社内SEの仕事内容と、知識・スキル習得に役立つ書籍を解説社内SEの仕事に役立つ本

最終更新日:2020年8月24日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

社内SEは、自社のシステムに関わり続ける職種のため、その他のエンジニア職とは違ったスキル・知識が求められることも少なくありません。

特に、ひとり情シス(社内に情報システムの担当者がひとりしか存在しないこと)と言われる組織体制に所属する社内SEは、IT企画から予算管理、既存システムの運用保守、新規システムの開発、ヘルプデスク業務と幅広い業務に携わります。よって、日々多くの知識とスキルを習得していく必要があります。

この記事では、社内SEの仕事内容を紹介した上で、仕事に役立つ本を紹介します。

1.社内SEの仕事内容 

まず、社内SEの仕事内容を解説します。

一般的に、社内SEが配属されるのは「情報システム部」やそれに準ずる部署(総務部など)になるでしょう。ただし、IT人材の確保が難しかったり、情報システム部門が存在しなかったりという理由から、システム担当者が1名しか配属されない、いわゆる「ひとり情シス」になることも珍しくありません。ひとり情シスは、社内のさまざまなIT関連業務、ヘルプデスク業務などを一手に引き受けることになります。

以下は、こういった事情を踏まえて整理した社内SEの仕事内容です。

・IT戦略・システム企画・予算管理
・ITシステム導入・開発・運用・保守
・基幹システム構築・運用・保守
・BYOD導入時のポリシー、ルール策定(シャドーIT対策)
・外注管理、ベンダーコントロールなど
・社内で使用するITツール、デジタルデバイスのサポート・ヘルプデスク業務


社内SEには、システム開発や運用、保守に対する横断的な知識とスキルが必要とされます。また、セキュリティインシデントが企業の信用力に与える影響が大きくなっていることから、社内のITセキュリティ全般を支える知識も必要です。特に「シャドーIT」については、小規模な情報システム部の社内SEが、特に注意すべき分野と言えるでしょう。

社内SEが知っておくべき「シャドーIT」とは

では、シャドーITの定義や問題点などを確認しておきましょう。

・シャドーITの定義
シャドーITとは「社内で許可されていない外部サービスやデジタルデバイスを、社員が社内で勝手に使用すること」です。業務用端末から、個人で契約しているオンラインストレージを利用したり、SNSを通じて外部と連絡を取り合ったりといった行為が該当します。
「BYOD(個人用端末の業務利用)」とは異なり、ポリシーやルールが存在していない状態で「勝手に」使用することから、「勝手BYOD」とも呼ばれます。

・シャドーITの問題点
シャドーITは、情報漏洩やウィルス感染といった、重大なセキュリティインシデントの温床になり得ます。ポリシーやルールがあってシャドーITを行えてしまう状態は望ましくなく、可能な限り登録されている端末以外は社内ネットワークと接続できないなどのIT統制を行えると良いでしょう。一方、全ての通信を遮断して外部サービス利用を禁止してしまうと、業務に支障が出る可能性があります。そのため、制限の難しさが問題となるケースが多いのです。

このように、従来から必要とされているSEスキルの中でも、昨今は情報セキュリティマネジメントスキルが社内SEに強く求められているのです。

2. 社内SEにおすすめの本

ここでは、これまでの内容を踏まえて社内SEが必要なスキル・知識を習得する際に役立つ書籍を紹介します。

『はじめての上流工程をやり抜くための本~システム化企画から要件定義、基本設計まで (エンジニア道場)』(三輪 一郎、翔泳社)
経営戦略やシステム企画など、ITシステム導入の最上流工程に対する基礎知識を身に付けられる一冊です。特に、要件定義よりも上流にある「IT戦略」「システム企画」の領域を学びたい方におすすめです。

『情シス・IT担当者[必携] システム発注から導入までを成功させる90の鉄則』(田村 昇平、技術評論社)
事業会社の情報システム部門や、ユーザー企業で発生する「発注業務」にフォーカスした書籍です。RFP(提案依頼者)や業務フロー、瑕疵担保責任の設定方法など、発注側の勘所となる項目が具体的に記載されています。外部発注、外注管理、ベンダーコントロールなどに役立つでしょう。SIerや開発会社で、「受注側」として仕事をした経験は豊富でも、発注側に立った経験が少ない方には特におすすめです。

『SEのためのERP入門―SAP導入のポイント』(増田 裕一 、ソフトリサーチセンター)
ERP導入の基礎知識が学べる書籍です。世界シェアナンバー1のERPパッケージ「SAP ERP」をベースとしているものの、ERP導入の汎用的な知識を習得できます。ERPパッケージを使用した基幹システム構築・運用・保守に役立つでしょう。

『ベンダーマネジメントの極意』(長尾 清一、日経BP社)
いわゆる元請け企業(プライムベンダー)が外注をどう管理するか、について書かれた書籍です。外部委託の目的や、発注側の姿勢、契約書の問題など、外部発注における様々な手続きを実践的に解説しています。事業会社やユーザー企業の情報システム部とはやや視点が異なりますが、外注管理やベンダーコントロールという点では、大いに学べる書籍と言えるでしょう。

『ITシステムの罠31』(安茂 義洋・栗谷 仁、実業之日本社)
「失敗例」をベースに、ITシステムの導入・開発における勘所を整理した書籍です。システム導入・運用・保守、プロジェクト運営、調達・契約、組織運営といった視点から、失敗例がトピック化されているため、状況に応じて必要な部分を読み込めます。社内SEはこれらすべての工程に携わるため、基幹システムを含めたITシステムの導入・開発・運用・保守について学びたいときに役立つでしょう。

『クラウド・リスク・マネジメント』(PwCあらた監査法人、同文舘出版)
クラウドサービス導入時のリスクマネジメントについて学べる書籍です。クラウドサービスの導入で発生しうるセキュリティインシデントを、事例ベースで紹介しています。業界や業態を問わず、短納期かつ低コストでのITシステムの導入・運用が求められる今、クラウドサービスが「特効薬」のように扱われることも少なくありません。

しかし、クラウドサービスはシャドーITの温床になる可能性もあるため、リスクマネジメントが欠かせない領域です。本書は、クラウドサービスのリスクを学びつつ、BYOD導入時のポリシー、ルール策定(勝手BYOD、シャドーIT対策)のベースとしても活用できるでしょう。

『小さな会社のIT担当者のためのセキュリティの常識』(那須 慎二、ソシム)
小規模な企業におけるITセキュリティ対策の基礎知識が学べる書籍です。いわゆる「ひとり情シス」な環境で働く社内SEが、小規模な企業内ネットワーク構築する際の参考書籍として活用できるでしょう。

3. まとめ

この記事では、社内SEの役割を整理しながら、業務に役立つ書籍を紹介してきました。社内SEの業務は、企業規模によって仕事内容に差がある一方、上流工程やベンダーコントロールという普遍的な仕事も多いです。そのため、書籍を有効活用すれば、業務に役立つ知識を習得しやすいでしょう。この記事紹介した書籍を参考にしながら、社内SEとしての基礎を固めてみてはいかがでしょうか。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

社内SEの求人・転職一覧