Swiftエンジニアの転職市場状況とは?年収・スキル・将来性を解説

最終更新日:2020年10月19日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

近年、従来使われていた言語を改良した新しい言語が生まれてきています。Swiftもそのうちの1つで、Swiftエンジニアはアプリ市場で需要が高まってきており、月単価が100万円近い高単価の募集も見受けられます。

このような背景からSwiftエンジニアの転職市場状況に注目している方もいらっしゃるのではないでしょうか。この記事では、Swiftエンジニアの年収や求められるスキル、将来性について解説します。

1. Swiftとは

まずは、Swiftの概要について解説します。

概要

Swiftは、2014年にApple社がリリースしたプログラミング言語です。Apple製のOSであるiOS、MacOS、watchOS、tvOS向けのコードを書くことができます。これらは、Linux上でも動作可能です。Swiftはオープンソースとして公開されており、世界中で愛好家が増えています。
また、Apple社は「Swift Playground」という学習アプリを提供しており、学習支援にも力を入れています。このアプリは直感的に学べるように作られており、初めてプログラミングを学ぶ人にもおすすめと明言されています。Swift Playgroundを使って、ロボットやドローンなどの組込み系の開発も学ぶことができます。

できること

Swiftは、主にiPhone、iPad、MacPC、AppleTV、AppleWatchといったApple社の製品上で動くアプリを開発することができます。近年では、Webアプリケーションの開発もできるようになりました。また、商業用の組込み開発では普及が進んでいませんが、一部のロボットやドローンの開発も行うことができます。

メリット

Swiftは強固で直感的な言語と言われています。具体的には、言語がシンプルでわかりやすいため、コーディングしやすく、可読性に優れている点が挙げられます。また、規則が厳しく設定されていることから不具合が起こりにくく、アプリを安定して稼働させることができるという評価もあります。従来Apple製品向けのアプリ開発に使われてきたObjective-Cとも互換性があるため、Objective-C を開発に用いていた方もスムーズに扱うことができます。

デメリット

SwiftはApple製品向けのアプリ開発に特化しているため、汎用性に乏しいのがデメリットです。開発もMacでしか行うことができません。また、リリースされて間もない言語ですので、参考にできるリファレンスや開発事例が乏しい点もデメリットと言えるでしょう。

2. Swiftのスキル別年収例

エンジニアはスキルレベルによって年収が大きく異なり、Swiftを主力としているエンジニアも例外ではありません。ここでは、レバテックキャリアを活用して転職に成功した方の事例を参考に、スキル別の年収例を解説します。

年収300万円〜400万円

実務経験1~2年の方が多く、年齢は20代半ばが多い傾向にあります。主にSwiftを用いた開発とテストを担当します。要件定義や設計など、上流工程のスキルや経験は求められません。

年収400万円〜500万円

3年以上の実務経験があり、基本設計、詳細設計、開発、テストと幅広い工程を担当できるスキルを持っていると、年収400万円〜500万円程度で採用される傾向にあります。リーダーポジションで採用されるケースも多く、その場合は他のエンジニアの成果物をレビューするスキルも求められます。年齢層は、20代後半から30歳程度が多いでしょう。

年収500万円以上

年収500万円以上で採用される人は、企画、設計、開発、テスト、運用と、400万円〜500万円で採用された人に比べてさらに幅広い工程の経験を持っている傾向にあります。プロジェクトマネージャーやプロダクト責任者などの経験を持っていると高く評価されます。年齢は、20代後半〜30代が多くを占めています。

3. Swiftエンジニアに求められるスキル・経験

続いて、レバテックキャリアで公開されている求人情報をもとに、転職市場においてSwiftエンジニアに求められるスキルや経験について解説します。

iOSアプリケーションの開発経験

Swiftは、Apple社の製品開発に強みを持っている言語です。よって、転職市場においてもiOSアプリの開発経験が高く評価されています。Swiftの実務経験がなくてもObjective-Cの実務経験が4~5年程度あると採用に至ることもあります。これは、アプリ市場のエンジニア不足が顕著であることが理由として考えられます。
第2章でも解説しましたが、Swiftエンジニアは企画、設計、開発、運用と幅広い工程スキルを持ったエンジニアは高い評価を得ることができるでしょう。スマホアプリの開発は、2~3人程度のチームで開発する案件が多く、1人のエンジニアが幅広い工程を担当します。
フロント開発まで求められることもあり、このような背景から企画工程、設計工程、フロント開発の経験が求められます。

GitやSVNを使ったチーム開発経験

Swiftを使った開発では、GitやSVNなどのサービスを使ったソース管理する方法が一般的です。GitやSVNは、Webアプリケーション開発の場でも多く採用されており、必須スキルとして求められるケースが多いでしょう。

4. Swiftの将来性とリスク

Swiftはまだ新しい言語ですので、今後の動向についても情報をおさえておくと良いでしょう。ここでは、現在のApple製品の動向などを参考に、将来性やリスクについて考察します。

Swiftが今後伸びる可能性を示唆した意見

Apple社の売上の半数以上はiPhoneの販売で占められています。日本国内のスマホ市場におけるiPhoneのシェアは66.2%とAndroidの需要を大きく上回っており、iPhone向けのアプリケーションダウンロードサービスを提供するAppStoreには、次々と新しいアプリがリリースされています。
また、Apple社は巨大マーケットである中国市場においても、iPhoneの普及率を伸ばしつつあります。スマホ市場においてiPhoneユーザーが増加すればするほど、Swiftの需要も今後高まっていくことが予想されます。

Swiftが抱えるリスク

SwiftはApple社が開発した言語で、基本的にApple製品にしか適用することができません。Javaのようにマルチプラットフォームで活躍できる言語ではないため汎用性に欠けており、今後のシェアはApple製品の動向に大きく左右される点がリスクと言えます。
このようなリスクが考えられますが、Windows OS上での開発も整ってきたので、今後の動向次第ではもっとシェアが広がるかもしれません。

5. まとめ

この記事では、Swiftエンジニアの年収や求められるスキル、将来性について解説しました。
Swiftは、Objective-Cに代わる次世代言語としてシェアを伸ばしています。アプリ市場の成長に伴い、企業は比較的高い年収で人材を確保しようとしており、将来性のある言語と言えるでしょう。iPhoneをはじめとしたApple製品のアプリ開発に興味のある方は、Swiftを習得してみてはいかがでしょうか。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

Swiftの求人・転職一覧