Web開発に欠かせない技術であり、今後ますます需要が高まることが予想されます。JavaScriptの資格取得は、スキルの証明としてだけでなく、就職・転職活動や海外での活躍のチャンスを広げるためにも非常に有効です。

JavaScriptの資格取得に向けて、ぜひ勉強を始めてみてください。

ITエンジニアの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア職を専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングでお話してみませんか?(オンラインでも可能です)

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

レバテックキャリアのサービスについて

この記事の監修

レバテックキャリア編集部

レバテックキャリアは、IT/Web業界のエンジニア・クリエイター向けに特化した転職エージェントです。当メディアでは、エンジニア・クリエイターの転職に役立つノウハウから、日々のスキルアップや業務に活かせる情報まで、幅広いコンテンツを発信しています。

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

関連する記事

人気の求人特集

内定率が高い

JavaScriptの求人・転職一覧

×

今もらっている年収は高い?低い?

簡単60秒 エンジニア・クリエイター専門 年収診断 無料診断START ×