未経験からJavaScriptエンジニアになるには?独学の方法も解説

最終更新日:2023年12月19日

JavaScriptは、システム開発で使われるプログラミング言語の一つです。エンジニア経験者であれば、名前を聞いたことがある方は多いでしょう。エンジニアの中には「未経験だけど、JavaScriptエンジニアとして転職したい」と考える人もいるのではないでしょうか。本記事では、JavaScriptエンジニアとして転職を目指す方に向けて、転職情報や学ぶべきこと、学習方法について紹介します。JavaScriptに興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

今もらっている年収は高い?低い?

支援実績10年の登録者データを基にした エンジニア・クリエイター専門 年収診断 無料診断START

この記事のまとめ

  • JavaScriptエンジニアとは、JavaScriptを使ってWebサイトやWebアプリケーションの開発などを行う職種
  • JavaScriptとは、開発環境に依存しない汎用性が特徴で多分野の開発で使われる人気と需要が高いプログラミング言語のこと
  • 未経験からJavaScriptエンジニアになるには、HTML/CSSやUI/UXデザイン、ライブラリやフレームワークなどの知識が求められる

JavaScriptエンジニアとは

JavaScriptエンジニアとは、JavaScriptを駆使してWebサイトやWebアプリケーションの開発などを行う職種です。JavaScript汎用性が高く、Webサイトやアプリ、スマホアプリ、ゲームなど多様な開発領域で利用されています。JavaScriptの高い汎用性が、JavaScriptエンジニアの市場需要を高めています。本章では、JavaScriptエンジニアの仕事内容や年収相場について解説します。

JavaScriptエンジニアの仕事内容

JavaScriptエンジニアの仕事内容は、JavaScriptの汎用性の高さから多岐にわたります。多くのエンジニアが関わるのは、Webサイトのフロントエンドの設計や開発です。経験を積むと、企画段階から設計に至るまで、プロジェクト全体に関与する機会も増えてきます。また、Webアプリケーションやスマホアプリ、ゲームの開発もJavaScriptエンジニアの業務領域です。

関連記事:JavaScriptエンジニアの仕事内容とは?向いているエンジニアの特徴も解説

JavaScriptエンジニアの幅広い年収相場

前提として、JavaScriptエンジニアに絞った平均年収は、把握できません。令和4年賃金構造基本統計調査によると「情報通信業」における平均年収は、378.8万円(平均月収×12ヶ月と年間賞与その他特別給与額の加算額)です。年齢の上昇に従って、年収も上がっていく構造になっており、最も高年収なのは55〜59歳の491.1万円となっています。

レバテックキャリアでの求人例の年収相場は、400万円〜1200万円と幅広く設定されています。(※2023年11月現在)
詳しくは後述しますが、システム開発でのスキルやマネジメントなど、業務範囲を広げていき、希少価値を高めることで想定年収を上げていけるでしょう。

関連記事:JavaScriptエンジニアの年収は?高めるための方法も解説

未経験からJavaScriptエンジニアへの転職は可能か

未経験からJavaScriptエンジニアへの転職は可能です。実際に「完全未経験でもOK」と記載のある求人募集も存在しています。しかし、一般的には中途採用者には即戦力になる人材が求められるため、未経験者よりも実務経験者を優遇する傾向があります。

未経験から転職を目指すには、独学で、またはプログラミングスクールなどを活用し、開発に必要なスキルを身につけることが欠かせません。また、スキルを対外的なアピール材料にするためには、ポートフォリオのような成果物を準備しておくとよいでしょう。

未経験者のJavaScriptの習得難易度

JavaScriptは、比較的習得が容易なプログラミング言語とされています。その理由には、その理由は、環境構築がしやすいことや書籍やWeb上にJavaScriptの情報が豊富にある点などが挙げられます。

そのため、初心者にとっては挫折しにくいプログラミング言語と言えます。未経験者が難易度の高いプログラミング言語に取り組むと挫折するリスクが増えるため、JavaScriptのような学びやすい言語はプログラミングの入門に最適です。

JavaScriptの概要と需要・将来性

JavaScriptとは、HTML/CSSで記述したWebページに、アニメーションのような動きをつけられるオブジェクト指向言語です。高い人気と需要に加え、開発環境に依存しない汎用性の高さで知られています。さらに、JavaScriptは多分野での開発に活用されることも、その特徴のひとつです。本章では、JavaScriptの概要と需要・将来性について解説します。

関連記事:JavaScriptの将来性とは?需要状況を解説

人気と需要が高い言語

少ないコードの記述で動作するので、初心者も学習しやすい言語といえます。プログラミング言語の人気ランキング「TIOBE Index」によると、2023年11月時点で6位に選ばれている需要が高い言語です。また、効率的な開発を実現するjQueryVue.jsReact.jsなどのフレームワークが存在することから、今後も高い需要が続くと予想できます。

開発環境に依存せず利用できる汎用性

他の言語のように開発環境を整える必要はなく、ブラウザがあればすぐに動作します。また、利用者向けの画面(フロントエンド)だけでなく、Node.jsのようなサーバーサイドの開発にも使われるため、汎用性が高い言語だといえるでしょう。

多分野での開発に使われる

WebサイトやWebアプリケーション、スマホアプリ、ゲーム開発にも使われます。Webサイトでは、アニメーションやユーザーのサイト閲覧を助ける役割を担います。Chatworkのようなチャット形式のWebアプリケーションやWebViewという仕組みを利用したスマホアプリ開発もでき、利用範囲は多岐にわたります。

未経験からJavaScriptエンジニアになるために必要な知識

JavaScriptエンジニアに転職する際、未経験者は様々な知識を身につける必要があります。必要な知識には、HTML/CSSの基本やUI/UXデザインの理解、さまざまなライブラリやフレームワークの使用法、jQueryの活用などが含まれます。本章では、JavaScriptエンジニアを目指す未経験者に必要な知識を解説します。

HTML/CSS

JavaScriptエンジニアには、HTML/CSSのスキルが前提とされる場合も多いです。なぜなら、JavaScriptで開発されたプログラムは、利用者が使うWebブラウザやアプリで表示されるためです。これらはHTML/CSSを使って作成されるため、適切に表示するにはHTML/CSSを知っておく必要があります。

UI/UX

UIは「利用者とサービスの接点(画面の視認性、操作性)」、UXは「サービスからユーザーが得られる体験(使いやすさや使い心地、印象など)」を指します。フロントエンド開発の場合は、利用者に「分かりやすい・見やすい・使って良かった」という体験をしてもらうことが大切です。開発者はJavaScriptを通して、自分の好みでアニメーションを入れるのではなく、UI/UXを意識した開発が求められます。

ライブラリ/フレームワーク

開発者からすれば、質の良いシステムを短い期間で開発することが望ましいでしょう。これに役立つのが、ライブラリとフレームワークです。JavaScriptは優秀なライブラリとフレームワークが充実していることで知られています。

ライブラリは、例えば金額のフォーマット変換のように、何か目的を達成するためにまとまったプログラムの集合体で、使いたいプログラムの中で読み込むと、部品として使うことができます。
代表的なライブラリであるjQueryは、HTMLやCSSを書き換える際に効果的です。他にも、メニューの開閉やAjax(非同期通信)を用いたデータ反映ができ、開発現場でもよく使われます。

対してフレームワークは、開発をしやすい環境を提供するソフトウェアです。Vue.jsやAngular、Reactが代表的なフレームワークです。

jQuery

jQueryの知識は、JavaScriptエンジニアにとって欠かせません。jQueryとは、JavaScriptをより使いやすく拡張するライブラリです。jQueryを使えば、JavaScriptで数十行必要なコードを1〜2行で実現できます。多くの現場では、jQueryとJavaScriptを並行して使用しています。そのため、JavaScriptエンジニアを目指すなら、jQueryの習得は重要です。

JavaScript未経験者におすすめの学習方法

未経験者がJavaScriptを習得するためには、段階を追って学習をする必要があります。最初にJavaScriptの基本概念に触れ、自身のレベルに合った書籍や公式リファレンスで基礎知識を深めます。

続いて、JavaScriptのライブラリやフレームワークを学び、実際にWebサイトの制作に挑戦します。その後、パートタイムやアルバイトなどで実務経験を積みます。本章では、JavaScript未経験者におすすめの学習方法について解説します。

関連記事:JavaScriptの勉強方法は?初級~中級者向けサイト15選を紹介

まずはJavaScriptに触れる

JavaScriptを学ぶのであれば、まずは体験してみましょう。Web上には、基礎から学べる多くのコンテンツが存在しています。

YouTubeをはじめとした動画や学習用サイトを利用し、実際に体感することで、空き時間を有効活用できるのが魅力の一つです。練習問題も掲載されており、実際に手を動かしながら学べます。

おすすめの学習サイト

動画学習をする場合は、ドットインストールがおすすめです。短い動画で構成されているので、通勤中や移動のスキマ時間に活用でき、基礎的な文法から実践的な部分まで幅広く学べます。月額課金の有料プランにすると、さらに応用的な内容が準備されています。

また、ProgateCODEPREPもおすすめです。どちらも環境構築を意識することなくWeb上でプログラミングができ、また、自分で勉強したい内容を穴埋め形式で進めていくことができます。

なお、独学ではなく、プログラミングスクールを利用する場合も、Web上でJavaScriptに慣れておけば理解しやすいでしょう。

自分のレベルに合う書籍、公式リファレンスで知識を増やす

動画や学習用サイトで基礎を学んだら、自分のレベルに合った書籍で知識を増やしましょう。書籍には、動画や学習サイトで網羅できていないJavaScriptの機能の詳しい解説が書かれています。

また、書籍を参考に実際にコードを記述したり、内容を書き換えたりしていく中で、何らかのエラーが発生する可能性があります。

エラーが発生した場合は、単純な記述ミスが考えられますが、それでも解決しなければ、公式リファレンスを参考に原因を調査することが大切です。コードの記述とエラー発生時の調査・解決の作業を繰り返すことで、知識だけでなく、調べる術も身につけることができるでしょう。

おすすめの書籍

書籍は「JavaScript[完全]入門」や「Webサイト制作者のためのJavaScript入門講座」での学習がおすすめです。動画や学習用サイトで基礎を学んだ後、知識の体系的な整理ができ、実践レベルまでスキルを磨ける書籍です。

サンプルコードも記載されているので、実際に写経するように記述してブラウザ上で動かし、動作を確認してみましょう。実行結果の確認後に一部のコードを変更し、再度実行して結果を比較すると、変更前後の違いが分かり、さらに理解が深まります。

JavaScriptライブラリ/フレームワークを学ぶ

JavaScriptのライブラリとフレームワークは、効率的なプログラミングを助けるものです。ライブラリを学ぶのであれば、jQueryの知識は欠かせません。JavaScriptで記述すると複雑になる内容をシンプルに表現できるので、開発現場でもよく使われます。

jQueryとJavaScriptを組み合わせて利用することもあるため、JavaScriptエンジニアとして転職したい方は身につけるべきライブラリです。フレームワークもWeb開発系の企業でよく使われるため、利用経験のある方が応募できる求人は増えます。

おすすめのフレームワークと書籍

初心者は、機能がシンプルで扱いやすいVue.jsから勉強するのが良いでしょう。書籍で学習する場合は「動かして学ぶ!Vue.js開発入門」がおすすめです。操作手順が画像を使いながら解説されており、フレームワークをはじめて学ぶ方に優しい構成になっています。

Webサイトを実際に作ってみる

JavaScriptの知識を学んだ後に、JavaScriptを組み込んだWebサイトを作り、知識をアウトプットしていきます。初めは小さいもので構わないので、学んだ内容をもとに作ってみましょう。

その場合、PHPやSQLの知識が求められる掲示板のようなものではなく、電卓や文字数カウンタなど、ブラウザで使える簡単なツールから始めるのが適しています。学習サイトのドットインストールでは、動画を見ながら簡単に作れるツールも紹介されています。

Webサイトを作成する際に考慮すべきこと

自分で作ったものを成果物・ポートフォリオとして残しておくことで、転職の際のアピール材料になります。

なお、ポートフォリオでは「転職活動でアピールすること」が明確になるよう心がけましょう。スキルをアピールするのであれば、複雑な動きなどを取り入れるべきですし、デザイン力をアピールしたいのであれば、背景などにもこだわった方が良いでしょう。

副業・アルバイトで実務を経験する

副業が可能な会社の場合、クラウドソーシングサイトで探すとJavaScript案件が複数件ヒットするので、一度トライしてみるのもおすすめです。仕事の規模に関係なく「実務経験をしている」という転職活動時のアピールになります。実務をこなした経験の有無は、自信の面でも大きく変わってくるはずです。

副業・アルバイトをする際の注意点

未経験でクラウドソーシングサイトで受注すると、条件次第では納期や品質でトラブルになるリスクがあるため、注意が必要です。十分に開発ができるスキルをつけてからチャレンジすべきでしょう。また、自衛の意味でも、発注者に対する口コミや評価、募集内容、条件などを確認したうえで応募することが必要になります。

JavaScript未経験者が転職活動でアピールすべきこと

転職活動の際、スキルは重要な要素ですが、それ以外にもアピールできることはあります。現在の勤務先で未経験だから・スキルがないからと嘆く必要はありません。転職活動でアピールすべきこととしては、JavaScriptとそれ以外のスキルやマネジメント能力、コミュニケーションスキル、取得した資格などが含まれます。さらに、応募や面接時には自身の成果物やポートフォリオを提示することが重要です。本章では、JavaScript未経験者が転職活動でアピールすべきことを紹介します。

JavaScriptとそれ以外のスキル

未経験からの転職を目指す場合、先方はスキルに不安を持つかもしれません。JavaScriptについては、即戦力として働ける技術を習得してアピールすることが必須です。また、HTML/CSSやPHPなど、JavaScript以外のスキルや業務経験があると、応募できる求人の幅が広がります。戦力となるためには、継続して学習することが大切です。

成果物・ポートフォリオを応募・面接時に提示

自分で制作したWebサイトは、応募・面接時に提示しましょう。成果物を提示することで、JavaScriptエンジニアとしての業務実績がなくても、自分のスキルをアピールできますし、相手に開発意欲も伝わります。ただし、成果物は機能としての完成度だけでなく、コードの読みやすさ(可読性)や効率の良さまで見られている認識を持ち、ブラッシュアップしたうえで提出するのが良いでしょう。

マネジメント能力

IT業界全体に言えますが、マネジメント能力は評価につながりやすくなります。これまでに携わったプロジェクトで、複数人のチームメンバーをまとめたり、マネージャーのサポートを務めたりした経験がある場合はアピールすべきです。現在携わっているプロジェクトでマネジメント能力を磨く機会があれば、積極的に経験しておきましょう。

コミュニケーションスキル

JavaScriptは、ユーザーが画面を通して直接触れる部分です。クライアントやデザイナーが考えるUI/UXをすり合わせて正確に実現するだけではありません。より良いUI/UXがあれば改善提案を行うこともあります。自身の意図を的確に伝えることや、クライアントやデザイナーの要求意図を理解しながら論理的に分かりやすく説明するコミュニケーション能力が欠かせません。

資格の取得

他のJavaScriptエンジニアと差をつけるためには、資格の取得も効果的です。エンジニアは資格より「経験」だと言われますが、資格の取得は自己学習の明確な目標になります。以下2つは、スキルを高めるために受験をおすすめしたい資格です。

HTML5プロフェッショナル認定試験

HTML5プロフェッショナル認定試験とは、HTML5、CSS3、JavaScriptなど、最新のマークアップに関するスキル・知識を認定する資格制度です。レベル1・レベル2で構成されており、マルチデバイス対応した基礎スキルを測るのがレベル1。

レベル2は、システム間連携や最新マルチメディアに対応したWebアプリ・Webコンテンツの開発・設計能力を測る試験です。プログラミング経験が1年ほどの人も合格できる水準になっており、公式サイトの教材やセミナーなどが充実しているため、独学でも取得可能です。

CIW JavaScript・スペシャリスト

CIW JavaScriptスペシャリストは、JavaScriptの専門的な内容を問うため、難易度は高めです。CIWとは、特定のベンダーに依存しない中立的な世界共通のIT資格で、スキルを職種ごとの区分で認定する国際資格です。取得することで、JavaScriptに詳しいエンジニアと客観的に判断されたことになります。

試験は英語で出題されるため、英語力も問われます。JavaScriptをある程度以上扱った経験がないと、難易度が高い試験といえるでしょう。

実務経験を積んでいる人は、公式テキストでの学習でも合格は狙えます。問題数が多いので、出題範囲や傾向をつかむためには、公式テキストの活用はマストです。JavaScriptは、独学でも比較的取り組みやすいプログラミング言語ですが、プログラミングスクールやセミナー等を受講するのも良い選択肢です。

JavaScriptエンジニアへの転職は、エージェントを利用しよう

JavaScriptエンジニアとして転職を考えるのであれば、Web業界向けの転職サイトやエージェントの利用がおすすめです。JavaScriptを使った業務経験がなければ、本記事で紹介した方法でスキルを磨いておくと共に、ご自身の経験やスキルをどう活かすか、アピールするかを考えておきましょう。

エージェントサービスは、IT業界を熟知するアドバイザーから、知見をもとにした業界知識を得ることができます。優良企業は競争率が高いため、エージェントにサポートしてもらいながら、しっかりと応募から面談までの準備をしておくことが大切です。

関連記事:JavaScript関連の転職市場状況について

JavaScriptに関するよくある質問

JavaScript未経験のエンジニアがJavaScriptエンジニアへの転職を考える際、JavaScriptに関する多くの疑問や質問が生じることがあります。これらの質問には、JavaScriptで実現できること、習得に必要な時間、JavaScriptがどのような場面で使用されるかといったものが含まれます。本章では、JavaScriptに関するよくある質問に回答します。

Q1. JavaScriptでできることは何ですか?

JavaScriptはその高い汎用性により、多様な用途に使用できます。具体的な活用例は以下の通りです。


  • ・Webページに動きをつける

    ・WebサイトやWebアプリ、スマホアプリの開発

    ・ポップアップウィンドウの作成

    ・ブックマークレットの作成

    ・フォームの動作制御

    ・Ajaxによる非同期通信

    ・ブラウザ拡張機能

Q2. JavaScriptは習得にどのくらい時間が必要ですか?

JavaScriptは、充実した教材や豊富なサンプルコードがあるため、学習しやすいプログラミング言語です。JavaScriptの基礎を習得するためには、一般的に50時間程度の勉強時間が目安とされています。

Q3. JavaScriptはどのような時に使われますか?

JavaScriptは、Webページにインタラクティブな要素を加えるのに用いられます。具体的には、複雑なアニメーションやクリック可能なボタン、ポップアップメニュー、ブックマークレットなどの実装に活用されます。

関連記事:JavaScriptとは?基本や特徴を初心者にもわかりやすく解説

ITエンジニアの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア職を専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングでお話してみませんか?(オンラインでも可能です)

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

レバテックキャリアのサービスについて

この記事の監修

レバテックキャリア編集部

レバテックキャリアは、IT/Web業界のエンジニア・クリエイター向けに特化した転職エージェントです。当メディアでは、エンジニア・クリエイターの転職に役立つノウハウから、日々のスキルアップや業務に活かせる情報まで、幅広いコンテンツを発信しています。

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

関連する記事

人気の求人特集

内定率が高い

JavaScriptの求人・転職一覧

×

今もらっている年収は高い?低い?

簡単60秒 エンジニア・クリエイター専門 年収診断 無料診断START ×