インフラエンジニアにAWSスキルが求められる理由

最終更新日:2023年11月17日

IT業界では、従来の物理サーバーを購入して設置・利用するオンプレミス型から、インターネットを介して利用するクラウド型へ移行する動きが進んでいます。そうした中で、インフラエンジニアに必要なスキルも変化してきています。

クラウドサービスはGoogleやMicrosoftなど、さまざまな企業が提供を行っています。そのなかでもグローバルで高いシェアを持っているのが、Amazonが提供するAWSです。サービス提供規模が大きく安定した稼働が提供されていること、サービスの種類が多く、次々と新たなサービスが生み出されていることも人気の理由となっています。

この記事では、インフラエンジニアを取り巻く環境を説明した上で、AWSの概要と求められるスキル、習得に役立つ書籍や資格を紹介します。AWSに興味をお持ちの方、インフラエンジニアでこれからAWSを扱う方は、ぜひ参考にしてください。

今もらっている年収は高い?低い?

支援実績10年の登録者データを基にした エンジニア・クリエイター専門 年収診断 無料診断START

この記事のまとめ

  • クラウドの中でも高いシェアを持つAWSに関するスキルはインフラエンジニアに有用
  • AWSに関するスキルでエンジニアとしての市場評価を高め、企業からのオファーも増える
  • AWSは多くの製品を持ち、組み合わせることでさまざまなソリューションが実現可能
  • 代表的なサービスとしてEC2、S3、Amazon CloudFront、RDSなどがあげられる
  • AWSの学習には、書籍、AWSトレーニング、AWS無料枠を利用した環境構築などがある

インフラエンジニアにAWSスキルが求められる理由

 

近年はクラウドサービスを利用する企業が増えてきており、特にAmazonが提供するクラウドサービス「AWS」は高いシェアを持ち、需要が高く将来性のある職種となっているためインフラエンジニアにもAWSスキルが求められています
ここでは、インフラエンジニアがAWSスキルを求められる理由について解説します。

関連記事:
インフラエンジニアになるには?必要なスキルや資格とはインフラエンジニアの転職で知っておきたいこと
インフラエンジニアの志望動機はどう書く?

インフラ環境がオンプレからクラウドへと変化しているため

近年では、インフラ環境がオンプレからクラウドへ変化しています。自社でサーバーを構築してアプリケーションの稼働環境などとして利用するのではなく、クラウドサービスを利用するケースが増えています。その中でも、特に利用されているのがAWSです。

クラウドの業界動向

総務省の「令和3年通信利用動向調査の結果」P.29によると、クラウドサービスを一部でも利用している企業は2018年に58.7%、2019年に64.7%、2020年に68.7%、2021年には70.4%と年々増加の一途をたどっています。また、クラウドサービスの効果は「効果があった」と回答する企業は88.2%です。今後も継続してクラウドサービスの利用が進むことが予想されます。

クラウドサービス事業者のシェアでは、米調査会社Synergy Research Groupの2022年第3四半期の調査では、AWSが約34%、Microsoftが約21%、Googleが11%を記録しました。クラウド市場は世界でも拡大が拡がる中で、AWSは安定して高いシェアを誇っています。

このことから、IT業界では「オンプレミスからクラウドへ」という動きが続いているなかで、AWSは常に高いシェアを維持し続けていることがわかります。このため、インフラエンジニアでもクラウドのスキル、とりわけAWSのスキルが重要視されるようになりました。

インフラエンジニアがAWSスキルを身につけるメリット

AWSスキルが求められる理由から、AWSスキルを持ったエンジニアは需要が高いことがわかります。さらに、AWSスキルを身につけることにより、具体的にどのようなメリットが考えられるのでしょうか。2つご紹介しますので参考にしてみて下さい。

市場価値が高まり、インフラ構築における有望な選択肢を増やせる

AWSのスキルを身につけると、インフラ構築における有望な選択肢を増やせます。インフラの設計では、複数の技術的な選択肢から最も適した組み合わせを行うことが求められます。その際に、クラウドサービスを利用する選択肢を持っていると対応できる業務の幅が広がり、市場価値の高い人材として判断されるでしょう。

また、AWSはクラウドサービス市場のなかでもシェア率が高いため、スキルを保有する人材を探す企業が多いのもメリットです。AWSが採用されるプロジェクトにて、企業からのオファーがきやすくなるでしょう。

クライアントへの提案で根拠を伝えられる

クライアントへの提案においても、クラウドという選択肢を提示することができるようになるため有用です。AWSはクラウドの中でも代表的なサービスのため、クラウドとオンプレ比較などで根拠としやすいメリットもあります。

AWSとは

AWSはAmazonが提供しているクラウドサービスで、2006年にリリースされました。仮想サーバーを提供するEC2やデータベースを提供するRDSなど多岐に渡るサービスがあり、その総数は200を超えています。(2023年9月時点のAWSのWebサイト
日本国内でも高いシェアを持ち、大規模Webサイトや大手家電メーカーの画像認識システムの開発など、さまざまな企業で活用されています。

企業がAWSを利用するメリット

AWSを利用するメリットは主に以下の内容が挙げられます。

・小規模システムから大規模システムまで、さまざまなシステムに活用できる

・業界屈指の高機能、高性能を維持している

・世界中にデータセンター(リージョン)があり、BCPの観点から安全性が高い

・世界最先端の開発力を持ち、サービス改善や機能追加が高速している

・eラーニングなどの教育コンテンツが充実しており、スキル習得がしやすい

・提携しているSIerが多く、AWSを活用した開発、運用、保守を外注しやすい

・利用者が多いことから技術的な情報を収集しやすい

AWSでできることは幅広い

AWSが提供するソリューションでは、200以上のサービスが提供されています。しかし、これらすべてを知っておくのは非常に難しいです。まずは、インフラエンジニアが担当する仕事内容と関連深い以下のサービスを押さえ、AWSでできることを把握しましょう。
ここでは、その中でも主要なサービスについて解説します。

仮想サーバー環境の構築・運用

AWSでは、EC2というサービスを利用して仮想サーバーを構築・運用できます。インスタンスという単位で仮想サーバーを構築し、インフラ環境を構成することが可能です。料金プランは複数あり、立ち上げている時間によって料金が発生する「オンデマンドインスタンス」、事前に稼働期間を決めておく「リザーブドインスタンス」などがあります。

EC2は、物理的にサーバーを構築する時と比べ、大幅に構築時間を短縮できるのがメリットです。また、CPUやメモリ、ディスクなどのリソースを自由に決められるだけでなく増設も簡単にできるため、イベントなどで一時的に増強したい場合にも柔軟に対応できます。

データ保存

AWSではオンラインストレージサービスとして、Amazon Simple Storage Service(S3)が提供されています。S3の特徴は99.999999999%の高い可用性、容量無制限でデータが保存可能、使用量に応じて課金される従量課金制などです。

S3は主にデータバックアップやアーカイブの保存に使用します。例えばオンプレ環境で稼働しているシステムのバックアップ、データの長期保存です。そのほか、ビッグデータ分析やクラウドストレージ(ファイルサーバー)といった使い方も可能です。

静的コンテンツの配信

S3に静的コンテンツを保存して配信できるほか、動画やアプリケーションを迅速・安全に配信できるコンテンツデリバリサービス「Amazon CloudFront」があります。
CloudFrontは世界中に設置されているエッジサーバーにより、低いレイテンシーでコンテンツを提供できます。これによりライブ映像などの動画配信もユーザーはストレスなく利用することが可能です。

また、トラフィック分散により高い信頼性を実現しています。
CloudFrontは高いセキュリティ機能が備わっています。階層化されたセキュリティによりDDoS攻撃をはじめとした外部からの攻撃に対応可能です。独自SSL証明書の作成、アクセス制限なども利用できます。

データベース活用

AWSでは、リレーショナル型データベース「RDS」が提供されています。ストレージ使用量に応じて課金される従量課金制のほか、長期利用を想定した定額制の料金体系があります。
RDSはソフトウェアの自動パッチ適用、自動バックアップ機能が備わっており、運用の負担を軽減可能です。

また、読み取り専用のデータベースであるリードレプリカが作成できるだけでなく、マルチAZオプションを利用して複数のRDSを構築して可用性を高めることも可能です。
RDSのほかに、NoSQLデータベースとしてAmazon DynamoDBなども人気があります。

AWSを扱うインフラエンジニアに必要な知識とスキル

さまざまな企業で需要が高くなってきているAWSを扱うには、具体的にどのようなスキルや知識が必要とされるのでしょうか。特にインフラエンジニアには、従来のオンプレミス型のスキルとクラウド型のスキルの両方が求められるので、それらも併せて解説します。

従来のインフラエンジニアに求められる知識・スキル

インフラエンジニアに求められる知識やスキルには以下の5つがあります。


  • ・システム開発の知識

    ・サーバーOSの知識、設計、構築、運用、保守するスキル

    ・ネットワークの知識、設計、構築、運用、保守するスキル

    ・セキュリティの知識、セキュリティ製品を扱うスキル

    ・ハードウェアの知識


これらは最低限身につけておくべきスキルなので、確認しておきましょう。

関連記事:インフラエンジニアに必要なスキルセット・知識とは

AWSを扱うインフラエンジニアに必要な知識・スキル

AWSを扱うインフラエンジニアには、上記の従来求められる知識・スキルに加えて、クラウドサービスやAWSに特化した知識・スキルが必要です。知識だけではなく作業をこなせるスキルも必要なので、これから転職を考えている方は確認しておきましょう。

クラウドサービスの基礎知識

AWSを扱うインフラエンジニアの場合、自分がクラウドサービスを利用できるだけでなく人に説明できるレベルの知識を持つことが求められます。
特に上流工程を担当するインフラエンジニアの場合、クラウドサービスを選定し、顧客に選定理由を説明するシーンがあります。なぜ数あるサービスのなかからそのクラウド選定したのかを説明するために、クラウドに関する知識を身につけておかなければなりません。

AWSの基礎知識

クラウドサービスの中でも、AWSに特化して知識を持っていることが求められます。AWSの代表的な製品詳細や利用して実現できることを把握している実務で活かせます。
AWSは数多くの製品を持っており、製品を組み合わせることで多様なソリューションを実現することが可能です。全てを覚えることは難しいですが、代表的なサービスや事例を知っていれば応用が効きます。

AWSを使ったサーバー設計から構築、保守までのスキル

AWSを用いてサーバーを設計、構築、保守できるスキルは、AWSエンジニアの基礎とも言えるスキルです。実務では全ての工程に携われるかどうかはケースバイケースですが、知識を身につけるだけでなく実際に作業をひと通り行えるスキルは必要です。

AWSへミドルウェアをインストールするスキル

AWSのなかでもEC2などの仮想マシンは、何らかのミドルウェアやアプリケーションを稼働させるための環境として利用します。このため、ミドルウェアをインストールして動かすための知識とスキルも同時に必要とされます。クラウド環境ではオンプレミスと設定などが変わってくるミドルウェアも存在するため、クラウドでの利用に特化した知識を持つとよいでしょう。

オンプレミスからクラウドへのサーバー移行設計スキル

新規のシステムやサービスの構築にもAWSは用いられますが、もう一つの大きな用途となるのが既存のオンプレミス環境からの移行です。オンプレミス環境の機能・設定を漏らさずクラウド環境に移行するためには、オンプレミス環境への理解とAWSの特徴の両方を知っている必要があります。

AWSのスキルを習得するための学習方法

AWSの知識やスキルについて知ることができましたが、これらを習得するにはどのような学習方法があるのでしょうか。
ここではスキル習得に役立つ参考書やAWSの提供する学習コンテンツについて紹介します。
自分に合った学習方法を探してみましょう。

関連記事:
インフラエンジニアに必須な勉強を初心者にもわかりやすく解説
インフラエンジニアのスペシャリストになるには

書籍

『Amazon Web Services実践入門』(舘岡 守・今井 智明・永淵 恭子・間瀬 哲也・三浦 悟 ・柳瀬 任章、技術評論社)
AWSを使ってインスタンスの構築、データベースの活用などを、書籍の内容に沿って行うことで実践的にスキルを習得できます。基礎的な内容を幅広く解説しており、AWSの入門書におすすめの1冊です。

『Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築 改訂3版』(玉川憲・片山暁雄・ 今井雄太・大澤文孝、日経BP社)
インフラエンジニアが扱う機会の多い、AWSを使ったサーバーやネットワーク構築の基礎を解説している書籍です。「自分でネットワークやサーバーを構築できるようになる」ことを目的とした書籍であり、インフラを学びなおしたいエンジニアや初めて学ぶアプリケーションエンジニアにも親しみやすい内容となっています。

eラーニング

AWSでは無料から有料のものまで、オンラインで学習できるeラーニングサービスを提供しています。AWSトレーニングでは役割やソリューション別に、セキュリティの基礎やサーバーレスアプリケーションの構築など、トレーニングメニューが細分化されているため、自分に不足しているスキルのみを学習しやすいメリットがあります。
ハンズオン学習はコンテンツに沿って実際に環境を構築しながら学習できる、理解を深めやすい学習方法です。また、AWSの提供する無償枠を利用して自分の環境を構築してみることで、さらなるスキル向上が見込めます。

AWSエンジニアとは

AWS(Amazon Web Service)とは、ECサイトやクラウドコンピューティングなどを展開する企業「Amazon」が提供するクラウドサービスで、AWSに関する業務に携わるエンジニアを「AWSエンジニア」と呼びます。

AWSに関する豊富な知識とスキルを持つため、インフラ環境の構築、オンプレミスからクラウドへの移行、AWS上でのシステム開発、保守・運用などで活躍します。

AWSエンジニアの仕事内容

これまでの内容でAWSエンジニアについてや必要な知識・スキルなどについて知ることができましたが、具体的にはどのような仕事内容があるのでしょうか。

ここでは、仕事内容を4つの工程別に解説します。

設計

AWSインフラの設計を行います。具体的には、クラウド上のAWSで動作させるDBサーバー、Webサーバー、DevOps基盤、LDAPサーバー、仮想化基盤などの設計です。

サービスの選定、およびスケーリングや設定値などが設計の対象となります。

構築

AWSを使ったインフラ構築を行います。クラウド上にシステムがあるため物理的な構成作業はありません。EC2などのAWSのクラウド仮想システム上に構築します。
GUIを利用しての作業やスクリプトを利用して実施します。

保守・運用

AWSを使ったインフラの運用を行います。具体的には、OS・ミドルウェアの設定変更、チューニング、インスタンスの監視、障害対応などです。オンプレミスサーバーと異なりハードウェアの監視は必要なく、クラウド上のシステムの監視・運用を行います。

開発

AWS上で、Webアプリケーションやモバイルアプリケーションなど、さまざまなアプリケーションを開発します。言語はJavaScript、PHP、Pythonなどを使用します。

AWSエンジニアの活躍領域

AWSエンジニアは、具体的にどういった業界で活躍しているのでしょうか。活躍できる業界を知ることは転職をするにあたって重要な情報です。ここでは、AWSエンジニアの活躍場所として代表的な「Web系」「ゲーム系」「製造・メーカー系」の3つの業界を紹介します。

Web系

Web業界ではクラウド環境の利用が進んでいてAWSが使われるケースは多く、業務内容も幅広いです。そのため、AWSエンジニアの需要が伸びており、AWSの技術を活かしてデータベースの構築や広告マーケティングの効率化を図るシステムを設計、開発の業務を行います。

ゲーム系

ゲーム業界でもAWSの使用機会が増えています。ゲームの開発はもちろん、データ管理やメンテナンス、アプリのバージョンアップや再構築も担当します。
開発もプレイもオンラインが増えてきているので、ゲーム業界ではAWSがより普及していく可能性が高いでしょう。

製造・メーカー系

製造業やメーカーは、製造マシンやデータ管理、運用などにAWSを利用しています。製造工程をスムーズに進めるためのマシンやシステムの開発をAWSエンジニアが行っています。
また、商品のファンになってもらうため、購入後のお客様からの反応や収益といったデータの活用も業務の一つです。

クラウドエンジニアとの違いはAWSに特化したスキルがあるか

クラウドエンジニアとAWSエンジニアは似ているように感じますが、どのような違いがあるのでしょうか。従来のインフラエンジニアは、インフラ環境のクラウド化やそれに伴う作業を行います。
AWSエンジニアは、これまでインフラエンジニアが携わっていた業務をクラウドで行うことになるので、AWSに関する豊富な知識とスキルを求められる仕事です。
AWSエンジニアの業務は、クラウドエンジニアが構築したシステムをAWS用に移植することや、インフラ環境の構築、AWS上でのシステム開発から保守・運用までを手がけたりと幅広く業務を行います。

未経験でAWSエンジニアになるには

「AWSエンジニアを目指したいが未経験から目指すのはハードルが高い」と感じている方も多いのではないでしょうか。AWSエンジニアには、クラウドサービスとAWSの知識に加えてインフラやアプリケーション開発などの幅広い知識が求められます。
そのため、いきなりAWSエンジニアを目指すのではなく、経験を積みながらステップごとに知識とスキルを身につけていくことが大切です。

エンジニア未経験の場合はまずIT関連企業への就職を目指す

エンジニアとして未経験の場合、まずはIT関連企業への就職または転職をしてスキルや経験を積むことをおすすめします。エンジニアとしての経験値をあげながら、Webや書籍などを利用してAWSについて勉強をしたり、資格習得を目指したりするとよいでしょう。
また、AWSには誰でも無料で利用できる枠が設けられています。サービス内容やどういった流れで利用できるのかを理解するために、一通りの知識をつけたら試してみるのもよいでしょう。

プログラマーからの転職方法

プログラマーから転職する場合、実務経験を積みながらインフラやAWSの知識を習得し、システム全体を理解する必要があります。
インフラ基盤構築からアプリケーション開発まで幅広く対応できるAWSエンジニアは経験を活かしやすいからです。プログラマーとして経験を積んでおけば、より市場価値の高いAWSエンジニアを目指すことができるでしょう。

インフラエンジニアからの転職方法

インフラエンジニアAWSエンジニアは、どちらもITインフラ構築を専門とするエンジニアです。業務内容は類似しており、必要な知識や技術の基本的な部分は共通しています。インフラエンジニアとしてインフラに関する基本的な知識・技術を身につけてるクラウドやAWS関連の勉強をしながら、知識を蓄えてて転職を目指しましょう。

AWSエンジニアとして活躍するうえで役立つ資格

AWSエンジニアとして活躍する上で関連している資格を持っているととても強みになるかと思います。
いくつか例としてあげると、AWSのベンダー資格、クラウドに関する資格、Linuxやネットワークに関する資格などがありますので、どのような資格内容なのかを含め代表的な5つを紹介します。
ぜひ参考にして資格取得を目指してみて下さい。

CompTIA Cloud +

CompTIA Cloud +は、プラットフォームに依存しないクラウドでのインフラ構築スキルを認定する資格です。AWSに特化しておらず、クラウドの概要やセキュリティなど幅広く学べるので、初学者の知識補填に役立ちます。

AWS認定資格

AWS認定資格は、AWSが提供している公式資格で、技術領域とレベルに応じて大きく4つに分けられています。AWSに関するスキルの保有を明確に示せる資格ですので、AWSエンジニアは積極的に取得を目指しましょう。AWS認定のための学習は、AWSトレーニングや書籍が利用できます。

LinuC

LinuCはNPO団体LPI-JAPANにより運営される資格試験です。日本国内での利用に特化したLinux技術者としてのスキルを評価する試験内容となっています。LinuCレベル1からLinuCレベル3までの3段階のレベルがあり、LinuCレベル3は混合環境、セキュリティなどの専門分野に分かれています。
AWSエンジニアLinuxOSを利用する機会が多く、スキルを示せる資格です。

LPIC

LPICはLinux Professional Instituteという世界的な非営利団体によって運営される、Linux技術者向けの資格試験です。LPIC-1からLPIC-3の3段階のレベルがあり、LPIC-3は仮想化、混在環境などの専門分野に分かれています。
国際的な資格であり、AWSスキルを用いてグローバルな活躍を目指すエンジニアに役立つ資格といえます。

CCNA

CCNAはネットワーク機器大手シスコシステムズ社が運営するネットワーク技術者向けの資格試験です。シスコ社の提供する資格試験の中でもアソシエイトレベルにあたり、5段階の下から2番目のレベルです。
AWSエンジニアとしてネットワークの構築も担う場合、ネットワーク構築のスキルを示せるため役立つ資格です。

AWSエンジニアの年収・将来性

クラウド化が進む近年、AWSエンジニアの将来性は高いように思います。AWSエンジニアを目指すのであれば、収入はどのくらいなのか、これからの将来性も含め気になる情報ですよね。
ここでは、AWSエンジニアの年収と将来性について解説しますので転職の際に参考にしてみて下さい。

AWSエンジニアの年収

2023年2月12日時点でレバテックキャリアに公開されている求人・転職情報から、職種「インフラエンジニア、ネットワークエンジニア、サーバーエンジニア」キーワード「AWS」にて検索を行いAWSエンジニアの想定年収を算出してみました。30件を抽出し、最大値と最小値の中間値の平均値をとると、AWSエンジニアの想定年収は約595万円となりました。
他のエンジニア職よりもやや高い傾向がみられました。特に、大規模サイトのAWS設計やプロジェクトマネージャーの経験があると1,000万円近い年収になることもあります。

AWSエンジニアの求人・転職情報

関連記事:インフラエンジニアとは?仕事内容や年収、将来性を解説

AWSエンジニアの将来性

クラウド導入は特に先進国ではトレンドです。日本では導入が遅れているものの、徐々に広がり始めており、これからも拡大するものと予測されます。したがってAWSエンジニアの需要は今後も堅調と考えられるでしょう。

また、クラウド全般の市場が拡大するため、AWS以外のクラウドニーズも拡大し、GCPやAzureなどの求人も増えると考えられます。
AWSのスキルを習得しておくとほかのクラウドサービスのスキルの習得も容易であることから、幅広いクラウドスキルを持つエンジニアとして底堅いキャリアプランを構築できるでしょう。

関連記事:インフラエンジニアのキャリアパスは?キャリア形成に役立つ資格も紹介

インフエンジニアとAWSに関するよくある質問

インフラエンジニアとAWSに関する、よくある質問を紹介します。

Q1. AWSエンジニアとインフラエンジニアの違いは?

インフラエンジニアにAWSの知識を追加したのがAWSエンジニアと言えるでしょう。
一般的なインフラエンジニアはオンプレミスでシステムインフラを構築するのに対し、AWSエンジニアはシステムインフラの構築に際して、AWSを活用しシステム開発の効率を上げ、コストを削減する役割が期待されます。

Q2. インフラエンジニアがAWSを勉強する理由は?

AWSは、セキュリティが強固で信頼性が高いと定評があるクラウドサービスです。手軽にサーバーの構築・運用を行うことができるクラウドでのサービス運用を行う企業が増えてきました。
AWSを勉強することで、元々オンプレミスでの構築のみになっていたインフラエンジニアであれば、オンプレミスとクラウド両方の業務を担うことができるようになります。

Q3. AWSの勉強時間はどのくらい?

AWS認定資格を取得するために必要な勉強時間は、元々持っているスキルや知識の違いなどはありますが、1日1~2時間の学習時間とした場合、平均1〜2ヶ月と考えるのがよいでしょう。
時間をとれるのであれば、より早い期間で習得できる可能性もあります。

まとめ

この記事では、インフラエンジニアを取り巻く環境をはじめ、AWSの概要やインフラエンジニアに求められるスキル、その習得に役立つ書籍や資格を解説しました。

近年クラウドを活用した開発や運用が非常に増えていますが、今後はクラウド活用が標準になると言われています。よって、インフラエンジニアはクラウドスキルを身につけていくことが、今後も活躍し続けるためのカギとなるでしょう。
AWSは業界大手のサービスであり、AWSを扱えるインフラエンジニアには高い需要があります。eラーニングや書籍を活用してスキル習得を目指してみてください。

ITエンジニアの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア職を専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通しており、現状は転職のご意思がない場合でも、ご相談いただければ客観的な市場価値や市場動向をお伝えし、あなたの「選択肢」を広げるお手伝いをいたします。

「将来に向けた漠然とした不安がある」「特定のエンジニア職に興味がある」など、ご自身のキャリアに何らかの悩みを抱えている方は、ぜひ無料のオンライン個別相談会にお申し込みください。業界知識が豊富なキャリアアドバイザーが、一対一でさまざまなご質問に対応させていただきます。

「個別相談会」に申し込む

転職支援サービスに申し込む
※転職活動を強制することはございません。

レバテックキャリアのサービスについて

この記事の監修

レバテックキャリア編集部

レバテックキャリアは、IT/Web業界のエンジニア・クリエイター向けに特化した転職エージェントです。当メディアでは、エンジニア・クリエイターの転職に役立つノウハウから、日々のスキルアップや業務に活かせる情報まで、幅広いコンテンツを発信しています。

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

関連する記事

人気の求人特集

内定率が高い

インフラエンジニアの求人・転職一覧

今もらっている年収は高い?低い?

簡単60秒 エンジニア・クリエイター専門 年収診断 無料診断START ×

年収アップをご希望の方へ

簡単!年収診断

現在の市場価値や
年収UPの実現方法がわかる!

現在の職種はどちらですか?