サーバーやネットワークの監視及び障害対応、社内システムのアクセス管理など幅広い業務が含まれるインフラエンジニアの運用・保守業務とは?求められるスキル、知識も解説

最終更新日:2020年9月15日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

インフラエンジニアは、ネットワークおよびサーバー環境の設計、構築、運用・保守など通じ、企業のITインフラを支える職種です。

その仕事内容は幅広く、個々の仕事内容によって求められるスキル水準が異なります。一般的には、設計や構築を担当するインフラエンジニアと、運用・保守を担うインフラエンジニアに分かれています。

設計などの上流工程を任されるためには、インフラエンジニアとして数年の実務経験と、ネットワークおよびサーバーの要件定義や環境構築に対するスキル・知識が要求されるでしょう。一方、運用・保守業務であれば、求められるスキルレベルは比較的低く、IT業界未経験者でもチャレンジしやすいといえます。

この記事では、インフラエンジニアの運用業務の内容と、業務を行う上で必要なスキル・知識について解説します。

1. インフラエンジニアの仕事内容

はじめに、設計・構築などの上流部分を含めたインフラエンジニアの仕事内容について解説します。

サーバーやネットワークなどの要件定義および設計、環境構築

いわゆる上流工程と呼ばれる業務です。企業が求める要件に応じて、ハードウェアの選定・設定を行い、各種サーバー(webサーバー、ファイルサーバー、メールサーバーなど)を設計し構築します。このとき、OS・ミドルウェア・監視ツールなどのインストールや初期設定なども並行して行います。

また、サーバー構成を決定する際には、サーバーの性能、電源容量、回線速度などを考慮する必要があります。これは「キャパシティプランニング」と呼ばれ、インフラエンジニアの重要な役割のひとつです。特にオンプレミス型のシステムでは、本番稼働後のサーバー・ネットワーク機器・電源追加などに多額の費用がかかるため、あらゆる事態を想定して必要十分なリソースを計算する必要があります。

実際にサーバーを設置する際には、データセンターやサーバールーム内のラッキングや配線などの物理セットアップも担当します。

運用及び保守

設計や構築などが完了し、実際にシステムが稼働してからは、運用保守業務が開始します。運用保守業務では、主に以下の作業を行います。

・サーバーやネットワークの監視及び障害対応
・ストレージ内のデータ容量やCPU使用率、トラフィック量などの監視と管理
・サーバーの負荷分散作業
・サーバー及びネットワーク機器などの障害対応(上位者へのエスカレーションやベンダー手配含む)
・サーバーやパソコン、社内システムのアクセス管理、アカウント権限管理
・サーバーデータのバックアップとセキュリティチェック
・障害対応時のログ調査(コマンドライン操作を含む)
・ログオン自動化、ファイルインポートやエクスポート、ノード監視など仕事効率化のための施策実施

運用・保守業務の一部は、ヘルプデスクや監視オペレーターと共通する部分があることや、技術力の習得ハードルが他のエンジニア職に比べて低いことなどから、IT業界未経験者でも参入しやすい傾向があります。ただし、将来的に設計・構築を担当するインフラエンジニアを目指すならば、相応のスキルと経験が必要になることを覚えておきましょう。

2. インフラエンジニアの運用・保守で求められる知識とスキル

次に、インフラエンジニアの運用・保守業務で求められるスキルを個別に解説します。

運用監視ツールを扱うスキル

運用監視業務では、インシデント管理ツールやサーバー監視ツール、ネットワーク監視ツールなどのさまざまなツールを使用します。各ツールの設定・操作には知識が必要になるため、ツールの知識を持つことも重要です。メジャーなツールとしては、JP1、Nagios、Zabbixなどがあります。

OS操作スキル、コマンド操作スキル

企業が使用するサーバーの大半は、WindowsまたはUNIX系OSです。OSの設定項目やコマンド操作は、運用業務における必須スキルの1つです。

ハードウェアの基礎知識

サーバーや監視用PCなどのハードウェアに関する知識も運用監視業務に役立ちます。特に、どのパーツがどういった役割を担っているかがわかると、障害対応時の原因特定に役立ちます。CPU、ストレージ、マザーボード、ライザーカード、NIC、RAIDコントローラーなど、各パーツの名称と役割を理解しておくと良いでしょう。

サーバーの負荷分散スキル

特定のサーバーへのアクセスが集中して負荷が高まった際に、サーバーの負荷分散処理を行います。具体的には、サーバーのアクセス振り分けをコントロールしているロードバランサーの設定を変更したり、一定時間操作していないユーザーを強制的にログアウトさせたりします。

ヒューマンスキル、ビジネススキル

運用監視業務には上位者やクライアントとのコミュニケーションも含まれるため、技術的な知識・スキルに加えて、「報連相」のスキルや電話・メールのマナーも求められるでしょう。

3. 運用・保守業務を主に担うインフラエンジニアを目指す方法

最後に、運用・保守業務を担うインフラエンジニアになるための方法を解説します。

監視オペレーターやヘルプデスクからキャリアアップする

最もスタンダードな方法といえるのが、監視オペレーターやヘルプデスクからのステップアップです。

企業にもよりますが、監視オペレーターやヘルプデスクは、サーバーやネットワークの状態(CPUやストレージ状況、回線使用率など)確認からリブートなどの作業まで担当するケースがあります。これらのスキルは運用・保守業務でも求められるため、キャリアアップ後もそのまま業務に活かすことができます。

スキルを持っていることを証明するために、資格も取得しておくと良いでしょう。

運用・保守業務のスキルに役立つ資格
以下の資格は、運用・保守業務で求められるスキルの習得や証明に有効です。

LinuC
サーバーOSで高いシェアを持つLinuxの認定資格で、3段階のレベルに分かれています。まずはレベル1および2を目標にすると良いでしょう。Linuxをベースとしたシステム構築・運用の基礎が学べます。

RHCSA
Linux系ディストリビューションの開発企業として有名なRed Hat社が主催する認定資格です。Red Hat Enterprise Linux 環境で必要な管理・設定スキルの証明になります。

CCNA
ネットワーク機器大手のCISCO社が主催する、ネットワークエンジニア向けの資格試験です。IT業界では非常に知名度が高く、評価されやすい資格です。CCNAは入門者~中級者向けの内容ですから、インフラエンジニアへのステップアップに適しているでしょう。

これらの資格取得のための勉強では、スクールを活用すると効率的です。資格取得までを支援しているスクールを紹介します。

リナックスアカデミー(LAネットワークエンジニアエンジニアスクール
ネットワークやLinuxサーバースキルに強みを持ったスクールです。LPICおよびCCNAの取得講座を提供しています。

富士通ラーニングメディア(RHCSA 速習コース
RHCSA速習コースという4日間の研修を提供しています。Linuxの基礎スキル習得者が対象となりますので、LinuCを取得した後にステップアップとして受講するのもおすすめです。

4. 設計・構築を担当するインフラエンジニアの目指し方

最後に設計・構築を担当するインフラエンジニアの目指し方を解説します。

設計・構築を担当するインフラエンジニアは、ネットワークやサーバー、セキュリティといった幅広いスキルが求められます。一般的には、運用・保守を担当するインフラエンジニアとしての実務経験を積みながら、必要なスキルを習得した上で目指すものです。

設計スキルは運用保守業務では身につかないため、CCNPやITアーキテクト試験、情報処理安全確保支援士試験などの資格を活用すると良いでしょう。企業によっては研修制度が用意されている場合もあるため、上流工程を担当するインフラエンジニアとしてのキャリアパスが用意されている企業に就職するというのも1つの方法です。

5.まとめ

この記事では、運用・保守業務を担当するインフラエンジニアの仕事内容や目指し方、役立つ資格などについて解説してきました。運用・保守業務を担当するインフラエンジニアは、未経験者でも比較的目指しやすい職種です。サーバーやネットワークの基礎習得と資格取得がセットになっている講座を提供するスクールも多数ありますので、これらを活用しながらスキル習得を目指してみてください。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

インフラエンジニアの求人・転職一覧