JavaScriptエンジニアの年収は?求人例や年収アップのポイントも紹介

最終更新日:2024年7月10日

JavaScriptエンジニアの仕事に興味はあるが、転職して年収が上がるのか、そもそもJavaScriptの需要はあるのか気になる方も多いのではないでしょうか。年収アップにつながる転職を成功させるためには、需要のある分野を意識することが欠かせません。

本記事では、JavaScriptの習得を検討しているエンジニアに向けて、JavaScriptエンジニアの年収や需要、将来性についてまとめました。また、JavaScriptエンジニアに転職するポイントや転職後に年収をアップさせるポイントについても解説しています。

本記事を読むことでJavaScriptエンジニアに転職する際の年収面の不安を解消することができ、転職活動に自信を持って挑めるようになるでしょう。

レバテックキャリアで転職した3人に2人が年収70万円UPを実現

支援実績10年の登録者データを基にした エンジニア・クリエイター専門 年収診断 無料診断START

※2023年1月~2024年3月実績

この記事のまとめ

  • JavaScriptエンジニアの仕事内容は、フロントエンドやバックエンドの開発、スマートフォンアプリの制作、ゲーム開発などがある
  • JavaScriptエンジニアが年収を上げるには、需要の高いフレームワークのスキルの習得や上流工程の経験を積むなどが効果的な方法になる
  • 年収面以外で転職するメリットは、仕事の安定性とキャリアプランの自由度の高さ、学習のしやすさなどが挙げられる

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

JavaScriptとは

JavaScriptとは、Webサイト開発に不可欠なプログラミング言語で、ブラウザ上で動作し、Webサイトにインタラクティブな要素を加えることができます。動的な処理が可能であり、オブジェクト指向プログラミングによる扱いやすさが特徴です。

ブラウザとテキストエディタのみで記述可能で、WebサイトやWebアプリケーション、モバイルアプリケーション、バックエンドなどの開発に用いられています。JavaScriptは幅広いシーンで活用できる、世界的に人気があるプログラミング言語と言えます。

関連記事:JavaScriptとは?基本や特徴を初心者にもわかりやすく解説

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

JavaScriptエンジニアの業務内容とは?

JavaScriptエンジニアは、多岐に渡る開発分野で活躍しています。JavaScriptエンジニアの業務内容は、フロントエンドやバックエンドの開発、スマートフォンアプリの制作、ゲーム開発などがあります。本章では、JavaScriptエンジニアはどのような開発分野で活躍しているのか解説します。スキルを身につけた後にキャリアパスを考える際の参考にしてください。

関連記事:JavaScriptエンジニアの仕事内容とは?向いているエンジニアの特徴も解説

フロントエンド開発

フロントエンド開発ではJavaScriptがメインで扱われます。JavaScriptのDOMという機能を使ってHTML・CSSを変更すれば、Webサイトに動きをつけることが可能です。したがって、アニメーションやスライドショーを作る際にもJavaScriptは欠かせないといえるでしょう。

また、JavaScriptはサーバと非同期通信を行うことも可能です。非同期通信によってデータを取得すれば、ノーリロードでサイトの一部情報のみを更新することができます。その他、JavaScriptはユーザーの入力内容を確認し、次のページへの遷移やアラート、ポップアップウィンドウを表示させるなど多様な機能をもっています。

バックエンド開発

バックエンド開発ではPHPやPython、Rubyといったプログラミング言語が使われることが多いですが、Node.jsというJavaScript実行環境を使えば、JavaScriptを動かすことが可能です。つまりJavaScriptエンジニアは、フロントエンドとバックエンドの両方で活躍できる場があるわけです。

Node.jsは開発者にとって便利な面が多く、今後JavaScriptをバックエンド開発で使う企業が増えていく可能性は高いでしょう。たとえば、Node.jsは前の処理が未完了でも次の処理を開始できる方式を採用しており、一度に大量のアクセスを受けるサービス開発をスムーズに行うことが可能です。

スマホアプリ開発

スマホアプリ開発は、AndroidではKotlin・Java、iPhoneではSwiftなどの言語が多く用いられますが、JavaScriptでも開発が可能です。React Nativeなどのフレームワークを導入すれば、JavaScriptのみでAndroid・iPhoneの両方のアプリを開発できるため、ソース管理や言語学習のコストを減らすことができます。

ゲーム開発

Nintendo Switchなどの一般的な家庭用ゲームソフトではなく、パソコンで遊べるブラウザゲームならJavaScriptで開発することが可能です。Phaser 3というライブラリを使うことで、ゲームの基本機能を比較的容易に実装できます。JavaScriptには他にも、2Dグラフィックス処理を行うPixiJSなどゲーム開発に使えるライブラリが豊富に揃っています。

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

JavaScriptエンジニアの年収・求人情報

JavaScriptのスキルを身に付けようと考えている方にとって、JavaScriptエンジニアの年収や求人市場の状況は重要な関心事です。本章では、2023年11月現在のレバテックキャリアの求人データをもとに、JavaScriptエンジニアの平均年収と求人の動向を紹介します。JavaScriptエンジニアへのキャリアを目指す際の参考にしてください。

JavaScriptエンジニアの年収

JavaScriptエンジニアの年収は、平均年収が480万円です。最高年収では1,200万円以上のケースもあります。JavaScriptエンジニアの年収は、業務内容やスキルによって異なります。企業内のポジションや高度なスキルを習得している場合は、1,000万円以上の年収も可能です。

レバテックキャリアに記載されている職種ごとの想定年収は、次のようになっています。

  • ・フロントエンドエンジニア:330〜1,100万円

    ・サーバーサイドエンジニア:410〜1,300万円

    ・アプリケーションエンジニア:440〜1,200万円

    ・ゲームプログラマー:350〜1,200万円

また、「この仕事で取り扱う技術」にJavaScriptが含まれた求人は5220件であり、そのうち想定年収800万円以上の求人は2761件でした。半分以上の求人が800万円以上であることが分かります。

JavaScriptエンジニアの求人例

JavaScriptの学習を検討している人々にとって、実際のJavaScriptエンジニアの求人情報は重要な判断材料です。本項では、レバテックキャリアに掲載されている具体的な求人例を紹介します。これには、フロントエンドエンジニアやWebアプリケーション開発などの求人例が含まれます。紹介した求人例を通じて、JavaScriptエンジニアの実態や市場の需要を理解し、キャリア構築の参考にしてください。

【フロントエンドエンジニア】JavaScript・Reactなどのフロントエンド技術によるWebサービス開発

想定年収:430~630万円
仕事内容:JavaScript/Reactなどの技術を利用したWebサービス開発
必要なスキル:JSフレームワークを用いたフロントエンド実装の実務経験(2年以上)など

【開発エンジニア】名古屋勤務/地図プラットフォーム/国内フルリモート可

想定年収:450~800万円
仕事内容:Web APIやJavaScriptなどで用いる地図機能開発
必要なスキル:C#、C++、Java、JavaScript、Go言語、Unityなどでの開発経験など

【フロントエンドエンジニア】リーダー候補/新規WebまたはECサイト構築/要件定義・設計や制作/コーディング

想定年収:450~700万円
仕事内容例:新規WebサイトまたはECサイトの構築
必要なスキル:フロントエンドエンジニア/コーダー実務経験(3年以上)など

他言語との求人数の比較

JavaScriptと他言語の求人数を比較するために、レバテックキャリアの求人数を主要プログラミング言語ごとにランキングにしてまとめました。JavaScriptの求人数は、最も多いJavaに続き、第2位となっています。

順位 言語 求人数
1 Java 6967件
2 JavaScript 4879件
3 Python 4646件
4 PHP 4475件
5 C# 2772件
6 Ruby 2752件
7 Go 2050件
8 C++ 1819件
9 Swift 1613件
10 Kotlin 1542件
11 C言語 1516件

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

JavaScriptエンジニアが年収を上げるポイント

JavaScriptエンジニアに転職した後、年収をどのように上げていくか迷う方も少なくありません。年収を上げるには、市場で需要のあるフレームワークの習得やJavaScript以外の開発スキルを身につける、自分の担当範囲を超えたスキルや知識の向上、上流工程の経験を積む、マネジメント能力を養う、最新のIT知識を習得するなどがあります。本章では、JavaScriptエンジニアが年収を上げるポイントを解説していきます。

需要の高いフレームワークのスキルを習得する

フレームワークのスキルを磨くことで転職の幅を広げ、年収アップのチャンスを増やすことが可能です。2022年の時点でフロントエンド開発では、React、Angular、Vue.jsの順でユーザー数が多くなっています。(※1)こういった需要の高いフレームワークを優先して習得することをおすすめします。

※1参考:State of JavaScript 2022: フロントエンドフレームワーク

JavaScript以外の開発スキルを身につける

JavaScript以外の開発スキルを身につけることも、年収を上げる方法のひとつです。フロントエンド開発に携わる場合、PhotoShopやIllustratorなどのデザインツールのスキルを習得することで、業務の幅が広がります。

一方でサーバーサイド開発に携わる場合は、JavaやPHP、Ruby、Pythonなどの言語を習得することが年収増加につながります。また、Webサーバーやデータベースといったインフラ知識も、年収アップのために重要な要素です。

担当箇所以外のスキル・知識も高める

フロントエンド開発を担当するなら、PHPなどのバックエンド言語やWebデザインなどの知識も深めることを心がけましょう。担当外の知識を深めることで他部署と意思疎通を図りやすくなり、周りをリードする形になれば仕事での評価も上がります。

さらに、マネジメント職の適性があると評価されればプロジェクトマネージャーなどに昇格できる可能性も生まれます。

上流工程の経験を積む

年収を増やすためには、上流工程での経験を積むことが効果的です。上流工程では、企画や要件定義、基本設計、詳細設計などを行います。上流工程の業務は、開発技術以外のビジネスやマネジメントスキルが求められます。このような経験を持つJavaScriptエンジニアは市場での希少価値が高く、結果として高収入が見込める傾向にあります。

マネジメントスキルを身につける

マネジメントスキルを身につけることは、年収を上げることにつながります。マネジメント職は年収が高い傾向があります。レバテックキャリアでは 2023年11月現在PM・PLの年収800万円以上の求人数が1,893/368件(全体では2,639/761件)あります。マネジメントスキルを身につけることは、年収アップの近道といえるでしょう。

最新のIT知識を習得する

JavaScriptエンジニアにとって、最新のIT知識の習得は極めて重要です。JavaScriptも時代と共に仕様が変化し続けており、機能や技術も同様に進化を続けると予測されます。技術的に取り残されないためには、常に最新の情報に敏感であり続け、新しい知識を吸収することが必須です。最先端技術に対応できる能力があると、JavaScriptエンジニアとしての市場価値が高まり、結果的に年収アップに繋がる傾向があります。

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

JavaScriptの需要・将来性

JavaScriptは汎用性が高く、Webサイトからスマホアプリに至るまで、幅広い開発分野で使われています。今後も進化し続け、より多様なプロジェクトに対応可能になると見込まれています。また、新しいフレームワークやライブラリ、拡張言語の登場も予想されます。

その結果、JavaScriptを用いた開発の効率と生産性がさらに向上します。生産性の向上は、JavaScriptのさらなる普及を促し、需要と将来性を高める要因となるでしょう。

JavaScriptの需要・将来性が高い理由

JavaScriptの世界的な人気は、その高い需要と将来性に根ざしています。この需要と将来性の背景には、高い汎用性とブラウザ互換性、豊富なライブラリとフレームワーク、フロントエンド開発での中心的な役割、そして豊富な情報とリソースの存在が挙げられます。本章では、JavaScriptの需要や将来性が高い理由について解説します。

関連記事:JavaScriptの将来性とは?需要状況を解説

幅広い開発に使える

JavaScriptは、Webアプリ開発・スマホアプリ開発・ゲーム開発など幅広い開発に使うことができるため、他言語よりも求人数が多いといえるでしょう。つまりJavaScriptを学ぶことは、幅広い案件に関われる可能性を意味します。

ただし、JavaScript以外のスキルも必要な場合がある点には注意が必要です。たとえばフロントエンド開発を行う場合は、HTML・CSSなどのスキルも併せて取得する必要があります。

ほとんどのブラウザで動作する

JavaScriptがフロントエンド開発で多く使われる理由は、WebブラウザにJavaScriptを実行する機能が最初から備わっているためです。JavaScriptの言語仕様は標準化されており、EdgeやChromeなどほとんどのWebブラウザで同じプログラムを動かすことができます。

また、Webブラウザには開発者のためのツールが内蔵されています。たとえば、Chromeのデベロッパーツールには、ソースコードのエラー箇所を特定したり直接編集したりする機能が備わっており、開発効率化に貢献しています。

ライブラリ・フレームワークが豊富

JavaScriptにはReactAngularVue.jsなどの優秀なライブラリ・フレームワークがあります。ライブラリ・フレームワークにはフロントエンド開発などでよく使う機能が備わっており、開発を効率化できます。加えて、バグの減少にもつながる、社内でソースコードの書き方を統一しやすくなる、などのメリットがあります。

フロントエンド開発において必要不可欠

新しいプログラミング言語が主流になることで、古い言語が使われなくなってしまうことはこれまでもありました。しかしフロントエンド開発においては、JavaScriptに代わるほどの言語が出てきていないのが現状です。今後どうなるかは予測できませんが、JavaScriptが急に使われなくなることはないでしょう。

長年使われてきた言語のため情報が豊富

JavaScriptは長年にわたり広く使われてきた言語で、日本でも人気が高いため日本語の情報が豊富に存在します。開発中に問題が生じた場合でも、日本語の情報が豊富にあるため、簡単に検索して解決策を見つけることが可能です。JavaScriptの情報が豊富なことは、システム開発をスムーズに進めるのに大いに役立ちます。

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

年収面以外のJavaScriptエンジニアに転職するメリット

年収面以外にも、JavaScriptエンジニアに転職するメリットはあります。主なメリットとして、学習のしやすさやユーザーとの距離の近さが挙げられます。また、最新技術に触れる機会が豊富であることも大きな魅力です。仕事の安定性とキャリアプランの自由度の高さも、JavaScriptエンジニアに転職するメリットです。本章では、年収面以外のJavaScriptエンジニアに転職するメリットについて解説します。

学習しやすい

JavaScriptは利用者が多いため、日本語で解説されたサイトや参考書が豊富なうえに、公式サイトにも日本語のチュートリアルが用意されていて、未経験でも学習しやすいといえます。ライブラリの使い方など細かい部分も、ネットで調べれば正解にたどり着きやすいでしょう。また、JavaScriptはブラウザによって挙動が変わることが少ない点も学習しやすさにつながっています。

関連記事:JavaScriptの勉強方法は?初級~中級者向けサイト15選を紹介

ユーザーとの距離が近い

フロントエンド開発では、ユーザーが直接触れるフォームやボタンの処理を調整するため、ユーザーのリアクションを得やすいという特徴があります。改良した箇所の評判が良いと、SNSなどでフィードバックを得られることもあるでしょう。自分の仕事の成果が目に見えるため、モチベーションが高まりやすいのが魅力です。

最新技術に触れられる機会がある

特にWebアプリやスマホアプリ分野は競争や進化のスピードが早いため、競合よりも利便性が高く魅力的なサービスに仕上げるには、最新技術を用いて新しい機能を導入することが求められます。

つまり、JavaScriptエンジニアは仕事で最新技術を扱うために、継続して勉強を行うことも必要になります。仕事と並行して勉強するのは大変な反面、最新技術を身につけることにモチベーションを感じる人も多いでしょう。

仕事を失う心配が少ない

JavaScriptは他言語に比べ求人数が多く需要もあるため、JavaScriptエンジニアは仕事を失う心配が小さいといえます。安定して家族を養っていけるかどうかは仕事を選ぶうえで重要なことです。また、JavaScriptは幅広い開発分野で使われる言語であるため、一つの分野で行き詰まっても他の分野に移行しやすいでしょう。

キャリアプランの自由度が高い

JavaScriptエンジニアとしての仕事をこなしつつマネジメントスキルを高め、プロジェクトマネージャーやコンサルタントなどのゼネラリストを目指す道もあります。また、他の分野の開発技術も高めフルスタックエンジニアを目指す道もあるでしょう。さらに、フリーランスエンジニアとして独立する選択肢もあります。選択肢が広い分、キャリアプランに関しては早い段階から考えることが大切です。

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

年収が高いJavaScriptエンジニアを目指し転職するには

給与が高い企業に転職するには、転職活動の準備を入念に行う必要があります。年収が高いJavaScriptエンジニアを目指し転職するには、これまでの実績を積極的にアピールし、自己研鑽の成果を示すことが重要です。

さらに、希望する企業でのJavaScriptエンジニアの現状を確認して、転職エージェントを活用することも有効な手段です。本章では、年収が高いJavaScriptエンジニアに転職するポイントを解説します。

関連記事:JavaScript関連の転職市場状況について

過去の実績を最大限にアピールする

面接時には前職での開発実績がわかる資料を準備し、実績を最大限にアピールすることがポイントです。Web業界では過去の実績を重視して合否を判定される場合も多いため、どのような業務をこなしたか、実務レベルはどの程度かを具体的に伝え、その経験をどう活かすかについても言及しましょう。

また、年収が高い会社の選考では他の求職者の実務レベルも高いことが想定されるため、単にJavaScriptやHTML・CSSなどのスキルがあるだけでなく、「Webアプリのトレンドに詳しい」など差別化できるスキル・知識をアピールできるとより効果的です。

自己研鑽の成果物を見せる

エンジニア転職では実務経験が重視されますが、経験が浅い場合は業務に対する意欲も評価の対象になり得ます。CIW JavaScript SpecialistなどのJavaScript資格を保有していること、JavaScriptを使ったWebアプリや技術ブログなどの成果物を見せることは、業務に対する意欲や即戦力となるスキルをアピールすることにつながります。

転職先候補企業のJavaScriptエンジニアの状況について確認する

転職先候補企業でJavaScriptはどの程度活用されているのかを調べることも大切です。JavaScriptエンジニアは何人在籍していて、どの程度重要視されているのか、今後JavaScriptエンジニアが活躍する事業(新規Webアプリ開発など)を行う予定はあるのか、などを確認しましょう。

転職エージェントを活用する

転職先候補企業のJavaScriptエンジニアの状況の確認などは、自分で実行するのは難しいという方もいるでしょう。そのような方には転職エージェントを活用することをおすすめします。希望年収やスキルに応じたJavaScriptエンジニアの転職先を紹介してくれるだけでなく、場合によっては、各転職先でJavaScriptエンジニアがどの程度重要視されているかなども確認できます。

転職によって年収を上げたいなら、JavaScriptエンジニアの求人も多く保有するレバテックキャリアがおすすめです。職種別に専門アドバイザーが在籍しており、経験やスキルを詳しくヒアリングしたうえで案件を紹介してくれます。

関連記事:未経験からJavaScriptエンジニアを目指すには?学ぶべきこと・学習ステップについて解説

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

JavaScriptに関するよくある質問

JavaScriptを学ぼうと考えているエンジニアの中には、JavaScriptに関するさまざまな疑問を抱えている方が多いでしょう。よくある質問には、JavaScriptエンジニアの平均年収、Pythonエンジニアとの年収比較、JavaとJavaScriptの難易度の比較などが含まれます。本章では、JavaScriptに関するよくある質問に回答していきます。

Q1. JavaScriptエンジニアの平均年収は?

JavaScriptエンジニアの平均年収は、レバテックキャリアの求人情報を参考にすると約480万円です。基本的に平均年収は、役職や業務内容、スキルによって異なります。また、JavaScriptエンジニアの平均年収は、他の開発エンジニア職と比較すると低い傾向にあります。

Q2. JavaScriptエンジニアとPythonエンジニアの年収はどちらが良いですか?

レバテックキャリアに掲載されている求人情報を参考にすると、JavaScriptエンジニアの平均年収は約480万円です。一方、Pythonエンジニアの平均年収は約550万円となっており、JavaScriptエンジニアよりも高いと言えます。

Q3. JavaとJavaScriptはどちらが難しいですか?

JavaとJavaScriptの難易度を比べると、Javaの習得がより難しいとされます。これは、Javaがコンパイラ言語であり、エラーがあるとプログラムが実行されないためです。一方、JavaScriptはスクリプト言語であり、コンパイル不要で実行できる点がメリットです。

ITエンジニアの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア職を専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通しており、現状は転職のご意思がない場合でも、ご相談いただければ客観的な市場価値や市場動向をお伝えし、あなたの「選択肢」を広げるお手伝いをいたします。

「将来に向けた漠然とした不安がある」「特定のエンジニア職に興味がある」など、ご自身のキャリアに何らかの悩みを抱えている方は、ぜひ無料のオンライン個別相談会にお申し込みください。業界知識が豊富なキャリアアドバイザーが、一対一でさまざまなご質問に対応させていただきます。

「個別相談会」に申し込む

転職支援サービスに申し込む
※転職活動を強制することはございません。

レバテックキャリアのサービスについて

この記事の監修

レバテックキャリア編集部

レバテックキャリアは、IT/Web業界のエンジニア・クリエイター向けに特化した転職エージェントです。当メディアでは、エンジニア・クリエイターの転職に役立つノウハウから、日々のスキルアップや業務に活かせる情報まで、幅広いコンテンツを発信しています。

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

関連する記事

人気の求人特集

内定率が高い

JavaScriptの求人・転職一覧

今もらっている年収は高い?低い?

簡単60秒 エンジニア・クリエイター専門 年収診断 無料診断START ×

年収アップをご希望の方へ

簡単!年収診断

現在の市場価値や
年収UPの実現方法がわかる!

無料診断 START

年収アップをご希望の方へ

簡単!年収診断

現在の市場価値や
年収UPの実現方法がわかる!

現在の職種はどちらですか?