JavaScript求人の募集事例や求められるスキルについて解説JavaScriptの転職市場状況について

最終更新日:2020年7月3日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

JavaScriptは、Web系開発を中心に世界的に人気のあるプログラミング言語です。JavaScriptを扱えるエンジニアは、Webアプリケーションのクライアントサイドを構築するフロントエンドエンジニアや、サーバーサイドを支えるサーバーサイドエンジニアなど、Web系開発にはなくてはならない存在となっています。

この記事では、Web系開発において重要な役割を果たしているJavaScriptを扱うエンジニアの転職市場状況や求められるスキル、募集事例などを解説します。

1.JavaScriptとは

JavaScriptとはどのような言語なのでしょうか。ここでは、JavaScriptの概要や習得する上でのメリットを解説します。

概要

JavaScriptとは、オブジェクト指向型のスクリプト言語に分類されるプログラミング言語で、Webサイトにさまざまな動的要素を追加する際に使用されます。「マウスオーバー」や「オンクリック」など、ユーザの動きに応じた機能を実装することができ、HTML5やCSS3と組み合わせてシステムを構築することで、動的コンテンツを含んだWebサイトを作成できるのが特徴です。

一般的にCSS3やHTML5のみを習得しているエンジニアのことをマークアップエンジニアと呼び、CSS3やHTML5に合わせてJavaScriptを習得しているエンジニアのことをフロントエンドエンジニアと呼びます。また、UX/UIなどの知識を活用し、Webサイトのデザインやユーザから見たアクセサビリティを考慮しつつWebサイトを構築するエンジニアのことをWEBデザイナーといいます。近年では、WEBデザイナーにJavaScript経験が求められるケースもあります。

メリット

JavaScriptは、さまざまなライブラリやフレームワークが次々に開発されており、今後も更なる発展が期待できます。また、2009年に開発された「Node.js」を導入することで、JavaScriptをクライアントサイドのみならずサーバーサイドでも利用することが可能になりました。

2. JavaScriptの転職市場状況

ここでは、現在のIT業界におけるJavaScriptの転職市場状況を解説します。

JavaScriptのスキルのみでの転職は難しい

JavaScriptを用いた開発現場では、その他周辺知識も合わせて習得しているエンジニアを求める募集が多く、JavaScriptのみを習得しているエンジニアの求人はほとんどありません。

フロントエンドエンジニアの場合、JavaScript/HTML5/CSS3の知識をセットで求めている現場が多く、UX/UIなどのデザイン知識も要求されるケースがあります。サーバーサイドエンジニアの場合は、サーバーサイドの代表的な技術であるLAMPなどと合わせた開発が行われるケースが多いため、PHP/Linuxなどの知識を求められる傾向にあります。また、現場によってはクライアントサイドとサーバーサイドの両方のスキルが求められるケースもあります。

JavaScriptの求人数

2018年8月14日現在、レバレックキャリアにおけるJavaScriptを必要スキルに含む公開求人は182件と、JavaやPHPに比べると約半数ほどの結果になりました。ですが、Rubyとはほぼ同じくらいの求人数となっていることから、需要は決して低くないことがわかります。

JavaScriptエンジニアの年収相場

JavaScriptを扱えるエンジニアの年収相場は、個々のスキルや業界の分野によって異なります。フロントエンドエンジニアポジションでの年収は300〜800万円程、サーバーサイドエンジニアポジションでの年収は300~1,000万円程と、どちらも年収帯には幅がありますが、サーバーサイドエンジニアの方が高い傾向があります。また、上流工程やマネジメント経験などの経歴を持っている人ほど年収が高くなります。

3.JavaScriptのスキルが求められる求人の事例

ここでは、JavaScriptのスキルが求められる求人の事例について、レバテックキャリアの求人情報をもとに解説します。

サーバーサイドエンジニア

Webアプリケーション開発の現場で、サーバーサイドエンジニアを募集する求人が多く見られました。サーバーサイドとあって求められるスキルはOS、Webサーバ、データベース、プログラミング言語と広く、サーバーサイドエンジニアとしてスペシャリストクラスを求める案件は年収相場が高い傾向にあります。

スペシャリストとして採用されるには、これらの各領域で数年以上の実務経験が必要です。また、サーバーサイドエンジニアのまとめ役として、プロジェクトマネージャーを募集している案件も多々あります。

フロントエンドエンジニア

レスポンシブデザインの実装が求められる現場で、フロントエンドエンジニアを募集する求人が多く見られます。フロントエンドエンジニアのまとめ役としてプロジェクトマネージャーを募集している案件もありましたが、プロジェクトマネージャーよりもプログラマーを求める傾向にありました。Webサイトだけではなく、iOS/Android向けのモバイルアプリ開発も合わせて行われる現場も多いようです。

ゲーム開発エンジニア

アプリケーションゲームの開発として、JavaScriptのスキルを持ったゲーム開発エンジニアを募集している案件もあります。モバイル向けゲームのバックエンド開発となるため、オンラインゲーム開発やモバイルアプリ開発を主に担当します。

4.JavaScriptの転職市場で求められるスキル 

JavaScriptの転職市場で求められるスキルについて、レバテックが公開している求人情報をもとに解説します。

サーバーサイドエンジニア

PHPやRudyなど、サーバーサイドで利用される他のプログラミング言語と合わせてJavaScriptを利用している現場が多いでしょう。サーバOSとしてUbuntuを利用している案件も多く、Linuxの知識が求められる現場が多い傾向があります。また、大規模Webアプリケーションのサーバーサイドになると、ORMやリレーショナルデータベース構築経験が求められる現場もあります。

フロントエンドエンジニア

レスポンシブデザインの実装経験やコーディング経験が求められる現場が多く、スキルとしてHTML5/CSS3は必須項目です。iOS/Android向けのモバイルアプリ開発を行っている現場では、アジャイル開発の経験を求めている案件もあります。また、Webデザインを重視している現場ではUX/UIの知識も求められます。

5.まとめ

この記事では、JavaScriptを扱うエンジニアの転職市場状況や求められるスキル、求人事例などを解説しました。

JavaScriptは多くの開発現場で活用されていますが、単体で開発が完了する案件はなく、何かしらの周辺知識が必要になります。ですが、昨今のWebサービスでは動的コンテンツが主流の形となっており、Webシステムを構築する上でJavaScriptは欠かせない存在です。

フロントエンドエンジニアを目指すか、サーバーサイドエンジニアを目指すかはWeb系エンジニアにとって大きな分れ目となりますが、JavaScriptを習得することは双方の職種のスキルアップにもつながります。今後もWebエンジニアとして活躍していきたい方は、JavaScriptを学んでみてはいかがでしょうか。
 

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

JavaScriptの求人・転職一覧