JavaScriptの転職市場|需要や未経験からの習得方法を解説

最終更新日:2024年6月13日

JavaScriptは、Web開発を中心に世界的に人気のプログラミング言語です。Webのフロントエンド構築ではHTML、CSSと並ぶ必須の技術として普及しています。近年では、サーバーサイドの開発言語としても利用が広がっており、JavaScriptを扱えるエンジニアはWebの開発に今後も欠かせない存在と考えられます。

本記事では、JavaScriptの習得を検討しているエンジニアや転職を考えているJavaScriptエンジニアに向けて、JavaScriptを扱うエンジニアの転職市場状況や求められるスキル、募集事例などを解説します。

簡単!年収診断 レバテックのデータベースから あなたの市場価値を算出! 無料診断 START

この記事のまとめ

  • JavaScriptは需要の高いプログラミング言語であるため、転職は売り手市場となっている
  • 関連するJavaScriptフレームワークやライブラリを習得することで、将来性も高くなる
  • JavaScirptはできることが多岐にわたるため、職種によって要求されるスキルが異なる

JavaScriptの
求人を紹介してもらう

JavaScriptとは

JavaScriptとは、Webサイトに動きをつけるために開発されたプログラミング言語です。Webのクライアントサイドで標準言語ともいえるほどの立場を築き、非常に高い人気を誇っています。しかし、なぜ高い人気を誇っているのでしょうか。まずはJavaScriptの概要や習得するメリットを確認していきましょう。

関連記事:JavaScriptとは?基本の書き方を初心者にわかりやすく解説

JavaScriptの概要

JavaScriptは、オブジェクト指向言語に分類されるプログラミング言語で、Webサイトにさまざまな動的要素を追加する際に使用されます。「マウスオーバー」や「クリック」など、ユーザの動きに応じた機能を実装できます。

Webのフロントエンド分野では、HTML/CSSのみ習得している、JavaScriptまで習得しているなどスキルレベルで職種の名称が異なります。以下の表で確認してみましょう。

HTML5/CSSのみ マークアップエンジニア
HTML5/CSS、JavaScript フロントエンドエンジニア
UX/UIなどを活用しデザインを組む Webデザイナー

関連記事:HTMLとは?CSSとの関係性もわかりやすく解説!

JavaScripを扱う仕事

JavaScriptを活用した転職を検討しているのであれば、JavaScriptを扱う仕事について知っておく必要があるでしょう。

JavaScriptはフロントエンド、サーバーサイドの両方を記述できる数少ないプログラミング言語の一つで、フレームワークやライブラリなども豊富です。そのため、JavaScriptを扱う仕事と一言でまとめても多岐にわたります。

JavaScriptを扱う仕事としては、WebアプリやWebサイトのフロントエンド開発が代表的です。
JavaScriptを活用することで視認性やデザイン性の高いアプリやサイトが開発可能です。また、ゲーム分野の開発にも用いられることが増えてきています。

JavaScriptを使うメリット

Webシステムにおいてサーバーサイド言語の種類を問わず、JavaScriptはクライアントサイドで実行されるプログラミング言語です。あらゆる動的な画面を持つWebシステムで利用されるため、非常に需要が高い言語となります。

フロントエンドでのJavaScript向けに、さまざまなライブラリやフレームワークが次々に開発されており、今後も更なる発展が期待できます。

以下では、これらのJavaScriptを使うメリットについて詳しく解説していきます。

プログラミング初心者でも習得しやすい

JavaScriptはほかのプログラミング言語と比べて初心者でも習得しやすいです。主な理由としては2点挙げられます。


  • ・文法がシンプルなため記述しやすい

    ・人気のプログラミング言語のためインターネットに多くの教材がある


JavaScriptは文法がシンプルかつ直感的な記述で実装できます。そのため、条件式やループ処理などの概念を理解できれば簡単に実装可能です。

また、JavaScriptは非常に人気が高いため教材が豊富です。書籍やWeb上のサイト、学習サービスなどが提供されており、初心者向けの教材から発展的な教材まで、自分に合った教材で学習できます。

エディタが豊富で開発環境を整えやすい

JavaScriptはWebブラウザ上のコンソールで実行できるだけでなく、外部の環境に依存しない単独で動作するエディタなど、さまざまな形式のエディタで開発できます。そのため、自分に合った環境を選択でき、効率的に作業を進められます。

また、JavaScriptはOSに搭載されている標準のテキストエディタでも開発可能です。標準のエディタを使用する場合は環境構築が不要となるため、より手軽に開発を始められます。

以上のようにJavaScriptはさまざまなエディタで開発でき、ほかのプログラミング言語と比べて開発環境を整えやすいです。

フロントエンドとサーバーサイドいずれにも対応できる

JavaScriptは元々Webページに動きをつけるなどフロントエンドの開発用に開発されたプログラミング言語です。しかし、Node.jsというサーバーサイド開発用の環境が登場したことで、いずれにも対応できるようになりました。

通常のWebアプリ開発では、フロントエンドとサーバーサイドで異なるプログラミング言語を使用するため、2つのプログラミング言語の文法を学ぶ必要があります。しかし、JavaScriptを使用することで、1つの文法のみでWebアプリ開発が可能です。

JavaScriptはフロントエンドとサーバーサイドの両方の開発に対応できる汎用性の高い言語です。このため、Web開発に欠かせない言語の一つとなっています。

優秀なフレームワークやライブラリが多い

JavaScriptには優秀なフレームワークやライブラリが多いため、用途に応じて使い分けると効率的に開発できます。代表的なフレームワーク、ライブラリは以下の4つです。

  • ・AngularJS

    ・React

    ・Vue.js

    ・jQuery

これらのライブラリを活用することで、一から開発する必要が無くなり、簡単にWebアプリケーションなどを作成できます。また、提供されている機能のほとんどは多くのエンジニアが改良を重ねたものですので、個人で開発するよりもセキュリティや性能が高いです。

このように、JavaScriptには優秀なフレームワークやライブラリが多いため、用途に応じて使用するフレームワークを選択すると効率的に開発が進みます。

JavaScriptの
求人を紹介してもらう

JavaScriptに関する転職市場状況

JavaScriptを用いた転職を検討するにあたって、転職市場動向を把握することは非常に重要です。転職活動を始める前にチェックしておきましょう。JavaScriptの転職市場は売り手市場となっており、将来性も高いです。ここからはJavaScriptの需要や将来性、転職時の注意点や実際の募集要項を解説していきます。

JavaScriptを用いる案件の需要・将来性は高い

レバテックキャリアにて2024年5月時点で公開中の求人・転職情報より、言語別の求人数のランキングをまとめました。(※HTML、CSSを除く)

順位 言語 求人・転職情報数(件) 募集終了を含む(件)
1 Java 2073 6969
2 Python 1440 4757
3 JavaScript 1287 4903
4 PHP 1147 4479
5 C# 929 2724
6 Ruby 715 2782
7 Go 655 2188
8 C++ 573 1798
9 C言語 499 1520
10 Swift 430 1584

ITエンジニアの求人・転職情報>

このランキングの中で、JavaScriptは3位となっており、システム開発の現場ではJavaScriptの需要は非常に高いと言えます。動的なWebサイトは一般的に普及しているため、JavaScriptのスキルが求められる開発案件は多数存在しています。

また、フロントエンドとサーバーサイドの両方で利用できることは、幅広い領域で活躍できることを意味しており、JavaScriptは高い支持を得ています。

さらに、React Nativeの誕生により、スマホアプリやゲーム開発でもJavaScriptの需要は高まりつつあります。競合となるTypeScriptが台頭しつつありますが、TypeScriptはJavaScriptのスーパーセット(JavaScriptを拡張させた言語)です。そのため、JavaScript の需要は今後も安定していて、将来性もあると言えるでしょう。

JavaScriptのスキルのみでの転職は難しい

JavaScriptを用いた開発現場では、そのほか周辺知識も合わせて習得しているエンジニアを求める募集が多く、JavaScriptのみを習得しているエンジニアの求人はほとんどありません。

フロントエンドエンジニアの場合、JavaScript/HTML5/CSS3の知識をセットで求めている求人が多く、UIなどデザイン知識も要求されるケースがあります。

サーバーサイドエンジニアの場合は、サーバーサイドの代表的な環境であるLAMPと合わせて開発に利用されるケースが多いため、PHPやRubyなどほかのサーバーサイド言語、Linux環境などの知識を求められる傾向にあります。

また、現場によってはクライアントサイドとサーバーサイドの両方のスキルが求められるケースもあります。

JavaScriptを必要スキルとする求人数

上記表の通り、2024年5月時点のレバテックキャリアにおけるJavaScript求人数は4,903件です。現在募集中の求人数としては、1,287件となっており、需要の高い言語です。

しかし、JavaScriptの求人はフレームワークなど関連スキルもあわせて要求する求人が多いです。ここからは、特に人気のフレームワークであるReactとVue.jsの求人数を確認していきましょう。

関連記事:JavaScriptエンジニアの仕事内容は?年収や求人例も紹介

JavaScriptの求人・転職情報>

Reactのスキルを含む転職求人数

React(React.js)はメタ・プラットフォームズ社(旧Facebook社)らが開発したWebサイト上のUI(ユーザーインターフェース)の構築に利用されるJavaScriptライブラリです。UIをパーツ単位で構築し、パーツを使い回すことで開発効率を上げています。

2024年5月時点で、レバテックキャリアにおける言語「JavaScript」フレームワーク「React」を必要スキルに含む求人数は1,608件(募集中476件)です。

Reactの求人・転職情報>

Vue.jsのスキルを含む転職求人数

Vue.jsとはJavaScriptのフレームワークで、React同様UIを構築するために使用されています。Vue.jsは軽量で構築の柔軟性が高く、学習コストが低い点などが特徴です。Reactの後に開発されたフレームワークなのでReactの長所を引き継いでいますが、Reactの採用率の方が高い傾向にあります。

2024年5月時点でレバテックキャリアにおける「JavaScript」フリーキーワード「Vue」で検索したところ、求人数は1,451件(募集中431件)です。

Vue.jsの求人・転職情報>

JavaScriptの
求人を紹介してもらう

JavaScriptを扱う職種への転職で求められるスキル

JavaScriptはフロントエンドとサーバーサイドを記述できる数少ないプログラミング言語の一つです。そのため、職種に応じて求められるスキルが大きく異なります。

以下では、フロントエンドエンジニアとサーバーサイドエンジニアに分けて求められるスキルを紹介します。キャリアの方向性に合ったスキルを身につけることで、効率的に転職活動を進められるでしょう。

フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアは、Web開発の中でも画面表示に関する分野を主に担当する職種です。レスポンシブデザインの実装経験やコーディング経験が求められる現場が多く、スキルとしてはHTML5/CSS3は必須項目です。iOS/Android向けのモバイルアプリ開発を行う場合は、アジャイル開発の経験を求めている案件もあります。また、Webデザインを重視している現場ではUX/UIの知識も求められます。

サーバーサイドエンジニア

サーバーサイドエンジニアは、Webにおいてクライアントサイドの要求に対応するサーバー処理を構築する職種です。サーバーサイドエンジニアがJavaScriptを扱う場合は、Node.jsによりサーバーを構築する場合が多く、Node.jsに関する知識とスキルが求められます

また、周辺の技術に関するスキルも必要です。サーバOSとしてUbuntuを利用している案件も多く、Linuxの知識が求められる現場も多いです。

JavaScriptの
求人を紹介してもらう

JavaScriptエンジニアの年収相場

JavaScriptを扱えるエンジニアの年収相場は、個々のスキルや業界の分野によって異なります。

2024年5月時点でレバテックキャリアにて公開中の求人情報より、言語「JavaScript」の情報を抽出して、平均年収の推定値を算出しました。JavaScriptエンジニアの年収は約558万円となります。

上流工程やマネジメントなどの経歴を持っている人ほど年収が高くなる傾向が見られます。

JavaScriptの求人・転職情報>

関連記事:
JavaScriptの将来性とは?需要状況を解説
JavaScriptエンジニアの年収|求人例や年収アップのポイントも紹介

JavaScriptの
求人を紹介してもらう

JavaScriptのスキルが求められる求人実例

JavaScriptは汎用性が高いプログラミング言語であるため、さまざまな求人が募集されています。職種や求人内容によって求められるスキルセットが大きく異なるので、自分が目指すキャリアに近い求人実例を確認すると良いでしょう。

ここでは、レバテックキャリアに実際に掲載されていたJavaScriptの求人を職種ごとに紹介します。

フロントエンドエンジニアの求人例

JavaScriptを扱うフロントエンドエンジニアの求人例は以下の通りです。

【業界】
IT・サービス

【業務内容】
Webシステムやサービスのフロントエンド構築
クライアントに向けて提供するWebシステムのフロントエンド開発担当。
自社内にスマホアプリ、サーバーサイド開発のチームも持ち、クライアントのデジタルサービスをワンストップで提供しています。

<利用している技術>
・jQuery、Vue.js、React

【求められるスキル・経験】
・JavaScriptの実務経験(スクラッチ、ajax基礎、APIの利用など)
・HTML5/CSS3によるレスポンシブサイト構築経験

【想定年収】
400~650万円

サーバーサイドエンジニアの求人例

JavaScriptやNode.jsを扱うサーバーサイドエンジニアの求人例は以下の通りです。

【業界】
IT・サービス

【業務内容】
就活支援サービスのサーバーサイド開発
サーバーレスアーキテクチャ+Node.jsによるサーバーサイド処理の設計・構築

【求められるスキル・経験】
・JavaScript/TypeScript+Node.jsでの開発経験2年以上
・AWSを使った実務経験2年以上
・アジャイル・スクラムでのアプリケーション開発経験

【想定年収】
350~750万円

ゲーム開発エンジニアの求人例

ゲーム開発分野のJavaScriptを扱うフロントエンドエンジニアの求人例は以下の通りです。

【業界】
メディア・エンターテイメント
ソーシャルゲーム

【業務内容】
ソーシャルゲームのフロントエンド開発
自社が提供するソーシャルゲームのフロントエンド設計・開発・運用

【求められるスキル・経験】
・HTML5、CSS3、JavaScriptを利用したWebアプリケーションの開発実務経験
・JavaScriptを使った実務経験2年以上
・ゲームが好き
・チームワークを重んじ、チームの成果に貢献できる

【想定年収】
400~800万円

JavaScriptの
求人を紹介してもらう

未経験でもJavaScriptエンジニアになれる?

結論から言うと、未経験でもJavaScriptエンジニアへの転職は可能です。JavaScriptは文法がシンプルであることや情報が充実していることから、プログラミング初心者でも比較的習得しやすい言語です。実務レベルのスキルを身につけ、アピールできれば未経験からでも転職できるでしょう。

また、JavaScriptを扱える技術者は売り手市場が続いており、なるべく多くの人材を集めたいと考えている企業の数は少なくありません。そのような企業では未経験可の求人を出している場合もあります。

2024年5月時点で、レバテックキャリアにて言語「JavaScript」キーワード「未経験可」の求人・転職情報を検索すると17件(内募集中5件)が該当します。数は少ないながらゼロではなく、多少なりともほかの言語での開発経験やITエンジニアとしての勤務経験があればより門戸は広がっています。

JavaScript、未経験可の求人・転職情報>

JavaScriptの
求人を紹介してもらう

未経験からJavaScriptエンジニアとして転職するには

エンジニア経験の無い方がJavaScriptエンジニアに転職するには、事前準備が非常に重要です。転職を効率的に進めるためには、IT業界やプログラミングについての基本的な知識を身につけておく必要があります。また、成果物などをポートフォリオにまとめることも効果的です。

ここでは、未経験からJavaScriptエンジニアに転職するための準備を紹介します。

関連記事:未経験からJavaScriptエンジニアになるには?独学の方法も解説

IT業界の知識をつける

未経験からエンジニアを目指す方は、まずIT業界に挑戦するための最低限の知識を身につけましょう。ITの知識と一言で行ってもクラウド技術からハードウェア、プログラミングからセキュリティと多岐にわたります。最初の目安として基本情報技術者試験の取得を目指すと、最低限の知識が身につくのでおすすめです。

プログラミング知識を習得する

JavasSriptエンジニアとなるために欠かせないのが、プログラミングに関する知識とスキルの習得です。プログラミング習得のための学習には、独学やスクールを利用する方法があります。

独学する

JavaScriptはWebページ上で動作するプログラミング言語です。特別な環境を用意しなくとも、PCとブラウザ、インターネット環境があれば学習を始めることができます。

入門者向けの書籍やWebサービスが多数存在しているため、有効に活用して効率的にスキルを身につけることが可能です。学習ステップに沿って、JavaScriptのプログラムを作成、動作確認しながらスキル習得を行いましょう。

関連記事:JavaScriptの勉強方法は?初級~中級者向けサイト14選を紹介

スクールで学ぶ

JavaScriptはほかのプログラミング言語と比較して習得しやすい言語ですが、未経験から独学で挑戦すると挫折する可能性があります。そのため、一人でやり切る自信のない方はプログラミングスクールを活用しましょう。

プログラミングの主な挫折理由は、思った通りに動かないときに解決できないことです。プログラミングスクールでは講師やメンターへの質問により問題解決が可能となり、挫折理由の一つを排除することができます。

成果物やポートフォリオを完成させる

スクールや独学で知識を身につけたら、成果物をポートフォリオとして公開しましょう。ポートフォリオは自身のスキルレベルを伝える最も効果的な手段の一つです。特に未経験から転職する場合は必ずポートフォリオを作成しましょう。

また、未経験採用は技術力よりポテンシャルを重視して採用されるケースも多いです。どのような考えでサービスを作成したのか、どのように工夫を施したのかなどを合わせて紹介できると良いでしょう。

JavaScriptの
求人を紹介してもらう

JavaScriptエンジニアのキャリアパス

JavaScriptエンジニアからのキャリアパスは幅広く、現在の職種や進む方向性などによって変わります。

たとえば、フロントエンドエンジニアとして働いており、Webデザインにも携わりたいと考えている場合には、UI/UXデザイナーを目指すキャリアパスがあります。フロントエンドの設計業務やデザインに関するスキル・知識の習得が必要となります。

より責任のあるポジションで大規模な開発に携わりたい場合には、プロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャー、Webディレクターなどのマネジメント職がおすすめです。プロジェクトマネジメントの実務経験を積み、スキルの向上を図ることがキャリアアップへの道となります。

また、技術力を磨きたいと考えている場合には、フルスタックエンジニアを目指すキャリアパスもあります。フロントエンド、サーバーサイドをはじめ、インフラやミドルウェアなどの領域まで幅広く対応できるフルスタックエンジニアはITエンジニアの理想の姿の一つといえるでしょう。

JavaScriptの
求人を紹介してもらう

JavaScriptに関するよくある質問

JavaScriptの習得を検討している人にとって、JavaScriptの人気の理由やできること、欠点など疑問に感じることはさまざまです。習得にかかる時間などについても知りたい人は多いでしょう。

以下では、JavaScriptに関するよくある質問に回答していきます。

Q1. Javasciptはなぜ人気なのですか?

JavaScriptの人気が高い理由として、環境構築が簡単なことや、文法がシンプルなため記述しやすいこと、インターネット上に学習情報が充実していることが挙げられます。これらの要因から初心者でも学びやすい点も人気の理由です。

Q2. JavaScriptでできることは何ですか?

JavaScriptでできることは以下の通りです。

  • ・Webサイトに動きをつける(ポップアップやアニメーションを実装する)

    ・フォームで入力制御や必須制御を実装する

    ・Webサイト上でシミュレーションの計算を行う

    ・Webアプリを作成する

    ・Node.jsを用いてサーバーサイドの処理を構築する

Q3. JavaScriptの習得にどれくらい時間がかかりますか?

一般的に、プログラミング言語の基礎を習得するために必要な時間は250~300時間といわれています。
JavaScriptは、サンプルコードや学習のための情報が豊富なため学習は比較的容易です。個人の資質によって大きく変わるものの、基礎的な部分の学習は短ければ50時間程度でできる場合もあります。

Q4. JavaScriptの欠点を教えてください

ほかのプログラミング言語と比較したJavaScriptの欠点は以下の3点です。

  • ・冗長な記述をすると、Webサイト自体が重くなる場合がある

    ・ファイル構造や実装方法によってはセキュリティリスクがある

    ・互換性に課題があるためクロスブラウザのテストが必要

JavaScriptの
求人を紹介してもらう

まとめ

この記事では、JavaScriptを扱うエンジニアの転職市場状況や求められるスキル、求人事例などを解説しました。JavaScriptは多くの開発現場で活用されていますが、単体で開発が完了する案件はなく、何かしらの周辺知識が必要になります。

一方で、昨今のWebサービスでは動的コンテンツが主流となっており、Webシステムを構築する上でJavaScriptは欠かせない存在です。

フロントエンドエンジニアを目指すか、サーバーサイドエンジニアを目指すかはWeb系エンジニアにとって大きな分れ目となりますが、いずれの場合もJavaScriptを習得することはスキルアップにつながります。今後もWebエンジニアとして活躍していきたい方は、JavaScriptの習得、スキル向上を図りましょう。

ITエンジニアの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア職を専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングでお話してみませんか?(オンラインでも可能です)

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

レバテックキャリアのサービスについて

この記事の監修

レバテックキャリア編集部

レバテックキャリアは、IT/Web業界のエンジニア・クリエイター向けに特化した転職エージェントです。当メディアでは、エンジニア・クリエイターの転職に役立つノウハウから、日々のスキルアップや業務に活かせる情報まで、幅広いコンテンツを発信しています。

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

関連する記事

人気の求人特集

内定率が高い

JavaScriptの求人・転職一覧

あなたの市場価値がわかる 簡単!年収診断 無料 診断 START ×

年収アップをご希望の方へ

簡単!年収診断

現在の市場価値や
年収UPの実現方法がわかる!

現在の職種はどちらですか?